読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユダヤ・ロスチャイルド卿の孫、アドルフ・ヒットラーはイスラエル建国の 使命を果たした後、南米で余生を送り20年前まで生きていた?

ユダヤ・ロスチャイルド卿の孫、アドルフ・ヒットラーはイスラエル建国の
使命を果たした後、南米で余生を送り20年前まで生きていた?

By richardkoshimizu

2チャンネルニュース議論板掲示板:小泉は、やることなすこと米国ユダヤ様のご命令通り。 お犬様六匹目
ユダヤ権力の中枢から、ユダヤのトップシークレット開示をやめろと脅迫状
新聞もテレビも真実を伝えない時代に生きるために

総統時代のアドルフ・ヒットラー
南米で戦後撮影されたヒットラー
ヒットラーは自殺せず、南米に逃れて、最近まで生きていた?馬鹿も休み休みに言え。キチガイ。出て行け!」と、憤って叫んでいるあなた、まず、⇒右の写真を見てください。

90歳?それともそれ以上でしょうか?ずいぶんお年を召していますが、顔立ちは、「あのヒットラー」そのものです。他人の空似もありえるでしょうが、耳の形までそっくりなのは、ちょっと驚きです。 スカーフのような布切れで顔を半分隠しているのは、人様に顔を見られたくないということでしょうか?(南米の強い太陽から顔を隠している.....が、正解 かもしれませんが。)
右の写真について論じている人物は、写真が戦後、南米で撮影されたヒットラーであると述べています。
(参考⑤)
ヒットラーは、1945年4月30日にベルリン陥落に際して、愛人エバ・ブラウンとともに自殺したことになっています。しかし、死体は見つかっていません。 ソ連軍が死体を焼いて埋めたという話もありますが、本人であったかどうかは、大いに疑問視されています。
南米に逃れたとする噂は、60年前から流れていました。(後述のベラスコの証言では、1941年4月21日、ヒットラーは、エバ・ブラウンと一緒にベルリンの地下官邸を後にしたというのです。そして、同じ日に、ヒットラーの影武者と呼ばれた人物が、SSによってヒットラーの個室に連れてこられたのだそうです。ベラスコは、後にヒットラーの死体とされたのは、この影武者だったと記述しています。「この後、このヒトラーにそっくりな男(ヒトラーのダブル)は毒薬を飲まされ、ピストルで射殺されたという。結局、ヒトラーは自殺などせず、ボルマンによって強制的に麻酔薬を飲まされ、自分の意思に反して、ベルリンを離れることになったという……」と書かれています。最後まで、地下官邸で頑張っていたというヒットラーは偽者だったようです。)


http://www.miscelle.de/andere-seite/hitler/tod/hitler-altersheim.jpg
↑「南米での晩年のヒットラー」?

ヒットラーの生年は、1889年ですから、45年に「自殺」した際には、56歳前後だったということになります。ところが、この写真、どう見ても五十代には見えません。ご自慢のちょび髭も生えていないのですが、自殺する前に剃ったという話は聞いたことがない。口元もなにやら「歯がない老人」のそれのように見えます。 赤の他人なのでしょうか?それとも合成写真でしょうか?
しかし、ヒットラーのなした「業績」、黒幕の思惑などを考慮すると、ヒットラーが1945年に自殺したとするよりも、「ユダヤ人に助けられて逃亡し、南米で隠遁した。」と考えたほうが、はるかに合理性があるのです。「ユダヤ人に」です。 私のいい間違いではありません。なぜか?最後までお読みください。判るはずです。

ヒットラーは自殺しなかったと証言したスパイ、ベラスコ
ヒットラーの絶大な信頼を得て、1945年の3月以降、ヒットラーのベルリンの地下官邸で勤務していたユダヤ系スペイン人、ベラスコは、終戦前後のヒットラーの周辺について、戦後に
証言しています。1945年4月30日、ソ連軍がベルリンを制圧し、帝国議会の屋上にソ連国旗を立てたときには、もはや、ヒットラーはベルリンにはいなかったというのです。

終戦の翌年、1946年5月7日、ベラスコとナチス副総統、マルチン・ボルマンは、スペインの北西海岸の漁村、ビラ・ガルシアからUボート、U-313に乗船したというのです。そして、18日間の航海の後、U-313は、アルゼンチンに到着したと。 (U-313は公式には、1945年5月の終戦時にノルウエーのナルビクで降伏し、同年12月27日にスコットランド沖合いで
「沈船処分」されたことになっているのですが.......もしかしたら、ロスチャイルドに支配された英国は意図的に、U-313を温存して隠したのかもしれません。)

