読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8-14-2.9 バブル崩壊が、ブッシュ政権を押しつぶす。

#ユダヤ人 #真実 #真相 #謎 #なぜ
≪ブッシュ親子の自作自演テロ≫ 
PAGE 8-14-2.9
◎バブル崩壊が、ブッシュ政権を押しつぶす。
[戦争景気で誤魔化してきたが、相次ぐ大型倒産で、米バブル経済にも破綻が見えてきた。こうなると、また戦争を起こして、大衆の矛先を変えるしかない。」
Tt8vpKkm
【ゼロックス、ワールド<<<コン>>>の波紋】
ソロス、ドル落下を警告
http://news.bbc.co.uk/hi/english/business/newsid_2072000/2072100.stm
 ソロス、今後数年でドルの価値が三分の一落ちかねないことを警告。

信用危機
http://www.cbsnews.com/stories/2002/06/28/national/main513715.shtml

日本は沈船の水汲み
http://www.asahi.com/business/update/0628/018.html

そしてアメリカは・・・。
New F.B.I. Alert Warns of Threat Tied to July 4th
http://www.nytimes.com/2002/06/30/national/30THRE.html?todaysheadlines
 すがるのはテロ警告、アルカイダ。もはやブッシュは本当にテロが起きるのを(起こす)のを望んでいるようにしか見えない惨憺たる状況。
自縄自縛】
チェイニーもハリバートンの不正会計処理で尻に火が
Vice-President's oil firm facing SEC probe into accounts
http://news.independent.co.uk/business/news/story.jsp?story=310471
 ハリバートンの監査法人はまたしてもアンダーセン。

 一方、ブッシュは不正会計で利益を上げた人間は容赦なく刑務所にぶちこむと・・・。
Bush vows to jail crooked execs
http://news.independent.co.uk/world/americas/story.jsp?story=310493

 ワールド<<<コン>>>、オブザーバー記事
>>98や、例えば次のエンロンとブッシュ特集ページ参照のこと。
http://www.bushwatch.net/enron.htm

エンロンに次ぎ、ワールドコムでも、ブッシュ一味の汚い裏金ルートが表面化するか?

【米ワールドコム捜査、38億ドル粉飾・破たん強まる 2002 年 6月 27日...読売】
http://news.msn.co.jp/articles/snews.asp?w=178678
【ニューヨーク2米長距離通信2位のワールドコムの不正会計問題を巡り、米司法省と米証券取引委員会(SEC)は26日、刑事訴追を念頭に本格的な捜査に入ったことを明らかにした。また、SECは同日、ワールドコムが詐欺行為を働いていたとして、資産の処分防止などを求め、ニューヨーク連邦地裁に提訴した。ワールドコムは利益の水増しなど総額38億ドル(約4600億円)に達する粉飾決算を行っていたことが発覚し、26日の米株価急落の要因となった。同社の資金繰りは危機的な状況に陥っており、経営破たんの可能性が強まっている。約300億ドル(約3兆6000億円)の負債を抱える同社が破たんすれば米通信業界では過去最大となる。同社の資産は約1040億ドルとエンロンのほぼ2倍の規模で、世界中の有力金融機関が多額の融資を行っているだけに、エンロンを上回る米最大の企業スキャンダルに発展しかねない情勢だ。
問題となっている粉飾決算は、2001年1―3月期から5・四半期にわたって繰り返された。本来は経費に計上すべき通信回線の維持費などを設備投資と見なすことで利益をかさ上げしていた。会計監査はエンロン事件で有罪評決を受けたアンダーセンが担当していた。ナスダック店頭市場は26日、同社の株式の取引を停止した。株価は今週すでに1ドルを割り込み、上場廃止の懸念が強まっていたが、取引停止直前にはわずか9セントまで急落した。
ワールドコムは粉飾決算の内容を発表すると同時に1万7000人の人員削減、最大20億ドルの資産売却などを柱とするリストラ計画を打ち出し、事業規模を大幅に縮小して生き残りを図る方針を示した。

