読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックフェラーと金正日の韓国併合・朝鮮半島共産化共同大作戦

ロックフェラーと金正日の韓国併合・朝鮮半島共産化共同大作戦

By richardkoshimizu

朝鮮半島の話題となると、北朝鮮の核開発、核実験、ミサイル発射といった事柄ばかりに目を奪われがちです。しかし、これらの表立った動きの背後で、看過できない危険な事態が進行しています。にもかかわらず、世の中は、事態に気がついていません。当事者である韓国民も、ほとんど全く状況を把握していないようです。

韓国を捨石にして、朝鮮半島を金正日に軍事統一させようとする動きを「アメリカの支配者たち」が見せています。世界はそれに気づいていません。

米韓の離反を煽る米韓の当局者。嫌韓をあらわにする有力米メディア。韓国民の嫌米感情が、朝韓を接近させる。朝韓は、「反日感情」でも一致団結する。親北派、金大中、ノムヒョンの政権下ですっかり北への警戒心を失った韓国民。朝韓を擦り寄らせる動きの一方で、ワシントンのユダヤ傀儡政権の手で、在韓米軍が、どんどんと削減されていく。韓国防衛の主力、米軍がいなくなれば、残るのは、ヨン様みたいなひ弱な韓国軍だけ。北朝鮮軍精鋭100万の敵ではありません。一方で、沖縄・グアムの米軍は削減されない。むしろ強化の方向か?そして、日本を母港とする米空母が増強され、佐世保もまた、準母港化されて行く。

ウォール街のユダヤ人は、朝鮮半島を舞台にして何を企んでいるのでしょうか?次第に鮮明に見えてきます。新たな冷戦構造構築の企みが。

米韓関係は、金大中、ノムヒョンという「反米的」な大統領二代の政権の間にひどく悪化したようです。以前は、米に最も近い国家であったはずの韓国が、米国と距離をおき始めました。同時に、アメリカ側からも権力筋から韓国との決別の意思表示が頻繁になされるようになりました。一体何がおきているのでしょうか?韓国の「嫌米」「反米」は何が原因なのでしょうか?

←この二人とも、指揮系統は同一です。両方とも、マンハッタンの高層ビル最上階のユダヤ系銀行の会長室からの指令で動きます。米朝の対立など、作られたものに過ぎません。(参考TJ)
結論から申し上げます。「反米」は作られたものであり、「反米」を望んだのは、米国の権力中枢であると解します。金大中とその路線を継承したノムヒョンは、ともに統一教会の支援・資金援助を受けて、大統領の座を手に入れた人物です。その統一教会は、ウォール街のユダヤ人大富豪、ロックフェラーの別働隊的組織です。韓国の大統領二人ともが、ロックフェラー翁の思惑で選出された「反米的」な大統領なのです。「反米」でなくては困るのです。
反米的な政権の連続は、必然的に韓国と北朝鮮の関係改善に役立ちました。金大中政権以来、韓国民は、北朝鮮に対する同朋意識を強くもつようになり、北に対する警戒心を一切なくしてしまいました。金大中は、現代造船などを使って、北朝鮮を秘密支援するなど、北への傾注ぶりを露にしました。これこそが、統一教会の文鮮明、そして背後のデービッド・ロックフェラーが、金大中に望んだことなのです。
朝韓の接近に呼応して、アメリカの関係者たちが「嫌韓」を表明し始めました。アメリカの政治学者たちが、「韓国との決別」を論じ始めています。(米韓双方で、裏でつるんだ連中が、反韓、反米を互いに叫び、米韓離反を扇動しています。なぜでしょうか?)

