読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッシュが隠れユダヤ人であると疑わせる数々の傍証

#ユダヤ人 #真実 #真相 #謎 #なぜ

ブッシュが隠れユダヤ人であると疑わせる数々の傍証

By richardkoshimizu

右の写真は、アシュケナジ・ユダヤ教徒の証、ヤムルカ(キッパ)を被って、エルサレムの嘆きの壁でユダヤ式の敬虔なる祈りをささげている人物です。

同じ人物が、下の写真では、教会の燭台に火のついた蝋燭を立てようとしています。燭台の中央には、ユダヤ教のシンボル、ダビデの星が燦然と輝いています。

さて、誰なんだろう?

米国大統領、G.W.ブッシュがその人です。

「あーなるほど、米国の政治経済を支配するユダヤ人に阿るために、ブッシュはユダヤ式礼拝をやってみせて、ユダヤに媚を売ってるんだな?」と思った貴方は、まあ、中級クラスの国際情勢通といったところでしょうか? あなたにそう思ってもらえると、ブッシュと背後のユダヤ人はありがたく思うでしょう。思う壺です。

ブッシュ政権といえば、ネオコンなるユダヤ人グループが権力を行使し、ユダヤとイスラエルの利益のためにブッシュ政権を誘導してきたと認識されています。リチャード・パール、ポール・ウオルフォウイッツ、ダグラス・フェイスあたりが、「イラクの大量破壊兵器所持」を理由にイラク侵攻を強行に推し進めたユダヤ人だと、多くの日本人にも認識されていると思います。

ですが、ユダヤ人は、これらの過激派だけなのでしょうか?過去4年間、ブッシュ政権のニュースを耳にしてきた日本人にも、なじみのでてきた閣僚の名前を挙げてみましょう か。アリ・フライシャー、エリオット・エイブラムス、ドーブ・ゼークハイム、ロバート・ゼーリック、
ルイス・リビー........こういった人たちが全てユダヤ人だったのです。ブッシュの周辺はユダヤ人だらけなのです。だが、メディアは、ブッシュ政権がユダヤ人の集団であることを少しも報道しないのです。米国のメディアもまた、ユダヤ人が支配する産業なのです。要するに「(ユダヤ以外の)米国民は余計なことを知らない方がいい」ということなんです。

「だが、非ユダヤもいるだろう。ほら、チェニーとかラムズフェルドとか.....」
 

そう考えられて当然です。しかし、これらの人たちの過去を少しでも調べてみれば、彼らがユダヤと深い関わりを持ってきたことに気がつきます。チェニーはユダヤ系軍事研究所の顧問で、ユダヤ財閥、ロックフェラー系列の石油会社の経営にあたっていた。夫人は、ユダヤ軍需産業、ロッキード・マーチンの元重役。ラムズフェルドもハリマン、モルガン、ロックフェラーとユダヤ財閥を渡り歩いてきた人物です。ふたりともユダヤの長い歴史に名を残すユダヤ名家の出身であると分析する専門家がいます。前者は、ストックホルムのゲットーに源を発するユダヤの名家、KHAYNEY姓の変名であると。後者は、ユダヤの裏組織、ブナイブリスの長であるとも分析されています。

つまり、「隠れユダヤ」であるということです。「普通の黒人」と思われているパウエルとコンドリーサ・ライスもまた、要注意人物です。パウエルは、NYのユダヤ人街で育ち、イーデッシュ語が堪能だそうです。彼は、ジャマイカのユダヤ人の血を引くと言われています。ライスは、ユダヤ・ロックフェラーのシェブロン石油の社外重役でしたが、もともと、ユダヤ人、オルブライト女史に私淑したオルブライトの子飼いの人物です。
←ブッシュ政権のユダヤ人たちには星条旗がこう見えるのでは?
ここに日本人どころか、アメリカ人すらよく知らない事実が隠れています。ブッシュ政権の閣僚は、殆ど全部がユダヤ人です。 そうでない人物は、隠れユダヤ人であるか、ユダヤ財閥の使用人なのです。ブッシュ政権は、完璧にユダヤ政権なのです。そうなると、俄然、「ブッシュ」に興味が湧いてきます。ラムズフェルドが実はローマ時代のユダヤ史に出てくる「KRUMSFENDL」の末裔であるのなら........ブッシュもまた、ユダヤ人の血を引いているのではないのか?ユダヤ支配を米国民の目から隠すために、一見ユダヤに見えない連中が、ブッシュ政権の中枢に起用されているのではないのか?

