読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シオニスト・ユダヤ人たちが、今、着々と進めている大イスラエル帝国の建設

#ユダヤ人 #真実 #真相 #謎 #なぜ

シオニスト・ユダヤ人たちが、今、着々と進めている大イスラエル帝国の建設

By richardkoshimizu

アメリカを支配しているのはユダヤ人です。そのユダヤ社会の頂点に立つのは、「普通の非ユダヤ・アメリカ人からは、代表的なWASPであり、敬虔な福音派信徒であると勘違いされ、一方でユダヤ人社会の中では、隠れユダヤ人の頭目であることが暗黙のうちに了解されている」大富豪、ロックフェラーです。(参考RJ)現在の当主は、デービッド・ロックフェラー氏(左の写真)です。

そのロックフェラーが後援して、二代続けて大統領に押し上げたのが、強いユダヤ人疑惑のあるブッシュ親子です。(参考BJ)「ブッシュ・ロックフェラー一味」としばしば呼ばれる、この連合関係が、自ら仕掛けた911内部犯行を口実にして、全く合理性のないアフガンとイラクへの侵略戦争を遂行したのです。

アフガン侵攻の目的は、ロックフェラーが支配する石油と麻薬という二つの産業の利権を奪い取ることであると同時に、アシュケナジ・ユダヤ人のための「ユダヤの故地、ハザール汗国の旧領土の奪還」でもあったのです。(別途解説します。)一方で、イラクの侵略は、世界最大の埋蔵量が期待されるイラクの石油をロックフェラーが奪取すること以外に、もうひとつ、実現すればシオニストユダヤ人全体が狂喜乱舞する目的がありました。それは、聖書の予言の実現であり、大イスラエルの建設なのです。

旧約聖書の創世記にこんな記述があります。

Genesis 15 18 : On that day the LORD made a covenant with Abram and said, "To your descendants I give this land, from the river of Egypt to the great river, the Euphrates--  


エジプトの川、つまりナイル川から、ユーフラテス川までをユダヤ人に与える。そう、神がユダヤと契約した。
聖書には、ユダヤが中東に広大な帝国を建設すると予言されているのです。狂信的なユダヤ教徒、つまり、シオニストは、聖書の予言の実現に血道を上げます。ユーフラテス川とは、イラクの中ほどを流れる大河です。今、その大河の周辺にユダヤ人が群がっています。相場の三倍の高値で、北部イラクの土地を買い漁っています。イラク侵略戦争後、アメリカの送り込んだ暫定占領当局が最初に行った改革は、「イラクの土地を外国人が購入することができる」ようすることでした。ユダヤ人のために。(参考KJ)

途端に、アメリカとイスラエルの二重国籍を持ったユダヤ人が米軍の軍装を着て、大挙して入ってきました。数年前までイラク北部に在住していていたユダヤ系クルド人が、戻ってきました。彼らは、クルド人地区を中心に次々と土地を手に入れていく。イラクの戦後の治安は最悪で、爆弾テロが連日多発しています。失業率も8割を超える惨状で、とても落ち着いて国民生活が送れる状態ではありません。地主さんたちも、嫌気がさしています。そこへ、相場の三倍の条件を提示されて、土地を売って国外へ出て行く人たちが相次いでいます。(参考MB)ユダヤ人が土地を手に入れるためには、治安は悪くなくてはいけない。経済は破綻状態でなければいけないのです。

自爆テロが多発していますが、イラクの土地のほしいユダヤ人にとっては、ありがたい事です。怯えたイラク人の地主は、ユダヤ人の差し出した土地売買契約書にサインして、さっさと、国外へ脱出します。自爆テロを偽装した自動車爆弾は、イスラエルのモサドの得意技です。捕まえて殺したイスラム教徒の死体を運転席に縛りつけ、遠隔操作で突入・爆破します。そして、ユダヤに支配されたメディアに「自爆テロ」と報じさせます。治安が悪くて得をするのは、シオニスト・ユダヤ人なのです。