「米国において韓国は莫大な費用と犠牲を注ぐほどの死活的な利益の対象ではない」
「韓米両国は友好的な決別を準備しなければならない」
「韓国は死活的な利益のかかった国家ではないため決別を準備せよ」

こんな感情論には、本音などどこにも書かれてはいません。米国権力構造の中枢は........「韓国なんか米ユダヤにとってどうでもいい国。冷戦再構築に利用して、ポイ捨てにしよう。」と考えているはずです。(参考KS) さらには、米国防省の高官すらもが、「韓国の戦略的価値は終わった。」と明言しています。(参考KE)米国を訪れたノムヒョン大統領(左の写真)は、露骨に冷淡な扱いを受けています。ワシントンの空港に降り立ったノ大統領を迎えたのは、韓国大使館の数人の係官だけでした。ユダヤ国家、アメリカのあからさまな韓国忌避の意思表示です。そして、「韓国との決別」なる論議の行き着いた先は、在韓米軍の撤退・削減でした。ウォール街のユダヤ権力に近い、ワシントン・ポストやニューヨークタイムスのユダヤ人コラムニストが、一斉に「韓国なんかを米軍で守ってやる必要などない。」と米軍撤退を主張し始めたのです。そして、実際にユダヤ権力のフロント、ラムズフェルドが、積極的に在韓米軍の削減に乗り出しています。実際のところ、アメリカのユダヤ権力は、これがやりたくて、わざわざ米韓離反を画策したのであると解します。(参考ZB)

ブッシュ政権にとって、最も鋭く対立している相手は北朝鮮です。その主敵に直接対峙する防衛の主力、在韓米軍を削減し弱体化させるというのは、きちがい沙汰です。どう考えても合理的な政策ではありません。その不合理極まりない政策を可能にするために、嫌韓に誘導し、「韓国との決別」感情を米国民に浸透させてきたのです。
韓国防衛の主力は、在韓米軍の空軍力と海軍力です。これが排除できれば、北朝鮮正規軍100万の敵などいないに等しいのです。北朝鮮を敵とも思わなくなった韓国軍の若い兵士たちに、国家防衛など無理な話です。ブッシュ政権は、韓国の防衛力を削いで、金正日の侵攻を助けようとしているのです。ブッシュ政権の黒幕にとっては、韓国が金正日の手で軍事併合された方が、都合がよいのです。(別途解説します。)

さて、ブッシュ・ユダヤ傀儡政権がもくろむ、金正日による朝鮮半島軍事統一のシナリオに不可欠な条件が「北の核のカード」です。北朝鮮の半島占領を恒久化するためには、どうしても「核のカード」を切る必要があるのです。「北朝鮮は既に核爆弾数発を所有している。」と、北との交渉に当たってきたブッシュ隠れユダヤ政権の担当者が、断言します。北朝鮮自身も、示し合わせて、核保有を自ら認めます。実際に核があるかどうかは、この際どうでもよいことなのです。世界が「核を持っているのだろう。」と思ってくれれば、ユダヤ・ネオコンも金正日も目的を達成できます。

北の電撃的な侵攻がなされれば、ソウルは4、5日のうちに陥落します。在韓米軍・韓国軍は短期間のうちに釜山まで後退を余儀なくされるでしょう。だが、その後、戦線が膠着し、日本からの救援が届けば、韓国側は劣勢から一転して北を押し戻すことが出来ます。沖縄の在日米軍が逆上陸すれば、韓国は回復され、持久力・補給力のない北朝鮮による半島支配は、短期間で終焉を迎えるでしょう。

だが、それでは、冷戦を構築したいユダヤ金融ヤクザの利益にはなりません。金正日が朝鮮半島を恒久的に占領維持してくれないと、緊張も何も生まれないのです。それでは銭が儲からない。

そこで、米国当局者が北の核の存在を明言することが、ネオコン・ユダヤ人の悩みを一挙に解決するのです。怒涛のごとく半島の南半分を占領した北の王朝は、米軍の反攻を牽制します。在日米軍やグアムの米軍が介入すれば、日本に対して「核」を使うと威嚇します。核のカードを使われれば、米国は身動きが取れません。下手に半島に兵を進めて、結果、日本を壊滅させるような結末は避けねばならないと。ブッシュは、苦渋に満ちた決断をした振りをして、内心ほくそえみながら、韓国の放棄を宣言するでしょう。シナリオどおりに。そして、半島は赤色統一され、金正日は民族の英雄となるのです。統一教会や創価学会、暴力団内部に潜んでいた北朝鮮の工作員たちは、金日成主義による半島統一を 目の当たりにして、感涙に咽ぶでしょう。ついに南朝鮮革命が達成されたと!

