4-1 15.オウム 事件の背後に誰がいたのか?創価学会?

オウム事件の整理整頓  PAGE4-1

警察、検察、裁判所が真相をひたかくしに隠し、マスコミが真実の報道にそっぽを向き、政治家は知らん顔をしています。一体誰が、これだけ大規模な隠蔽工作をなし得るのでしょうか?このページでは、オウム事件の背後に潜むゴロツキどもを炙り出します。各文書の題名をクリックしてください。リンク先もしくは、サイト内のファイルに飛びます。表題の下には、内容を要約しておきました。

印文書 : 世の中の99%の人、つまり大衆が信じる標準的オウム事件像。もしくは、意図的に描かれた虚像。大本営発表
印文書 : 世間知らずの大衆ではなく、常識を疑ってかかるのが真実探求の道と知る人のオウム事件像。実像に近い。
印部分 : 管理者注釈、または管理者のサイトです。

15.オウム事件の背後に誰がいたのか?創価学会?
熊本波野村での衝突を経て、91年より創価とオウムは休戦状態に入った。事件後、早川の始めた第7サティアンでの覚醒剤密造に絡み、オウムの薬物利権に、創価を操るゴ○ウ組が色気を出し、早川を介して、オウムとの関係を深めた。ゴ○ウ組は、神戸のY組本家にかわる覚醒剤の供給源を手中にした。そして、創価を巻き込んで、大掛かりな密輸、密造、密売に関与しだした。⇒参考文書 BB/CC/GG/HH/JJ 
オウムの利権は北朝鮮の利益とも一致した。オウム製品だけでなく、北からの密輸薬物も同じ組織が扱った。隠れ創価信者がオウム内部に送り込まれ、組織的に薬物商売に関与し、暴利をむさぼった。北は、同時にオウムを利用した日本でのテロ活動の準備、ロシアからの秘密裏の軍事技術導入を進めた。参考文書 AA/DD 
ところが、93年当時、核査察問題でアメリカと一触即発状態に陥った北朝鮮は、国際的非難を回避するため、オウムとの関係を全面的に隠蔽する必要が出てきた。そこで、全ての犯罪的行為をオウム単独の仕業と偽る必要が生じた。創価学会が自らの利益を守るためもあり、隠蔽に全面的に乗り出した。
オウム内部に潜在する隠れ創価信者や盟友である統一の隠れ信者、総連配下の学習組と呼応し、もろもろの事件を意図的に引き起こし、外部から創価がオウムの仕業だと騒ぎ立てた。そして、オウム内部の隠れ創価・統一信者らが、犯行を自供した。創価の配下の毎日とTBSが、オウム攻撃報道を煽り立てた。
創価の息のかかった警察、検察、マスコミ、政治家が総動員され、見事、全ての事件をオウム単独犯行に仕立て上げ、創価、北朝鮮の関与を隠蔽した。隠蔽のために、自公連立すら行った。
創価は、オウムの残った幹部とも取引した。事件をオウムの仕業と認めさせる代わりに、上祐に資金提供をした。口の軽い村井を殺した後、麻原も拘束して、オウムは上祐の天下となった。早川は巧く騙して、刑務所にぶち込み、発言の自由を奪った。上祐は、創価と妥協して教団を生き長らえさせることを選んだ。
覚醒剤の件には一切触れないよう、国民が目を向けないよう、細心の注意を払った。第7サティアンはサリン製造プラントであることにした。そして、専門家の目に触れないうちに解体し、証拠を消した。
そして、2000年9月、東京地検が麻原の薬物密造4件について、起訴を取り下げた。極めて異例の措置であった。地検次長は、青い顔をしながら、取り下げの趣旨を、”審理短縮のため”と言い張った。マスコミは事務的にほんの短い報道しかしなかった。大衆は、ほとんど関心を持たなかった。これで、オウムでの薬物密造と密輸の真相は、永遠に追究されることなく終わった。関与した創価も統一もヤクザも北も、小遣いを貰っていた政治屋も胸をなでおろした。
BBS
貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)
AA ★阿修羅♪K氏の投稿
麻原のふたりの兄弟は創価学会員。87~89年サンデー毎日の攻撃~波野村の衝突までの敵対関係。91年以降,安部外相が開いたモスクワミッションが開いたソ連進出時の休戦・協力関係。元創価学会員のオウムがカリヤ拉致の実行犯?地下鉄事件も朝鮮半島人+オウム側メンバー?地下鉄事件後創価はオウムとの関係を否定にかかる。小沢・池田・毎日「狙われた」宣言。(抗議は噴飯物。)神奈川県警には創価学会員。後藤組は,創価に資金。中国・北朝鮮・ビルマと創価の深い関係。禁輸地域との関係構築によって,大きな金が動く。
BB もみ消し
 「警視庁と検察局が、激しく創価学会、オウム真理教,その他の好戦的仏教教団によって浸透されているというのは、確立した事実である。これらの好戦的教団は、次には関東地方の薬物取引を管理する住吉連合、山口組の異端的分派後藤組と言った組織的犯罪組織ヤクザの、マネーロンダリングと,斡旋収賄の隠れ蓑である。この斡旋収賄の受益者と後援者には,最高の官僚や政治家が含まれる。1995年3月からの犯罪について,警視庁が狂気のグルと盲目的追従者に全ての責任を負わせることを命じられたとして,なにを驚くことがあろうか?」
CC オウムと統一教会を結ぶ線
平成二年、オウムは総選挙に惨敗する。この選挙惨敗により、「米びつに米一粒さえもなくなった」(元信者の話)というほどの経済的打撃を受ける。ところが、資金ゼロのはずのオウムが、その年の五月には熊本県波野村に六ヘクタールの土地を購入。 さてここで問題なのは、資金ゼロのオウムがいったいどこからそのカネを持ち出したのかということである。立証はされていないが、統一教会が五〇億円を出したといわれている。だが当時、統一教会にそんなカネがあったのだろうか。 「文鮮明が池田大作にたのんで五〇億円を出させ、そのうちの三〇億円をオウムに渡したといわれる。なぜオウムにカネを渡したのか--それは、創価学会の最大の敵(大石寺)をオウムの力で叩かせるつもりだったのだ。」(信頼できる事情通の話)