航海中、ボルマンがベラスコにヒットラーの
安否を説明しています。

「ボルマンの話によれば、地下官邸のヒトラーをひとまずロタック・アム・エルヘンの要塞に移した。エバは地下生活中の投薬がたたって死んだ。ヒトラーとエバがガソリンを浴びて焼身心中したとする物語は、ボルマンの創作だった。世界中にその「事実」を信じこませた。実際は、ボルマンが信用する部下数人を使ってロタック・アム・エルヘンの要塞から更にドイツ領土内を横断して船でヒトラーをノルウェーに移した。ヨーロッパからの脱出準備を2人の部下が整えるまでのあいだヒトラーをノルウェーの寒村に待機させた。ヒトラーの現在の居場所は話せない。連合軍はヒトラーの「自殺」に満足したろう。ボルマンは手際よく運んだと自慢気に語った。」

また、ベラスコは、1946年6月3日、アイヒマンをマドリードの空港から、アルゼンチンのブエノスアイレス空港に送り出したと証言しています。
マドリードのアルゼンチン大使館でクレメンス名義のパスポートを入手した私は、クレメンスを空路ブエノスアイレスヘと送りだした。マドリードのバラハス空港で別れる寸前に、クレメンスは自分の本名はアイヒマンであると打ち明けた。それは1946年6月3日のことだった。

さて、それでは「ボルマンもアイヒマンも、アルゼンチンでヒットラーとともに過ごしていた。」に話を移しましょう。

ナチの避難場所、アルゼンチン
アルゼンチンといえば、ホロコーストの主役、アイヒマンが逃亡して、15年も隠れていた場所です。アイヒマンが、ベルリン陥落の混乱の中で逃亡できたのならば、ヒットラーにだって............ヒットラーは、アルゼンチンの田舎町で、96歳まで生きていたかもしれない。
ヒットラー夫妻がアルゼンチンに隠れていたとする情報は、結構随所で見つかります。具体的な町の名前がいくつか出てくるのです。目撃されたり、噂になったりしたら、ほかの町に移動して隠れていたのでしょうか?また、アルゼンチンではなく、チリにいたという話も、時々出てくるのですが、南米の地図を見てみれば、アルゼンチンの隣の国であり、ヒットラーがいたとされるバリローチェという国境の町からは、山ひとつ超えれば、チリでした。

FBIの最近の報告に「ヒットラーはアルゼンチンで生きていた」とするものがあるとのネット文書も見つかります。ここでは、複数のアルゼンチン国籍の人たちが、自国でヒットラーを見かけているとの証言があること、古いアルゼンチン警察の記録にも、ヒットラーが生存していて、目撃されているとあることが記されています。 あまりにアルゼンチンでのヒットラー目撃証言が相次ぐので、FBIも調査せざるを得なくなった模様です。ベルリン陥落の際にヒットラーを生け捕りにするように命じたソ連のスターリンは、トルーマンとチャーチルとのポツダムでの会談の際に「ヒットラーを取り逃がした。どこに逃げたわからない」と伝えたそうです。(私は、ヒットラーを意図的に逃がしたのは、スターリンではなかったかと疑っていますが。ややこしくなるので、ここでは深入りしませんが。) (参考FBI)

実際にUボートがナチ高官を乗せて,アルゼンチンに到達していた!

ロシアのプラウダの2003年2月の署名記事にも、面白いことが書いてあります。ドイツ第三帝国が崩壊した後、1945年の7月から8月に掛けて、少なくとも5隻のUボートが、アルゼンチンに到達しているそうです。アルゼンチンの研究者によると、50人以上のナチス高官がアルゼンチンに上陸したが、その中にヒットラー、
エバ・ブラウンらが含まれていたかもしれないと言うのです。

到着の前に米海軍やアルゼンチンの船に攻撃を加えて、400人を超える死者が出ているのですが、英米軍はなぜか、この事件を闇に葬ってしまったのです。終戦の二ヵ月後におきたこんな事件を隠蔽して、ヒットラーを助けた勢力がいたのです。(私は、当時の米英の支配層、つまり、ユダヤ権力がヒットラーの逃亡と隠棲を幇助したのだと思っていますが。)

そして、ソ連のスターリンも、当時のアメリカの国務長官に、ヒットラーはスペインかアルゼンチンに逃げたと語ったそうです。(参考PU)


また、1991年には、アメリカのニュージャージー沖60マイルの海底で、沈没しているUボートが発見され、後に、U-869だと判明しました。魚雷と乗組員の遺体を乗せたままの姿で発見されたのです。ニューヨークのすぐ近くの海にUボートが沈んでいるといった記録は、アメリカにもイギリスにも、そしてドイツにも全くありませんでした。 現物が発見されるまでは、45年の2月に中部大西洋で米艦船によって撃沈されたとばかり思われていたのです。

さて、この一隻が、ほかのUボートと一緒に、アルゼンチンを目指していたヒットラーご一行の一員だったとは、考えられないでしょうか?U-869は1945年の初めに投入されたばかりの艦だったそうです。


1945年8月17日、アルゼンチンのマール・デル・プラタの
港に到達したドイツ海軍Uボート、U-977.

