読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8-6. 不穏な動き

オウム事件の本番  PAGE 8-6
38.不穏な動き-1
AA ヤクザ系芸能プロがエシュロンを利用して、反抗勢力をリストアップ?
∞バーニングの暗躍批判スレッド Part8∞
861 名前:名無しさん@お腹いっぱい。初めて投稿致します。実は、バーニングに関する重大な情報を入手したのですが、何しろ情報が断片的過ぎて、しかも大変に危険なので如何にしようかと思っていたのですが。ここはバーニングを危険と認識している人達ですね、ここが見つかって良かったです。実は、バーニングでは正体不明ですがある政治勢力と結託して、しかもその勢力を介して米国***(すいません、こういう書き方をしないと彼らのシステムの検索コードに引っ掛かってしまうのです。)の「*****」(知っている人には分かるでしょうが、前記に同じです。)システム極東地域ネットワークを利用しはじめたらしいのです!バーニングは自身が構築した日本国内の政治=経済=メディアネットワークを「*****」に提供する代わりに彼らの優れた情報盗聴網を利用し、彼らに反抗する勢力を次々にブラックリスト化し、将来の政治体制完全掌握の時に備えているらしいのです。
如何なる動機で行っているかも定かでは無いのですが、彼らの「エンターテイメントを制する者はメディアを制し、大衆を制する」という戦略に従い着々と行動に移しているそうです。とにかくこれからも情報を提供できるかわかりません。確たる証拠も無いのです。だから信じなくても結構です。まるでSFか冗談のような話ですので私も信じきれない位です。だからとりあえずこういう話もあるよ、とだけ認識して頂くしかないのです。しかしこれからも彼らの行動には厳重に注意し、またこのネット上での情報交換も十分注意するようにしてください。以上です。

このレスをした奴は、頭がおかしいのではないか?と思われる方も多いと思います。しかし、私にはそれなりに理解できることばかりです。∇「米国***」....米国CIA、∇「「*****」....エシュロン、∇正体不明ですがある政治勢力....創価・公明∇彼らに反抗する勢力....私たちネット上の批判者と置き換えて再度読んでみてください。「将来の政治体制完全掌握の時...」と書いてあります。.やっぱり、彼らはオウム事件の本番を、これからやる気なんですね。いつでしょうか? 
BB ユダヤが、オウムの後ろ盾?
オウムとジョージ・ソロス.....オウムとユダヤが接近している。大いにありうることです。
さらに衝撃の情報がわが国政府系の諜報機関にもたらされている。オウム真理教プラハ本部の資金提供者の背後にジョージ・ソロスが関与する団体が存在するというのだ。この団体は、世界中のさまざまな過激派集団に資金援助をすることで知られ、日本赤軍もこの資金を得ていると噂されている。
ジョージ・ソロス....いわずと知れたユダヤの株屋。一人で、アセアン全部食い物にしたお方。ヨーロッパの大富豪たちの資産運用係。やっぱり、オウム事件の裏には.... 

CC ユダヤと創価が接近?