「当時、日蓮正宗と
創価学会は激烈な宗教戦争を行なっていた。創価学会はもともと、日蓮宗を叩き潰す目的で作られた宗教団体。その創価学会が大石寺を破門された時、日蓮宗との全面戦争を考えたはずだ。オウムが作ろうとしたサリンは、ほんらいは大石寺の日蓮正宗信徒を狙ったもの。大石寺を叩く、といって統一教会経由で創価学会からカネを受け取ったのだ」(事情通の話)という見方も出てくる。
DD オウムと創価学会 Soka Gakkai & Aum The Doctorine of Final War
オウムの軍部は、創価学会の秘密軍で鍛えられた信者によって作られたという噂がある。...オウムの元創価学会員の多くは,犯行後なぜか消えた。...創価学会は,北京・クレムリンと強力に結びついており、在日朝鮮半島人会員が上層部から下部に至るまで広くその教団に浸透している。

創価学会は、中国と北朝鮮と非常に密接な関係を持っており、巨額の不法取引がある。この二つの国が、オウムの軍事研究と武器獲得計画を阻止する動機を持っていたかもしれない。それが、創価によるオウム攻撃となって現れている。」
EE Soka Gakkai & Aum
創価学会とオウムの関係を否定した文書。残念ながら、冒頭の一文から、早速嘘をついている。
FF THE POWER OF SOKA GAKKAI
朝木市議事件は、創価の秘密組織の犯行ではないかと海外でも取り上げられていた。自公が野合する以前、自民の議員がこの文書を取り上げて、国会で創価学会を攻撃した。このときは、まだ自民と敵対していた。このあと、小沢一郎も含めて、何かが起きた。
オウム帝国の正体(新潮社)
GG ...Oの周辺には、暴力団による殺人請負組織があったのである。....創設者のひとりはある宗教団体で教祖の”私兵”と言うべき組織に入っていた人物。....実行メンバーは、ある武闘派暴力団(ゴ○ウ組)から選抜している。別の捜査幹部いわく、「この暴力団は別のモンスター教団(創価学会)に食い込んでいて、巨額の報酬を得て、幹部らの警護に当たったり、反対勢力を襲撃するなどの活動をしてきた。教団施設の地上げなどにも暗躍したとかで、教団も最初は非常に重宝がっていたが、そのうち歯止めが効かなくなってきて、最近では、完全に食い物になっているようなんだ。」(P.279~280)

