読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8-5. オウムウオッチャー   騒乱は起こりうる。   右翼、左翼、創価の接近

オウム事件の本番  PAGE 8-5
35.オウム・ウオッチャーとはいったい何者なのか?

江川、滝本、有田とオウム専門ジャーナリスト・弁護士たちが一世を風靡しました。彼らが言って来た事を再検証すると、とんでもない疑惑にぶち当たります。彼らは、本当にオウムの犯罪を解明した功労者なのでしょうか?むしろ、オウムの真相を隠蔽した権力側の人間と見る方が正解です。
BBS
貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドす。)
yahoo掲示板の国内ニュース、オウム裁判スレッド
当ホームページ管理者及び2チャンネルの有志にて、yahooに殴りこんだところ、面白いことになりました。
滝本太郎弁護士及びその仲間と見られる輩とオウムの闇について、論戦をはったところ、彼らは、オウムにまつわる層化・統一・ヤクザ・北の関わりを一切、認めようとせず、当方の主張を全て妄想だと抑え込もうとしてきました。滝本は、坂本弁護士事件の闇に関わった人物です。彼こそ、オウムの真実を知りながら隠蔽しようと試みている輩です。

滝本センセ曰く、新潮社の「オウム帝国の正体」は、トンデモ本で、事実無根。オウムは、北朝鮮とも創価とも統一とも後藤組とも、何の関係もなかったと吼えまくっていました。当然の反応だと思います。新潮社の本には、坂本事件の真犯人は、暴力団員だったと書いてあります。この辺りを妄想だと否定しておかないと、「それじゃあ、最初からオウムの犯行だと騒いでいた弁護士連中は一体、どういう奴等なんだ?」と、あらぬ方向に詮索がいってしまう恐れがあるからです。それを、ひどく恐れています。彼ら全てが。
ついには、
こんな発言も飛び出しました。

「あのね、公安警察にせよ、公安調査庁にせよ、CIAにせよ、他のいくつかの調査機関にせよ、生意気だけれど、第一次資料は
私の資料の一部コピーと、話ですよ。」

オウムの闇は、滝本さんが全部知ってるってことですね。CIAの調査も、滝本さんの資料に基づいているということらしい。そうなると、今になって、「創価も統一も北もヤクザもオウムには、関係ない」と本人が言ってるってことは....滝本さんが、意図的に流したガセネタということ?それとも、今言ってる事の方が、嘘と言う事?どっち?

有田芳生氏の発言 1995/4/24 TBS スーパーワイド

「おそらく村井さんが狙われていたと考えるしかない。犯行の動機は、当然誰がそれによって一番得するかということを考えざるを得ない。とすると、それはオウム真理教に他ならない。村井さんの逮捕は予定されていたことであり、そうなると彼はサリン疑惑を喋ったであろう。となると、それはサリン疑惑の解明の大きな手がかりになったはずである。一番今回の事件でホッとしているのは、オウム真理教である」

解説:彼はこのほかにもたくさん不当発言していますがとりあえず一つ紹介しました。宗教法人オウム真理教は今はなくなっているから問題として問われることはないものの、もし宗教法人オウム真理教が 残っていたら明らかに名誉毀損ですね。

 いや、別にそんな難しいことじゃないと思いますよ。村井は、オウムが殺ったことにする方向で、予定通り、シナリオどおりに有田やマスコミが動いただけの話。おまけに、TBSだからね、当たり前。そうかー。

封印された三国人の犯罪...こんな面白いスレもあったんですね。
http://mentai.2ch.net/korea/kako/961/961775260.html
97:オウムと言えば江川、有田のコンビが頭に浮かぶ。彼等はオウム事件ではテレビ、雑誌に最も登場したマスコミ人だろう。一見すると彼等はオウム追及の先鋒のようだ。しかし、何かが違うのでは?と思える事もある。彼等はオウムを追求するように見せながら、実はオウムの背後を意図的に隠そうとしている様に思える。江川は一切オウムに背後関係は無いと根拠も無くテレビで言明してもいる。有田も背後関係に付いては一切言及しない。これは彼等があの事件をオウム単独、特に麻原個人の発案に拠る物とし、結果的に、背後にある某国や団体を守ろうとしているのではとも思える。
ちなみに江川、有田と云う姓は三国人に多い姓でもある。
こ、この書き込み、2000年の8月だよ。こんなに解っている人がいたなんて....。最後の一文が気になる。

99:江川についての疑問はまだまだある。なぜあの閉鎖されたオウムの内部事情にあれほど詳しいのか?なぜ、オウム批判の立場にあるものがオウム内部に入ることが出来、あれほどの情報を得る事が出来たのか?しかもなぜ、幹部と接触でき話しも出来たのか?そして、一貫して江川の主張は麻原絶対権限説の強調に終始しているのはなぜか?何かを隠そうと意図してるのではと思えてしまうのだが。

36.騒乱は起こりうる。
BBS
貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドす。)
日本で騒乱を起こし、在韓米軍を救援に向かわせ、手薄になった半島で北朝鮮が南進
【オウムvs米軍 「最終戦争」 シミュレーション】....米軍情報員の証言です。
http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/aum4.htm
――この95年11月には、「早川メモ」にも書かれている通り、オウム真理教は日本に内乱状態を引き起こす大規模な軍事行動計画を立てていたと考えられています。もし仮にこの計画が実現されていたとしたなら、東アジアのパワーバランスにどのような影響を与えていたか、一方の当事者である米軍はその点についてどう分析しているのか、米軍のミリタリー・インテリジェンスの専門家であるあなたにおうかがいしたいと思います。

