読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創価統一オウム朝鮮人宗教の保険金殺人

#ユダヤ人 #真実 #真相 #謎 #なぜ

創価統一オウム朝鮮人宗教の保険金殺人
緊急!! OCNが、当サイト閉鎖を予告!
カルトの組織的保険金殺人の隠蔽を焦る裏社会勢力!

1)半島カルトが企業を乗っ取り、邪魔者は殺して保険金と交換し、吸い尽くして廃業させ証拠隠滅

片山はもう殺したのか? 創価朝鮮人の連続保険金殺人
●連続保険金殺人を告発します。
http://72.14.235.104/search?q=cache:Iz5l-cx5vrIJ:www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/atc/iriguchi2.htm+http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/atc/iriguchi2.htm&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp
▲2ページ目
http://web.archive.org/web/20070425033029/http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/atc/musashi.htm
◆3ページ目
http://web.archive.org/web/20070425033252/http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/atc/final_document1.htm
1)目をつけた中小企業に、乗っ取り役経理マンを送り込み、社内の勢力争いに関与させる。

2)操縦しやすい世間知らずの役員をサポートし、既存役員からポストを奪い取らせる。以後、新専務は、経理マン朝鮮人と二人三脚で、企業の私物化を進める。経理マンは、仲間の朝鮮人を会社に次々呼び込み、幹部を宗教仲間で固めてしまう。

3)脱税など経理不正を幇助し、専務を儲けさせる一方で、利益分与を求める。経理犯罪に関与した連中だけが、どんどん出世していく。
 

4)早々に役員となった経理マンは、保険金殺人を企画する。病没した前社長のあとの社長職を名目だけ引き継いでいた老未亡人を消して、娘婿に当たる専務を社長職に就けてやる計画。だが、専務が事件発覚を恐れて同意しない。そこで完全なアリバイを作ってやる。結婚25周年の奥様感謝欧州旅行をでっち上げ、専務夫妻を飛行機に乗せる。

5)外部の創価保険金殺人組織・G組ヤクザが速攻で動いて、老婦人を薬物で昏倒させ、組織と繋がった病院に担ぎ込む。数日後、薬殺する。完全なアリバイのある専務は、母倒れるの報を聞き、到着した欧州から夫婦ともどもとんぼ返りで帰国して葬儀に参列する。

6)勿論、老婦人には、巨額の生命保険金を複数者にかけておく。名目は「経営者」であるゆえ、巨額でも怪しまれない。創価の保険外交員が取りまとめに動く。警察の方は、警察内部の創価信者を動員して、他殺の隠蔽にはぬかりはない。監察医に「自然死」の検案をさせ一件落着。保険金が下りて、専務、経理役員、創価仲間、外部の創価保険金殺人組織で山分け。専務は晴れて社長に就任。
 

7)数年して、また、あの保険金殺人の美味しさを味わいたくなる。経理役員が、新社長の実父で関連会社の老社長に目をつける。体を壊して入院している老社長を例によって薬物で....同じ外部の組織と社内の宗教人脈が動いて、老社長を現金に交換する。巨額の保険金が仲間で分配される。

 

 

8)社内の宗教グループと利害の対立する中堅社員の抹殺を計画する。正月の年始周りに一般社員よりも一日早く出社した幹部連中。ターゲットの中堅社員に薬物いりの酒を飲ませ、年始周りの途中に気分を悪くさせる。予定通りの病院に運び込んで、薬で昏睡させる。

9)あらかじめ、中堅社員の夫人と話をつけておき、ターゲットの殺害・保険金殺人に参加させる。(色欲がらみで仲間に取り込んでおく。)夫人が受取人の少額の保険を出来うる限り多数の保険会社でかけておく。会社保険もたっぷり掛けておく。

10)ターゲットの殺害までは医師はやってくれない。社内の宗教グループが3人で病室に赴き一緒にターゲットを薬殺し、共犯意識で抜け駆けできないように互いを縛る。同席する根性のない社長は、本社に残りアリバイ確保。宗教仲間は、社長の小心さに嘲り。もはや、組織内の地位が逆転。経理役員が実質的なボス。