HH 取材を進めていくと、この殺人請負組織の背後に、第三部で紹介した闇の紳士達の影がちらつき、暴力団や北朝鮮人脈が姿を現すのである。.....残念ながら、その組織自体の全貌は解明できていない。もともと所属していた組織はばらばらである上、通常はお互い、あまり連絡を取り合わないようである。ただ、一つだけハッキリとした共通点があることが分かった。それは、メンバー全員が同じ信仰(創価学会)を持っていたことである。(P.281)
JJ 宗教掲示版白井氏投稿
もはや、オウムも
創価学会も、その他の団体も暴力団の資金源として利用されているだけの宗教団体であると理解できた。警察当局も、この事実を把握しているが、暴力団との相互協力(情報の収集・提供など)を優先して、この事実を隠しているのだ。武闘派暴力団として、この本の中で述べているのは静岡県に拠点を置く、Y組系G組のことで伊丹監督襲撃事件でも知られているが、ここの組員が、坂本弁護士一家殺害の実行犯として2名参加していたことや、暴力団が殺人の補助をすることで宗教団体の弱みを握り、永遠に教団をしゃぶりつくす構図を暴露している。警察は、この事実を把握しているが、暴力団との「しがらみ」を優先し、また、暴力団が内部問題として、その実行犯を処刑するという暗黙の密約によって、一切を隠したと思われる。思えば、東村山市議突き落とし殺害にも暴力団が絡んでいたと推測できるが、創価学会は、それ以前から暴力団との交際があったのだ。今も池田のボディーガードをしているらしいし、静岡といえば富士大石寺もあり、創価学会とは「古い付き合い」なのだろう。この本の中では 在日朝鮮人も出でくるが、暴力団さえも 在日朝鮮人によってコントロールされている。北朝鮮がアヘンを国家的事業として栽培していることは、最近でもテレビ報道されていたが、北朝鮮は、在日を通じて暴力団すらも操作しているのだ。この戦慄すべき実態を これからの日本人は、承知しておくべきだろう。殺人や恐喝などの犯罪を暴力団に依頼したり察知された教団は、暴力団によって永遠にしゃぶりつくされるのだ。S学会への信者からのお布施も年間10億円以上も暴力団へと飲み込まれている。もはや何も不明な点は無い。秘密もない。戦慄すべき実態のすべてを承知した
オウム事件の正しい理解は、この一文で充分でしょう。これが真実です。
KK 2チャンネル 創価板 創価学会とオウムの関係って
面白いですよ。
LL AUM SHINRIKYO IN CONTEXT
MM WHO WAS PROTECTING AUM?
一連のオウム事件の捜査に際し発生した異常な事態を、警察の怠慢と無能力に起因すると認めるには、あまりにも無理がある。オウムから逃げてきた信者の訴えを、警察は一切聞こうとしなかった。逃げ出した信者が、誘拐されているにもかかわらず、警察は訴えを無視し捜査を行わなかった。警察は一体誰の意向で、そうしたのか?

松本サリン事件では、河野さん犯行説に固執した。世界中の有機化学者や兵器研究者が河野さんにサリンは作れないと主張しても、警察は説を変えなかった。松本の現場で発見されたと同じサリン残存物質が、オウムの施設でも発見されたにもかかわらず。そして、この物質の発見の事実は秘匿された。さらに、警察は河野さんに無理やり自供させようとまでした。無実の罪を着せる目的はなんだったのか?

上九一色の強制捜査の直前に、なぜオウムの車が施設の外に脱出するのを許されたのか?なぜ、追跡されなかったのか?強制捜査の開始後もオウムは施設から貨物を出し入れするのを許されている。警察は、捜査開始後に密造中の部品が持ち出され、貯水池に捨てられたと言明している。

当時の武村蔵相は、オウムの財政をチェックしようとした。警察は、捜査資料の公開を拒否した。

オウムが所持していた巨額の資金の出所を信者の寄付とするには無理がある。強制捜査の際、オウムの施設から7億円の現金と10本の刻印のない金のインゴットが発見された。それと同じインゴットを金丸信が持っていた。