マレーシアの前首相、マハーティル博士は、ブッシュ・ブレアのことを「ユダヤの代理人」だと看破しました。しかし、代理人であったのかどうか?実はユダヤそのものだった のでは............?

迫害を避け、キリスト教社会で生きていくために表面上はキリスト教に改宗したユダヤ人というのが大量に存在します。マラノと呼ばれる彼らは、キリスト教徒を繕いながら、ユダヤ教の信仰を捨てていない人たちです。代表的な例が、ロックフェラーです。では、ロックフェラーのフロント政治家でもあるブッシュもまた、その「マラノ」ではないのか?

「ブッシュ家は、英王室にも血縁続きの名家である。」とよく耳にします。ほお、なるほど、英国貴族のご出身ですか?そう思って調べてみると、ブッシュ家そのものの話ではなく、母方の血統の話(参考①)だったとわかります。あたかも、ブッシュ家が英国から来たかのように錯覚させる情報です。いやになるほど、ブッシュ本家以外の傍流の血統の良さに言及しています。知りたいのは「ブッシュ本家」のことなんですが、全く触れていません。系図の一番最後で、「ブッシュと結婚」というくだりで初めてブッシュの名前が出てきます。なにか、ブッシュ本流の話をしたくないかのようです。不都合なのでしょうか?

ブッシュ家を1600年代初頭まで遡って、英国の出だと解説しているサイト(参考②)があります。ブッシュ一族は独立戦争で勇敢に戦ったとして、ブッシュ大統領の先祖に当たる女性たちの名前を挙げています。しかし、男系については、なぜか、具体的な名前を挙げていないのです。不思議です。戦場で戦ったのは男性であったのに。名前を出すと何か不都合でもあるのでしょうか?この不思議なサイトについては、いろいろと疑問が呈されています。

ブッシュがユダヤ人の末裔ではないか疑っているサイトでは、「そもそも1600年代初頭まで遡れること自体が疑問だ」とした上で、「独立戦争で活躍したブッシュ家の人物は、その年表に基づけば、年齢から言って、Richard Bushなる人物しかいなくなる。」としています。そして、そのリチャード・ブッシュなる人物は、「多分、おそらく、リチャード・ブシュ」であったと注釈のつけられた、存在自体が不確かな人物なのです。そして、ブッシュ家の米国における歴史は、この本当にいたかどうかわからない「リチャード・ブッシュ」からすべからく始まっているのです。さらには、独立戦争の英雄は、歴史に名を残していますから、簡単に特定できるはずです。しかし、「リチャード・ブッシュ」なる人物は、その一切歴史に出てこないのです。不可思議です。

一方で、私たちは、ブッシュという姓をもつ独立戦争の英雄を簡単に探し出すことができます。彼の名前は、ジョージ・ブッシュ(参考③)と言います。ジョージ・ワシントンとともに戦った勇士です。彼の一族は、父親のマシアスの時代に、チェコのプラでユダヤ人追放に遭遇し 、フィラデルフィアに移住してきたユダヤ人でした。彼らの子孫は今、アメリカでどうしているのでしょうか?もしかしたら、ユダヤの出自を隠し、キリスト教徒のフリをして政治家でもやっているかもしれませんね。

左の肖像画は、マシアス・ブッシュ(参考④)の息子の一人、ユダヤ人将校、ソロモン・ブッシュです。 兄弟と思われるジョージ・ブッシュとともに戦いました。(どことなく、某国大統領に風貌が似ている気がしますが。)

「ブッシュ」「独立戦争の英雄」で調べれば、出てくるのはこれらのユダヤ人ばかりです。本当にいたかどうか定かではないリチャード・ブッシュではなく、この実在のユダヤ人こそが、米国大統領の祖先(参考⑤)だったのではないか?そう推測する、かなり頭脳の明晰な方々が、ネット上に少数ですが存在します。

もし、これが事実であれば、ブッシュ大統領の祖先は、最初にヨーロッパからアメリカに定住したアメリカのユダヤ人社会の草分け・名士ということになります。ユダヤ人大富豪、ロックフェラーの後ろ盾を得、ユダヤ人だらけの政権の頂上に立つには、充分の家柄ということです。ユダヤ的にはですが。