ワールドコム】 米AT&Tの地域通信分離を受けてバーナード・エバース氏が創業したミシシッピ州の零細電話会社が前身。その後20年間で75社を買収する拡大戦略で急成長し、98年に大手MCIコミュニケーションズの買収で業界2位へ躍進した。2000年にスプリントとの合併計画が反トラスト法違反の疑いで破談後、業績悪化に苦しむ。年間売上高212億ドル、従業員約6万2000人。
■米陸軍長官、エンロン幹部時代の不正行為関与疑惑を否定

[ワシントン 18日 ロイター] トーマス・ホワイト米陸軍長官は、経営破たんしたエンロンENRNQ.PK ENE.N の幹部だった際、不正行為に関わっていた、との疑惑を強く否定した。
同長官は上院商業小委員会で、最近公表されたエンロンの文書に詳述されていた不正な電力取引については、認知していなかった、と述べた。この文書は、同長官が副会長を務めていたエンロン・エナジー・サービス部門に言及しているもの。同長官は、エネルギー取引は、これとは別のエンロン・ホールセール・サービスが行っていたとし、2000年─2001年のカリフォルニア州の電力危機の際にエンロンが行った「ファット・ボーイ」、「ゲット・ショーティ」などと呼ばれる不正な取引スキームの存在は知らなかった、と述べた。

米株式市場から、外国投資家が一斉に資金引き揚げを開始した。エンロンなんかとつるんだから、ブッシュ政権は追い詰められる。もう後はない。戦争で誤魔化すか?
【沈めるアメリカ 腐ったワールドコムとブッシュ】
Tt8vpKkm氏
以下、本日オブザーバー紙記事『ワールド・<<<コン>>>(詐欺)』一部翻訳。
World Con
http://www.observer.co.uk/worldview/story/0,11581,746636,00.html
まだ誰もワールドコム・スキャンダルがエンロン同様明確にブッシュ政権の中心部を直撃しかねない点については指摘していないが、そこには政治スキャンダルのスパイラルに落ちかねない困った関係がある。
恥ずべきワールドコム企業体と、ブッシュのキャピタルヒルの親友の一人、共和党上院議員のリーダー、トレント・ロットとが非常に友好的な関係にあり富をもたらす金銭の結びつきもあった事実が浮び上がってきている。
トレント・ロットがリーダーシップをふるう新しい団体は、最近5月23日の資金集めのパーティでワールドコムから100万ドルの援助を受けている。ワールドコムやそのテレコム子会社MCIがロットのキャンペーンに援助できる金額の制限を定めた規則があるのだが、ある種の慈善団体に対しては制限は存在しない。
同時にロットはインターネット商業研究委員会へのワールドコムの上級代表として指名されている。現在まで、ワールドコムはロットのホーム、ミシシッピー州における最大の雇用者であり、ワールドコムはインターネットビジネスに対する将来の法の形について明確な関心を寄せていた。実際、ワールドコムは最近、ライバルであるテレコム企業、AT&Tと競うためのロビー活動を行なっている。ロットはそうした委員会の指名が、彼のリーダーシップをふるう団体に対するMCIのサポートに関係したものであるということを否定する
ワールドコムは、詐欺を認める直前の11時間前まで政権内部への政治的影響力を求め、大統領に擦り寄っていた。ついこないだの先週のこと、ワールドコムはブッシュが名誉ゲストであるパーティに10万ドルの寄付を行ない、パーティプログラムの主要なイベントでそのギフトによりワールドコムはスポットライトを当てられることになった。
このような関係に対して、民主党は「エコノミック・パトリオティズム」と呼ぶ新たな戦略を打ち上げた。来る11月に下院で優勢となるためのたった6つの座席を奪い取り(それによってキャピタル・ヒルも)、全国的に知事を選挙にかける必要があるのだが、民主党は11月の投票が国民投票に変わると信じている。
ワールドコム詐欺事件が公表され、民主党下院院内総務リチャード・ゲッパードは、共和党員が法律を破り、規制を排除出来るような企業の「風土を作り上げている」と批判した。
ゲッパードは、1995年に、ニュート・ギングリッチとトム・ディレイ(議員)双方が述べた、目指す主要な目標はアメリカの企業に対する規制緩和にあるという言葉をひいてこう述べる。「彼らはうまく成し遂げました。そして今や我々は、その結果の一部を見ているのです」
共和党サークルで広く尊敬されている最大手独立系世論調査会社ジョン・ゾグビーは、最近投票者たちが、経済、財政問題でかつて民主党員に対して示した以上に、もはやブッシュ政権を信じなくなっているということを発見した。今月初めのウォールストリートジャーナルやNBCテレビの世論調査は、石油会社からブローカー企業、リーダーたちまであらゆるビジネスに対する不信感が一般に広まっていることを示した。
長い政治支配が終わって、ブッシュは自分自身を投影し「現在の状況は全く正常ではない」とするのかもしれない。
ワールド・コム、『負債総額、五兆円!』
ワールドコムが破産申請、過去最大の米企業破たん (日経)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20020722CF1I014222.html
【ニューヨーク=篠原洋一】巨額の粉飾決算発覚などで経営難に陥っていた米長距離通信2位のワールドコムは21日夜(日本時間22日午前)、ニューヨークの連邦破産裁判所に米連邦破産法11条(日本の会社更生法に相当)の適用を申請した。資産規模は1070億ドル(約12兆4000億円)で、過去最大の米企業倒産。負債総額は410億ドル(約4兆8000億円)に達し、会計不信の深刻さや通信業界の過剰投資の大きさが浮き彫りになった。