(注:北朝鮮が日本を核攻撃すれば、アメリカが即座にピョンヤンに核を打ち込んで壊滅させるから、それがわかっている北朝鮮には、核攻撃など出来ない?......そのとおりです。.できないでしょうし、やらないでしょう。核だって本当にあるかどうかも疑わしいです。しかし、「核攻撃する」と恫喝することは出来るのです。破れかぶれに何をするか解らない国だと思わせることは出来るのです。それで充分目的を達します。尚、アメリカが報復の対北核攻撃をすることも現実には、不可能です。ピョンヤンとソウルの間には、死の灰を遮る高い山がありません。ピョンヤンで炸裂した核爆弾の死の灰は、3日後には、ソウルに達し、韓国民を大量に殺傷します。また、風向きが北向きなら、核汚染は、中国の遼東半島を襲います。大連や瀋陽の百万都市が壊滅します。 核爆発の効果が限定される「戦術核」のみで、アメリカが反撃するという手もあるように思えますが、それでは通常兵器とあまり大差ない戦果しか得られず、反撃になりません。また、北朝鮮は核施設を意図的に中朝国境周辺に配置しています。アメリカの核による反撃は、北朝鮮だけでなく、中国東北部をも破壊します。朝鮮を狙ったはずの核爆弾は、米中間の戦争を引き起こ すのです。中国の大陸間弾道弾、東風はとっくに完成して配備されています。中国がやる気なら、アメリカ本土を壊滅させることができます。したがって、アメリカは、朝鮮半島では 戦略核は使えません。全面核戦争で、地球を滅亡させる覚悟でもない限りは。)

そのためにも、今のうちから「北の核保有」を既成事実化しておきたい。ユダヤ人たちは、必死になって、「北が核を持っている」と言いふらして廻ります。ユダヤCIAが核は一つか二つあると太鼓判を押し、ネオコンのユダヤ人ボルトンが、濃縮ウラン計画は予想以上に進んでいると煽りまくります。(参考KK) さらに、北もユダヤ・ネオコンに呼応して、「核実験の準備」をやって見せます。すかさず、ユダヤ・ネオコンが「核実験だ、核実験だ!」と騒ぎたて、危機感を煽ります。(参考JN)
しかし、核は持っているというだけでは、あまり脅威にはなりません。敵地に搬送して爆発させることが出来なければ、意味はありません。日本までの搬送能力がない限り、おおきな脅威になりえないのです。MDミサイルの必要性も説明できないのです。だから、今度は、「北は弾頭に核搭載能力あり」と軍の情報局長に表明させ、即座にブッシュ大統領が追認して、既成事実化を狙ったのです。しかし、核の小型化・弾頭搭載のための軽量化は、金正日風情に出来ることではありません。ナチスドイツの作ったV2号と大差ない骨董品まがいのミサイルしか作れない北朝鮮に、自力で開発できるわけなどないのです。それをあえて、「北には搭載能力がある」と米当局者が太鼓判を押すことで、「日本を核ミサイルで攻撃できる」と世界に認知させたのです。これで「核のカード」が出来上がりました。(参考KD)

さて、ここまで「半島の軍事統一」の準備態勢が整えば、後は、どのタイミングで、日本と半島で騒乱を起こすかです。CFRのユダヤ人の皆さん、戦争計画の方は、準備完了ですか?(参考AH)

(参考KK)
◎《北朝鮮核開発》
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050211-00000000-san-int
米中央情報局(CIA)は2003年に、北朝鮮がプルトニウムを使った核兵器を「少なくとも1個か2個」保有していると分析。一方、北朝鮮は同年、核兵器5、6個分のプルトニウムを抽出できる使用済み核燃料棒8000本の再処理の完了を宣言した。
 北朝鮮はウラン濃縮による核兵器開発も目指しているとされ、来日中のボルトン米国務次官は10日、濃縮ウラン計画が予想以上に進んでいる可能性があるとの見方を示した。(産経新聞) - 2月11日2時51分更新