P ポイントの一つは、韓国国内の状況です。極東地域において一番米軍が多いのは日本と韓国です。93年の段階で日本に約4万4千人、韓国には約4万人の米兵力が駐留しています。韓国の国内で何も起きていない状況で、日本に何事かが起こり、その結果在日米軍がダメージをおった場合は、いちばんサポートに駆けつけやすいのが在韓米軍なのです。仮にオウムが計画通りに大量のサリンをバラまき、東京を壊滅させ、在日米軍にも損害を与えた場合、この在韓米軍が日本の援助に駆けつけることになる。そうなると、韓国国内の兵力がバキューム(真空)化するわけです。それにともなって北朝鮮が軍事行動を起こすことは、充分に予測が可能なシナリオです。

オウムの起こす騒乱に乗じて、手薄になった半島で北の南進が始まる。武力による南北統一?統一協会さん、深謀遠慮ですねえ。

北が攻めてくれば、74時間しか持たない。
――米軍としてはやはり、朝鮮半島の状況にどんな影響を与えるかという点に関心の焦点があるわけですね。
P その通りです。東京の上空からサリンを散布するというオウムの計画が実行に移されていたら、朝鮮半島の状況に重大な影響を与えていた恐れがあると、我々は考えています。
これから申し上げることは、既に一部で発表されていることなのですが、約63万人の韓国軍の2倍近い約112万人の兵力を誇る北朝鮮軍が本格的な攻撃を仕掛けてきた場合、韓国軍と在韓米軍の防衛力のみでは48時間から72時間しかもちません。外部からの援護がないと、それ以上はもたない。ここでキーポイントとなるのが後方の在日米軍基地なのです。特に重要なのは、極東におけるすべての物資の輸送のキーステーションとなっている横田基地です。フィリピンのクラーク基地が91年11月に返還されて以後は、この横田基地が極東全域にわたるキーステーションの役割を果たしており、朝鮮半島で有事の際には、ここが後方支援の最も重要なポイントとなるわけです。もしもオウム真理教の計画が実行に移されていた場合、東京都の西部地区に位置し、都心から最も近いこの横田基地も攻撃対象に含まれていた可能性がある。我々の観点からみれば、これが最も脅威となるわけです。物資輸送の要が機能停止に陥れば、継続的な作戦行動が不能になりますから。


金正日は「南進」の誘惑をあきらめない
先ほども言いましたように、もし北が本格的な軍事行動に出た場合、現在の在韓米軍および韓国軍には、その侵攻を阻止する能力はありません。短期間でいったん韓国は北朝鮮軍に占領されることになります。これは軍事的な常識です。しかし、北朝鮮軍の場合、その占領を維持する軍備力および
経済力に決定的に欠けており、米軍が本格的に奪回行動に出た場合、韓国の領土のほとんどを奪回することは可能です。これも常識です。そのため、北朝鮮が韓国へ侵攻する場合、その作戦を成功させるためには電撃的な奇襲攻撃を行ない、占領後、ただちに和平交渉に持ち込むしかない。それまでの一連のプロセスを、一週間以内にやり遂げなければなりません。したがって北がもし勝利を収めようとする場合は、米国が和平交渉に臨まざるをえないような状況を作り出すこと、その一点にかかっています。北朝鮮にとって一番望ましいのは、有事の際に後方基地となる日本を叩くこと、日本国内に巨大な混乱を引き起こし、米国および米軍が、韓国の奪回をあきらめざるをえないようにすることでした。戦略をシミュレーションすれば、それが最も有効であることは間違いのないことですが、しかし、今まではあくまで机上の理論的モデルにすぎませんでした。というのは、日本ほど政治的にも経済的にも安定していて、混乱に陥る可能性が少ない国はまずないからです。


オウムの背後には確実に北朝鮮がいた
おわかりでしょうか。そういう意味で、我々はオウムの存在と彼らの引き起こした事件、そして彼らが企てていた軍事計画に非常に大きなショックと危機感を覚えているわけです。実際、地下鉄サリン事件が起こったとき、在日米軍内部ではこれは北朝鮮のテロではないか、何か軍事行動を朝鮮半島で起こすための陽動作戦ではないのかと、緊張が走ったものでした。そうでないとわかって一時は胸をなで下ろしたわけですが、その後、オウム真理教が大規模な武装計画を進めていたことが判明するにつれ、我々も大急ぎで真剣な調査を開始したのです。正直に言いまして、それまでオウム真理教はノーマークでした。
――北朝鮮とオウムとの間に、強い結びつきがあったことをあなた方は想定しておられるようですが、はたしてそれは本当かどうか、確たる証拠や情報をお持ちなんですか。
P 麻原、あるいはオウムの幹部立ちが実際、何を考えてどう行動してきたか、まだ不明点も多い。また彼らが北朝鮮とどういう関係にあったか、どこまで約束できていたかも、現時点でははっきりと断定することは出来ません。しかし、北朝鮮とオウムとの間には強い結びつきがおそらくあっただろうと我々は推測しています。日本にオウム帝国を作るときには北が援助する、といってオウムを巻き込んだのではないか、また、そういうやり取りがあったと考えなければ、麻原とオウムはあそこまでの軍事計画を準備することはありえなかっただろうと我々はみています。