さらに面白いことに、19世紀、NY大学にジョージ・ブッシュ(参考⑥)というヘブライ語の教授がいたことがわかっています。大ブッシュは大統領奉職中に聞かれて、この教授が自分の縁戚であることを認めています。ユダヤ人の言語を教える教授.......ユダヤの血を引く人物なら、ヘブライ語を教えても不思議はありませんね。

もうひとつ、とても面白い「附合」がブッシュの周辺にみつかります。キーワードは「プラハのユダヤ人」です。上述の独立戦争の英雄のユダヤ人ブッシュは、プラハからやってきた一族です。同様に、我々日本人にも馴染みの深いプラハ出身のユダヤ人の末裔が 、ひとりいます。民主党の大統領候補だったジョン・ケリー(参考⑦)です。別に論じますが、ケリーはブッシュ同様に、CFRのユダヤ人ボス、ロックフェラーの配下の人物であり、今回の選挙ではブッシュに勝たせるのを目的に、ユダヤ裏社会から当て馬として起用されたのです。もう一人、コンドリーサ・ライスなんですが、一部では、ブッシュの愛人だとも噂されている彼女は、プラハのユダヤ一族から出たオルブライト女史に私淑した、女史子飼いの秘蔵っ子です。そして、もうひとり、大ブッシュの夫人であるバーバラ・ブッシュ(参考⑧)もまた、「チェコの血統」を持つと分析されているのです。なにやら、次から次に「チェコ」「ユダヤ」が出てきます。欧州ユダヤのなかでも、「チェコ」派閥が、ブッシュ政権の 大要素ということなのでしょうか?非常に面白い奇妙な一致です。

ブッシュ大統領の父親のジョージ・ブッシュ元大統領は、CIA長官、レーガン政権の副大統領を経て、ホワイトハウスまで上り詰めた人物です。彼は今でもCIAの主であり、CIAという名の国際麻薬密輸機関の長です。そして、CIAとは、もともと隠れユダヤ人、ロックフェラーが私兵を集めてでっちあげた「隠れユダヤ機関」でもありました。このことは、大ブッシュが、ユダヤ裏社会の長であることをも意味します。CIAは、ドイッチェ長官以降、完全にユダヤ人脈に要所をさえられてしまっています。最高幹部が全てユダヤ人(参考⑨)に占められてしまったCIAは、「ウォール街のユダヤ金融資本の出先機関」と化してしまったのです。もはや、イスラエルの情報機関、モサドと同化してしまい、境界線などありません。(911内部犯行でもCIAはユダヤ機関として」大活躍しましたね。)そのユダヤ機関CIAの大ボスであるブッシュさんが、隠れユダヤであるとすれば、「なるほど」と膝でも打ちたくなります。米国という国は、一見ユダヤに見えない隠れユダヤが政治の表舞台にでて、背後で真正ユダヤが全体を支配する構造になっていると解します。

 

参考①
■ブッシュは名家の出だだそうです?
ブッシュはダイアナ妃、チャーチル首相と遠戚
http://www.asahi-net.or.jp/~cn2k-oosg/bush01.html

参考②
■疑惑だらけのブッシュ家の家系図
Ancestry of George W. Bush
http://members.aol.com/_ht_a/wreitwiesn/candidates2000/bush.html

参考③
■「独立戦争の英雄、ユダヤ人将校、ジョージ・ブッシュがブッシュ大統領の先祖なのか?」というユダヤ別働隊=統一教会真っ青のサイト

IS GEORGE W. BUSH RELATED TO (JEWISH) MAJOR GEORGE BUSH WHO SERVED IN THE REVOLUTIONARY WAR?
http://www.israelect.com/reference/Willie-Martin/PoliticalJews.html

参考④
■1744年に、プラハのユダヤ人が追放された。ユダヤは新天地アメリカを目指した。初代ブッシュは、子孫を残した。 ユダヤの出自を隠して大統領になった子孫を?さあて、どうでしょう?
Solomon Bush's father, Mathias Bush was born in Prague in 1772 and died in 1790 in Philadelphia, PA.
http://worldconnect.rootsweb.com/cgi-bin/igm.cgi?op=GET&db=mila22&id=I002
Name: Mathias Bush
Sex: M
Birth: 10 MAY 1722 in Prague, Bohemia
Death: 29 MAR 1790 in Philadelphia, PA
Marriage 1 Rebecca Myers-Cohen
Marriage 2 Tabitha Mears