おしまいのはじまり。
【そしてメルクも】
Tt8vpKkm
米メルクに124億ドル不透明会計処理疑惑 市場は反応
http://www.asahi.com/business/update/0708/016.html
<米医薬品大手メルクが99年から3年間にわたり、薬剤給付を管理する子会社の売上高として、実際には受け取っていない124億ドル(約1兆4700億円)を計上していたことが分かった。同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した資料を元に、8日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じた。>
 ナイーブな日本型優等生、朝日は例によってソフトに「疑惑」としていますが、次のロイター記事などははっきり<FRAUD、詐欺>と糾弾しています。
Drug giant Merck involved in $14-bn fraud
http://timesofindia.indiatimes.com/articleshow.asp?artid=15352983

 ちなみに製薬業界もカーライル・グループの炭疽菌テロで大笑いしたバイオ・ポートを例に出すまでもなくブッシュ政権と縁が深く、かくなる製薬利権の主としてラムズフェルドなどは有名ですが、メルクに関しては次のお二方がダイレクトにリンクしています。
●Tommy G. Thompson
HEALTH AND HUMAN SERVICES SECRETARY
http://www.opensecrets.org/bush/cabinet/cabinet.thompson.asp
●Mitch Daniels, Jr.
DIRECTOR OF THE OFFICE OF MANAGEMENT AND BUDGET
http://www.opensecrets.org/bush/cabinet/cabinet.daniels.asp
 先のトンプソン氏に関しては、メルクの株売却が指名によって「余儀なくされた」ことが記されていますね。
 ちなみにこのメルクというのは知るひとぞ知るかの炭疽菌の薬CIPROで有名なバイエル社同様ロックフェラー系列の会社。
Merck Family Fund
http://www.merckff.org/
一番下にある次の文字などで確認出来るでしょう。
Site developed by the Rockefeller Technology Project
続出する企業スキャンダルでブッシュ政権の信頼性にダメージ

チェイニー副大統領にもスキャンダル波及

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A36706-2002Jul7.html
【チェイニー、ハリバートン訴訟を担うジュディシャル・ウォッチに対してホワイトハウスが脅迫!】
Tt8vpKkm
以下、ジュディシャル・ウォッチ、7月26日プレスリリース翻訳。
『ブッシュ-チェイニー・ホワイトハウス、ハリバートン訴訟を妨害』
BUSH-CHENEY WHITE HOUSE OBSTRUCTS HALLIBURTON LAWSUIT
http://www.judicialwatch.org/2221.shtml
ホワイトハウス・セキュリティ、訴訟進行担当に刑務所で脅迫
ホワイトハウス、副大統領チェイニーに対する法的に則った訴訟を拒む