「11月戦争」と北朝鮮
――視点を変えての質問になりますが、軍事の専門家として、あなたはオウムの「11月戦争」計画をどのように評価しますか。
P その目的次第ですね。サリンをまいて、単に混乱を起こすだけの計画だったのか、それともその後に日本を永続的に支配しようという目的意識があったのか。前者であれば、これは問題外です。話にならない。もし後者であれば、その軍事計画は、東京の中枢を破壊することのみに焦点が置かれていて、それ以外のことが非常に手薄です。日本の場合、政府の中枢を壊滅させても、東京以外にかなり多くの政府機関が分散して存在していますし、先ほども言ったように、警察や自衛隊の組織も温存されているわけです。それをどう制圧するかという具体的な方法は何も考えられていないし、具体的な準備はおろか検討した形跡すら見当たらない。あまりにも不自然すぎる。<最初の一撃>以後、日本の中枢機能をどう支配するかということはまったく考えられていないわけですから、オウムだけの行動であったとするなら中途半端であり、まったく無謀であったと評価せざるをえないでしょう。しかし、オウム単独の作戦ではなく、外部の勢力と連携し、大きな戦略の一部として日本に一時的に混乱状態を引き起こすことを目的としていたのだと考えるならば、成功率の高いきわめて有効な作戦計画だと評価できると思います。
――その「外部」というのが、北朝鮮であると、あなた方は考えているわけですね。
P はっきり言えば、そういうことになります。北朝鮮の思惑はともかく、オウムが期待していたのは、北朝鮮の軍事行動ではないか。それ以外にはやりようがないわけです。自分たちの軍事力だけでは日本を制圧し、支配するのは不可能ですから。

――確実な証拠を自分が手にしていない段階で、あなた方の推理のすべてを鵜呑みにすることは私たちにはできません。オウムのハルマゲドン計画に北朝鮮が関与していれば、オウムと無関係の在日朝鮮人の人たちへの差別や偏見が激化しかねない。正直言って、困惑を覚えます。
P あなたの言われる懸念は、よくわかります。しかし、私としては誠実に事実を述べることしかできません。私は朝鮮人が危険な民族だなどと主張して、日本人と朝鮮人との民族対立を煽っているわけではありません。日本も危険なオウムを生み出したでしょう。北朝鮮に関しても、現在の独裁政権が危険なのだと指摘しているだけです。

【オウムを操った勢力】
――おっしゃることはわかりました。改めて念を押しますが、あなた方、米軍情報機関の分析によれば、オウムは北朝鮮との緊密な関係にもとづいて、ハルマゲドン計画を推し進めた疑いが濃厚である、ということなのですね。
P そういういことになりますね。たとえば、麻原彰晃が90年2月の選挙に出て落選し、資金面で一番苦労していた時代に、オウムは土地の売買に手を つけ始めています。そのあたりの段階から外部の資金が入ったのではないかと我々はみています。たしかにこの時期、かなりの数の出家者を生んでいますが、計算してみたところ、どうしても帳尻が合わない。外部からの資金があったと考えられること、そしていくつかの傍証によって、そのスポンサーが北朝鮮につながる日本国内の某団体であったのではないかと思われるフシがある。
オウムのスポンサーが北朝鮮につながる日本国内の某団体???総連?統一?創価?それとも全部?

北朝鮮サイドの動向はともかくとして、オウムだけを見ても、これだけのことがいえると思います。ある時点から、それまでは非常に乱雑で行き当たりばったりであった教団の行動が、一定の方向性を帯びてくるのです。それを見る限り、自分たちの意志だけで行動していた可能性は低いと思えますね。何らかの外部勢力との共同作戦に入ったのか、あるいは外部からの指令に従うようになったのか、そのどちらかだと思います。その時期が、先ほど申し上げました選挙直後の時期だと思います。九州の熊本の波野村にコミュニティを作ろうとして地元と軋轢を起こし(90年8月13日には両者が衝突、機動隊100人が出動するに至った)、また山梨で本格的にサティアンの設営を開始して(実際には89年12月末に既に上九一色村で事務所などを建設しはじめている)、さまざまな工業用機械を揃えはじめた。また、早川がロシアへ初めて渡航したのは91年12月で、その翌年の92年には麻原は終末予言に関してはっきりとした日付を示しはじめました。すべてが一つの目的、すなわちハルマゲドン計画に向かって突き進みはじめたことを表しています。

【アメリカは韓国を放棄するか?】
シミュレーションしてみましょう。日本国内で、例えばサリンなどによって巨大なカタストロフを引き起こす。その後、北朝鮮は南に侵攻し、電撃的に韓国の占領を完了する。そして直ちに停戦を主張し、もし米国が応じなければ、その段階で日本へ攻撃を加える。しかし、和平が成立するならば、日本への攻撃は取りやめる、と主張するでしょう。すなわち、この場合、韓国と日本は北朝鮮軍および米軍の交渉のカードとなるわけです。アメリカはおそらく、この取引に応じざるをえないでしょう。アメリカはその場合、韓国を放棄します。そして、日本の復興に全力を傾注するほうを選びとるでしょう。アメリカは、日本だけは譲るわけにはいきません。技術的、経済的にアメリカは日本に大きく依存しているからです。たとえばハイテクです。民政だけでなく軍事の分野においても、アメリカは日本のハイテクに大きく依存しているのであり、もし日本が占領されて、日本の経済力と技術力を失うと大変な痛手を負うことになります。したがって、もし北が日本をカードに使って、そうした条件を提示してきた場合、アメリカは日本が完全に自分の陣営に残るのであれば、それをのむ確率は非常に高いということです。
――非常にショッキングなお話です。朝鮮半島で扮そうが勃発した場合、米国および米軍が韓国を放棄するというシナリオを、選択肢のひとつとして想定しているということ自体、思いもよりませんでした。正直に言えば、にわかには信じられない。本当に米国が韓国を見捨てるなどということがありえるのですか。

P もちろん、ありえますよ。あくまで北朝鮮の韓国への侵攻と同時に、日本が大きなダメージを負った場合のことですが。その場合、韓国を奪回 するよりは日本の機能を回復するほうが、米国にとってははるかに戦略的に重要になりますから。特に冷戦が終結して、ロシアの驚異が薄らいだため、軍事拠点としての韓国の重要性は落ちています。ですから中国・ロシアに対する牽制という意味で韓国を維持するよりも、そこは切り捨ててでも、自分たちにとって死活問題となる日本の経済的な復旧に全力をつくすという結論になってしまうだろうと思いますね。

[中国とロシアはどう動くか]