終戦前、U-869の甲板に整列する乗組員

ヒットラーたちがアルゼンチン上陸後最初の12年を過ごしたというアンデス地方の山間部、バリローチェ
アルゼンチンのジャーナリスト、アベル・バスチが、2004年の7月に出版した本
、「Bariloche Nazi Tour Guide」では、ヒットラーは、ブエノスアイレスから1350 キロ離れた、バリローチェ(San Carlos de Bariloche)の近郊、ビラ・アンゴスチラに隠れ住んでいたとされてます。アルゼンチンのビジネスマンが私有するこの土地には、船でしかいくことができなかった。ヒットラー、マルチン・ボルマン、ヨーゼフ・メンゲレ、アドルフ・アイヒマンらが、Uボートでアルゼンチンに上陸して後、1945~46年 頃から1957年まで、そこで生活していたというのです。(後に,アイヒマンはブエノス・アイレスで捕われましたが。(参考HF)しかし、いつまでも同じところで生活はできなかったようです。ヒットラーたちは、Hacienda San Ramonという山間の農場に移り住んだようです。(メンゲレのその後なんですが、「アウシュビッツで人体実験を指揮したジョセフ・メンゲレ(Josef Mengele)は、最初はアルゼンチンで、次にブラジルに渡って、偽名を使ってヤミの医者を続け、1979年に死去するまで逮捕されることはなかった。彼の存在は死の翌年、1980年に新聞で報じられた。ユダヤ人団体は、ブラジル当局が彼の存在を知りながら、見て見ぬふりをしたと攻撃している。」というような記事も見つかります。)

また、2003年5月放映された英国のまじめなドキュメンタリー番組で、ヒットラーがアルゼンチンのホテル・ラ・フラダに宿泊したこと、ホテルの女性従業員が、ヒットラーが何を食べたか、どんな音楽が好きだったかまで証言したのだそうです。(参考EH)
このホテル従業員は、Catalina Gameroという人物であると判明しました。彼女は、雇い主だったEda Einhornから、ヒットラーの世話をしたことを秘密にしておくよう、命じられたとの事です。  (参考CG)ホテルは1960年半ばに廃業しましたが、現在は博物館として利用されているそうです。地元では、戦後このホテルの離れにヒットラーが滞在したと伝えられているそうです。

Hotel Eden, La Falda, Argentina
http://adamjones.freeservers.com/cordoba10.htm
Photos by Adam Jones
Its German owner made the mistake of supporting the Nazis a little too overtly during World War Two, and was stripped of his possession after the war, until the Argentine government had a change of heart and restored it to him a few years later. (A popular local myth has it that Hitler himself spent some time here, in one of the outlying caba・s, after faking his death, fleeing Germany, and emigrating to Argentina along with Adolf Eichmann et al.) The town of La Falda grew up around the hotel, and eventually crowded it out with competition; the Eden was maintained through the mid-1960s, until
it fell into disrepair and was abandoned.


↑マルチン・ボルマン。

ドイツ敗戦直前まで、総統秘書長、副総統、ナチ党官房長として
絶大な権力をふるった。アベル・バスチの本では、ヒットラーと一緒にバリローチェに隠れ住んだとなっている。

バリローチェ、ビラ・アンゴスツラ、そして国境を越えるとチリ

 

アドルフ・アイヒマンは、1956年にバリローチェで、イスラエルのシークレットサービスによって発見され、4年後にブエノスアイレスで逮捕されたそうです。
http://www.barilochenazi.com.ar/los_protagonistas.htm

「バリローチェのナチ」に関係のある30箇所の建物がバスチの本で紹介されているそうです。←左の写真の建物は、ナチのSSに所属していたErich Priebkeの住居だったそうです。
http://www.barilochenazi.com.ar/los_lugares.htm
イタリアでの共産党狩りの首謀者、50年間アルゼンチンに潜伏していたPriebkeは、1994年迂闊にもABCのインタビューに答えたため、4年間の裁判に引っ張り出される羽目になったそうです。