池田大作独裁:創価学会批判事始め....創価とユダヤが妙に仲がいい
『マルコポーロ』廃刊を仕掛けた「いかさまナチハンター」組織のサイモン・ウィゼンタール・センター(SWC)は、創価学会との連携を誇っている。機関雑誌に「創価学会を技術的に援助した」と記している。創価学会の方でも、日刊の機関紙『聖教新聞』の記事でSWCとの池田大作との連携をデカデカ書き立てている。いわば国際戦略版の池田大作広報である。
ユダヤと創価の接近が異常に気になる今日この頃です。
DD よど号子弟の帰国
共同全記事....よど号グループ子弟の帰国、重信の娘の帰国など特定の目的を感じます。
....この前後、数人の女性が一斉に日本を出国する。行き先は別々だが、最終目的地は平壌。彼女たちは(よど号グループの)メンバーと現地で結婚していた日本人女性だった。当時、女性たちは平壌の指示を受け、日本国内で情報収集を行っていたとみられている。 「危ないということで(平壌へ)急きょ帰った」。最近、女性の一人がこう語っている。▽欧州で女性たちの経歴はさまざまだが、多くに共通しているのは、七〇年代後半に欧州に出掛けたまま行方不明となり、北朝鮮に渡ったという点。昨年急死したリーダーの故田宮高麿元赤軍派幹部は生前、七五年ごろにメンバーが欧州など各国で活動していたことを認めた上で「七七年ごろ、革命任務は女性獲得だということで一年か二年かかって任務を遂行した」と告白。欧州で女性たちを”スカウト”したことを明かし「実情を知るために日本に入国してほしかった」と語った。ある支援者は「こうした活動のために、メンバーは八〇年代まで世界各国を飛び回っていた」と明かす。彼らの行動に北朝鮮政府の「意思」は働いていたのか。公安当局者は「北の工作の一端を担っていた」と断言。支援者も「北朝鮮の庇護(ひご)の下で生活しているのだから、影響があったのは当然」と話す。

ピョンヤンのよど号グループのメンバーに日本人の妻がいて、子供も20人いるという話は前から聞いていたのですが、一体どうやって日本人妻を「仕入れたのか」、やっと解りました。スペインにあった北朝鮮・よど号グループの根拠地で、日本人留学生を拉致する工作をしていたのですが、その犠牲者が現在の妻たちな訳ですね。現地で洗脳され、主体思想を叩き込まれたのでしょう。この女性たちは、日本国籍がある以上、自由に旅行できるわけであり、連中の対日工作部隊として、機能してきたはずです。今度は、その子供たちも一斉に帰国するというニュースが入っていますが、北朝鮮の洗脳教育を受けた彼らが、日本で何をやるか、今後も注目したいと思います。そういえば、重信房子の娘も帰国しましたね。きな臭いですね。

EE 元赤軍派がオウムと連携
パソコン店:元赤軍派メンバーが出店計画 指導はオウム信者
....オウムと元赤軍派は、オウム事件当時からつながっていた。その関係が今も続いている。
日航機「よど号」乗っ取り事件を起こした元赤軍派メンバーの男性(47)が店長となるパソコン店の出店計画が大阪で進められていることが30日、毎日新聞の調べで分かった。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から近く帰国する「よど号」メンバーの子どもの働く場としたいという。このパソコン店は、「よど号」メンバーを支援する人権活動家らが経営し、オウム真理教(アレフに改称)の信者が仕入れや技術指導をする。元赤軍派の男性は「信者は店の経営に関与しない。商取引上だけの関係」としているが、公安当局は「教団の新たな資金源になる可能性もあり、動向を注視したい」と警戒を強めている。
ここに出てくる元赤軍派とは、柴田泰弘氏でしょうね。彼は、一水会とも繋がってるし、大っぴらにこんな活動ができるということは、誰かの「お墨付き」があるのでしょうね。オウムにいた北朝鮮工作員Aというのも、オウム脱会後、スペインで彼に会ってる様子があります。オウムと赤軍派、そして北朝鮮のつながりは切れていません。
FF オウムの背後に創価・統一、そのまた背後に金持ちクラブ
阿修羅♪ 「政治経済戦争宗教麻薬博打の指揮系統」
私が陰謀論に興味を持ったのは、オウムの裏に関係していた人たちが今年(2000年)の暮れから来年にかけて起こすかもしれないと言われていた2001年問題が大きなきっかけでした。そして、オウムの背後関係を見ていくと、どうしても創価学会と統一教会の影が見え隠れするほか、公安や警察、半島勢力や政治家もいろいろな形で深く関与していたと考えるようになりました。
ここまでは、私と全く同じ認識ですね。
それでも今ひとつしっくりしないまま、ここや他の過去ログを眺めたり、目立った名前をサーチしたりするうちに、オウムに限らず社会問題化した幾つかの事件には世界的な金持ちクラブの意向が絡んでいるし、日本で現在進められている構造改革やIT革命なども同じ指揮系統に繋がっていると確信するようになりました。
金持ちクラブ??? 私がブッシュの背後にいる連中と指摘した連中のことでしょうか?