さて、これから先どうなるか。この場合、二通りのシナリオが、まず考えられます。まず第一が、北朝鮮が核兵器を用いたとはっきり証明される場合。これは日本および在日米軍が他国から武力によって攻撃を仕掛けられたケースに相当しますから、日米安保条約にもとづき、一連の手続きを経た上で本土の米軍が、ただちに軍事行動を起こすことが可能となるわけです。

第二のケースは、何者が破壊活動を行なったか特定できない場合です。この場合はあくまで日本国内の内乱ということになります。米国および米軍としては、動きがとれなくなるわけです。たとえ米軍が攻撃されたとしても、攻撃したのが何者であるかというのが特定されなければ、その後 の行動は軽々には起こせません。日本の内乱によって駐留している米軍が被害を被るというのは、日本に駐留していることそれ自体に潜むリスクなわけですから、米軍もそうした攻撃に対して直接的な報復行動に出ること
はできません。日本国内において、日本人の集団によって内乱が引き起こされ、その過程で米軍がダメージを負った場合は、やはり日本政府が自力で責任をもってその内乱を鎮圧することをまず期待し、それが不可能な場合、しかも日本政府からの正式な出動要請があったときに限り、出動が可能となる。そういう手順を踏むことが必要になるわけです。

日本人による内乱なら、米軍は手を出せない!日本人には、統一も創価も含まれる!

――とすると、あなたの言われる通りであるならば、ますますサリン+核爆弾の先制攻撃は有効である、ということになってしまいますね。日本の中枢を壊滅させ、在日米軍を機能停止に追い込むことができて、しかも米国本国は介入をためらわざるをえない。一石二鳥ということになってしまう……。
P 北朝鮮としては自分は手は汚さずに、日本国内の組織に破壊活動をやらせておいて、その混乱に乗じて南進するのがベストです。そのあと和平交渉に持ち込みやすいですからね。そうなれば、金正日は、父親の金日成をもしのぐカリスマ性を獲得して、「朝鮮半島を完全にアメリカ帝国主義から解放した英雄」として君臨することができます。その支配が永続可能かどうかは、また別の話ですが。

日本国内の組織に破壊活動を....統一に創価は、さぞ軍事訓練にいそしんでいる事だろう。

【日本政府は何をしているのか?】
――「日本は危機管理体制がなっていない。そもそもその意識が足りない」と言われていますが、実際、今回私たちが衝撃を受けているのも、たかだか一宗教団体が毒ガス兵器や銃器の密造まで行なっていて、それをずっと警察が見逃したままで早期に摘発することができなかったという事実です。もう半年、強制捜査が遅れれば、壊滅的な大惨事になるところだったわけです。「日本は何と呑気な国なんだろう」と皆さんは衝撃を受けたということはありませんでしたか。
P それは確かにありましたが、それよりもCIAが全然わからなかったことに我々は衝撃を受けていますよ(笑)。先日の上院の公聴会でもCIAはかなりやりだまにあげられていましたからね。CIA側は「いくら自分たちでも、全世界の宗教団体すべてに目を光らせていることはできない」と反論していましたけれども。まあ、彼らとすれば、はっきりとは言明しませんが、日本におけるカウンターパートである公安が、何もしていなかったことに強く不満を抱いているんじゃないですか。「なぜ、もうちょっときちんとやっていてくれなかったんだ」という気持ちを公安に対して抱いているんじゃないでしょうかね。
違いますよ。公安も創価の傘下、CIAも統一とつるんでいたからこそ、「知らなかった」と言っているんです。彼らこそ当事者だったんです。
北朝鮮日本侵略計画...これ、冗談ではないのです。
http://www.jade.dti.ne.jp/~shingun/speech/main1.html
まず北朝鮮は、何百艘という船で難民のふりをして来るのです。十人単位の漁船または潜水艦で夜に紛れて、日本海を渡って来ます。しかもみんな手に、機関銃や手榴弾を持っているのです。これはもう現実に来ています。拠点を組んで、朝鮮人達はどこかに上陸しているのです。そしてそれを在日朝鮮人が支援して、分からないようにしているのです。
このように闇に紛れて来た南北朝鮮人が、日本国内に七十万人もいます。この在日朝鮮人が、渡って来た朝鮮人と行動するようになります。まず彼らは日本の原子力発電所を襲います。AK-17は一分間に七百発の能力ですから、警察官がいても、吹っ飛ばされてしまいます。十人がAK-17を持って警察所を襲うと、百人や二百人位の警察官は直ぐにやられてしまいます。地方の方では、一たまりもありません。みんな瞬間に捕虜にされます。そうして警察と原子力発電所を占領するのです。そして脅かします。「火を放つぞ。ぶっ壊すぞ!」と。原子力発電所を破壊させる事は、原子爆弾を炸裂させたのと同じ事です。原子力発電所は、日本海側にも太平洋側にもありますから、これを全箇所で行い、別軍のゲリラで国会を占領するのです。そうしたら、「麻原彰晃を釈放せよ!」と言うシナリオなのです。空からは、サリン入りの風船が降って来ます。(既に実験済み)陸からは、隠れていたゲリラが来ます。
そうなりますと、もうどうしようもありません。日本国中が大パニックに陥いります。自衛隊が出動しても、ゲリラ戦ですから、敵が誰なのか分からないのです。しかも自衛隊が、戦車で道路を走り出しますと、馬鹿馬鹿しい話ですが、パトカーが「交通法違反だ!」と追いかけて来るのです。いざという場合に、軍隊がどのように行動するかという事が、全然考えられていないのです。
 カルトとしての創価学会 (第三書館】
P.114 【もし、公明党の議席を失い、体制権力に追い込まれた池田が、「窮鼠猫を噛む」のことわざではないが、最後に残された「老いの妄執」から”ハードランディング”路線に走ること、つまり、武装蜂起に踏み切る可能性もまったく捨てきれない、というのである。】 