ナチ情報部のラインハルト・クープスが
Juan Malerの偽名で、バリローチェで経営していたというホテル・ベル。
The Berghof refuge.....ヒットラーは、この山荘に、アルプスに自分が持っていた山荘と同じ名前をつけたそうです。 ナチスがバリローチェに築いた地下要塞の跡。アルゼンチン陸軍がダイナマイトで破壊したそうです。

バリローチェのヒットラーの農場を実際に訪れた日本人!
落合信彦さんの「
20世紀最後の真実」に触発されて、実際に南米に調査に乗り出した日本人の方もいます。ナチが南米に築いた砦、「エスタンジア」を探しに出かけられたようです。「サン・ラモン」というのは、上の方でも名前が出てきますが、ヒットラーが一時期住んでいたといわれる農場の名前です。そこに潜入して写真まで撮ってこられています。 私有地なのに、国家警察が警備に当たっていたそうです。
エスタンジア視察最終報告 - 「20世紀最後の真実」の真実とは
http://x51.org/x/04/11/2014.php#pagetop
「エスタンジア」は確かにバリローチェに存在しており、実際に今回、現地確認及び潜入に成功いたしました。そしてノビーも語る通り、戦後、元ナチスのメンバーらが南米などに離散したことは凡そ明らかであり(この事実は例えば1960年5月11日、イスラエル諜報機関モサドによるブエノスアイレスでの元ナチス高官アドルフ・アイヒマン誘拐事件等によっても端的に裏付けられる)、また今回の視察により、実際にその逃亡先として「エスタンジア」なる地点が関係していたことはほぼ間違いがない事も確信いたしました。

また、ネット有志からの情報では、ヒットラー生存説は、アメリカの警察組織内部の新聞、ポリス・ガゼット(上の写真)にも掲載されていたし、沖縄からアルゼンチンに移民した日本人社会では、ヒットラーの生存は、公然の秘密だったそうです。10年ほど前の琉球新報の記事になったこともあるそうです。

出所不明のネット上の書き込みでは、こんな風に描写されています。
ヒトラーはユダヤ人を殺していない
http://216.239.63.104/search?q=cache:Wne
2S9Ec7FsJ:news10.2ch.net/test/read.cgi/
「ヒトラーは1985年12月、南米アルゼンチンのメンドーサの地で亡くなった。 4:14pm, April 30, 1945 エバ・ブラウンとともに飛行機でノルウェーに飛び、最終地の南米のアルゼンチンに到着し、隠棲した。(出番が終わったので)チリの東200マイルに位置する、アルゼンチンの北西のメンドーサ(Mendoza)の町でナチスのSSとスファラジー・ユダヤのコミュニティーに守られて極秘に余生を送った。遺体はメンドーサの南東30マイルに位置するパルメロ(Palmera)の共同墓地に埋葬された。その後のヒトラーは絵画が唯一の趣味で、多くの遺作が残されている。最近、東京で展示されている(急遽中止されたが)のは、ドイツ時代に描かれたもの。 ヒトラーはバロン・ロスチャイルドが家政婦に生ませた男児(アロイス)の子。」

「エバ・ブラウンとともに飛行機でノルウェーに飛び、最終地の南米のアルゼンチンに到着」とありますが、ノルウエーのベルゲンにはUボートの基地があり、そこから潜水艦で南米まで逃げたということでしょう。プラウダの記事と符合します。 (ただし、前出のベラスコの証言では、陸路、ノルウエーに向かったとなっていますし、エバ・ブラウンは、どの時点かははっきりしませんが、死亡したとなっていますが。)

しかし、普通の歴史的知識をお持ちの方ならすぐに疑問をもたれると思います。ヒットラーが生きていたのなら、ホロコースト犯罪者を執拗に追っていたユダヤ組織が見逃すはずがありません。とっくにつかまっていたはずです。

ユダヤ ・コミュニティーがヒットラーを匿った?
文中に「ナチスのSSとスファラジー・ユダヤのコミュニティーに守られて極秘に余生を送った。」とありますが、ナチスとユダヤ社会が共同してヒットラーを匿うなんてありえない。

どなたでもそう思うでしょう。予備知識がなければ。SSを含めたナチスが、シオニスト・ユダヤの作った謀略機関だったと考える人はネット上にたくさんいます。私もその一人です。スファラジー・ユダヤ(セファルディ、スファラッディと表記することもある。)の地域社会が、なぜ、ユダヤの敵、ヒットラーを匿うのか?ヒットラーがユダヤの敵を装うことによって、結果的に、イスラエルの建国を可能にしたシオニスト・ユダヤの手先だったからと考えれば、不思議はないんです。(ヒットラーが、ユダヤ人を弾圧したことにより、ユダヤは民族性に目覚め、イスラエルに向かって 列を成して出国していきました。結果、戦後にイスラエルが建国できました。ホロコーストという惨事を経験したユダヤ人には特権が与えられ、イスラエルの建国が国際社会から容認されました。まさに、ヒットラーは、イスラエル建国の父だったのです。)ー(参考①)

