読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8-14-2.9.3 米国内でも、イラク侵攻に反対の声があがってきました

#ユダヤ人 #真実 #真相 #謎 #なぜ
≪ブッシュ親子の自作自演テロ≫ 
PAGE 8-14-2.9.3
リンク先文書がリンク切れになっていた場合、URLの後ろに、以下を付け足してenterしてみて下さい。保存されてる望みがあります。   http://web.archive.org/
同時テロについては、発生直後から、2チャンネル掲示板にて多くの人たちと議論を交わして来ました。現在でも、ニュース議論板の「ブッシュ親子の自作自演テロ」にて議論を継続中です。「現行」と注記のあるスレッドが、現在進行中のスレッドです。こちらにもぜひご参加ください。また、過去レスも参照ください。
◎米国内でも、イラク侵攻に反対の声があがってきました。
【米国内でも、イラク侵攻に反対する声が。ブッシュ政権に無理なごり押しは、もはや出来ない。】

国民と同盟国の支持必要=イラク攻撃で元米国務長官...時事
【ワシントン22日時事】イーグルバーガー元米国務長官は22日、CNNテレビのインタビューで、対イラク軍事攻撃について、国民および同盟諸国の支持がない限り、実施すべきではないとの考えを示した。
米国民の大半がイラク攻撃を支持しているなんて、真っ赤なうそ
Tt氏
<<<Not true that majority of us want military strike
against Iraq>>>
http://seattlepi.nwsource.com/opinion/87761_friedman20.shtml
Recently, I've had the chance to travel around the country and do some call-in radio shows, during which the question of Iraq has come up often. And here's what I can report from a totally unscientific sample: <<<Don't believe the polls that a majority of Americans favor a military strike against Iraq. It's just not true>>>...

Thomas L. Friedman is foreign affairs columnist for The New York Times. Copyright 2002 New York Times News Service.
アメリカでも反イラク侵攻の動き
220氏
アメリカのネガティブな情報ばかりでなくポジティブな情報も。某メーリングリストよりコピペを。

-ここから-
10月26日にアメリカで「イラク攻撃を阻止するための」大きなデモがワシントンとサンフランシスコで計画されています。このグループは去る4月20日(?だったかな)のアフガニスタン攻撃に抗議する10万人集会&ラリーを成功させたグループのひとつで、アメリカの平和運動は今、個々のグループや個人が大きなゆるやかなネットワークとなり、ウェーブとなりつつあります。
日本でも同じことができないでしょうか。米国のアンサーの情報はとっている方も多いでしょうが、いちおう下に張付けます。

~途中略~

(4) Click on the link below to hear Ramsey Clark's
September 11, 2002 appearance on Pacifica's Democracy Now!
http://www.webactive.com/pacifica/demnow/dn20020911.html
(scroll down to "third hour" and click on "Former U.S.
Attorney General Ramsey Clark and independent filmmaker
Jon Alpert discuss Iraq")

********************
ここから下がその情報。

JOIN the CAMPAIGN to
STOP THE WAR ON IRAQ BEFORE IT STARTS!
*Be in DC on October 26*
対イラク戦争がはじまる前に、ストップさせるキャンペーンご参加ください!
10月26日はワシントンDCへ集合!

Read the CALL to ACTION for the October 26 National March in Washington DC:
ワシントンDCでの10月26日に行われる全米マーチの詳細は以下をお読み下さい。
http://www.internationalanswer.org/campaigns/o26/o26endorse.html

-ここまで-

長々とスマソ。
7年間国連武器査察官を務めた人物が、イラクの査察を『戦争開始』のための茶番劇と断罪。

Disingenuous Disarmament
Weapons inspection is all a game

Jonathan Curiel, Chronicle Staff Writer
Sunday, November 17, 2002
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2002/11/17/IN191896.DTL

The U.N. weapons inspectors heading to Iraq are doomed to failure -- not because they're incompetent and not because Iraq knows how to hide a trove of nuclear and biological weapons. No. In the view of Scott Ritter, the engineers and scientists who'll peek into Saddam Hussein's buildings will fail because the Bush administration has undermined their work -- even before they start.