P.115 【ある元学会幹部が言う。「天下を取ってどうしても歴史に名を残したい池田は、最終的には”平成法華の乱”を考えていると思う。あのオウムですら、ロシアから武器を調達して武装蜂起に走ったわけですよ。これが学会だったら、『池田先生のために死ぬ』という戦闘要員が、男子部だけでも20-30万人はいますし、また、総体革命の一環として、官庁、マスコミにも人材を送り込んでいるわけですから。そこで池田がひとこと『武器を持って立ち上がれ、日本を制圧しろ』といえば、いつでもクーデターが起こせますよ。そこで、....あたりが”平成法華の乱”を承認したらどうなりますか。それに追い打ちをかけるかたちで、もし、アメリカが認めれば、これはもう『革命』でしょう。(笑)

このページまで読み込んでこられた方々のうち、上記の文章をただの陰謀論だと冷笑しえない方の比率は、最初のページの1000分の1から、100分の1ぐらいに増えていると思います。オウム事件の分析で、創価の事件関与が見えてきた方々にとって、創価主導の暴力革命は、あり得ないことではないのです。なにしろ相手は、池田の洗脳テクニックに完璧にはまった、盲信奴隷信者たちです。池田の指示のもと、なんでもやります。現に、オウム事件ではそうしてきました。
【心と宗教板 元オウム信者いない?】
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=973772995&ls=100

4:気になるから質問!重信さん逮捕されちゃいましたけど、今後の計画は大丈夫なんですか?

7:>6 レス遅れ、ごめんなさい。元阿含宗って多かったと思いますよ。麻原自身も入ってたし。他宗教から流れて来た人って、結構いた気がする。俺が入った理由は、好きな女が入ったから(爆笑) それ以前から、予言の分野とか覚醒という分野からオウムは知ってたんですけども。みんな、麻原を嘘つきだと言うけど、あの人はある程度の神秘体験はしてますよ。ただ、解脱してるかどうかは疑問だけども。昔はいい修行者だったけど、選挙に出たあたりから、魔境に落ちたんじゃないだろうか。今は、そういう見解です。

13:そんなことよりも、重信さん逮捕されちゃいましたけど、今後の計画は大丈夫なんですか?上手くいかなかったらどうするんですか?平田さんの連絡先も教えて下さい。でないとタダのネタになっちゃいます。

28:オウムを生み出した阿含宗。麻原を始め,サリン実行犯のほとんどが桐山の直弟子だった事実に驚愕!最低は,オウムと阿含宗のふたつ。まあ,ほとんど同じ団体のようなものだけれど。

黄色字部分、なにを寝言を言ってるのか?と思われえる方も多いかと思います。が、ここまで最初から読み進んでこられた方は、日本赤軍とオウムの関係もご存知です。彼らがつるんで第2のオウム事件をやろうとしている意味の書き込みなのです。
『カルト宗教傀儡政権を叩き潰せ!』
http://www.skwbbs.net/pastlog/oldbbs6/_msgs/000037f3.htm
カルト宗教傀儡政権である自公保政権は直ちに崩壊させないと日本は崩壊する!
創価学会と統一協会の強力謀略カルト宗教コンビの最凶最悪タッグの日本乗っ取り計画は密かに着々と進行しているぞ!(註:統一協会は「国際勝共連合」という謀略団体を通じて自民党を中心とする議員に取りこみ、統一協会の違法行為(=霊感商法)を擁護している!現総理大臣もメンバーの「勝共推進議員」のリストは
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/wgendai.htm
反対者には「謀略ビラ攻撃、暴力行為」がお得意の謀略カルト宗教コンビ、こいつらは早めに破防法でも適用したほうが日本のためだ!日本の総理大臣が池田大作と文鮮明になった日には北朝鮮のような洗脳国家になるのは火を見るより明らかだ!
37.右翼・左翼・暴力団...紙一重論
右翼、左翼、創価が互いに接近しています。きな臭いです。
右翼も左翼もありゃしない。結局、オウム事件の裏で蠢いていた連中には、思想なんて大して大きな意味はないんです。自分たちが、権力とカネを手に入れるためには、悪魔とすら手を握ります。
新右翼・よど号グループ・赤軍派・創価学会....つるんで、何を企んで切るのか?.....参考文書 AA/BB/CC/DD/EE
似非右翼.....参考文書 FF/GG/HH/JJ
右翼暴力団.....参考文書 KK/LL/MM/NN
北朝鮮系右翼.....参考文書 OO
創価系右翼.....参考文書 PP/QQ
BBS
貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドす。)
AA 「鈴木邦男と一水会とピースボートと朝鮮労働党の関係」
「このころ彼(よど号グループの田宮高麿)は、日本国内に「愛族同盟」と称する政治団体を結成することを考えていた。民族主義を最前面に押し出した組織だった。もちろん、この動きが朝鮮労働党の指導のもとに行われていたことは明白だった。そして、この組織化のなかで日本の民族派系組織も取り込んで運動を拡大することが画策されていた....」

この文書が前から気になっていたのですが、新右翼が左翼とつるみ始めたということなのか?それも、金正日の主導・手引きで! 一水会の宴会に、よど号グループの柴田や塩見孝也が出ているというのは、興味深い。オウムもよど号グループと接点を持っていた。よど号さんたちは、今も、喜多の対日宣伝広告部隊と言う位置付けでいいのかなと思うし、そいつらと日本の右翼や層化がつるんでいると言うのは、おもしろい。民族派の影には、893もちらつくし。あー楽しいテーマだなあ。
BB 
一水会を鼓舞する会 「一水会を鼓舞する会」の発起人名簿の一部。
有田芳生     (ジャーナリスト)
井上聖志     (創価学会広報室渉外部長)
柴田泰弘     (「よど号事件」メンバー)
高野 孟     (「インサイダー」編集長)
徳田虎雄     (徳洲会理事長)
中台一雄     (大悲会前会長)
宮崎 学     (作家)
山口敏夫     (元労働大臣)
塩見孝也     (元赤軍派議長)

