9-4-7 在日勢力が、創価を支配している

オウム事件の本番  
PAGE 9-4-7
◎在日勢力が、創価を支配している
↓在日勢力が創価を支配している。こう書くと速攻でクレームが入ります。「差別だ!」と大騒ぎする人たちが大挙してやってきます。しかし、実際のところ、創価の幹部の大半は在日ないしは帰化人の集団です。教祖である池田大作もまた、大森出身の在日の家に生まれた帰化人です。

創価学会は、 半島勢力のための利権集団なのです。それを一般会員は全く知らされていないのです。暴力団、詐欺師、総会屋、北朝鮮シンパ....こういった裏社会の連中が、創価と言う強靭なシェルターを悪用して犯罪に走っています。宗教は、犯罪の温床でもあるのです。
【池田大作は帰化人】
330 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/07/01(日) 13:07
永田町ウォッチャー、富士谷紹憲氏によると、創価学会の池田大作名誉会長は「帰化した在日朝鮮人」と暴露した。学会をバックにする公明党が外国人の地方参政権付与に躍起になっているのも、このためだという 。
富士谷氏によると、父方の本名は成田作(ソンジョンチャク)で、母方は池(チ) 姓という。また、池田は昔から「日本に先祖の墓がない」「大田区大森海岸の朝鮮部落の漁師出身」「日本語がうまく喋れず寡黙な男」と言われているが、学会機関誌「大白蓮華」(二〇〇〇年三月号) に掲載された池田の人生記録の中で「父が韓国語を教えてくれた思い出がある」「私の少年・青年時代には多くの在日韓国朝鮮人の方々との出会いがあった」「韓日文化交流」と「韓」を「日」の前に記述するなど、父母が戦前に帰化した朝鮮人であると考えれば納得できる記述が散りばめられている。
http://asyura.com/sora/bd13/msg/741.html
【池田の出自】
2チャンネル「創価学会の話題を避けるマスコミについて」

143:池田大作のファミリーは、父 池田子之吉 (当時、内地人と呼ばれた朝鮮人で日本国籍を取得した。戦争中は、二等兵としてソウルに赴任し、子供の太作に朝鮮語や韓国の夜景の美しさを教えた。  戦後は、大田区大森にて海苔の漁師をしていた。)母(旧姓不祥、帰化していない朝鮮人)多摩川沿いの古市場(現・大田区矢口三丁目)朝鮮部落出身。子 池田太作(後に大作に改名) 『東京府荏原郡入新井町(いりあらいまち)不入斗(いりやまず)百七十七番地 (現・大田区大森北二丁目十三番地)』朝鮮部落にて出生。子供の頃は、日本語がロクに喋れず周囲は朝鮮人ばかりであった。....今では、創価学会は在日朝鮮人に乗っ取られてしまいました。副会長等の役員の3分の2は、朝鮮人の系譜です。ですから、ことあるごとに反日的言動と行動を取るのです。「聖教新聞」「大百蓮華」などで”韓日友好”とかに”日本は、いくら韓国に謝罪しても謝罪しきれない” という反日的記事を毎日のように書き連ね、在日朝鮮人への参政権付与に血眼になっているのです。

帰化である事に何も異議はありませんが、問題は北朝鮮との濃密で、犯罪性のある関係です。
247:....創価学会の場合は「総体革命」と称して、組織的な侵入と配置が行われてきた。....司法権力(裁判所)への侵入はすでに長期にわたっており、創価学会員の裁判官は数百名に達するといわれている。また検察官としても多数が配置されており、警察にも大量の学会員が配置されているとされる。オウム事件の折、私は刑事から直接「署内で学会批判はタブーである。すべて学会員の署員に聞きとられ、報告されているらしく、予算編成のとき、署長が都議会議員からお叱りをこうむ蒙る」というのである。実害が生ずるので批判はタブー禁忌とのことであった。また外務省への学会の浸透もしばしば問題になってきた。在外公館が海外での創価学会の「文化イベント」の後援を行っていることはつとに有名である。池田名誉会長が外遊すると、日本大使館員が空港に出迎えているという。都道府県市町村等の地方公務員の中に、公然・非公然の会員が配置されていることもまた周知の通りである。政府省庁にも、情報収集に必要な程度には侵入しているはずである。 また日刊新聞にいたっては、地方紙にいたるまで組織的に配置されてきた。いかなる宗教教団であれそれぞれの信者が、あらゆる職種におり、公共機関にも職を得ているであろうが、創価学会の場合と他の教団の場合とはどこがちがうのであろうか。それぞれの職場において、学会の利益のために、会員独自の組織的活動を行う、という点が異なるのである。....これらの活動を「総体革命」というのである。