←ヒットラーの祖母に手をつけて、ヒットラーの父親、アロイスを生ませたかもしれないサロモン・ロスチャイルド男爵
ヒットラーはユダヤ大富豪の孫?
文中に「ヒトラーはバロン・ロスチャイルドが家政婦に生ませた男児(アロイス)の子。」 とあります。なんのことでしょうか? ヒットラーの祖父が誰であるかについては、長らく論争の的になってきたのです。祖父がユダヤ人ではないかと疑われてはいたのですが、具体的には誰であるか、今まで判りませんでした。ところが、最近の研究では、アドルフ・ヒットラーの祖父は、ウイーンの ユダヤ大財閥、ロスチャイルド男爵であったと いう説が有力になっています。ヒットラーの祖母、アンナ・マリアがロスチャイルド男爵家に家政婦として奉公している間に、「誰かに手をつけられて」妊娠し、実家に帰されて、アドルフの父を出産したのです。当時、男爵は夫人と仲たがいしており、一人住まいだったそうです。妾腹とはいえ、ロスチャイルド一族の直系の血統を受け継ぐ人物 であるヒットラーが、シオニストの手先となって、欧州ユダヤをイスラエルに追い出す牧羊犬の役割を果たしたのではないでしょうか?(参考①)
ほかにも「ユダヤの血」が確認されているか、疑われる人物が、ナチを経営していました。ここで何度も名前の出てくるアイヒマン、マルチン・ボルマンもユダヤ人だったといわれています。ナチスとはユダヤ人の組織だったかもしれない。

実際、ナチスドイツの資金源は、ロスチャイルドや系列のユダヤ資本家だったとわかっています。ナチスは、ロスチャイルドによって、シオニズムの実現のために作られたユダヤ機関だったと考えるべきです。(勿論、ソ連とナチスを戦わせて、ユダヤ国際金融資本やユダヤ軍産複合体が儲けるという目的もありましたが。)(参考①)

そうなると.............戦後のイスラエル建国の礎を作ってくれたアドルフは、ユダヤの歴史に残る影の功労者です。拳銃自殺などしてもらっては困ります。おまけに、もし、ロスチャイルド男爵の直系の孫であったとするなら、世界のユダヤ社会の頂点に君臨する帝王の嫡男です。殺すわけには行きません。

アドルフが、秘密裏にユダヤ・シオニストによって組織されたナチのSSに守られ、南米アルゼンチンのセファルディ・ユダヤで構成された村落に隠遁して、1985年まで生きていたとしても、何も不思議はありません。 全くありません。むしろ、そう考えたほうが合理的です。ヒットラーがユダヤの手先であったなら、戦犯狩りのユダヤ人が、居所を追求しなくても 、意図的に見逃しても不思議はないのです。(もっとも、大半の普通のユダヤ人は、実情を知らなかったろうし、今も知らないとは思いますが。)

しかし、ひとつ疑問が残ります。アルゼンチンに逃げる前に、
ソ連の赤軍が包囲するベルリンから無事に脱出することなど、可能だったのだろうか?ヒットラーを捕らえることを第一義に死線を乗り越えてきた赤軍部隊を尻目に脱出できたのか?私は、むしろ、ソ連軍が脱出の手引きをした可能性すらあると思っています。そもそも、ソ連とは、ロスチャイルドやロックフェラーたちユダヤ人資本家が ユダヤ人扇動家、レーニンやトロツキーに資金援助して作ったユダヤ人の国家です。その流れを汲むスターリンの軍隊が、親分筋のロスチャイルドの意向で、ヒットラーの逃亡を助けたとしても、私は疑問に思いません。むしろ後になってとってつけたように出てきた 「ソ連がヒットラーの死体を焼却して土中に埋めた.......しかし、どこに埋めたかはわからない」という後日談のほうに、眉に唾をつけたくなります。何しろ、ユダヤ人国家、ソ連の言うことですから。
ホロコーストはなかった。ヒットラーはユダヤ人を殺していない。
まだ、納得のいかない方がたくさんおられると思います。「ヒットラーがユダヤに担ぎ出されたシオニストの秘密兵器だったとしても、ホロコーストでユダヤ人の同胞を大量殺戮したことは理解できない。まさか、同胞殺しなんて、いくらなんでも.....」その通りです。ヒットラーがユダヤの仲間だったら、ホロコーストなど、やるわけがありません。その通りです。ですから、ヒットラーはホロコーストなどやりませんでした。私たちは、ナチスドイツによって、600万人のユダヤ人がガス室に送られ、大量虐殺されたと教えられてきました。これが、実はシオニストが戦後に捏造した大嘘だったのです。真相は、こういうことです。