浜田幸一は、自著の中で山口敏夫と石原慎太郎がオウムに資金援助していたと言っている。(私が言っているのではありません。浜田さんが言っているのです。)
NN 2チャンネル 創価学会の話題を避けるマスコミについて
507 元々 オウムをロシアに紹介したのも公明党議員 即ち創価学会でしょう。北朝鮮ラインの麻薬も有名だと思う。オウム、統一協会、創価学会 このラインは切ろうにも切れない関係。オウム、統一協会はテレビメディアの攻撃を受けたがただ一つ 政界に強力に進出していた創価学会だけはテレビメディアの追求を受けずに済んだ。
521 毎日見た?KSDで亀井議員攻撃している。また創価学会。東村山殺人事件でもわかるとうりに集団リンチが大好きな組織。事件の告発は全部在日が絡んでいる集団としても有名。KSD 許被告つながり。法の華でも在日が絡んでいた。オウムでも北朝鮮との麻薬取り引きを影で仕切っていたのは他ならぬ創価学会。それで平気で在日を裏切る恐ろしい団体。
523  (朝木事件について)学会がもし組織的にやった事が証明されたら学会員はなんて言い訳するのかな、オウムのときと一緒かな?

524 
(オウム信者の半分くらいは創価学会と証明済み。だからこそなんとしても暗闇の中に封じ込めようとあらゆる手を講じた。彼らにとってはオウムと同じくらいやばい事件。その他にも坊主を殺し、天誅降るののチラシをばらまいたりしています。これはいくらなんでも許せないでしょう。創価学会系警察官の名簿の公開を!

ちゃーんとオウムの実体が何であるか、わかっている方も、世の中にはいらっしゃるわけです。はい。
OO 2チャンネル 続・告発します....元オウム信者さんも、創価の関与を証言!

927 名前:エレンサテギデドール投稿日:2001/03/28(水) 14:31
こんちわ。はやいね・・あの事件から、、そっかー 気づいてる人いてくれたというだけで・・・嬉 
創価学会員の人はたくさんおりました。確かに 統一教会の信者さん?は、おりませんでした。 そうです。騙されたとしかね、今は・・・。日本は 間違い無く 近い将来、創価さんに汚染される事でしょー 創価さんをなめてたら怖いですよ。おあと、業界では有名な話ですけど、創価さんは法の華とも つながっております。 どうでも、いいですけど・・・村山さん(←あえてこういう言い方します。)すみません。は、創価さんの指示の元殺された・・・ 海外に永住したくてもマークされてるかもしれないので、怖くて申請もできません。ちなみに富士で作ってた覚せい剤は、注射用ではありません。
PP 「4 years after sarin attack」HPより
Inter-sect relations. Four other new religions were deeply linked to Aum, including a sect that boasts support from a former U.S. president and another that has channeled funds to Harvard.
オウムには別の4つの新宗教が深く関わっていた。うちひとつは、米元大統領から支持を受けているセクト(統一)、もうひとつはハーバードに資金提供しているセクト(創価)だった。
QQ 日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画も オウム松本被告の公判で明らかに
オウム真理教が、日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画を立てていたことが新たに明らかになった。 これは、東京地方裁判所で行われた松本智津夫被告の公判に証人として出廷した元教団幹部、中川智正被告の証言でわかったもの。証言によると、中川被告は、松本サリン事件の前の1994年6月、遠藤誠一被告、新実智光被告とともに、静岡・富士宮市にある日蓮正宗大石寺にサリンをまくための下見に行ったという。中川被告はこれについて、「サリンをまくための候補地だったと聞いた記憶があるが、なぜ大石寺を襲撃しようとしたかはわからない」と述べた。
中川君は、大石寺襲撃の目的を知らなかった。新見君は知っていたんじゃないかねえ?そうでしょ?池田さん。
RR 麻原が憧れたロシアの秘密
こうしてみると、麻原彰晃は、明確に操られた存在であったと考えられる。操った者は早川紀代秀などという小物ではない。早川は単なる手先である。早川の背後にいるのは統一教会であり、その後ろに創価学会が存在する。そしてその創価学会を操る者こそが、日本破壊を企てていると考えていいだろう。
私も同じ考えです。
SS 伏せられた四・一五極秘事件
目黒公証役場の假谷さん拉致事件で指名手配されている松本剛容疑者が石川県の能登半島に潜んでいたことは御存知だろうが、彼はロシアや北朝鮮に逃げるために能都に行ったのではない。敦賀原発襲撃の背後支援をするために行ったのである。麻原彰晃が、地下鉄サリン事件後、名古屋、京都に出現したことも、もちろんこれと関連している。やくざの山口組の中にもかなりの数の北朝鮮工作員が存在するという情報もある。サリン事件は、今後起こる、いや今すでに起きている対日戦争の序章なのである。
私も同じ考えです。
TT Re: 悪を為す独善性、被害を呼ぶ被害者意識