"The Bush administration has no intention of disarming Iraq through inspection," says Ritter, who was a U.N. arms inspector in Iraq for seven years. "Their intention is regime removal and using the weapons inspections
as a way to trigger military action that will achieve regime removal, which in itself violates international law. The inspections process is a sham."
◎結局、イラク侵攻の目的は、「石油」
■石油目当ての戦争?そんなことは、言われんでもわかっとります

米国の対イラク軍事行動の目的は石油=イラク与党機関紙...ロイター
http://www.reuters.co.jp/news_article.jhtml;jsessionid=11AKCMH2TQ5BKCRBAEKSFFA?StoryID=
1362982&type=worldnews
[バグダッド 22日 ロイター] イラク与党であるバース党の機関紙、アッサウラは社説で、米国政府が明らかに軍事行動に出ようとしているのは、同国の石油が目当てだ、との見解を示した。
同社説は、「大量破壊兵器の話はデッチ上げたもので、ブッシュ政権は、イラクがそうした武器を持っておらず、製造能力もないことを誰よりも良く知っている」とした。

そのうえで、「ブッシュ政権が、この安全な国に攻撃を仕掛けたいのは他に理由があり、それには石油とユダヤ民族運動による扇動が含まれる」とした。

★大量破壊兵器なら、イラクでなくてもアメリカでも持ってるよ。ほら、地下鉄サリンで使ったヤツ。
アメリカは、イラクの石油の一大輸入国。輸入するより、全部乗っ取ったほうが効率がいい。
Tt氏
産経は見事に、イラクから石油を輸入するルクオイルが、アメリカに石油を輸出し始めている事、それぞれ情報を分断して年季の入った目の敵、ロシアが悪の枢軸イラクからの輸入に脚光を浴びせ、ひどい奴やとしているわけですが、次などを。
http://biz.yahoo.com/rf/020227/n27598170_1.html
<ワシントンのイラクに対する強硬な姿勢に反して、アメリカはイラクからの石油の世界最大の消費地で輸入量のおよそ9%をバグダッドに依存している。購入に当って、アメリカの会社は全く自由に購入出来るのだが、バグダッドはアメリカに直接売ることはせずに、政治的に近いロシアなどを利用する。イラクは通常、石油を貿易会社に売って、アメリカに辿り着く前に少なくとも一回は転売させている。
エネルギー省の戦略的な部局、EIA(the U.S. Energy InformationAdministration)は、数人の産業アナリストが言うところの18万bpbかそれ以上にも達するイラクからの石油の数字を明らかにしていない。
EIAの数字はカリブ海でガソリンやその他石油製品に精製され、アメリカに運ばれた数字を公表しているのである。次の表は2001年イラクから石油を購入したアメリカ石油会社を示す。

Valero 55.41 million bbls (151.800 bpd)
ChevronTexaco 47.66 million bbls (130,600 bpd)
Exxon Mobils) 32.29 million bbls ( 88,500 bpd)
後略。

そして中央アジアをめぐって。コンドリーザ・ライス丸をかつて所有していたシェブロンとルクオイル。
UZBEKISTAN DAILY DIGEST
http://216.239.33.100/search?q=cache:k_KGJ0S3fI8C:www.eurasianet.org/resource/
uzbekistan/hypermail/200111/0026.html+Lukoil+ChevronTexaco&hl=ja&ie=UTF-8

誘拐情報での気になるフレーズ。
Russian kidnap prompts $1m reward
http://news.bbc.co.uk/2/hi/world/europe/2255997.stm
Mr Kukura, who has held his current post since 1996, is a top petroleum expert and had access to<<< "confidential information, including state secrets,">>> according to Lukoil. 一方BBC特派員はhe maintains a low profile and is not involved in politics. He also plays no significant role in other businesses. と。「a low profile」「no significant role」「confidential information, including state secrets」、・・・そして誘拐。消された?
ワシントン・ポストが、「石油めあてのイラク攻撃」と真相を記事にした....もう、バレバレなんで、記事に出来た?

15日付の米紙ワシントン・ポスト(電子版)はイラク反体制派幹部らの話を基に、米国主導のイラク攻撃でフセイン政権が崩壊し、新たに親米政権が発足すれば、イラクから排除されてきた米系石油企業が大きな権益を手にする可能性があると報じた。

これに伴い、ロシアやフランスなどがイラクと結んだ油田開発契約が白紙に戻される恐れもあると指摘。イラク新政権発足で、国際石油市場が再編されるとの見方を示した。

同紙によると、ブッシュ政権高官は、イラク攻撃が石油市場に与える影響について本格検討していないとしている。しかし米国など各国の石油企業は、サウジアラビアに次いで世界第二の確認埋蔵量を誇るイラク原油の利権獲得を目指し、反体制派への働き掛けを強めているという。