この時点で、発端となったオウムは元より、創価や統一教会、そしてそれらの教祖をつとめる豚役者などの下っ端連中に対する
興味は急速に薄れ、命令系統を遡って上層部の意図を読み取ることに関心が移ってしまいました。
そうなんですね。オウム事件は、国内問題ではなかったんです
GG 赤報隊と統一
さようなら、小木さん
「朝日新聞社襲撃事件」の時には、「とういつきょうかいにはんたいするものはみなごろしだ」という脅迫状がショットガンの空薬莢と共に朝日新聞社に送付されたという事実がある。同時期に、統一協会を非難しているある牧師のところに「赤報隊(朝日新聞社阪神支局銃撃事件において犯行声明を出した団体)って知ってるか?あんたも危ないんじゃないの?」という趣旨の電話があった(わたしはその録音テープを所有している)。また、統一協会と関わりの深かったある団体が、その後統一協会と決裂し、渋谷の統一協会本部に対し銃撃を行ったという事件も起こっている。更に、統一協会系の銃砲店は全国に点在しており、「モデルガンを実弾発射可能に改造した」として検挙された統一協会員も存在する。そして、統一協会の経営する「統一産業」は韓国軍に武器を供給する軍需産業であり、ムンソンミョン氏の長男が膨大な銃器コレクションを所有していることが離婚訴訟で判明し、しかもムンソンミョン氏の息子のひとりは銃器メイカーで中型拳銃のデザインまでてがけている。
赤報隊の事件が、統一教会によるものかどうかは、わかりません。しかし、この文書の「統一協会系の銃砲店は全国に点在しており....」という部分は、よくよく考えてみると、まずいんじゃないだろうか?統一が、日本全国に銃砲店を持っているということは、それだけ銃器を保有しているということ。どのくらいあるか知らないけれど、それらがテロに使われたらどういうことになるか?散弾銃だって、撹乱には十分使える。オウムに統一が関わっていた事は間違いないのだから、これから、散弾銃を使って何をするかわからない。もともと、その積もりで、銃砲店をやってるのでは?
「統一協会と関わりの深かったある団体が、その後統一協会と決裂し、渋谷の統一協会本部に対し銃撃を行った」....
統一の人間は、簡単に銃を入手できるということじゃないか?
「モデルガンを実弾発射可能に改造したとして検挙された統一協会員も存在する。」
....なんだか、どこかのカルトが山梨でやってたのとそっくりではないでしょうか?なるほど
オウム=統一だから、当たり前ということでしょうか。
HH 曽野綾子と笹川、そしてフジモリ
「噂の怪奇情報-フジモリ前大統領亡命の後ろ楯」
...しかしキリスト教徒で作家の彼女(曽野綾子)が何故フジモリの亡命に関わってくるのか? かなり以前から、曽野綾子の実の父は笹川良一だとされる。笹川人脈が今回のフジモリ亡命に関わったというのが情報通の話。ところで、曽野綾子が笹川良一の子供だとすると、彼女は鳩山邦男と異母兄妹ということになる。

曽野綾子は、日本財団の理事長。 つまり、笹川のところの競艇ピンハネ組織の。血縁だったらしいですね。フジモリの片腕だったモンテシノスは、麻薬密輸組織のボスだった。笹川は当然CIAの犬だったから、麻薬でフジモリと繋がりのあるCIAの依頼で、曽野綾子がフジモリの日本亡命を画策している?オウム事件とは関係ないような情報ですが、実は関わってきます。
JJ 北朝鮮の未来予測 (私見)
【金王朝の断末魔】
喜多は、ここ数年、ぎりぎりの極限状態が続いていると考えます。毎年、水害か日照りで食糧生産は国民の必要量の半分近くまで落ち込んでいる一方で、中韓日の食糧援助は、せいぜい50万トンレベルだから、援助を加えても国民の必要量を満たすことができない。おまけに、労働党員に優先配給されるから、庶民の手には届かない。結果、餓死者、栄養失調死者が続出する。庶民の不満は極限までに達し、生きるために中朝国境を超える人が増えている。