我々の知らぬ間に裁判所、警察、検察、外務省、地方公務員、省庁、新聞社が創価の支配下に入っていたんです。


248: 『シンジケートとしての創価学会=公明党』 「腐乱した臭気」の発生源に踏み込む 創価学会の謀略活動の一部が、日本共産党の宮本委員長(当時)宅盗聴事件で明るみに出た“SCIA”の機能をもつ裏組織は、創価学会内部でも秘匿され、会員一人ひとりのデータをも蓄積し、創価学会本部中枢の「連絡局」が一元的に管理する。この本で特に光るのは、創価学会の「戦略会議」によってすすめられる「総体革命」の解明。それは「権力機構の中枢に学会員を次々に送り込んでいく戦略」で、「中央官庁にはじまって、地方自治体、大企業などありとあらゆる分野に及んでいるが、特に重点を置いたのが… 法務省・検察庁…次に外務省、そしてマスコミ(特に新聞社)である」。「『創価大卒』として、公然と入り込むこともあれば、信仰を隠して『草』として紛れ込むこともある」。 自治体の清掃事業に食い込み、暴力団ともただならぬ仲となり、利権をあさる創価学会=公明党の姿は醜悪だ。
(宗教問題研究家 平 靜丸) (発行:第三書館 定価:1500円+税)

信仰を隠して『草』として紛れ込む....だから、創価と解らないカクレ創価がうようよいる。警察にも検察にもマスコミにも。しかも実権を握っているんです。

353: 学会員はいいかげん池田が日本支配をもくろむ朝鮮人だと言う事に気づけよ

それはちょっと違うと思います。池田はうまいこと乗せられて、北朝鮮に操られていること、自分の周りの幹部たちが北の工作員であることを自覚していないのではないでしょうか?好意的解釈過ぎる?

524 (オウム信者の)半分くらいは創価学会と証明済み。だからこそなんとしても暗闇の中に封じ込めようとあらゆる手を講じた。彼らにとってはオウムと同じくらいやばい事件。その他にも坊主を殺し、天誅降るののチラシをばらまいたりしています。これはいくらなんでも許せないでしょう。創価学会系警察官の名簿の公開を!
【真偽の程は知らないが....納得する部分も多々ある】 桜田論文
http://www.jade.dti.ne.jp/~shingun/speech/sakurada2.html
小泉政権は、反創価学会・反公明党の右翼愛国政権だ。
思えば創価学会の池田大作が「私は韓国系日本人だ」と自信たっぷりに話はじめた一九九九年末から二○○○年末が、在日朝鮮人と創価学会の黄金時代であった。(笑)

確かに野中前自民党幹事長と組んだ池田大作による天下取りも可能であった。CIAエージェントの日系アメリカ人のプロスナイパーX氏が、その当時、池田暗殺プランについて僕に説明してもくれたのだった「逃亡ルートは海上に確保されているので万全だ。ただし池田は同じ型のベンツを三台乗り回していて、窓には防弾ガラスという用心ぶりなので狙撃は困難だ」と話していたぐらい、アメリカ筋は、池田・野中ラインを警戒していたのだった。ところが今は小泉人気(TBSの調査では支持率九十七・八%)に見られる国民世論の右傾化と六月二十四日の都議選・七月二十九日参院選の前に、創価公明(池田・野中反日ライン)は、ひたすら小泉首相に頭を下げ続けている。(笑)

小泉首相に「靖国公式参拝」「集団的自衛権」「憲法改正」「連立解消」「在日参政権反対」など創価公明の主張や政策と真っ向から対立することを言われても、衆参同時選挙になれば、公明党の議席が半減すると判明しているので、小泉首相の決断が怖くて何も言えない有様だ。(笑)

公明党が、連立政権から離れると池田大作への国会証人喚問が実施される公算が高く冬柴幹事長は池田から「絶対に連立政権から離れるな!」と厳命されているので、今の政局は冬柴にとっては冷や汗ものなのだろう。(笑)池田大作の国会証人喚問の理由はこうだ。宗教活動に名を借りた聖教新聞の巨額脱税、池田会館などのSGI名義を含む池田の個人資産三兆円以上の不明朗な資産調査、外務省の機密費の池田への巨額流用疑惑などである。

そもそも韓国系日本人の故竹下元首相が日韓議員連盟会長をしていた時に在日参政権付与の方針が出てきたのであった。この竹下の利権と流れを継承したのが野中なのだ。この野中の下で自民党経理局長をしていたのが鈴木で、こいつらが勝手にロシア側と二島買収返還で話を進め、それに反対していた四島返還論のロシア課長を左遷させたことに怒ったのが、田中真紀子新大臣なのであった。野中と鈴木は巨額買収の二○%がロシア側からバックマージンとしてもらえるはずであったが、さぞかし悔しかったらしい。「ざまあみろ!売国奴の野中め!」と言ってやろう。(笑)