最近、よど号グループや日本赤軍の元メンバーらが、右翼と手を結んだ。塩見孝也なんて大物も、一水会に顔を出している。統一と北朝鮮の接近に呼応する動きであり、きな臭い。おまけに層化まで、つるんでいる。どうせ、金正日の意向だろうが、さて、なにをやろうとしてるのかな?なーんで、有田や層化の渉外部長の名が出てくるのか?「やっぱり」としか思えない。喜多の傀儡であるよど号事件の犯人や赤軍派の元議長が、層化やウヨと組んで何をやろうというのか?
CC 元赤軍派議長 塩見孝也 "民族派宣言"(サンデー毎日2.27号から)
記者「民族派へ転向したみたいですね」
塩見「マルクス主義の脱構築です」
てなことらしい。 それにしても、新右翼と北がバックの左翼が組んで、燥禍も倒逸も一緒に「日本を革命する」のかしらん?そんでもって、総理は代作?やめてくれー。それから、有田芳生(ジャーナリスト)というのも、ちと注意した方がいいようだ。AUM WATCHERの一人だけど、特定の勢力の代弁者っていうことかも?特定の勢力?一緒に出席してた創価の井上さんたちとかの?うふっ。
DD 新右翼が元赤軍派を激励  法廷で3時間“会談” 96.09.03  共同
【チョンブリ(タイ中部)3日共同】日本の新右翼団体「一水会」の鈴木邦男代表(53)らが、偽米ドル札事件で裁判を受けているよど号乗っ取り犯の元赤軍派メンバー田中義三被告(48)を激励するためタイを訪問した。二日にチョンブリ刑務所で二十分ほど面会、三日は第九回公判が開かれた法廷で、傍聴席最前列の鈴木氏と木村三浩書記長が田中被告と「私語」を交わす形で三時間近く話し込んだ。田中被告は米国主導の捜査を非難し続けており、反米・民族派の鈴木氏らと「ともに闘っていけると感じました」。一方の鈴木代表も「四十歳を過ぎれば右翼も左翼もないですよ。意気投合しました」と言っていた。
EE 平壌製作『よど号物語』上映
日本赤軍の塩見孝也が主体となった、よど号物語という映画の上映会に、サヨクがみんな集まった訳だけれども、「賛同人」の中にやっぱり、新右翼が混じっていたわけです。中台一雄(大悲会元会長)
FF 右翼の90%は、在日と部落出身者 (イギリスBBC)
2CH「やくざと結びつきがある右翼団体」より  http://kagoshima.cool.ne.jp/sisou/951321131.html
10年くらい前イギリスのBBCが日本の右翼を取材した事がある。もちろん本国向けの放送だが、それをNHK衛星が放送したのを見たんだが、最後にBBCの女性リポーターのコメントがあった。内容は大体以下のとうりだが、的確だよ。
「右翼の主張は天皇制復活、日本民族の国粋主観等だが、実際の構成員が国粋主義者とは相容れない筈の韓国、朝鮮人、また天皇制と言う身分階級の下では最下層に位置され最も身分制度の被害者であったはずの被差別出身者で90%を占めている。はっきり言ってこの取材で、彼らの真の目的を知ることは出来なかった。」とさ。

GG 任侠右翼....
石井一昌氏のHPより http://www.ishiikazumasa.com/cc/messages/0608200002.html
私は任侠系の右翼が悪いなどとは言っておりませんし、思ってもいません。ただヤクザにも二通りあって、侠客と暴力団があると思います。侠客の右翼は好きですし、自分自身目指さねばならないところだと思いますが、任侠右翼の大部分である、右翼暴力団に関しましては、何とかして潰さねばならないと強く感じております。その為にも、石井先生の仰る通り右翼の為にも、ヤクザの為にも任侠右翼は右翼を辞めるべきだと思います。右翼とヤクザ、その境界をはっきり分けることこそが、これからの命題ではないでしょうか。(菊桜政真會 斎藤武志氏)


HH 右翼と言う名の暴力団 
石井一昌氏HP  http://www.ishiikazumasa.com/cc/messages/1103200001.html
「上越市長セクハラ裁判」で、選挙を控えた白川勝彦参議院議員が、記者会見を開き、「この裁判の原告側の取下げには、ヤクザが絡んでいた」として、その二人の名刺を発表した。その二人とは、「日本青年社・副会長」と「住吉一家小林会・理事長」で ある。この日本青年社というのは、児玉誉士夫直系の小林楠男(故人)が創立した右翼団体である。むかし話だが、スカルノ大統領が来日して、赤坂のホステス、根本七保子(のちのデビ)と帝国ホテルで情事にふけっている時、若き日の小林が、張り
番の警備をしていたものだ。小林の没後、この日本青年社は衛藤豊久があとを継ぎ、ヤクザ部門は他の人物が受け継いだ、と承知していた。本紙の児玉批判キャンペーン当時、衛藤が四、五人の制服姿の隊員を連れ、本紙事務所に抗議にきたりしたので、強い印象を持っていたものだ。ところが、衛藤が日本青年社を”離れた”と聞いて、会いたい旨を伝えたのだが、「報道関係者とは会わない」と、断りの返事が、人伝てにあったので、気になっていたものだった。…それが、こんな形で日本青年社の”存在”を耳にした。それに追い討ちをかけるように、六月七日には、月刊「噂の真相」編集長に暴行を加えた二人が逮捕された。彼らは、日本青年社三多摩本部行動隊長と副隊長と称している。