11)あとは創価の外部組織が、警察官、監察医を動員して自然死に仕立て上げ、保険金も滞りなくおりる。ターゲットの夫人が保険金の札束を本社に持参し、山分け。皆が笑いが止まらない。 ついでに分け前を欲張りすぎた保険外交員も、薬物で殺害。
 

12)だが、一般社員にかぎつけられ、警視庁のホームページを通じて告発された!さて、どうする?警視庁内部の創価組織が隠蔽に動員される。告発者を休日を選んで、警視庁本庁に呼び出す。告発に基づく正規の捜査、正規の事情聴取だと思わせるため、わざわざ、警視庁の聴取室を使う。警視庁の創価警官の寄せ集めが、捜査チームを装い、告発者がどこまで事件を知っているか聞き出す。まずい。
このまま帰しては、情報が外部に漏れる。外で待機しているG組のヤクザが拉致殺害の準備を始める。
 

13)告発者を理由をつけて外に連れ出す。警視庁の車に乗せて拉致したいが、警戒されて同意しない。諸般の事情もあり、当日の拉致殺害には不都合が多すぎる。弁護士など第三者が情報を共有している恐れが強い。断念して、告発者を自宅に帰す。

14)創価組織が全力を挙げて隠蔽工作に走る。メディアを口封じする。ネットで告発されるが、ひたすら忍従し、嵐の過ぎるのを待つ。だが、いつまでも事件を封印してはおけない。会社丸ごと抹消して全ての証拠を消してしまいたい。また、いつも足手まといだった社長をも処分してしまいたい。

社長を薬物で徐々に弱らせる。がりがりに痩せた社長はついに倒れる。勿論保険契約まみれにされて。いつもの手口で社長は殺害され、保険金に交換される。社長のいなくなった会社は後継者もおらず、会社清算・解散が進められる。50年の社歴の間に作られた資産は、朝鮮人専務の手で闇に消えていく。経理上は、巨額の負債の穴埋めに使われたことにされて。

創価殺人組織は、会社を丸ごと現金に買え、犯罪の証拠を会社ごと消し去った後に、ほっと安堵して覚醒剤の注射針を左腕に突き刺す....

もぬけの殻のアーテック

 

(2)全国で実行されている創価の組織的保険金殺人 (資料)

●埼玉・保険金殺人事件犯人、八木茂らは創価家族!
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/souka_8.html
平成12年頃、埼玉県本庄市で起きた保険金詐欺事件で逮捕された八木茂容疑者(当時50)のことを覚えているだろうか。親しい女友達に偽装結婚を仕組ませ、その相手に多額の保険金を掛け、大量の風邪薬を「栄養剤」と偽(いつわ)って飲ませたり、毒物入りのお菓子を食べさせて殺害しようとし(※2人死亡、1人は薬物中毒で入院)、疑惑が高まる中、有料会見などを開き、マスコミおよび警察を愚弄(ぐろう)し続けた御仁である。
八木は逮捕された時ですら、満面の笑みを浮かべており、いったい、どうやったら、こんなふてぶてしい悪党が生まれるのか……と思っていたら、案の定。このたび、地元の元学会員の証言で、逮捕された八木茂、武まゆみ、森田考子容疑者が、いずれも創価学会員であったことが判明したのである。証言によれば、八木と武の父親は同じアパートのとなり同士。八木容疑者宅には御本尊がまつられ、武、森田容疑者の親も熱心な学会員で、聖教新聞も愛読していたという。つまり全員、創価学会員としてつながった事件だったのである。犯行は極めて計画的かつ残忍で、不審に思った被害者の一人から告発がなければ、犠牲者はさらに増えていたことだろう。この、人を人とも思わない身勝手で凶悪な犯罪を繰り返してきた者達が、平和・文化・教育を提唱する創価学会のメンバーだというのだから呆れた話である。今後は天下取り(平和?)・犯罪(文化?)・洗脳(教育?)とでも替えるべきだ。 <『慧妙』平成14年3月16日付より転載>