参考⑤
■独立戦争の英雄、ジョージ・ブッシュ。プラハのユダヤ人移民の2世。この人の父親がブッシュ家の初代だった?
JEWISH WARTIME HERO, GEORGE BUSH
▲EDITOR’S OBSERVATION:
http://www.british-israel-world-fed.ca/BushPurimFranks.htm
参考⑤-2
■ブッシュがユダヤ末裔ではないか?と深く追求しているHP
http://signs-of-the-times.org/signs/signs387.htm

参考⑥
■大ブッシュが自分の縁戚だと認めた19世紀のNY大学のジョージ・ブッシュ教授。ヘブライ語のセンセイでした。ヘブライ語?はい、
ユダヤ人の言語です。
Professor George Bush (1769-1859), American Professor of Hebrew.
▲Goldman book explores Christian views of Jews
http://www.emory.edu/EMORY_REPORT/erarchive/2004/April/er%20April%2019/4_19_04Goldman.html

参考⑦
ジョン・ケリーユダヤ的出自
http://www.yorozubp.com/0402/040226.htm
ジョン・ケリーユダヤ人の血をひいていた。ケリーの父方の祖父は、フリッツ・コーンというチェコ(当時はハプスブルク家オーストリア帝国の一部)生まれのユダヤ人であった。
参考⑧
■大ブッシュのかみさんのバーバラ・ブッシュも「チェコ」の血が混じっている? どうも怪しい。かみさんの方も.....隠れユダヤの臭いがする。
"The Czech Roots of Barbara Pierce Bush"
http://www.svu2000.org/genealogy/barbara.htm

参考⑨
CIAもロックフェラー人脈で構成されているわけだけれど、ロックフェラーが非ユダヤであると信じられている限りは、アメリカ人も文句はないのですね。だからこそ、ロックフェラーの出自は厳重に隠蔽されている。だが、実際はCIAなんて、単なるユダヤ機関。モサドの支店に成り下がっているんです。
◎CP9608C.TXT
http://www.palf.co.jp/~ryu/jlav/CP9608C.html
クリントン米政權が任命した政府高官(局長級以上)の約五割が
ユダヤ人、とされる。昨年秋、クリントン米大統は、米CIA長官に、ユダヤ人のドイッチを任命したが、その後、ドイッチは、米CIAの最高幹部を全員ユダヤ人とした、と聞く。#亊實上、米國は、ユダヤに占領されて居る#。ユダヤは好きなやうに米國を弄$いじ$くり回して居る。その結果、米國では、貨幣$おかね$が道徳となり、貧富の差がどんどん拡大しつつある。

▲アメリカがユダヤ支配国家になったのは、どうやらキッシンジャーの登場以降の話のようです。そして、キッシンジャーは、隠れユダヤ、ロックフェラーの手駒ということです。
◎「
ユダヤの告白」4 第四章 ADLとCIAの癒着
http://rerundata.hypermart.net/adl/adl04.htm
CIAに浸透したモサド
キッシンジャーがイスラエルの情報機関であるモサドとの間に緊密な関係をつくり上げたのもこの時期であった。それまではモサドは
CIAの単なる下請け機関であり、アフリカや中東での共同秘密工作では金銭的にCIAに依存していた。 キッシンジャーが登場するに及んで、情報活動全体の様相がすっかり変わってしまった。一九七三年の中東戦争とそれに続くアラブ諸国の石油輸出ボイコットという事態に対しキッシンジャーが果たした役割によって、彼はイスラエル人に登場の機会を与えた。
▲シオ二ストのアメリカ侵攻
アンジェルトンの下で、アメリカの防諜活動はイスラエルの秘密情報機関との間に関係を有するようになった。アンジェルトンは
CIAの前身である戦略事務局(OSS)の局員だったときにイスラエル人との間に密接な関係を築いていた。彼が連絡を取り合っていた重要人物には、イスラエルの情報関係者のトップの人たちぱかりでなく、エルサレム市長のテディ・ コレックも含まれていた。