「ナチスは、工場労働者の不足を補うためにユダヤ人などを強制収容し労働させた。最終的には、収容所から、ソ連やパレスチナに追放する予定であった。収容所で意図的にユダヤ人を虐殺した事例は、皆無といってよい。当時、収容所の内外で流行していた発疹チフスが、ユダヤ囚人の間にも蔓延し、死者が出た。また、戦争末期の連合軍の爆撃で、ドイツ軍の補給路が寸断され、食料輸送が途絶えて、ユダヤ人が大量に餓死した。最大で30万人程度が犠牲になったと思われるが、ガス室で死んだものは一人もいなかった。ガス室で使われたといわれる毒ガス、チクロンBは、実は、発疹チフス対策用の殺虫剤だった。死者の数を7万2千人、そのうちユダヤ人が3万だけとする説もある。アンネの日記は、戦後の創作・全くの偽作である。」(参考HU)

いわゆる「ホロコースト」というものは、シオニストが捏造した神話だったのです。そして、ナチスこそ、シオニストのイスラエル建国の野望を可能にしてくれた最大の協力者だったのです。「ガス室の恐怖」は、戦争中は、ヨーロッパのユダヤ人を恐怖に陥れ、ヨーロッパを脱出させる原動力になりました。戦後は、ホロコーストの被害者として大いに特権を授けられ、イスラエルの建国が果たされたのです。要するに嘘だったのです。さらに、面白いことに、「反シオニズム・ユダヤ人が選択的に収容所に連行された。」という話もあるくらいです。シオニストにとって、最大の敵は、シオニズムを認めないユダヤ人だった........。そして、解放直後の収容所の餓死死体の山、骨と皮だけになったユダヤ囚人の姿は、実は、連合軍の爆撃の結果だったのです。

これで、疑問は大方、解消しましたか?ヒットラーは、ユダヤの欲望達成ための道具であり、ヒットラー自身がユダヤ人であった。こう結論付けられる日が将来、やって来ると思います。

ネオナチもまた、ユダヤの手先ではないのか?
この観点で今の世界を見渡せば、まず、「ネオ・ナチ」なる変質者たちの正体が気になります。反ユダヤ主義の過激な発言と行動を行うことにより、結果的に、「ユダヤ人は、現代でも弾圧と差別の対象になっている」と世間に思わせることができるのです。さらには、「ホロコーストはなかった」など、ネオナチに意図的に真実に近いことを発言させます。そして、まともなホロコースト否定論者に対しては、「ネオナチと同じ意見の反ユダヤ主義者だ!」とレッテルを貼り、黙らせようとします。実にあらゆる面で、ユダヤの役に立っているのが、ネオナチなのです。ヒットラーのナチスドイツが、ユダヤの謀略機関であったのなら、ネオナチもまた、同じ構造である危険性を常に念頭において、冷ややかな目で眺めるべきです。 隠れユダヤ人の体臭がにおってきます。

そして、21世紀にもヒットラーと似通った役割を演じているユダヤの使用人がいます。ブッシュに侵略の口実を与えてきたオサマ・ビン・ラディンもまた、「反米」「反ユダヤ」を演じることで、逆にユダヤに利益をもたらしてきた人物です。オサマなしには、アフガン侵略もイラク占領もありえませんでした。オサマの母親がユダヤ人であるとする情報は、 ネット上で今、密かに注目を浴びています。(参考②)

もうひとり、ヒットラーと同じくらいの大事業を任される可能性のある人物が一人います。彼はユダヤ人ではありませんが、ユダヤ人が作ったソ連の衛星国家の二代目の頭目です。金正日といいます。ユダヤは、第二次大戦でナチスとソ連の両方を資金援助して戦わせて儲けました。 多くの国家が国家予算の大半を戦費に費やしました。国際金融資本は、戦費調達に関与して儲け、同時に武器弾薬を生産して売りつけました。戦後は、米ソの冷戦構造を捏造して、また、儲けました。 朝鮮戦争で決定的な北爆のチャンスにマッカーサーの作戦を禁じて、戦争を引き伸ばしたのもユダヤ人だったでしょう。ベトナムの共産勢力を支援し、ベトナム戦争から撤退しようとしたJFKを暗殺して、戦争を継続させたのも、ウォール街のユダヤ人だったでしょう。当時アメリカの国家予算の70%が軍事費に使われていました。ユダヤ人の経営する軍産複合体は、際限なく太りました。丸々と。大ヨークシャー種の豚のように。