誰もが保険金殺人だと疑っている熊本の70億円保険金疑惑を追及してきた正義のメディア、新潮社を執拗に攻撃する創価朝鮮人学会。なぜ、この邪教は、創価信者とうわさされる理事長を庇うのか? それは、.熊本の保険金殺人は、創価学会の組織的犯行だからである。創価は全国で、同じような保険金殺人・詐欺を繰り返してきている。

○熊本の「保険金疑惑」虚報 『週刊新潮』にまた謝罪広告命令 (2003年2月11日付)
http://www.seikyo.org/news144.html
創価学会に対するデマ記事で謝罪広告を掲載したばかりの人権侵害の“常習犯”『週刊新潮』が昨年末、またも司法の場で断罪された。2000年5月に熊本で起きた、ある病院関係者の自動車転落事故について『週刊新潮』は、病院の理事長が高額な保険金を掛けて関与した殺人事件であるかのごとく疑わせる記事を掲載。理事長側の提訴を受けた熊本地裁が、発行元の新潮社などに賠償金990万円の支払いと謝罪広告掲載を命じたのだ。

林真須美の弁護団は、創価弁護士。新潮社攻撃は創価弁護士
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/B14.htm [ソースチェック]
林真須美被告の刑事弁護団は確か国選弁護人のはずです。人数は3~4人だったと思います。夫の健治被告との分離公判が決まったときは、国選弁護士の増員を求めていました。 私費で刑事弁護士を依頼できない人が、どうして民事の裁判で10数人もの弁護士を私費で依頼できるのでしょうか。 普通、弁護士を一人依頼するだけでも相当な費用がかかります。自費で10数人もの弁護士に依頼することは不自然です。弁護団としても、1,100万円の損害賠償訴訟では、100%勝ったとしても、そこから得られる報酬を10数人で分ければ大した額にはならないと思います。弁護団は報酬を度外視して、自ら弁護を買って出たとしか考えられません。 弁護団はなぜ報酬を度外視して、弁護を買って出たのでしようか。それは彼らの目的が、新潮社を叩くことにあるからだと思います。当初、林真須美の背後には保険金殺人を目的とした犯罪集団がいるのでは?との見方がありました。保険金殺人に関しては、創価警察との連系プレーだという噂もあります。揉み消しには、創価検事に弁護士、裁判官までもが・・・。そう考えれば、林真須美がなぜ新潮社相手に裁判を起こしたのか、納得できますね。

(3) オウム残党の朝鮮人脈が、保険金殺人で資金稼ぎ。オウム本番に備え潜伏中。
 


■オウムの強制捜査直前にサティアンから逃げた朝鮮人たちは、闇に潜んで息を殺し、オウム事件の本番の日を待っている。■

経理不正を見つけられて揺すられている企業オーナーの愛人を、助けてやる。ゆすり社員を行方不明にする。(サティアンで焼却。)

民間企業の犯罪行為を手伝い、それをネタにして脅迫し、舎弟企業に作り変え、寄生する。

強制捜査直前に山梨のサティアンから移動した武器弾薬や麻薬を、舎弟企業に命じて一時保管させる。 逃亡信者も一斉に

舎弟企業周辺に潜伏。舎弟企業内部にもオウムへの協力組織を作らせ、メンバーには保険金殺人で儲けさせる。

世間の目が、隠匿物資に向いてきたら、倉庫丸ごと放火して証拠隠滅。目撃者は事故死させる。

オウムとつるんだ政治家の地盤での事件事故ゆえ、消防も警察も裏金で口封じできる。

どうしてもオウム事件本番にとっておきたい兵器は、舎弟企業の地方の工場倉庫に移転隠匿する。

昭島、羽村、本庄、南陽、須賀川、名古屋、京都....

これがオウムの朝鮮人の手口。

なぜ、オウムが関わっていると考えたか? オウムの隠れ家を見つけた。

http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150805/1438709779

以 上