(ワシントンDC)腐敗を調査し告発する公益団体、ジュディシャル・ウォッチは本日、ハリバートンの株主に代わり当ジュディシャル・ウォッチが告訴する副大統領チェイニーに対する訴訟手続きを行う者に対してホワイトハウスのセキュリティ・スタッフが逮捕の脅しを行ったことを報告する。訴訟手続きの妨害は犯罪である。

本件裁判の宣誓供述書によれば、その訴訟担当はホワイトハウスにいる副大統領に対する訴訟手続きの進行を試みていたが、セキュリティ職員から副大統領に対する「書類」は受け入れられないと言われた。訴訟担当者の宣誓供述によれば、そのセキュリティはもし連邦裁判所召喚状と告訴状を投函したら逮捕すると言った。この行為は2002年7月22日に行われた。
副大統領チェイニーの弁護士は誰もジュディシャル・ウォッチに対して接触してきていない。

「我々はビル・クリントン、アル・ゴア。そしてヒラリー・クリントンがホワイトハウスにいる際には、彼らに対する訴訟も多く手がけてきました。クリントン・ホワイトハウスはそうした書類を受け入れました。今までは決して我々の進行担当者等が逮捕の脅しを受けるなどということはありませんでした。もしこのブッシュ-チェイニー・ホワイトハウスが企業腐敗と責任に関して真剣であるならばハリバートン証券詐欺訴訟の進行を逃れようとホワイトハウスのセキュリティを背後で不適切に用いて訴訟手続き担当者に対して逮捕の脅しを行うなどする副大統領は許されるものではないはずだ」とジュディシャル・ウォッチ議長兼法律顧問ラリー・クレイマンは述べた。

ジュディシャル・ウォッチは副大統領に対する訴訟手続きを継続するつもりで、もし副大統領チェイニーが訴訟妨害を継続するならしかるべき賞罰の動議を行う予定である。チェイニー氏は法を超越した存在ではない。   
【紛れもないブッシュのインサイダー取引。なぜ、逮捕されないのか?】
◆米大統領、不正株取引の疑惑。米紙報道急落情報受け手放す

【ワシントン14日】
 米国を揺るがしている企業・会計事務所による一連の不正会計問題をめぐり、ブッシュ大統領や不正取り締まり対策機関の責任者がかかわる新たな疑惑が浮上した。

 十四日付のワシントン・ポスト紙は、ブッシュ大統領が石油大手ハーケン・エナジー社の役員時代、同社の株式売却をめぐる疑惑で、同大統領は株価急落につながる重大な情報を事前に知らされていたことを示す事実が判明したと報じている。

 証券取引委員会(SEC)への報告遅れが非難を受けている同株式の売却では、ハーケン社の経営が悪化する前にブッシュ氏が株を手放したため、大統領のインサイダー疑惑がもたれている。 

ポスト紙によると、ハーケン社の「重大な損失や決算関連の問題」が議題になった一九九〇年三月十四日の監査役会には大統領も出席。同社社長が取締役会にあてた四月二十日付のメモには「資金繰りが極めて悪化していることも記されていた。

 さらに、ブッシュ氏が九〇年六月二十二日に、二十一万株の同社株を売却する約二週間前にも同社から最新の業績を示す資料が大統領のもとに送られていた。

 一方、企業会計事務所の不正再発防止のため、ブッシュ政権が設立した「企業不正対策委員会」の責任者に就任したラリー・トンプソン司法副長官が、粉飾決算やインサイダー取引疑惑が指摘されているクレジット・カード会社、プロビディアン・フィナンシャルの役員を一九九七年から副長官就任前まで務めていたことが発覚した。

【これは、やっぱりインサイダー取引だったんでしょうかね】

The Truth About Bu$h
http://pnews.org/NWO/phpnuke/modules.php?name=News&file=article&sid=8

「勤勉」で、「自立した」G.W.ブッシュがいかにして億万長者になったか?
(★表題からして、もうブッシュを揶揄している。藁。一部翻訳、抜粋)

●1986年9月、HARKEN社は、小ブッシュに自社株60万ドル分を与え、役員に迎えた。さらに、年間12万ドルの顧問料を支払った。

●1990年6月22日、小ブッシュは、HARKENの持ち株を、一株$4で売り払った。

●1990年8月2日、イラクの独裁者、サダムフセインがイラクを侵略した。全てのペルシャ湾域の石油会社の株式は、急落した。

●大統領の息子は、ペルシャ湾から逃げ出すよう、情報を与えられていたのだろうか?