◎ラムズフェルドは北朝鮮の核開発協力者
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2003/12/post_13.html
イラク問題で手一杯のブッシュ政権は、北朝鮮の核開発凍結提案を拒否して、北朝鮮問題の平和的解決を大幅に遅らせているが、そもそも北朝鮮の核施設の建設について米国政府は協力者的立場だったのである。北朝鮮の核施設開発に技術提供したのは、スイスの核施設開発企業ABB.ltd.。ブッシュ政権の師範代、ラムズフェルド長官は2000−2001年まで、この会社の役員だったことが暴露されている。「救う会」「拉致議連」は北朝鮮問題の解決をもっぱらブッシュ政権に頼っているが、問題解決のために少しその姿勢を変えたほうが良いのではないだろうか?ブッシュ政権のメンバーの「ビジネス」についてよくよく調査しないと、日本は2つの国家の思い通りに脅迫されてしまいかねない。

(参考JN)
■ウォール街のユダヤ人のMD商売を支援するため、裏でつるんだ北朝鮮が核実験を準備。ユダヤ金融資本の代弁者、ウォールストリート・ジャーナルが嬉しそうに報道。北の核の脅威で儲けるユダヤ人。
米国>「北朝鮮が核兵器実験を準備」中国政府に警告 (毎日新聞)
http://news.www.infoseek.co.jp/world/story.html?q=23mainichiF0423e014&cat=2
【ワシントン和田浩明】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は22日、米国政府が中国政府に対し、北朝鮮が核兵器実験を準備している可能性があると警告し、実験断念を説得するよう求めたとソウル発で報じた。
同紙が米政府当局者の話として伝えたところでは、要請は21日、外交ルートを通じた「緊急申し入れ」として中国政府に伝えられた。この中で米政府は、最近の北朝鮮の言動から、核実験の準備が行われている可能性があると指摘。核開発計画は、いつでも実験可能な段階まで進展していると判断しているという。[毎日新聞4月23日]

(参考KD)
オウム事件の本番、第二次朝鮮戦争勃発、半島の軍事統一。米介入・反攻を牽制する北の対日核攻撃恫喝。米国が核を理由に韓国を放棄。半島占領の恒常化。中朝軍事連合。日米台との対立。新・冷戦構想。ロックフェラーのぼろ儲け。
「北朝鮮に核弾頭化能力」 米情報局長が見解 2005年04月30日
http://www.asahi.com/special/nuclear/TKY200504290295.html
米国防情報局(DIA)のジャコビー局長は28日、上院軍事委員会の公聴会で証言し、北朝鮮が米本土に到達可能な長距離弾道ミサイルの弾頭に核兵器を搭載する能力があるとの見方を明らかにした。また、ブッシュ大統領も同日、記者会見で「(核兵器をミサイルに搭載して運ぶ)能力があると想定するのが最善の策だ」と述べ、同局長の見解に同意した。

北朝鮮が核兵器を「弾頭化」する能力を持つとの見方を米政府高官が明言したのは初めて。ブッシュ大統領はこの日の記者会見で、北朝鮮の核問題について引き続き6者協議での解決を目指すとしながら、今年1月の2期目就任後では初めて北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記を「暴君」と呼んだ。一連の発言は、核施設にある原子炉の稼働を停止し、使用済み核燃料棒を抜き出す構えを見せるなど挑発的な行動をとる北朝鮮に対し、米国が今後厳しい姿勢で臨むことを示唆するものだ。

(参考KS)
■米国のユダヤ権力に近いアメリカン・エンタープライズ研究所が、ロックフェラーの本音を代弁。そんなに焦ると、魂胆丸見えなんですが。
米企業研究所、韓国との同盟清算を要求
http://www.worldtimes.co.jp/kansok/kan/pol/050625-1.html

AEIは隔月刊誌「アメリカン・エンタープライス」7・8月号で、「いま阻止せよ。北朝鮮での悪夢を避けるために」という特集を組み、ジェームズ・リリー前駐韓米大使、ニコラス・エボシュタトゥ専任研究員など5人が韓米関係と北核問題処方についての政策提案形式で、米ネオコン(新保守主義者)式の北朝鮮問題解決策を提示した。韓米関係分野をについてダニエル・ケネリ・アメリカンインターリスト編集長は「今は韓国と友好的に決別しなければならない時」という題名で、「現在の韓米同盟は外交的な拘束服(狂暴な囚人に着ける服)であって、韓国はいかなる対北朝鮮軍事措置にも反対している」として、韓米同盟清算論を提起した。彼は「韓国防衛はもう韓国に任せなければならない」とし、在韓米軍の完全撤収を主張、「米軍再調整と創意的な外交を通して、私たちが万一に対応できる軍事的選択案を取り戻さなければならない」と明らかにした。