そして、過去には15万人いたユダヤ系クルド人が、イスラエルから帰還する計画も進んでいます。北部イラクの土地をアメリカのユダヤ人が、札びらを切って、手に入れ、そこに、ユダヤ系のイラク人が住む。「小さなユダヤ国家」が今まさに誕生しようとしています。創世記の予言では、大イスラエルの東端は、ユーフラテス川ということになっています。この小さなユダヤ国家が、その東端部分に見事に合致します。

こうなってくると、ユダヤ人が抑えたイラク北部のクルド人地域は、イラクから分離独立させてしまったほうが、ユダヤ国家として機能させられます。そのためには、イラクの国内勢力が分裂して、抗争、内乱状態に陥ってくれたほうが、ユダヤ人にはありがたい。新しい政権の元でイラクがひとつにまとまってしまっては困るのです。ユダヤさんたちの暗躍のおかげで、2005年1月の国民議会選挙は、シーア派の独占の結果に終わりました。スンニ派のほとんどは、選挙をボイコットしてしまいました。これでいいのです。シーア派とスンニ派が今後対立し、内戦が起こり、(というか、ユダヤが内戦をけしかけ)、結果的にクルド人地区を分離独立させる計画があるのではないでしょうか?そのためには、爆弾テロが多発し、治安を悪化させなければならない。毎日報道される自爆テロの何割かが.....モサドなどのユダヤ謀略機関の仕業であっても少しも奇異ではありません。そろそろ、イラクが今後、複数の国家に分裂するのではと、観測する人たちが出てきました。ユダヤ権力の周辺にいる人たちが、それを口にし始めたようです。

そして、国家分裂を促進する目的で、ブッシュも動き出しました。早期にイラクから米軍を撤退させるというのです。(参考IT)治安が安定していない状態で米軍がいなくなれば、間違いなく、内戦状態になります。内戦状態を創出するために、ブッシュは兵を引くのです。実に馬鹿馬鹿しいことに、ブッシュの黒幕であるロックフェラーが主宰する外交評議会(CFR)が、イラクを三分割すべきだと主張しているのです。(参考CF)ふざけた話です。クルド地区がほしいから、ブッシュに命じて兵を引かせるのです。どうしようもない強欲ユダヤ人です。 副大統領のチェニーもイラクからの撤退を口にし始めました。「一日も長くイラクにとどまりたくない」のだそうです。(参考IH)早いところ内戦を悪化させて国家分裂を促進したいのでしょう。ユダヤがクルドの土地を盗むために。

大イスラエル建設の先頭に立つ、ユダヤ人・ロックフェラーは 、勿論、実利も見逃しません。クルド人地区のキルクークでは大規模な油田が見つかっています。ユダヤ国家を建設するという名目で、ユダヤ社会の協力を取り付け、自分は自分で、クルド地区の石油を独り占めにする算段でしょう。際限なく貪欲ですから。 土地が手に入れば、その下の石油もユダヤ人のものです。ロックフェラーの手先が、今、舌なめづりしながら、キルクークあたりを徘徊しているのです。

ニューヨークのウォール街のユダヤ人たちは、「大イスラエル実現」のために、イラク侵略を企図したのです。911を含め、すべてがユダヤの遠大なる計画の通り進んできているのです。ブッシュ以前にも、ユダヤ人たちは、この試みの一端を見せてくれました。ホワイト・ハウスの研修生、ユダヤ人、モニカ・ルインスキーは、ダイナマイト・ボディーでクリントンを誘惑しました。モニカの下半身攻撃の罠に掛かったクリントンを、早速、ネオコン・ボスのユダヤ・シオニスト、ビル・クリストルやシオニストメディア王、マードックが、メディアを使って攻め立てました。ついで、ユダヤの所有する大手メディア、NYTやWPがクリントン攻撃戦に参戦しました。そして、シオニストたちは連名で、クリントンに書簡を送り、イラク攻撃を迫ったのです。下半身ネタで窮地に追い込まれたクリントンは、ユダヤ人の要求に屈して、イラクを空爆したのです。大イスラエル計画は、そのときに既に始まっていたのです。なんのことはない。モニカ・ルインスキーは、要するにモサドの工作員だったのです。