JJ 右翼を繕い、ヤクザが言論封殺のための襲撃
【噂さの真相】
何といっても『噂真』史上初の右翼襲撃流血事件は、編集長以下男性スタッフの多くが怪我を負ったという衝撃的”事件”だった。2000年6月7日、雅子妃の敬称に関して抗議に訪れた右翼団体・日本青年社2名が、話し合いの途中、対応していた本誌編集長並びに副編集長に突然暴行を働いたのだ。さらに止めにかかった男性スタッフたちにも襲いかかる事態に発展。包丁まで持ち出すに至り、やむなく警察を呼び、二人組は現行犯逮捕。編集部には血が飛び散り、現場検証の警察関係者、さらに一報を聞きつけて集まった多くの報道陣で編集部は深夜まで騒然とした空気に包まれたのだ。この事件は翌日の「朝日新聞」社会面に現場写真入りで大きく掲載されたのをはじめ、多くのメディアで報道され、またその一部始終を編集部設置の防犯カメラが捕らえており、生々しい流血の映像をHPで公開したことでも、業界関係者や読者に衝撃を与えた。編集長は額と太腿の傷で全治一ヶ月、副編集長は肋骨及び肋軟骨骨折で3週間、他男性スタッフ3名も肋骨にひびが入るなど、まさに『噂真』編集部は満身創痍となった。またこの事件に関し日本ペンクラブが「暴力に対し反対」する声明を発表、ところがこの声明に対しあの本多勝一がイチャモンをつける、というおまけ(笑)もついた。本誌を襲撃した日本青年社の二人は、様々に取り沙汰された事件の背後関係
はいっさい明らかにしないまま9月22日、実刑1年4ヶ月の刑が確定、一方の編集部も一カ月余りでエネルギッシュな平常を取り戻していった。しかし、「言論テロに対して決して屈しない、自由な言論活動から撤退しない」、という『噂真』を貫く精神は、今後も変わりはないと、21世紀に向けてあらためて宣言したい。

この襲撃、実は創価学会の池田大作のノリエガ疑惑の報道を差し止めるのが目的だったのです。

【在日ヤクザ論】
http://www8.tok2.com/home/ed403vie/file7.htm
町井行人は日韓の黒幕と言われ、GHQや児玉誉士夫、KCIAにも関係し、金大中拉致事件に加担したとされる東声会の町井久之と同一人物である。E・カプラン、A・ディプロ共著『ヤクザ/ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)に「町井は、一九四八年に在日朝鮮人系の大きなヤクザ組織、東声会を結成した。彼らが、東京のあの有名な銀座の歓楽街の支配権を獲得した
のは戦後の混乱期であった。彼らは、動員力と強さにおいて銀座地域の警察を凌いでいた。町井自身は、他にもいろいろ呼び名があったが、“銀座の虎”とか“雄牛”という名で知られるようになり、その一味は、当時盛んになりつつあったパチンコ産業の利権を押さえ、そしてまもなくレストランやバーの支配へとさらに進んでいった」と書かれている。
KK 「右翼」とは、タカ派政治家を支配するためのヤクザのもう一つの顔
石原慎太郎を総理?・・・本気で考えている人間がいるのか?By くまさん 
http://asyura.com/sora/bd12/msg/657.html
世田谷の宮本さん一家惨殺事件の犯人はS会(スミ●シ会の構成員という情報があるみたいだけど、現東京都知事の石原はS会とどのような関係?
たとえば、最近、中川秀直との癒着が囁かれ、また「噂の真相誌」の編集長に暴行を加えた「日本青年社」は、一九六九年三月に結成され、初代会長は当時の暴力団住吉連合小林会の小林楠男会長だったが、九六年六月六日の参院地方行政委員会で、警察が日本共産党の有働正治議員(当時)の質問に「日本青年社最高顧問西口茂男(当時)と住吉会会長の西口茂男については同一人物と見ております」と答弁してもいるS会系の右翼だ。(8月7日には、白昼に東京のオフィス街のなかにある右翼団体「蒼風社日本義塾」事務所を住吉連合会系暴力団員数10人が襲い、7人の死傷者を出した事件もあった。また先日は、靖国神社のバス乗り逃げ犯が、「住吉町」でアメリカ映画ばりの派出なアクションも演じてみせたが、これは偶然か?この種の偶然といえば、愛知県安城市で起きた、若い女性が猟銃で射殺された事件も「住吉町」だった・・・・)。
この「日本青年社」は、尖閣諸島に灯台を建設している。(中川秀直は、日本青年社から尖閣諸島にかかわるビデオテープを贈呈され礼状を送った。日本青年社は「閣僚では中川官房長官だけが礼状をくれた」としており、また日本青年社の機関紙にその内容が大きく取り上げられたらしい)。石原は97年5月6日 尖閣諸島に上陸した西村眞吾議員らに同行。船には自動小銃2丁、砲弾30発、銃弾1800発を搭載。「今後も、もちろん尖閣諸島に私はいつでも行けるし、またそのつもりでいる。次回は時を得たら黙って、大掛かりに、映像もしっかり撮って、ドラスティックにアクションを起こすつもりだ」と週刊誌のインタビューに答えている。どのように深い関係なのか。