数年前、「主体思想を作った」黄書記が亡命した。この時は、黄派と目される3000人が粛清された。まだ、恐怖政治が機能していた。軍を掌握している限り、民衆の不穏な行動を抑えることも出来ていた。が、去年、ついに民衆暴動のニュースが入ってきた。すぐに制圧されたが。そして、ごく最近、金国王が銃撃されたという未確認情報も入ってきた。側近による暗殺未遂である。
金王朝は追い詰められている。そして、王朝の敵は、身中にある。反体制の隠れ民主化勢力、そして、民衆だ。金国王は、夜も眠れないストレスと闘っていると思う。極限状態だ。
本来なら、金がキューバあたりに亡命し、民主勢力が政権を掌握することで無血革命が可能かもしれない。しかし、そうなっては困る大国が、金体制を背面から護持している。カネを出している、否、出さされているのは日本だ。しかし、こんな自転車操業は何時までも続かない。日本が、喜多への迂回融資をちょっと細めれば、喜多は内部から崩壊する。米が慌てて手を打っても崩壊は止められない。ソ連の崩壊と同様に。
今年、喜多の1000年来の日照りが報道された。穀物の種類によっては70-80%が枯死したという。食糧生産が殆どできないに等しい。さて、日本は200-300万トンなどという大きな支援をするだろうか?国交のない喜多にそんな大きな援助は、できない。おまけに、自民の喜多ロビーは、橋本・最中だ。今、実権はない。中国は?肉食が増えた中国では家畜の飼料としての穀物の生産が足りず、輸入を始めている。そんな国が喜多に大規模な援助はできない。結果、未曾有の大食糧危機が喜多を襲う。
喜多の体制崩壊が近いと思います。日米が何をしようと喜多は内側から崩れていくと。そして、歴史は動く。と予言してしまおうかな。
日本からの迂回融資が細れば....喜多は崩壊する。じゃ、どうやれば、細るのか?
①朝銀破綻:全国の総連系の学校や施設の不動産を担保に、朝銀が巨額の融資をした。融資を受けた総連傘下組織や在日の個人が、そのまま喜多に献金した。勿論、返済はできない。朝銀が破綻した。国が公的資金で補填する。日本国民の税金が、喜多への迂回融資に使われたことになる。喜多はどうにも資金に困っていた。それで窮余の策で、この集金方法を総連に指示した。しかし、この手は二度と使えない。
②覚醒剤:麻薬事業自体、どうにも国家財政を維持できる基盤のない喜多が考え出した(米CIAと不鮮明に教えてもらった?)事業だ。オウムも巻き込んで、当初はかなりの収益をあげたと見られる。が、少しでも儲けようと供給量を増やしてしまった結果、市場価格が極端に下がってしまった。現在では、大きな収入源とはなりえない。自分で自分の首を絞めた。
③パチンコ献金:これが喜多の過去の最大の収入源だった。総連系のパチンコ業者からの献金は、兆単位に上っていた。が、日本の不況で、パチンコ業界も苦境にある。パチンコ献金は、激減している。今後、日本経済がさらに後退すれば、パチンコ献金は有名無実になる。
④小泉は一応、タカ派ということになっている。喜多への大規模な支援には、慎重になるだろう。国民の声を気にする小泉は、日本人拉致問題を棚上げにして援助を先行させれば、国民が喜ばないのを知っている。
★結果、何もしないでも、日本経済の後退とともに、喜多への迂回融資は先細ると考えます。よって、喜多の体制は崩壊し、55年間苦渋をなめさせられてきた喜多の罪なき民衆は解放されると。だから、景気後退大賛成!