さて、そうなると、大イスラエル帝国建設に、どうしても不可欠なのは、「シリア」を手に入れることです。

ブッシュが次に攻撃するのは、シリアかイランか?とよく話題にされます。なぜ、シリアなのか?シリアは、ブッシュ政権から、イラクのフセイン一派を保護しているとか、テロリストをイラクに送り込んでいるとか、ありとあらゆる難癖をつけられています。(参考BS)さらには、「シリアの大量破壊兵器疑惑」をブッシュ政権のユダヤ人閣僚、ボルトン国務次官がでっち上げ、シリア攻撃の材料にしています。(参考SW)勿論イラク同様に濡れ衣です。ユダヤがシリアに仕掛けた言い掛りです。ブッシュは、イラクについで、シリアも武力攻撃で政権を打倒すると示唆しています。

要するに、シオニストたちは、シリアがほしいのです。シリアを侵略する口実がほしいのです。大イスラエル建設に不可欠な部分、シリアをユダヤの傭兵、アメリカ軍によって占領したいのです。

ブッシュは、シオニスト・ユダヤ人たちが用意した、開票結果を改竄できる電子投票機のおかげで、大統領の座を二度盗み取ることに成功しました。あと、4年の間、ブッシュは選挙を気にせずに、ユダヤ人の望むことは、何でもできるのです。(参考YK)

ブッシュは、創世記の予言を現実のものとするために、またまた、卑怯な行動に出るでしょう。ロックフェラーを21世紀のダビデ王とするために、ブッシュは、最後のご奉公に専念するでしょう。ユダヤの歴史にデービッドの名前を残すために。

↑旧約聖書、創世記の記述に基づく、大イスラエルの領土

参考RJ
ブッシュの黒幕=隠れユダヤ人ロックフェラーが、911内部犯行の首謀者
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/rockyuda.htm

参考KJ
その3.イスラエルによるヤシン暗殺テロから服喪を明けたパレスチナ 2004/3/27
http://atfox.hp.infoseek.co.jp/xfile/2004/016.htm
イスラエルはアメリカ軍のイラク攻撃・占領作戦で重要な中核を占め、現在は、民間が中心となって、旧クルド自治区・キルクークを中心に土地の収用や買収を活発に行っており、中東の石油支配にも攻勢をかけている。

参考MB
米とイスラエルがイラクに新ユダヤ国家建設を計画 2003年11月10日号(エジプト週刊誌アル・オスブー)ムスタファー・バクリー
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/mustafa_bakry.html
この報告にはいささかも誇張は無い。この重大な情報はアラブ、イスラム諸国、特にイラクに隣接する諸国に伝えられた。シオニストとアメリカが第2のユダヤ人国家を建設するというものだが、今回は、エジプトのナイル河イラクのユーフラテス河までまたがる「大イスラエル国家」建設というシオニストの宿願をイラクで実現しようというものである。

参考IT
イラク新政権望むなら撤退=米大統領が初表明2005年01月29日(土)
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20050129/050128161845.jo9wy2h1.html?C=S

【ワシントン28日】ブッシュ米大統領(写真)は、ニューヨーク・タイムズとのインタビューで、30日のイラク国民議会選を経て樹立される移行政権が要請するなら、同国駐留米軍を撤退させる用意があることを明らかにした。ブッシュ大統領がイラク駐留軍撤退の可能性に言及したのは始めて。 ブッシュ大統領はこの中で、「イラクの指導者の大半は、少なくともイラク軍が自力で戦える能力を整えるまでの期間、連合軍の存在が必要であることを理解しているようだ」と指摘し、イラク移行政権が米軍に対し、「占領軍」ではなく「支援者」として駐留継続を要請するだろうとの見通しを示した。