■韓国の政治学者さん、「韓米は決別を準備すべき」という米国の本音、わかりますか?アメリカを誰が支配しているか、米韓が離反して、次に何がおこされるのか、よく理解してくださいね。すべては、アメリカユダヤの冷戦構築構想の一環です。韓国は、ユダヤの金儲けのために、見捨てられると思いますよ。 ノ・ムヒョン大統領は、韓国をアメリカから引き離すために起用された、ユダヤの手先ですよ。裏で、金正日とロックフェラーがせせら笑ってますよ。

「米国において韓国は莫大な費用と犠牲を注ぐほどの死活的な利益の対象ではない」....「米ユダヤは韓国を捨石にする」という意味ですよ。

「韓米両国は友好的な決別を準備しなければならない」....「北朝鮮と一緒になってくれ」ということ。

「韓国は死活的な利益のかかった国家ではないため決別を準備せよ」....「韓国なんか米ユダヤにとってどうでもいい国。冷戦構築に利用してポイ捨てしよう。」ということですよ。意味わかりますか?二重瞼に整形なんかやってる場合じゃないですよ。

「韓米は決別を準備すべき」という米国.....朝鮮日報
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/25/20050325000070.html
韓国国際政治学会が25日に主催した国際学術会議で、ダグ・ベンド米カント研究所研究員は、「米国において韓国は莫大な費用と犠牲を注ぐほどの死活的な利益の対象ではない」とし、「韓米両国は友好的な決別を準備しなければならない」と述べた。先日、「韓国は敵が誰なのかハッキリさせるべき」と要求した米下院外交委員長の特別補佐官は「米議会で米日修交150周年記念決議案は圧倒的多数で可決されたが、韓米同盟50周年の決議案は推進する議員が存在せず廃棄された」と話した。
ブルース・ベクトル米空軍参謀大学教授は「大韓帝国が日本によって併合されたことや韓国戦争が勃発したのは、すべて韓国が同盟戦略で失敗したため」と分析した。このような米専門家の発言は「米国内で韓国は既に伝統的な意味の同盟国としては認識されていない」という現実を物語っている。

米専門家らが「韓国は死活的な利益のかかった国家ではないため決別を準備せよ」と述べており、米議員らは米日修交150周年決議は圧倒的多数で可決しても、韓米同盟50周年を記念することには意味がないというのが韓米関係の現住所だ。韓米関係は現在、後戻りできない地点に徐々に接近しており、最近韓国政府が表明した「在韓米軍の北東アジア起動軍化反対」「韓米日安保3角体制を離脱し、北東アジアのバランサーを自任」といった方針に則って韓米両国の距離は一層急速に疎遠になる兆しだ。韓国国民は、現在自ら選択した大統領が独自の判断によって新しい戦略的選択を推し進めてきた2年間にもたらされた結果を目の当たりにしている。
(参考KE)
在韓軍撤退も=米高官が脅迫?-韓国紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050609-00000710-jij-int
【ソウル9日時事】9日付の韓国紙ハンギョレはローレス米国防副次官(アジア・太平洋担当)が今月4~6日に極秘訪韓し、外交通商省や国防省の高官に対し、「(米韓同盟の懸案で)米国側の要求を受け入れない場合、在韓米軍を撤退することもある」などと発言していたと報じた。在韓米軍の朝鮮半島以外への展開問題や北朝鮮の崩壊に備えた軍事作戦計画策定などをめぐり、米韓は意見が一致していない。発言が事実なら、米側の要求受け入れを韓国側に強く求めた一種の「脅し」とも受け取れる。同副次官は「韓国の戦略的価値は終わった」とも述べたという。(時事通信) - 6月9日

ローレス米国防部次官補「韓米同盟変えたい時はいつでも言ってくれ」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/06/10/20050610000017.html
韓米首脳会談を1日後に控え、米国側から相次いで韓国政府に対する不満がもれている。
9日、ソウルではローレス米国防部次官補の発言が問題となった。一部メディアは今月5日から6日まで韓国を訪れていたローレス次官補が「韓国の戦略的価値は終わった」とし、韓国が米国側の要求を受け入れない場合、駐韓米軍を撤退させる状況が来ることもあり得ると脅かしたと報じた。