二○○一年の小泉政権から、明らかに政局の流れは変わった。小泉政権に擦り寄っているのは公明党ばかりではない。総裁選で橋本派に恩を売るつもりが予想外の小泉総裁になったため、慌てて「逮捕されないように頼む」と言っているのが亀井静香である。パチンコ業界との癒着、許永中からの収賄、アルゼからの五○億、KSDからの収賄などで、東京地検特捜部も小泉首相のゴーサインがあれば、いつでも亀井を逮捕する体勢にあるらしい。小泉政権になってから日米同盟 は強化され、反日侮日の池田・野中ラインは潰された。野中などもニューヨークタイムズに「野中は部落民だ!」と叩かれたのに、日本のマスコミは、この問題を取り上げなかったが、これからは、このような些細な記事でも日米マスコミは連動して動くはずである。
外務省機密費が、大作に流れていた?真紀子が外務省を叩く理由は、ここにあったのか?オモシロイ!
【金大中大統領を誕生させたのは、池田大作だった?】
特集/韓国で策動する創価学会
http://www.forum21.jp/contents/contents6-1.html
韓国の大統領選にまで介入した創価学会
――韓国誌が創価学会政界工作をスクープ/段 勲

四月末日、ソウルから帰国したばかりの在日韓国人が、「韓国政界の中で、いま、ちょっと話題を呼んでいる記事があるんです」こう言って、カバンの中から一冊の本を取りだし、テーブルの上に乗せた。大きさやボリュームも日本の総合月刊誌程度で、表紙には「月刊朝鮮」(2002年5月号)とある。
韓国の有力紙、朝鮮日報社が発行している月刊誌で、"韓国の文藝春秋"ともいわれる同国のオピニオンリーダー的な存在だ。
秘密裡に行われた金・藤井会談  同誌、五月号(四月末発売)に掲載された一二ページに及ぶ話題の記事とは、タイトルが、「追跡 金大中30年の知己、日本人・原田重雄の証言 金大中・藤井富雄 秘密面談のミステリー」というもの。

■創価学会に支援要請した金大中氏
さて、「月刊朝鮮」の記事に戻って、金大中氏が原田氏を介して公明党の幹部に会った時の模様を、原田氏の証言としてこう書いている。
「金大中総裁から『どうにかして頼んでくれ』と、連絡があった。大統領選の一年前ころ、金総裁が訪日した。金総裁が韓国に帰る日の朝早く、八時に会った。原田マンションの私の事務所で会った。公明党の首脳は、衆人の視線に触れぬよう、裏口からこっそりと入ってきた。(そこで)私と金総裁夫妻が、公明党の首脳と会った。会ったのは一回」(要旨)その公明党の首脳とは、藤井富雄都議であったことを明かす。

同誌では、藤井富雄なる人物像を詳細に紹介した後、記事は核心に触れていく。.....『応援しよう』と、言った。……公明党は秘密を守ってくれと、要求した。公明党とはうまく話がついたと私が言った通りに事が運んだので、金大中氏は安心していた。金総裁は、日本に特使を送ると言った」(要旨)さらに、「――金大統領本人も公明党の協力がなければ落ちただろうと認識しているか。
『当然そうだ。100%、300%分かっている』。
――公明党の立場として、隣国の大統領選挙に介入したという事実が明るみに出れば、困るだろう。『公明党、創価学会は沈黙を守った。なぜなら、日本の政党が隣国の大統領選挙に介入したとか、宗教団体が支援したという世論が起こればうまくないから、一切、黙っている』」

秘密裏に韓国の大統領選で、金大中の支援をしていた在日宗教。韓国の創価のマヌケはせいぜい40万人。投票で大勢に影響を与えるほどの数字ではない。それでは、成太作は、なにをやったのか?当然、「カネ」だろう。韓国社会は、カネで動く。創価の穢れたカネが、金大中大統領を生み出した。

【金大中】が大統領になる【必要】があったということだ。池田個人の意向ではなかろう。文鮮明、ブッシュCIAの思惑も同時に考慮する必要があるだろう。

極東テロをやるには....金大中の任期中というタイム・ファクターがついてまわるということだ。あはは。
■在日謀略カルト、創価学会に対する正しい認識。100点満点中の100点。
==  金正日と池田大作  ==
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1032793433/l50

◎創価は総連と並ぶ在日組織。多くの在日信者・幹部を抱え、北朝鮮を間接・直接的に支援している。拉致問題においても社会党と同様に北朝鮮寄りであった事は否定できない。記憶が確かではないが、かつて池田某がパナマのノリエガや正日の親父の日成と笑顔で握手した写真があったと思う。公明は与党として政権にすり寄り、日本よりも北朝鮮にに顔を向け、米の人道援助などと言っていた。公明を与党から追い出せ。公安は創価の実体を明らかにして欲しい。

残念ながら、その「公安」がもう既にヤツラの.....

◎警察や自衛隊内部に層化だの統一協会だの朝鮮系カルト構成員が沢山いるんだが。要するに、公務員全般多い罠。こんなんで戦争できるの?情報はオンラインで100%リンクでしょ。どうすんのよ????

★その通り。日本の国家機密なんて、リアルタイムで金アデランス・シークレットシューズ国王に献上されてるだろうね。

 
チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