参考CF
世界大戦の予感
2003年11月27日  田中 宇
http://tanakanews.com/d1127iraq.htm

アメリカの中道派の総本山ともいうべきシンクタンク「外交評議会」から「イラクを3分割すべきだ」という提案が出てきた。
イラクはシーア派(人口の60%、主にイラク南部・中部に在住)、スンニ派(15%、主にイラク中部)、クルド人(20%、主にイラク北部)という3つの系統の人々から主に成り立っているが、政治権力や軍事力は以前から少数派のスンニ派が握っており、フセイン政権もスンニ派政権だった。米軍にゲリラ攻撃を加えているのもスンニ派の勢力である。そのため、反米傾向が少ない北部のクルド人地域と、南部のシーア派地域を分離して自治を与え、先に安定させるべきだ、というのが3分割提案の要点である。
中部のスンニ派地域では今後さらにゲリラ戦の激化が予測されるので、米軍単独ではなく、国連の傘の下で(米軍を中心とした)国際軍に再編し、ゲリラを掃討する計画だ。
イラクが建国された1921年からフセイン政権まで、イラクを統治していたスンニ派勢力の最大の財源は石油だったが、イラクの石油は北部のクルド人地域と南部のシーア派地域に集中しており、中部のスンニ派地域にはほとんど石油がない。そのため、南北を先に分離させれば、スンニ派勢力は財源を失い、弱体化してゲリラ戦を続行できなくなる。だからイラクを3分割すればイラクの戦闘は早く終わる、と提案されている。

イラク分裂は中東全体の崩壊につながる」 田中宇氏
2004年01月28日10時10分
アメリカが
イラクから急いで撤退しようとしているが、アメリカ撤退後、イラクは内戦に陥るか、クルド人地域が他の地域から独立して分裂する可能性が大きくなっている。そんな中、エジプトのムバラク大統領の側近が「イラク分裂は中東全体の崩壊につながる」と警告を発した。

エジプトの大統領政治顧問であるオサマ・アルバズは最近の講演で「エジプトは
イラクを分割しようとするあらゆる試みに反対する。イラクが分割されれば、周辺諸国の分離独立運動を煽り、中東全域の情勢を悪化させる。これは、アラブ世界の崩壊につながりかねない。悪影響が全世界に広がるだろう」と述べた。
Iraqs break-up may trigger collapse of Arab world: Egypt
http://jang.com.pk/thenews/jan2004-daily/27-01-2004/world/w9.htm
彼の発言からは、以前の記事で紹介した「
イラク3分割案」がアメリカによって検討され続けていることがうかがえる。
http://tanakanews.com/d1127iraq.htm

参考IH
1日も長くイラクに留まりたくない=米副大統領 (時事通信)
 【ワシントン6日】チェイニー米副大統領(写真)は6日、FOXテレビのインタビュー番組で、「米国はイラクに必要以上に1日たりとも長くとどまるつもりはない」と強調したが、「米軍の撤収はイラク軍が治安の任務を引き継げるかどうかに掛かっている」との考えを示した。同副大統領は、イラクで半世紀ぶりに自由な選挙が行われてから1週間経過したことを受け、「イラク人は政府を形成するだろう。これはイラクの文化に影響するもので、米国のイラク版ではない」と強調。「ただ現時点では、米軍はイラクに留まる」と述べた。

副大統領は「われわれは任務を完成し、機能するイラク政府を形成し、イラクが治安を維持できる軍事力を持てば、撤収するだろう。必要よりも1日も長く留まる願望はない」と語った。イスラム教スンニ派の指導者が5日に、米軍の撤収の日程がはっきりするなら、新憲法の起草に参加すると表明した。

これについて副大統領は「米軍の撤収は、政治的な妥協の一部として今決める人為的な日程ではなく、任務が完了する時期という観点から考えるべきものだ」との見解を示した。 米国は現在の約15万人の駐留軍のうち、少なくとも年内は約13万5000人を維持する計画だ。また同盟軍も約2万人駐留している。〔AFP=時事〕 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__976279/detail