(参考ZB)
WP紙コラムニストが駐韓米軍の撤去を主張
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/01/07/20030107000029.html
米国は駐韓米軍を漸進的に撤去させ、韓国自ら防御を責任持つようにすべきだと、ワシントンポスト紙のコラムニスト、ロバート・ノヴァック氏が6日、主張した。ノヴァック氏はこの日、『韓国、自分の翼を試す時』というタイトルのコラムで、「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の独裁者 金正日(キム・ジョンイル)総書記が本当に核戦争を始めると信じる人はいない」とし、「米国の政策決定者において急を要する真の問題は、韓国と反米を基調に選挙運動を行った盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領当選者」と主張した。
同氏は「左翼運動家だった盧当選者が、米国と北朝鮮間の仲裁を提案した」とし、盧当選者が一時、不屈の反共要塞だった韓国を、世界最後のスターリン主義国家(北朝鮮)と自由世界指導国家(米国)の中間に位置付けようとしていると指摘した。
また、「1981年、韓国軍部によって処刑される直前、レーガン大統領によって救出された金大中(キム・デジュン)大統領が(これまで)韓国史上、最も反米的な大統領であったことが立証された。盧当選者はそれよりも一歩漸進し、アンクル・サム(米国)のひげを引っ張っている」と主張した。同氏は「今日の韓国人は、米国人が韓国戦争で流した血に対し、感謝していないだけでなく、覚えてすらいない」とし、盧当選者は韓国のこのような雰囲気を反映していると分析した。同氏は「70万の韓国兵力は、侵略行為に対する抑止力の一部であり、さらに大きな抑止力は韓米相互防衛条約に基づく米国の空軍と海軍の兵力」とし、にも関わらず、米国と韓国の雰囲気は違っていると指摘した。
韓国は米国人を鬱陶しく思い、米国は韓国を段々我慢ならないと思い始めているというのだ。同氏はカーター元大統領の駐韓米軍縮小案に反対した米国の保守勢力中の大勢が、今や、駐韓米軍の撤去を希望していると伝えた。また、北朝鮮と交渉しないと決定した米国の次の決定は、韓国自らが独自の防御を責任持つようにすることだと主張した。  ワシントン=姜仁仙(カン・インソン)特派員  朝鮮日報

■ウォール街のユダヤ財閥の代弁者、NYTのユダヤ人コラムニスト、サファイア氏。「朝鮮半島の赤色統一」のシナリオがみえみえの発言。「米国を喜ばしく思わない国には軍隊を駐屯させない。」ユダヤがこれから動き出す。戦争商売で金儲けするために。韓国を踏み台にして。
米国内「反韓」の動き、「在韓米軍撤退」の主張も (朝鮮日報)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/12/27/20021227000051.html
とうとう懸念されていたことが発生した。女子中学生の追悼デモに参加した人々は、これは反米という次元ではなく、「対等な韓米関係」を要求するのみであると言うが、大多数の米国人の目から見れば、反米と思われがちだ。 そこでこのような韓国内での動きに刺激を受け、米国で「反韓」の動きが起こり、これが相乗作用を起こし、究極的には韓米同盟関係全体を危うくさせる状況へと追いやることに対し心配してきたのだ。実際、米国内でこのような兆候が感知されている。一部の地方で、韓国車不買運動を始めたかと思うと、一部のマスコミは「在韓米軍撤退」という主張を公然と論じ始めたのだ。米国の有力紙ニューヨーク・タイムズ紙の著名コラムニストであるウィリアム・サファイア氏は最近、「米国を喜ばしく思わない国には軍隊を駐屯させない」と主張した。

■アメリカを支配するユダヤ人は、メディアを使ってアメリカ人の嫌韓感情を煽る。ユダヤ勢力のフロント、ラムズフェルドが下手な芝居で韓国嫌いを演じてみせ、米軍撤退を示唆する。駐韓大使まで、反韓感情に言及。ユダヤ人たちの魂胆が透けてみえる。韓国を見捨てて、金に換えようとしている。