しかしながら、六日戦争が終わりアメリカで国内政治危機が起こってからというもの、政治、文化面で一大変化が起こった。イスラエルの電撃的な勝利の結果、アメリカのマスコミや米国民の間で、イスラエル人が一夜のうちに「実体以上の英雄」に祭り上げられてしまった。「無敵のイスラエル人」とか「彼らは間違いを犯すはずがない」といった魔法の呪文が米国民にかけられた。そしてその後の二十五年間でこれらの勢力が政治権力を手の中に入れ、政府機関を上回る強力 な存在になってしまった。とりわけこのことは司法省や国防省、それに情報機関の内部で顕著であった。

【利権屋、ブッシュを慕うCIA】
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj5057/sub19.htm
ジョン・D・ロックフェラーは自分の会社からスパイを次々と輩出しながら、各地に秘密組織を設置し、不正を取り締まるべき権力中枢をも味方に付けていった。こうした悪行が後のCIA設立に役立つのである。つまりCIAの前身はロックフェラー家に雇われたゴロツキだったということである。

そのCIAに尊敬されるブッシュという人間もおよそ見当がつくというものだ。CIAやFBIが必死で追っていると言われる南米の麻薬ルートも、過去を分析すれば胡散臭いものである。

「コントラ」におけるブッシュの影にもスポットを当てる必要がある。コロンビアのコカイン・カルテルと1000万ドル支払いの段取りをつけたCIAのフェリクス・ロドリゲスは「チェ・ゲバラの時計をはめ、ジョージ・ブッシュを友人とみなした同級生」でもあったのだ。

さて、911同時テロがユダヤ・イスラエルによる謀略であったとわかってきた方も随分と増えたと思います。911を契機にユダヤ人たちは一気に欲望達成に乗り出しました。解りやすいところでは、イラクへの侵攻・占領で、イスラエルはイラクから飛んでくるミサイルを心配する必要がなくなり、大喜びのはずです。また、ブッシュ大統領がイスラエルの権利を保障追認してくれるので、虐殺者シャロンは何でもやりたい放題です。パレスチナ人は、いい気になったシャロンの軍隊により毎日どんどん虐殺されています。そして、中央アジアとイラクの石油は、ユダヤ人石油王のものになりました。(麻薬利権もです。)ブッシュは、 一部のユダヤ人の代理人として立派に責務を果たしてきます。その一見ユダヤには見えない「ユダヤの希望の星」が実は隠れユダヤ人であるとしたら......

全てが明確に理解できるのです。 しかしながら、米国民を含めて世界の民はブッシュの正体に気がついていないようです。ブッシュは、表面上、敬虔な福音派信徒を装い、保守的な福音派の大人口、7000万人を味方につけています。そのちょっと遅れた田舎の農家の人たちの熱烈な支持を悪用してブッシュ一味がやってきたことは、まさしく、ウォール街のユダヤ人とイスラエルのための利益誘導なのです。アフガン侵攻もイラク侵略も、ユダヤの利益を促進するための計画的犯行だったのです。そして、その悪行の口実となった911同時テロもまた、ユダヤ人と隠れユダヤ人たちが結託して実行した内部犯行でした。米国民は、マレーシアのマハティールの言うとおり、ブッシュがユダヤのフロント政治家であることを感知していない。勿論、ユダヤメディアは一切そんな裏話は報道しない。彼らユダヤ人たちは、「ブッシュが秘密の仲間内」であることを知っているのです。

ユダヤとイスラエルが、これ以上世界を汚すことを傍観していては、未来の地球の住民たちに申し訳が立ちません。さあ、もうそろそろ、立ち上がり声を上げましょう。「いい加減にしろ」と。 キリスト教の呪縛にとらわれない我々日本人だけが、ユダヤの蛮行を食い止めることのできる集団です。日本人が立ち上がらなければ。

英文HP:
G.W. BUSH, A SECRET JEW?  WHY IS HE SO PRO-ISRAEL AND CLOSE TO SHARON?
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon//doc4.htm#gwb_sj


 

●新聞もテレビも真実を伝えない時代に生きるために
http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150803/1438599762
元祖■ブッシュ親子の自作自演テロ第68部■本家@親子丼BBS
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2092/1098501393/l100