参考BJ
ブッシュが隠れユダヤ人であると疑わせる数々の傍証
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/bushjew.htm

参考BS
「ならず者」がシリアを脅迫し、北朝鮮にも強硬姿勢で臨む

http://osaka.catholic.jp/sinapis/overseas/tokimeta/weekly_t/030420-1.html

ブッシュ
大統領は11日、「シリアはバース党のメンバーやフセイン大統領の家族や将軍らに安全な避難場所を提供すべきではない」とシリアを批判し、イラク政府高官の亡命受け入れなどに応じないよう強く警告した。シリアは開戦前、仏独ロ中の大国以外で、国連安保理協議でイラクへの武力行使に強く反対した国であり、開戦後も米英軍の正当性のない戦争に明確に反対し、アラブの義勇兵がシリア経由で参戦したり、イラクの亡命者を受け入れた可能性があるとして、ブッシュ政権が一番敵視している国。新保守主義のリーダー、ウォルフォウィッツ国防副長官は9日、「もしこのまま続けるなら、わが国の政策を考えなければならない」とイラクに次ぐ武力攻撃による政権打倒を示唆する発言をしている。ブッシュ政権がシリアを「悪の枢軸」並に敵視しているのは、シリアがイラク同様、アラブ社会主義的なバース党の一党独裁体制をとり、レバノンなどからイスラム教シーア派組織ヒズボラなどの自爆攻撃要員を送り込んでいると見ているからである。これに対してシリアのシャラ外相は12日、「シリアは一貫してイラク国民のための戦争に反対してきた。戦争を防ぐためにベストを尽くした。シリアがフセイン政権幹部を保護しているというなら、証拠を見せてみろ。何も見せられないじゃないか」と激しくブッシュ政権を非難し、「アメリカは悪意に満ちたゲームをシリアに仕向けている」と怒りをあらわにしたが、アメリカがシリアを攻撃しているのは、イスラエルを擁護するためでもある。

参考SW
シリアの大量破壊兵器開発と「新しい悪の枢軸」
http://www.asyura2.com/0311/war41/msg/468.html
月5日のシリア空爆の後、この数日、シリアとイスラエルの関係が今までより悪化してきている。
http://story.news.yahoo.com/fc?cid=34&tmpl=fc&in=World&cat=Syria
シリア空爆の1週間ほど前になると思うが、米下院外交委員会でボルトン国務次官が安全保障上の「ならず者国家」として、シリアを北朝鮮、イラン、リビアとともに挙げ、特にシリアに時間を割いて詳細に言及したそうだ(9月30日付けワシントンタイムズ)。
http://www.washtimes.com/op-ed/20030929-090653-2022r.htm
これを踏まえてワシントンタイムズの記者は、(イラク戦争後)アメリカ政府はイランや北朝鮮とともにシリアを、「新しい悪の枢軸」国として加える明確な動きがあると書いている。 ボルトンは独裁政治のアサド政権が警戒すべき情勢になってきたのは、6カ月前(イラク戦争後)からだと言う。以下彼の報告の主要なもの。

シリアの二つの脅威は大量破壊兵器開発とテロリズムへの支援。シリアの核兵器プログラムは民生目的の名目でロシアが援助している。これは軍事目的へ応用可能。さらにワシントンは、シリアが生物兵器の開発を継続していて、サリンやVX神経ガスといった化学兵器を保有しており、数百の弾道ミサイルの一部に化学弾頭を装着させているという疑惑を持っているが、その弾道ミサイルの開発はイランが援助していると見ている。長距離ミサイル「スカッドD」は北朝鮮の協力で開発したが、周辺国のイラクの大部分、ヨルダン、トルコを射程範囲に収める。

参考YK
▲ユダヤ人ケリーはブッシュに勝たせるために起用された当て馬

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yudakeri.htm

 
 
●新聞もテレビも真実を伝えない時代に生きるために
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sinbunterebiiranaiyo.htm
元祖■ブッシュ親子の自作自演テロ第68部■本家@親子丼BBS
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2092/1098501393/l100