喜多の食糧危機は、飢餓が非労働党員の農民や鉱山労働者の範囲に留まっている限り、国家への脅威とはならない。金王朝を支える労働党員と軍に飢餓が波及した時、体制は崩壊する。数年前の飢饉では、200-300万人が餓死したが、その中に一部だが労働党員が含まれていたという喜多当局の報道があった。非党員を懐柔するための嘘の発表かもしれないが。どんなに自体が深刻でも、軍にだけは食糧が確保されてきた。だから、不穏な空気はあっても、大事には到らなかった。しかし、今度の飢饉は過去のものとは規模が違う。党員だろうが、軍人だろうが、飢餓に瀕することになろう。だから、体制は崩壊すると。軍人や民衆が、金の王宮を襲い、金チャンは、正男君と一緒に、広場の松ノ木に逆さに吊るされるのだろうか?ムッソリーニみたいな最後かな?
喜多の体制は、外からではなく、内から崩壊する。

KK 朝鮮総連の苦悩
朝鮮総連2より転載
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mass&key=989331617
2:総聯といえば朝銀。朝銀は地域に自然発生した信用金庫のように言われていますが、人事は総聯が牛耳っています。朝銀は北朝鮮への不正送金の温床であり、文字通りの「金日成の財布」です。昨年末、日本政府は朝銀への公的資金投入を決定しましたが、朝銀は「不正送金破綻」であって、日本人が援助する必要などありません。近畿朝銀のような、何度も平気で破綻し、国に救済を求めている奴もいます。
3:パチ屋の約1/3が北系。その他北に肉親を持つ在日の成功者達を脅し、献金をさせている。今でもそうだが一時期パチ屋といえば脱税というぐらい脱税しまくっていたのは、闇金を朝銀経由して北へ献金を運ぶ為だ。税務署が総連や、朝銀に査察が入るといわゆる人権派と言われるような弁護士、総連などの直接的抗議行動(税務署へ直接押しかけて行く)、代議士からの後方支援などにより脱税をうやむやにされる。脱税した金、献金を受けた金は直接北に流れる。その金約1年に数千億円。北の国家
予算の半分近くにもなる。しかし最近は景気が悪いせいもあり、打撃を受けているらしい。在日の者がすべて北ではないが、消費者金融や、店頭公開企業など、在日系が社長をしている企業は比較的多く存在する。一番の問題は彼らが送金した金を国会議員に献金している事実である。ちなみにどんな木っ端の議員にも必ず総連からの寄付の申しでがある。しかもその献金を受けていない議員というのがほとんど0%に近いというのが現状らしい。逆にこれを一番享受しているのが悪名高い野中とその仲間達である。野中は先日の米援助、朝銀援助などを行い見事に北の意向に答えた。
4:北朝鮮は現在偽札や麻薬をパチンコ資金減のかわりに資金源にシフトしており、総連、アレフ、学会の動向は注目に値する。
北朝鮮に帰国して悲惨な目にあった人たちの問題でも、現在朝日は自社の責任を「日本のマスコミ一般」の問題にすり替えているが、韓国に亡命したチョンギヘ、という人は、韓国のジャーナリストに、このように言っている。「朝鮮総聯が、どちらにしても北を悪く言うはずがないと分かっていました」「総聯人士が北を褒めるのもやむを得ないとも言える。彼等は金日成の手先にすぎず、同族だし、初めは知らずにやったことです。私がそれよりももっと許せないのは、日本の奴ら、マスコミです。特に朝日新聞。帰国一世で、朝日に悪い感情をもっていない者はいませんでした」「読売や毎日はともかく、朝日新聞が私たちの運命を狂わせたんです。 あの新聞は親北派なのだと思います」「第三者である日本人記者が、権威ある新聞紙上で言うのだから間違いないだろう、と思ったのです。私たちはあの一連の記事に賭けて、帰国を決心したようなものなのです」