LL 右翼の名前で政治家を脅すヤクザ、脅されて当然の不逞政治屋
国会ウソ答弁、中川官房長官退任必至 (夕刊フジ) 2000 年 10 月 18 日

内閣の中枢のポストにありながら、数々のスキャンダルが噴出している中川秀直官房長官が絶体絶命の窮地に陥った。今週発売の写真誌「フォーカス」は、中川氏が右翼団体「日本青年社」の幹部と会食をする決定的写真を掲載。中川氏の国会答弁などは虚偽だった可能性が強まってきたのだ。さらに、愛人と指摘されている女性に捜査情報を漏らしていた疑惑も浮上、永田町では「12月上旬の内閣改造での退任は避けられなくなった」との見方が支配的になっている。中川氏のもとには平成8年秋、日本青年社幹部から愛人問題や覚せい剤使用疑惑を指摘する内容証明郵便が送りつけられ、9月28日の衆院予算委員会で、民主党の石井一副代表がこの問題を追及。中川氏は内容証明郵便が送られてきたことは認めたが、内容には「事実無根」、日本青年社幹部との面会も「私には記憶が十分にございません」と否定していた。「フォーカス」の写真では、中川氏と会食する相手の顔がぼかされているが、「元の写真から日本青年社の幹部と確認された」(民主党)という。

MM 森前首相の側近も、所詮は右翼=ヤクザの手先
テレビ朝日系サンデープロジェクトでの志位書記局長の発言 

http://jcp.cab.infoweb.ne.jp/akahata/20010/1023/201023_tv_sanpro_shi_.html
中川官房長官の疑惑――問われているのは暴力団とも深い関係のある闇の勢力と癒着するような政治でいいのかということ
志位 中川さんの問題についていいますと、これは非常に重要な問題だと思う。まず、国会でうその答弁をやった。(週刊誌に)こういう写真が出て、酒食をともにしているわけですから、酒食をともにしている人の面識がないというのはなりたたない。相手が右翼・暴力団(系団体)なのですよ。日本青年社というのは右翼であると当時に、住吉会系の暴力団(系団体)ですよ。そういう相手と面識をもって、酒食をともにしている。しかも日本青年社の機関紙をみますと、中川官房長官からお礼状がきたとでかでかと出ています。これは尖閣諸島の問題についてのビデオを日本青年社が中川さんに贈って、そのお礼が出ている。そういう非常に右翼的な政治活動をやっている、暴力団とも深い関係にある団体と癒着している。つまり闇(やみ)の勢力と癒着しているような政治家でいいのかという問題が問われているということです。冬柴氏は、週刊誌に掲載された写真は「中川さんのいまの顔じゃない」と、古い話であるかのようにのべたのにたいして、志位氏は「日本青年社との関係は最近まで続いているんです」と指摘しました。


NN 総理経験者すら、ヤクザの配下。
森と住吉会と学会の癒着  http://mentai.2ch.net/giin/kako/961/961684308.html
森喜朗首相は21日、大分県三重町での記者会見で、「首相が元暴力団組長の長男の披露宴で仲人を務めていた」とする週刊文春の記事について「知人に紹介されて、大勢の親交があった方の息子さんということで確かに媒酌を引き受けた。それまで親交が全くないし、それからも親交はない。大事な関係者から依頼を受け、(媒酌を)引き受けた。したがって、ご指摘の人物が、その当時、暴力団組員だったかも、前に、そうだったかも全く認識がない」と釈明した。そのうえで「選挙のさなかにそういう報道が行われることに何か特定の意図をむしろ感じる。きわめて遺憾だ」と不快感を示した。
OO 朝鮮労働党系右翼???
石井一昌氏のHPより  http://www.ishiikazumasa.com/cc/messages/0117200002.html
最初は、「新右翼」という試みを、旧態依然の右翼団体が誹謗し潰そうとしているのかと腹が立ちましたが、右翼の人にもちゃんとした言い分があるそうで、その根拠は、一水会および鈴木邦男氏は、日本赤軍の末端組織で朝鮮労働党の傘下組織である
・彼等の行動の真の実体は、北朝鮮支援、テロと誘拐拉致・核開発・日本に対する誹謗中傷の手伝い、という売国行為である・朝鮮労働党の指導下にある「愛族同盟」という極左と反米右翼を合流させる目的の組織があり、ここで一水会と塩見氏らが共闘しているというものであるということや、あと、鈴木氏個人の悪評判まで色々目にしました。 右翼の方が、ここまで言い切ってしまっているものを無下に「そんなのは誹謗中傷だろ」とも僕は言えなくなってしまい少々混乱しております。
そんな折りに、石井さんのページを見つけ、石井さんが鈴木邦雄さんに並々ならぬ感情をお持ちのようだというのを読んで、その根拠と、上記のことについて石井さんは御存知なのか、それについてどう御考えになるのか、ということを聞いてみたくなった次第です。
PP 創価系右翼
「学会とつるむえせ右翼」 http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1704/geoboardlog/84.html
私は、世間一般的に言えば、右翼です。だから、このBBSに書き込めば、即削除の対象かも知れませんがどうしても皆様にお伝えしておきたい事があるので書き込んでいます。創価学会とつるみ、大石寺(正宗総本山、静岡富士宮市)で、信徒に暴行を働いた偽右翼。学会から金をもらい、学会の手下になった民族派の恥、新生政経研究会 代表橋本 剛 (通称全国 明)「右翼ギライ」の皆様は、朝日、赤旗でこの事件について、報道があったため、ご存知かもしれませんが、民族派は「天皇を否定し、国立戒壇を企てた悪徳宗教団体創価学会」は「共産党日教組に次ぐ打倒すべき集団」と位置付けています。その所をお間違いないようにお願いします。

QQ 学会系右翼?が、学会風の転落死
これって一体・・・ 投稿者:富士宮 http://www.tcup5.com/519/keiji0.html
創価学会が日蓮正宗に破門された直後から、右翼の街宣車が大石寺周辺をウロつき、92年1月には、右翼側が正宗信徒を殴打し、逮捕される事件もおきた。しかし、この時逮捕された政治結社「新生政経研究会」代表の全国明(橋本剛)は92年の9月の末、赤坂のビルから、転落死している。怪死の疑いが極めて濃い。この事件に異様な悪寒を感じるのは私だけであろうか?右翼と学会という敵対すべきもの同士の融合?真相を明らかにすべきではないだろうか。

 
チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