反体制派のイラク国民会議(INC)のチャラビ代表は、10年以上にわたる制裁で痛手を受けたイラク油田の開発に向け「米国主導の国際企業体」を設立することが望ましいとの見解を示した。

引用元
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20020915AT3KI028515092002.html
そしてロツクフェラーがイラクの石油利権を得るのだろう。分かりやすい
フセイン打倒後、米がイラク長期占領…ライス補佐官
 【ワシントン23日=永田和男】ライス米大統領補佐官(国家安全保障担当)は英フィナンシャル・タイムズ紙(電子版)のインタビューで、米国が目指すイラクのフセイン政権打倒が達成された場合について、「米国と同盟国はイラク復興に全面的に関与することになるだろう」と述べ、米国が武力行使後も相当期間にわたりイラクを実質的に占領し、民主的体制の発足を支援して行く考えを示した。
http://www.yomiuri.co.jp/05/20020923id32.htm
英国サンデーヘラルド紙、「ブッシュ政権は、イラクが中東の石油を支配していることが、米国にとって脅威であり、その脅威を取り除くため侵攻すべきである」と2001年に合意していたと報じた。

from Sunday Herald (UK)
Official: US oil at the heart of Iraq crisis
By Neil Mackay

President Bush's Cabinet agreed in April 2001 that 'Iraq remains a destabilising influence to the flow of oil to international markets from the Middle East' and because this is an unacceptable risk to the US 'military
intervention' is necessary.
Vice-president Dick Cheney, who chairs the White House Energy Policy Development Group, commissioned a report on 'energy security' from the Baker Institute for Public Policy, a think-tank set up by James Baker, the former US secretary of state under George Bush Snr.
The report, Strategic Energy Policy Challenges For The 21st Century, concludes: 'The United States remains a prisoner of its energy dilemma. Iraq remains a de- stabilising influence to ... the flow of oil to international
markets from the Middle East. Saddam Hussein has also demonstrated a willingness to threaten to use the oil weapon and to use his own export programme to manipulate oil markets. Therefore the US should conduct an
immediate policy review toward Iraq including military, energy, economic and political/ diplomatic assessments.

ブッシュ政権は、2001年4月の段階で、イラクの石油を横取りするためのイラク侵攻を決定していたということですね。つまり、それより数ヶ月後に起こった911インチキ・テロもイラク侵攻を正当化するための布石
だったということ。
ブッシュ親子には、ロックフェラーの当主から、イラクの石油を、はよ、手に入れろとご命令が下っていたのですかね。大量破壊兵器?そんなもん、何の関係もない。
◎イラク進攻の言い訳に使っている大量破壊兵器は、米国が供与したもの。
イラクはどうやって大量破壊兵器を手に入れたか?我々が売ったのだ....米サンデーヘラルド紙、2002年9月8日
http://www.sundayherald.com/27572

How did Iraq get its weapons? We sold them By Neil Mackay and Felicity Arbuthnot
Sunday, September 8, 2002

THE US and Britain sold Saddam Hussein the technology and materials Iraq needed to develop nuclear, chemical and biological wea pons of mass destruction.

Reports by the US Senate's committee on banking, housing and urban affairs -- which oversees American exports policy -- reveal that the US, under the successive administrations of Ronald Reagan and George Bush Snr, sold materials including anthrax, VX nerve gas, West Nile fever germs and botulism to Iraq right up until March 1992, as well as germs similar to tuberculosis and pneumonia. Other bacteria sold included brucella melitensis, which damages major organs, and clostridium perfringens, which causes gas gangrene.
イラクの生物化学兵器開発に、アメリカが協力!
【アメリカからイラクへのプレゼント 死のウィルス編】Tt氏
 ビジネスウィーク、9月20日記事。上院議員あての1995年、CDC作成
一覧リスト。必見。
 そして生物化学兵器としての西ナイル熱ウィルス、メイド・イン・USA!
A U.S. Gift to Iraq: Deadly Viruses
A 1995 letter from the Centers for Disease Control lists all the biological materials sent to Saddam's scientists for 10 years
http://www.businessweek.com/bwdaily/dnflash/sep2002/nf20020920_3025.htm
The CDC's 1995 Letter to the Senate
In 1995, the Center for Disease Control & Prevention provided to then-Senator Donald Riegel (D-Mich.) a complete list of all biological materials -- including viruses, retroviruses, bacteria, and fungi -- that the CDC provided to Iraq from Oct. 1, 1984 through Oct. 13, 1993. Among the materials on the list are several types of dengue and sandfly fever virus, West Nile virus, and plague-infected mouse tissue smears. In his letter to Riegel,
then-CDC Director David Satcher wrote: "Most of the materials were non-infectious diagnostic reagents for detecting evidence of infections to mosquito- borne viruses."