ソ連が経済的に自滅して、冷戦体制が崩壊し、ユダヤ人たちが経営する軍産複合体は経営危機に瀕しました。湾岸戦争やイラク侵略を捏造して少し、息を吹き返しましたが、まだまだ、満足しないようです。 ユダヤ人たちは、中東は中東で、ベトナム戦争のような長期の泥沼戦争状態に持ち込みたい(参考④)ようですが、一方で、米ソ対立のような 半恒久的な冷戦状態を構築したいはずです。そこで、金正日が起用されるわけです。オウム事件の本番が決行され、極東に長期にわたる軍事的緊張状態が捏造される恐れがあります。 新たな冷戦です。ユダヤ財閥の利益のために。(参考③)数百年の間繰り返されてきたユダヤ金融資本による戦争製造事業が、新たな局面を迎えています。われわれの住む極東が、その舞台になりかねません。だから、阻止しなくては。われわれの子孫のために。正義と道徳のために。

参考①
▼アドルフ・ヒットラーはイスラエル建国の父
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hityuda.htm
ベラスコの告白 2つの世界大戦はユダヤ内部抗争が原因
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc105.html
ナチ党への活動資金援助の筆頭はユダヤ系ドイツ人のオッペンハイマー男爵、それにアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の議長ポール・ウォーバーグを兄弟にもつユダヤ人銀行家のマックス・ウォーバーグら。ヒトラーは彼らからの最初の献金(100万マルク)で買った制服に身を包んだ突撃隊を組織した。
別資料によれば、ヒトラーに100万マルクの政治献金をしたユダヤ人マックス・ウォーバーグは元ドイツ皇帝ウィルヘルム2世直属の秘密諜報員。マックスはロシアのトロツキーに50万ドルの政治資金を提供している。そしてこのマックスの従兄弟にあたるフェリックス・ウォーバーグは、レーニンを封印列車に乗せてロシア革命を支援したドイツ国防軍情報部長官だった。
さらにウォーバーグ家は、フランクフルトのゲットー時代からロスチャイルド家およびシフ家、バルーク家とは類縁関係にある。しかもポールは、ロックフェラー家、ルーズヴェルト家とも結ばれていて、後年フランクリン・ルーズヴェルトを大統領に仕立てあげるために一役かっている。
ナチ党資金貢献ナンバー1のオッペンハイマー家もやはりロスチャイルド家とは深い絆で結ばれており、現在、南アフリカの金とダイヤモンドを一手に仕切る大財閥であることは周知の事実である。

1929年と1931年にヒトラーのナチ党の前身「ドイツ社会労働党」は、アメリカの国際資本家グループから、それぞれ1000万、1300万の米ドル献金を受けている。ナチ党が主導権を握った1933年には700万米ドルの献金を同一グループから受けていた(UPI報道)こともあるという。アメリカにかぎらずドイツ国内や英国、フランス、オランダなどの国際資本家グループの資金もいったんナチ党の金庫に収納されれば、ベラスコの言う通り、それらが資金源になってスパイ組織網やUボートの維持経費に費やされるのだろう。

参考②
ビン・ラディンは、ブッシュに侵略の口実を与える役割のCIAエージェント
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/ladencia.htm
参考③
テポドン・ミサイルの発射ボタンは、N.Y.のユダヤ老人が押す。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/tepoyuda.htm
参考④
シオニスト・ユダヤ人たちが、今、着々と進めている大イスラエル帝国の建設
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/zionist.htm 参考⑤
参考⑤Hitler escaped
http://www.dailygrail.com/node/view/684
It would not have been to hard for one of the powerfulest men in the world to have his dental records changed I might think. the nose on the pic of the corpse is much thinner than hitlers nose here is a link to a supposed pic of hitler after the war at old age in argentinahttp://www.miscelle.de/andere-seite/hitler/tod/hitler-altersheim.jpg
ドイツ語オリジナルぺージ
Hitler lebt ... oder doch nicht?
http://www.miscelle.de/andere-seite/hitler/tod/in-chile.php


参考PU

Uebersee Sued: The Ultimate Truth about Nazis Fled to South America
http://english.pravda.ru/main/2003/02/27/43768_.html

参考HF

▲Hitler Fled To Argentina After War, Says Writer
http://www.poorboycomputers.com/~rich/1.7.2004.php#47
United Press International, January 2-
An Argentine journalist in a new book claims that Adolf Hitler faked his suicide, escaped Russian capture and fled to South America after World War II.