サダム・フセインのクエート侵攻を、パパ・ブッシュが事前に知っていた....可愛い馬鹿息子が損をしないように、ハーケンの株を売りぬかせた。ありうる話。
【サウジが在米資産を引き揚げ....これが呼び水になり、米国は世界から見放される】

【阿修羅転載】
サウジ米国資産売却は米孤立化の序曲(MSNマネー) 投稿者 FP親衛隊国家保安本部
日時 2002 年 8 月 26 日 15:19:53:

サウジが米国から2000億ドルの資金を引き揚げ。米国資産全体からすれば微々たるものでも、世界中から米国批判が出始め、孤立化が進んでいるのは事実。米国民の内向きの姿勢にも問題?

サウジが米国資産を20兆円売却した模様

8月21日付のフィナンシャル・タイムズ(英国の経済紙、以下FT)は一面トップでサウジアラビアの投資家がここ数ヶ月の間に約2,000億ドル(24兆円)の米国資産売却を行い欧州に移していると報じました。
同紙によればサウジの対米資産は総額で4,000~6,000億ドル(約48~72兆円)といわれており、もし報道が事実であればおよそ半分が既に欧州に移管されたことになります。個々数ヶ月のユーロ/ドル為替の動きを見ると4月以降ユーロが15%ほど上昇していますので説得力があります。

たかが2000億ドルの引き揚げだから、大勢に影響ない?いや、呼び水になるかもしれない。他の産油国も、中国も.....日本だけ最後までブッシュにお付き合いして、生保マネーも年金マネーもヤクザの対米投資、もある日、突然、「UNPAID」となるのか?

日本の終わり。
日米経済の低迷がイラク侵攻の足を引っ張りそうです

米中央情報局(CIA)は10日、デフレが進行している日本経済について情勢分析するため専門家レベルの非公式会合を開く。日本の経済状況が一段と深刻になった場合の米国や世界に対する影響について議論するのが狙いとみられる。関係者の話を総合すると、会合には日本経済に関する複数の専門家を招き、デフレや不良債権問題などについて話し合う。竹中平蔵経済財政・金融担当相が中心になってまとめる不良債権処理策も議題となる可能性が高い。ただCIAは会合について「ノーコメント」としている。

ブッシュ米政権はイラクへの武力行使の障害になりかねないとして、米経済や世界経済が直面しているリスクに敏感になっている。CIAがこのタイミングで日本経済に関する分析会合を持つのも、日本の低迷が世界経済にとって大きな懸念材料になってきたとの見方を米政権が強めているためとみられる。

引用元
http://b2o.nikkei.co.jp/contents/news10/evening/20021004d2mi00f404.cfm
イラクとの戦争は世界経済に深刻な悪影響を及ぼすとIMFが警告

http://www.guardian.co.uk/recession/story/0,7369,798949,00.html
IMF(国際通貨基金)は世界経済の近況と展望についての予測を先日発表した。それによるとここ数週間でEUとアメリカの株価は年初来最安値水準で低迷し企業業績への不安やイラクとの戦争の可能性が株価の足を引っ張っている。そしてもし原油価格が更に上昇した場合、世界経済はいっそう深刻な打撃を被る可能性があると警告している。ここ最近原油価格はイラクとの戦争を懸念して既に1バレル30ドル水準のここ19ヶ月の最高値を記録している。

また、企業業績が低迷する中で米国の消費が景気回復の頼みの綱なのが現状だがもしイラクとの戦争になれば湾岸戦争の時と同様に旅行や各種の消費の落ち込みが予想され航空業界や観光・飲食業界をはじめとした米国景気への打撃は必至であり、不況下で米国への輸出を頼りにしている日本の景気回復にも深刻な悪影響が出る可能性が高い。既に米国の航空会社はイラクとの戦争になった場合は航空関連会社の倒産が続出すると警告し連邦政府に早期支援を求めている。
チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