...愛知の或
創価学会代議士が、麻原をロシア政府に紹介したという情報があるのですが、どう思われますか?
確かに、仮谷さん拉致事件に使ったレンタカーなどは
創価学会員の名義だったし、創価学会がオームに大量にエージェントを送り込んでいた、という情報も、日頃の創価学会のやり口をみている僕からすると、成る程と思わせられるものです。また、オームのサティアンで、数トンもの覚醒剤の原料が見つかっていながら、その裁判さえ行われない、というのは、刑事が「覚醒剤製造のキーマン」と調書に書いた石川を、後藤田が釈放した経緯はあれ、そのようにすべてを闇に葬る程の力がその後のオームにあるとも思われないという疑問にある種の疑念を起こさせるものでもあるのです。

”例えば、1989年、ブッシュ大統領の就任まもなく、麻薬密売の容疑でアメリカに逮捕されたノリエガ将軍の自供の中に「池田の指示で、創価学会の資金がパナマでの麻薬取引の資金繰りにも使われ、そのアガリから池田は小沢一郎に相当な額を常時渡していた」という衝撃的なものがあった。そして、こうした「前例」に倣うかのように、今度の森擁立劇の裏側でも、多額のカネが池田の元から一挙に自民党サイドに流れたのではないか、との見方も出ているのである。[闇の永田町キングメーカー池田大作の全体主義政権づくりに向けた権力欲/「噂の真相」・古川利明稿]”<これなんぞも『独善性と被害者意識でしょうか(笑い)>

これにあるように、創価学会は「ヤク」にも実際手を出しており、またその小沢一郎の秘書が、オームに関わっていたというCIA文書もあるようです。アジア・太平洋戦争というのは、実は日本のアヘン権益戦争であった、というのは正しいようです。やはり、オームの事件の本筋も・・・・
はい、そうですね。オウム事件の本筋も、麻薬の権益争いだったんです。

UU 松本サリン事件 3月に映画化!タイトルは「日本の黒い夏」
渋谷東急3・他全国ロードショー決定! 弊社刊行の「妻よ!」も好評発売中! (潮出版社=創価の営利出版部門)

松本サリン事件の第一発見者で、被害者でもあるKさんが、実行犯の一味であるとは言いません。しかし、これだけは覚えておいてください。Kさんは、創価学会員です。そして、潮出版も創価学会系列です。
VV 謹慎中ですが くまさんのアニオタキモチワルイ語で書かれた文章を、勝手に日本語に翻訳しました。

創価学会員が借りたレンタカーで行われた仮谷さん拉致で、村井が携帯ができる電磁波銃を使用したというのは、まるちたんの
知る限りテレビ東京が夕方のニュースで報じたのみであった。何故このような危険な物の報道をそれ以外何処もやらなかったのか、また或意味週刊誌的興味をそそるものである。にもかかわらずワイドショーでも週刊誌のような雑誌でも、一切やらなかったのかという疑問が残るが、それはまるちたんが書いた通りマスコミの裏部隊の連中が普段使っているものだからに、他ならない。当然連中と常につるんでいるヤクザ
創価学会を筆頭としたカルト宗教団体なども持っている。「ピカチュー」の事件はテレビ東京がその村井の電磁波銃のニュースをやった直後に起きたまるちたんは、これは「マスコミを主体とした連中」の報復だと思わないこともない。何故なら、あのようなアニメの放映の仕方はその業界ではやってはならないというのが常識で、それがわからなかったはずはないというものだったからである。この種のものはロシアでは「666」という奇妙な呼び名の兵器として開発されてもいるらしい・・・・

石原慎太郎がまた週刊誌で嘘八百を並べているようだが
まるちたんはオウム教に資金提供をしていたことがバレた2週間後
に悪態をついてき議員を辞めている。無論
その資金提供の件の追及から逃れるためである。こんなことは外国人ジャーナリストなら知っていることなのに、何故日本の国民があまり知らないのかオウム教の黒幕の一人として警察などもマークした松浦良
右は、有名な「ナミレイ事件」では、この石原慎太郎と後藤田正晴という親密だった二人の名を出して高砂熱学を脅した。松浦はその事件発覚後に、後藤田に宛てて「遺書」を書いたが(無論
死ぬための「遺書」ではなく活動から身を引くというような意味のもの二信組事件で逮捕された山口敏夫はその松浦を真似て「遺書」を書いている後藤田が取り調べの刑事が「覚醒剤製造のキーマン」と調書に書いたオウム教の石川公一を釈放したことは前に記した