Abel Basti´s new book--which Argentine news reports say is due on shelves next week--alleges that Hitler and his mistress Eva Braun did not commit suicide in April of 1945, but rather fled by submarine to southern Argentina and lived for years in a small town called San Carlos de Bariloche some 750 miles southwest of the capital, Buenos Aires.
Titled "Bariloche Nazi Tour Guide," the book allegedly draws its conclusions on eyewitness testimonials, photographs and long-lost documents supporting Basti´s theory. It is widely believed that Hitler and Braun killed themselves as Russian troops were set to penetrate their secret bunker in Berlin in the last days of the war. The Russians took the bodies they found and later said they had been identified as Hitler and Braun through their teeth.
Many Nazi´s fled to Argentina after the war and were protected by then president and fascist sympathizer Juan Peron.

▲Argentina - Bariloche Was Hitler And Eva Braun's Final Refuge
From Scott Corrales
IHU Las Ultimas Noticias  (Santiago de Chile) 1-3-4

http://www.rense.com/general47/refuge.htm

参考CG

Dec 4 2004, 09:36 AM
http://forums.emma-community.co.uk/index.php?showtopic=6050
Here's another story from a documentary called Hitler of the Andes:
Her name is Catalina Gamero. She once works in the Eden Hotel La Falda in the Andes, where the FBI claimed Hitler lives there. She says:
QUOTE
"I work at the Hotel as a waitress. The hotel is owned by Eda Einhorn, a Nazi who gets funds by Joseph Goebbels, Nazi Propaganda Minister. In 1948, i saw a limo with only 4 doors. When a door opens, i saw Hitler with his wife Eva Braunn going to the lobby. The Hitler of the Andes is the Hitler we all know at the television. Although he cut off his moustache and has a little hair, he wears a wig on it, yes he do. Usually, the lobby is full of people. But in 3 days Hitler lives there, the downstairs is reserved. Eda told me; "What ever you've seen, act as like you don't." So i joke with the chauffeur not too tell the secrets to anyone. but it's been a long time, so i don't care anymore!"
like all other good endings, Catalina's version has a very confusing one:
QUOTE
"The next day, Eda told me to pack some food into a basket and send it to a mansion at the top of a peak. And when i arrived there, there he(Hitler) is. After that, he dissappeared. If you don't want to believe me, you can. I just saw what i saw."
If Catalina's story were true, the FBI fails to capture Hitler. The story o Hitler's death has captured the imagination of US Soldiers, FBI agents, CIA analyst, Nazi hunter, the KGB,  historians, Nazi hunters and even the citizens of the Soviet Union! They use sources from the Police gazette, the BBC, the FBI and other sources to track Hitler's escape from USA,  to the Latin America and even in the Antarctica. Psychologist even said that Hitler is waiting for a flying saucer, trying to send him to another world, to conquer another universe. I think it's something that gives a mystery to us all.

参考FBI

FBI reports: HITLER ALIVE??
Submitted by h3llknight on Mon, 29/11/2004 - 1:43pm.
recently in news, the FBI of america had quoted: "Reports have been found and clues have been discovered that Adolf Hitler had not actually commited suicide as the reports said after the second world war." "He escaped to argentina and it is said to have lived there for atleast 11 years"
http://www.dailygrail.com/node/view/684

参考EH
▲Hitler Alive
shocked.gif posted on 23-5-2003 at 11:21 AM e

http://www.belowtopsecret.com/viewthread.php?tid=9984&cookietest=on
Did anyone see the documentary on channel4 last night (UK TV) about hitler possibly escaping alive from berlin to argentina, it was a very informed show and didnt go for all the sensationalism.It ended up with a woman who worked at the eden hotel, somewhere in argentina telling how hitler had come to stay, even what he ate and the music he liked.... One day after, he just disappeared....Even the FBI had agents in countries looking for him due to the amount of sightings. Many still believe the brits had him and sheltered him in their berlin sector. Channel4's really starting to get good at these now.

参考HU
ホロコーストは戦後のユダヤ特権を享受するための捏造神話
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/horouso.htm
 

 

●新聞もテレビも真実を伝えない時代に生きるために
http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150803/1438599762
元祖■ブッシュ親子の自作自演テロ第68部■本家@親子丼BBS
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2092/1098501393/l100

 

end