ボーン・イン・ザ・USA】
D.C. West Nile outbreaks cluster around Army unit
http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=28424
<Many of the infected birds have been found in neighborhoods around the former headquarters of the Walter Reed Army Institute of Research, which has been developing a vaccine for West Nile virus. The infectious-diseases lab moved to Silver Spring, Md., three years ago.>

U.S. SUPPLIES, CALIBRATES AND ENDORSES USE OF CHEMICAL WEAPONS IN IRAQ
http://www.gulfwarvets.com/news11.htm
American Gulf War Veterans Association FOR IMMEDIATE RELEASE:
10 Sept. 2002
アメリカのイラク支援史Tt氏
1983年ラムズフェルド、レーガン政権特別調査団としてイラクで神経マスタードガス等チェック、黙認(1)
1984年米、イラクに生物兵器ウィルス提供開始(2)
1986年イラン・コントラ発覚(イランに武器提供)、ブッシュ・ビンラディン関連会社アルブスト、ハーケン・エネルギーに。
1987年クウェート艦隊護衛名目のイラン・イラク戦争介入
1988年イラン航空機を「誤爆」、290名死亡
1989年ホメイニ師死亡
1990年1月ブッシュ、ハーケン・エネルギー、バーレーンの採掘権獲得、6月ブッシュ、ハーケンエネルギー株式売却、8月イラク、クウェート侵攻(イラクへのウィルス提供継続中)
1991年湾岸戦争勃発(イラクへのウィルス提供継続中)
1993年1月ブッシュ父政権失脚、10月イラクへのウィルス提供終了

(1)Fortunes of war await Bush's circle after attacks on Iraq
http://news.independent.co.uk/world/politics/story.jsp?story=333400
(2)A U.S. Gift to Iraq: Deadly Viruses
http://www.businessweek.com/bwdaily/dnflash/sep2002/nf20020920_3025.htm
米、対イラン戦争時イラクに生物兵器の原料提供 (読売新聞)

【ニューヨーク16日=河野博子】
米誌ニューズウィークの最新号(16日発売)は、米国がイラン・ イラク戦争当時の1980年代、イラクに対し、生物兵器の原料を提供していた、と報じた。同誌が入手した商務省の輸出管理関連文書(極秘扱い)によると、「細菌・菌類・原生動物」が何回にもわたって、イラク原子力エネルギー委員会あてに輸出された。複数の元政府高官によると、輸出された細菌は、炭疽(たんそ)菌を含む生物兵器製造に使われた可能性がある。こうした輸出は、83年12月20日、現国防長官のラムズフェルド氏が、レーガン大統領(当時)の特使としてイラクを訪れ、フセイン大統領と会談した後に行われた。イラン・イラク戦争の際、米国がイラクを支援し、「結果的にサダム・フセインというモンスターを作り上げた」と指摘されてきたが、生物兵器の材料が米国から輸出されていたことが明らかになったのは、初めて。

[読売新聞社:2002/09/16 22:14]
『誰がサダムを育てたか--アメリカ武器密売の10年』

VXガスの材料になる「殺虫剤」にしてもその製造設備にしても、また核 兵器開発に必要な遠心分離装置の部品やNC工作機械や起爆装置にしても、もとはといえば、アメリカ製やイギリス製や日本製。湾岸戦争以前に、イスラム国家イランを封じこめることを目的として、米英両国の権力者が連携して、あるときは公然と、またあるときは双方の情報機関を動かして秘密裡に、供与しつづけてきたシロモノなのだ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140801824/qid=1032956221/sr=1-11/ref=sr_1_0_11/249-9446225-4990752
■米国の対イラク武力行使こそアジアの脅威=アジア各紙....ロイター
http://www.reuters.co.jp/news_article.jhtml;jsessionid=
SGFL5RYGEB1Y0CRBAELCFFA?StoryID=1440487&type=worldnews

[ニューデリー 12日 ロイター] 米同時多発テロ事件から1年を迎えた11日から
一夜が明け、アジア各地では米国の対イラク武力行使が新たな脅威との見方が広まっている。
フィリピンの英字紙インクワイアラーは、米国が対イラク政策について世界の意見を無視し、
常に超大国のごう慢さを顕示していると指摘。