石原慎太郎と西村真吾が魚釣島に行った件で「週刊朝日」は『まるちたんらは実弾を船に積んでいた』と報じたが後にその「週刊朝日」は『議員たちは石原慎太郎を見習え』とやっているいったい何を見習えということだったのでしょうか。
「アエラ」なども
「日本人は中国人が嫌い」という特集を組んだりしていた

WW 2チャンネル オウム事件と創価マフィア スレッドより
22 名前:名無しさん@お腹いっぱい。
オウムと原理(統一教会)は連携していた。(オウムの関連会社を捜査したら、実態は原理資本だった。オウムの早川は以前、原理の信者でもあった。{統一側は否定}・・・など証拠有り) だがオウムと創価については???何にも証拠がないし・・・ 勝共連合(反共団体)、笹川、893絡みで関連があったか? Tさん、どうでしょう?教えていただけませんか?
23 名前:Tさん
>22さんの熱烈ご指名に応えて… ●勝共連合の名誉会長=笹川良一氏 (これは有名)●笹川一族 → 日本財団(旧笹川財団)系右翼(笹川良一氏はA級戦犯として巣鴨に服役。笹川良一著、巣鴨日記に詳しい内容あり)●池田大作氏は青年時代、須山秀吉氏(終戦直後愛宕山に軍人、右翼がたてこもり、児玉誉士夫氏の説得もむなしく集団自決した事件の唯一の生き残り)と面識があり、須山氏は笹川良一氏率いる国粋同盟(後に全国勤労者同盟に改組)の青年隊長だった。両氏は短期間だが「郷友会」を通じて交友関係があり、池田氏は須山氏のつてで当時銀座にあった国粋同盟事務所に出入りしており、児玉、笹川両氏とも直接の面識があるとされている。(「カルトとしての創価学会=池田大作」に記載あり(多分これが初出では?) ※仮にこれが正しければ、月刊ペン事件の山崎供述書の「裏工作に笹川氏を選んだのは私」とあるのは嘘で、実際は池田会長(当時)本人ということになるので、池田氏はこれを隠すためには決して山崎氏を完全に刺しきれない(山崎氏が死ぬまでは)ことになる。
創価学会犯罪に関与していると噂されている暴力団、山口組系後藤会は本部が富士宮市であるが、現在のテリトリーはなぜか新宿区に移動している(ちくり裏事情のバーニングプロ関連のスレッドからの情報)。(後藤組が当時富士宮市で動いていたかどうかは、H氏がもっとも詳しいと思うのですが)
と言うところまでが現在判明している情報。
XX  Re: 悪を為す独善性、被害を呼ぶ被害者意識
...オームのサティアンで、数トンもの覚醒剤の原料が見つかっていながら、その裁判さえ行われない、というのは、刑事が「覚醒剤製造のキーマン」と調書に書いた石川を、後藤田が釈放した経緯はあれ、そのようにすべてを闇に葬る程の力がその後のオームにあるとも思われないという疑問にある種の疑念を起こさせるものでもあるのです。
”例えば、1989年、ブッシュ大統領の就任まもなく、麻薬密売の容疑でアメリカに逮捕されたノリエガ将軍の自供の中に「池田の指示で、創価学会の資金がパナマでの麻薬取引の資金繰りにも使われ、そのアガリから池田は小沢一郎に相当な額を常時
渡していた」という衝撃的なものがあった。そして、こうした「前例」に倣うかのように、今度の森擁立劇の裏側でも、多額のカネが池田の元から一挙に自民党サイドに流れたのではないか、との見方も出ているのである。[闇の永田町キングメーカー池田
大作の全体主義政権づくりに向けた権力欲/「噂の真相」・古川利明稿]”
これにあるように、創価学会は「ヤク」にも実際手を出しており、またその小沢一郎 の秘書が、オームに関わっていたというCIA文書もあるようです。アジア・太平洋戦争というのは、実は日本のアヘン権益戦争であった、というのは正しいようです。やはり、オームの事件の本筋も・・・・
そうですか、小沢一郎の秘書がオウムに関わっていたのですか。当然、麻薬がらみでしょうね。

チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