「北朝鮮は現在偽札や麻薬をパチンコ資金減のかわりに資金源にシフトしており、総連、アレフ、学会の動向は注目に値する。」が、注目に値するね。
朝日は、いつか過ちを謝罪すべきだな。
5:それにしても、総聯絡み、朝銀絡みとなると、どうも我々は腰が引けてしまうようである。朝銀大阪の検査しかり、万景峰号の監視もしかりである。もう一つの例として、昨年11月に新聞紙上でも報じられた“五箇条の御誓文”の件も改めて委員会の席上で取り上げた。これは、23年前に当時の社会党衆議院議員が仲介をし、国税庁と総聯の傘下団体、在日朝鮮人商工連合会(朝鮮商工連)の間で取り交わされたとされる五項目の合意のことである。その五項目とは以下の通りである。
1.朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。
2.定期、定額の商工団体の会費は損金(必要経費)として認める。
3.学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。
4.経済活動のための第三国旅行の費用は損金として認める。
5.裁判中の諸案件は協議して解決する。
これらの合意に基づき、商工連は団体交渉権の成立を主張、確定申告や税務調査への対応は原則として個人で行なわず、商工会を窓口にして行なっている、という。つまりは、商工連の印鑑さえあればノーチェックで必要経費として通してくれる、などという話は、総聯を少しでも知る人間ならば皆知っていることである。国税庁は不満そうな顔付きで「特定団体とのいかなる合意も存在しない」と合意そのものの存在を真っ向から否定した。それは、そうだろう。そんな不公平を明らかにしたら、真面目な納税者が反乱を起こす。しかし、国税庁がどんなに否定しても、相手である商工連の梁守政氏は「絶対に既得権は守る」と高らかに宣言し続けている。これはいったい、どういうことなのか。そもそも基本的に、彼らには納税の義務感がない。日本に納税するよりは、肉親、親戚のいる北への送金こそが愛国事業と考える。わが国の真面目な中小零細企業に対し、長時間かけて税務調査が入り、御土産と称してなにがしかの追加徴税を行なう税務署だが、相手が束になってかかってくると急に気弱になるようでは、フェアではないし、大局的な国家のコストとして、割りが合わないではないか。
http://www.yuriko.or.jp/column/colum99/corum990819.htm
13:
http://www.bekkoame.ne.jp/~mki/991200sato.html
「北朝鮮研究に欠かせないのは、金正日の個人独裁であるから金正日の個性の研究が必要不可欠となる。同じ理由から、日朝関係を考えるときは野中広務氏個人の研究が重要な意味を持ってくるという信じがたい現実がある」「かなりの国会議員が金日成・金正日に買収されている。その代表が金丸氏である。多くの国民が目撃したはずだ。彼が、脱税容疑で家宅捜査を受けたとき、無刻印の金の延べ棒が金庫の中から大量にでてきたことを。無刻印の金の延べ棒は北朝鮮以外にない。現に、金丸氏は、側近に「金日成さんから貰ったきた」と言ってみせている」 「金賢姫に日本語などを教えた「李恩恵」こと田口八重子を、日本からの拉致に関係ある「安商宅」を警察が家宅捜査しようとしたら、それを阻止したのは金丸氏だ。腐敗堕落の極みではないか」最近、捜査現場いる何人かの警察官から「総聯がらみの刑事事件を手がけても上からつぶされてしまう。やってもしょうがない」という諦めの声を直接耳にしている。つぶしているのは誰か。」