インドのタイムズ・オブ・インディア紙は、世界にとってテロ組織アルカイダの新たな攻撃より
も、対イラク武力行使の方が脅威となっているとの見解を示した。

一方、オーストラリアのハワード首相はイラクに懸念を表明。大量破壊兵器破棄をめぐる国連の査察
を全面的に受け入れるよう、イラクに強く訴えた。

大量破壊兵器なんて、イラク攻撃の名目に過ぎない。アメリカのヤクザが欲しいのは、中東の石油とパレスチナを中心とした中東全域の支配権。ヤクザが縄張り拡大を目指して地元勢力の掃討に乗り出そうとしている....だけのことです。
米国が炭疽菌などイラクへ輸出していたことが発覚
2002年10月01日(火)

 【ワシントン30日=土井達士】米国がイラク・フセイン政権打倒の最大の理由として挙げている大量破壊兵器の開発に関連し、米国がイラン・イラク戦争の中でイラクを支援していた一九八〇年代に、生物兵器として使われる炭(たん)疽(そ)菌やボツリヌス毒素などをイラクへ輸出していたことが、過去の米議会や米疾病管理予防センター(CDC)の記録で明らかになった。
炭疽菌などの輸出は、これらの病気に対する治療法開発などの医療研究用としてイラク側が輸入を要請したことに基づいて行われた。米商務省の輸出承認も得た合法的なものだが、イラクによる生物兵器開発を米国が“支援”した形になっていたことは論議を呼びそうだ。
AP通信によると、輸出の事実は一九九四年の米上院銀行委員会での審議や、翌九五年にCDCが議会へ送付した書簡で明言され、CDCの書簡には米バイオ企業が輸出を実施した際の請求書なども添付されている。この問題を追及しているバード上院議員(民主党)は三十日までに、書簡などを上院本会議の議事録へ掲載する措置をとった。
CDCの書簡などは、米バイオ企業が八六年にバグダッド大学へ炭疽菌三種類やボツリヌス菌六種類を輸出。CDC自身も同年、イラクの生物兵器開発の中心となっていたアル・ムサンナの施設へボツリヌス毒素を輸出していたことを認めている。
http://channel.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20021001/KOKU-1001-01-15-29.html
イラク侵攻は、2000年に既に計画されていた。

【大統領就任前のイラク政権すげ替えのシナリオ American grand strategy】By Tt氏

・・・2000年9月に記されたレポートが明かす、アメリカ世界支配の青写真
Bush planned Iraq 'regime change' before becoming President
http://www.sundayherald.com/27735
<A SECRET blueprint for US global domination reveals that
President Bush and his cabinet were planning a premeditated attack on Iraq to secure 'regime change' even before he took power in January 2001.>

<The document, entitled Rebuilding America's Defences:
Strategies, Forces And Resources For A New Century, was written in September 2000 by <<<the neo-conservative>>> think-tank Project for the New American Century (PNAC).>
後略。各自吟味されたし。

大量破壊兵器査察なんかやられたら、イラクを侵攻できなくなる
親子スレ第二十部

559 化学兵器禁止機関のホセ=ブスターニ前事務局長はイラクの査察受け入れを熱心に交渉したが、アメリカは今年4月22日に追放してしまった。しかも、3月に開かれた執行理事会で不信任決議が成立しなかったため、臨時総会という場を設けての強行だった。要するにアメリカは、イラクがうっかり査察を受け入れると困るのだ。査察が戦争の言い訳に過ぎないことがよく分かる。

率先して賛成した日本の外務省は財政問題が原因とか言い訳しているが、下の記事によれば、たとえば米国は、分担金を滞納しているキリバスの肩代わりをして、代わりに賛成させたという。よくいうよ全く(ただし、一番下の記事にOPCW職員による追放支持論を載せた)。

ブスターニ氏追放劇でアメリカの行動はある程度予想がついたが、それにしてもあまりに戦争する気があからさまだ。もはや論評する気も起こらない。いざとなれば、国連事務総長の首も平気ですげ替えるはずだ。