[社説]反米・反韓感情では未来はない (東亜日報) AUGUST 29, 2004 22:24
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=080000&biid=2004083010848
「在韓米軍削減が早まった決定的なきっかけは、昨年末ソウル龍山(ヨンサン)で、米軍兵士が韓国の学生が投げた石に当たって血を流すシーンを放送した米NBCニュースだ」という秘話がある。このニュースを見て激怒したラムズフェルド米国防長官が、「在韓米軍を撤退させろ」と指示を下したというのだ。一昨日、このような内容を公表した文正仁(ムン・ジョンイン)北東亜時代委員会委員長は、「我々の無分別で些細な誤りのため」だと説明したが、これは決して「些細な誤り」で済むことではない。

常識で考えて、ラムズフェルド長官がそのニュースの影響だけで、在韓米軍削減を決めたはずがない。韓国社会の反米感情は、02年6月の米軍装甲車による女子中学生死亡事故以来、すでに危険水位を超えていた。このような反米気流に対する憂慮が、ラムズフェルド長官の判断の前提になっていたと見るのが正しいだろう。

韓国に対する米国の態度が変わったことを示す例は他にもある。「米国内の反韓感情が、共和党保守派だけでなく民主党にまで広がっている」と述べた米国のクリストファー・ヒル駐韓大使の最近の発言がそれだ。両国関係についてよろしきを述べるのが常例の新任大使まで、公開の場で憂慮を表明したことは、尋常ではない。

■米国と最も鋭く対立している北朝鮮と直接対峙する在韓米軍を削減する?ブッシュは一体何を考えているんだ?気でも狂ったのか?....と感じた人は、ブッシュの黒幕にとって何が利益であるのかをよくお考えになってください。朝鮮が金正日の手で統一された方が都合のよい商売をやっているひとたちもいるんです。
在韓米軍撤収と南北接近  2004年6月8日  田中 宇
http://tanakanews.com/e0608korea.htm
韓国から米軍が兵力を削減する動きが本格化している。韓国には3万7千人の米軍兵士が駐留してきたが、このうち3分の1に当たる1万2千人が2005年末までにイラクに移動する。そのうち5700人はすでに昨年末、休養中のアメリカ本土から韓国に戻ってくる直前に行き先が韓国からイラクに変更になり、現在はイラク北部のモスルに展開している。これに加えて4000人が、今夏中に韓国からイラクに転戦することが決まっており、すでに米軍の兵力削減はかなり進んでいる。(関連記事)

今のところ、韓国には2万5千人の在韓米軍が駐留し続けることになっているが、今後もっと削減される可能性もある。米議会ではこの5月、韓国における駐留米軍の今後の削減について3つの案を作ったが「現状維持」「半分に削減」という2つの案のほかに「千人だけ残して撤退」という案が盛り込まれている。(関連記事)

また、在韓米軍の中心部隊である第2歩兵師団そのものが、韓国からオーストラリアなどに移転するかもしれない。オーストラリア側は乗り気で、すでに第2師団と同じ軍事装備をアメリカから購入し、師団がいつ引っ越してきてもいいようにしている。タイも第2師団を受け入れたいという姿勢を見せている。(関連記事)

参考AH)
HP:極東有事で、冷戦復活。ロックフェラーと金正日、利害が一致して共闘関係。統一教会・創価学会さん、オウム事件の本番の決行日は決まりましたか?NYのユダヤボスから指令は来ましたか?キムジョンイルも中国共産党も、今度こそは呼応する!と約束してますか?麻原奪還テロを繕いますか?インチキテロ後の似非右翼ユダヤ傀儡政権首班は、安部晋三ですか?
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/aumhonban.htm

(参考TJ)
テポドンの発射ボタンは、N.Y.のユダヤ老人が押す。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/tepoyuda.htm

●新聞もテレビも真実を伝えない時代に生きるために
http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150803/1438599762

元祖■ブッシュ親子の自作自演テロ第68部■本家@親子丼BBS
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2092/1098501393/l100


911とオウム事件HP群
http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150804/1438662479

 

 

●新聞もテレビも真実を伝えない時代に生きるために
http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150803/1438599762
元祖■ブッシュ親子の自作自演テロ第68部■本家@親子丼BBS
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2092/1098501393/l100