77:本当に誰も知らないのですか?野中の北朝鮮利権は「砂」です。今日本では、良質な砂は高値で取引されています。海の砂は、塩分が多いため耐久度の高いコンクリートには使用できない。高度成長時代にたくさんの砂を消費し、現在では、川から密漁されている時代です。それは、暴力団の資金源になっているのですが。要するに、今の日本には、良質な川砂が少ないため、まだ開発されていない北朝鮮の川砂を日本に輸入する利権を野中が握ろうとしているのです。北朝鮮はあのような国ですから一旦利権に食い込めば独占状態になり、日本の窓口の野中を通さなければ良質な砂を輸入できないことになります。今はまだ実際に輸入しているという事実はまだ無いと思います。実際に輸入するとなった場合、野中の息のかかった商社にアクセスすることになります。野中に手数料を支払う必要はありません。商社が売上の3%(政治家が介入した場合の平均相場です)を野中に支払うことになります。直接、野中に支払うのではなく、野中が持っている会社にコンサルティング料などの名目で支払うことになります。(自民党の国会議員は一般的に献金窓口の保険代理店やダミーのコンサルティング会社を持っています。このコンサルティング会社は、ペーパーカンパニーで国会議員が自由に会社の経費としてお金を使う)税金については、大体赤字になるように
経理操作をするので当然支払いません。あと、社民の人たちに分け前が入るかは、そこまでは私はわかりません。

130:断片的な情報をつなぎ合わせてみると、消息不明になった人々は、強制収容所に入れられたり、罪人として処刑されてしまった可能性が強い。それが事実とすれば、なぜ、祖国建設に協力してもらおうと歓迎したはずの人々を、そのような目にあわせたのか、という疑問が湧く。その答えとなりそうなのが、朝鮮戦争後、北朝鮮で起きた権力闘争である。北朝鮮の権力中枢にはいくつかの派閥があり、朝鮮戦争後、戦争によって朝鮮半島を統一できなかった原因分析と、その後の国家運営方針をめぐり、対立が始まった。金日成氏を中心とし、ソ連や中国に頼らない国造りを目指す「抗日ゲリラ系」のほか、韓国(南朝鮮)で革命を起こそうとしたものの朝鮮戦争後、北に逃れてきた「南朝鮮労働党系」、中国の傘下で国家建設を進めようという「延安派」(延安は中国の革命拠点の地名)、ソ連の傘下に入ろうという「ソ連派」などの派閥があった。
http://tanakanews.com/971121nkorea.htm
で、南労党派も延安派もソ連派もことごとく粛清されて、抗日ゲリラ系、つまり金一派だけが生き残った。だから、ロシア・中国とは粛清の時点で、関係が悪くなっている。中・ロが喜多の後ろ盾だというのは、この意味でもちょい疑問に思う。

【朝銀破綻の原因は、北への不正送金】2001年9月1日 神奈川新聞 記事
2個人に巨額融資枠 朝銀2信組で計43億円に
北朝鮮系の朝銀信用組合のうち99年5月に破綻した朝銀東京と、朝銀神奈川がバブル期のほぼ同時期に、当時の朝鮮総連幹部と信組役員の妻の個人二人を債務者として、東京都内の総連関連施設に総額約40億円の根抵当権を設定していたことが、31日わかった。「債務者」の元総連幹部は「融資契約を結んだ覚えはない。金は総連に行ったのだろう」と証言。元信組役員も「名義を貸しただけ」と話しており、巨額の資金が朝銀から流出、債務者を素通りして消えた疑いが指摘されている。
朝銀破綻が相次ぎ、一兆円規模の公的資金投入が必要とされる中、金融整理管財人はこうした個人を債務者とする巨額融資を洗い出すなど、ずさんな経営実態を解明。9月に入り各地で、旧経営陣に損害賠償を求め提訴するほか、一部について刑事告訴する。朝鮮総連国際局は、「総連が融資金を受け取ったことはない。融資に関与した事実もない。関係者に問い合わせ確認したが、裁判所や管財人の承諾を得ながら、合法的に処理されたと認識している」としている。

 
チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