【危】米国、反米複数国ヘ攻撃拡大4【危】(イスラム情勢板)
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/news5/1025190748/n33-35
化学兵器禁止機関の事務局長降ろし
アニー・ブリエ(Any Bourrier)
ジャーナリスト
訳・萩谷良
http://www.netlaputa.ne.jp/~kagumi/articles02/0207-4.html
オランダ・ハーグより 
第45回
http://jmm.cogen.co.jp/jmmarchive/r009045.html
【アメリカ国連武器査察スパイスキャンダル情報】Tt氏
 98年の査察中止の話の背後にはかくなるスパイ疑惑があって、それでも再びイラクが11月に査察を受け入れるとしたところ、仕込み臭いUNSCOMによる12月の非協力的姿勢レポート提出を理由に早速アメリカがミサイルを打ち込んだわけで、アメリカの「広報力」にはまったく恐れ入るばかりであります。 ともあれこの件についての最新情報と、その疑惑が疑惑ではないことを報じている98年NYT報道コピーを。
Spy scandal has reduced America's control of mission
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,3-419072,00.html

January 7, 1999
U.S. Spied on Iraq Under U.N. Cover, Officials Now Say
http://www.library.cornell.edu/colldev/mideast/scomspy.htm
イラクに侵攻する言い訳は、当分見つかりそうにありません。

2002年12月2日付Yahoo

イラクが核開発進めていた証拠はまだない=IAEA

[ロンドン 1日 ロイター] 国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長はBBCテレビのインタビューに応じ、イラクの大量破壊兵器開発疑惑に関する査察について、これまでのところでは核兵器開発を進めていたことを立証する
証拠は発見できていないが、結論に達するには程遠い状況だと述べた。

このなかで、査察は順調に進んでおり、イラクのフセイン大統領は協力的だと述べたうえで、査察は始まったばかりだと指摘し、「順調に始まったが、結論に達するには程遠い状況だ」と述べた。そのうえで、「結論を急いでいない。国際社会が査察活動を支援してくれることを願っている」と述べた。(ロイター)
[12月2日8時40分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021202-00000889-reu-int
炭疽菌は、米陸軍施設からのもの。イラクはまったくの無関係

Tt氏
炭疽菌は遺伝子鑑定で、米陸軍施設からのものである事が発覚しております。ここで特定されたのは、フォートデリックの米陸軍感染症医学研究所、そして兵器レベルのパウダー化が可能なダグウェイの陸軍ダグウェイ実験場。世代も新しいものであることが明らかにされています。アメリカ生まれのフレッシュ細菌というわけです。というわけで残念ながらイラクを持ち出すことは極めて難しい状況であります。勿論これに関してイラクを持ち出すことが薮蛇であることは、攻撃合理化に躍起となっているアメリカとは言え、よくわかっていることでしょう。
 
そう言えば、生物兵器禁止条約(BWC)ではアメリカがころっと態度を変えて国連査察制度の新設に反対し7月に設定される予定を覆し条約を骨抜きにしたのは昨年のことでした。そして911の丁度1週間前に、ニューヨークタイムズ紙はアメリカの極秘の生物兵器研究継続を報じたものです。アメリカは武器査察云々で現在イラクを糾弾しているわけでありますが、アメリカのダブルスタンダードには恐れ入るしかありません。


■イラクに輸出したのは、アメリカで用いられたAmes種ではありません。以下2001年12月21日ニューヨークタイムズ記事より一部。

『アメリカ、調査で炭素菌攻撃とイラクのリンクをトライ、しかし失敗』
U.S. Inquiry Tried, but Failed, to Link Iraq to Anthrax Attack 
http://www.commondreams.org/headlines01/1222-02.htm
●数ヶ月間、情報当局はイラクの指紋を探り、科学者らはどうしたわけかバグダッドがいわゆるAmes 種の炭疽菌を入手していたのかどうか調査した。科学者らは、また、炭疽菌の入った封筒にあった粉末からイラクを特定できる化学添加物がないか分析した。
「私たちはここにあったほんのわずかないかなる手がかりはおろか、外国のソースも調べました」情報当局高官はイラクとの関係について言った。「そこにはありませんでした」
●イラクへの焦点は細菌兵器開発の記録と、数人の職員が言うところによると、政権の一部でテロとの戦いにおいてイラクを攻撃する理由を見つけたいからである。「私は、イラク攻撃の言い訳を熱望する相当数の人間がいることを知っています」調査に関与したトップの政府の科学者が言った。
●調査初期の一つの発見は外国説を一蹴したかのように思われた。フロリダの最初の攻撃やその後の攻撃に用いられた炭疽菌は、アイオワ州を起源とするAmes種であることが判明したのである。調査官たちは、このドメスティックな種類の炭疽菌が国外のいくつかの研究所に搬出されていたことを見つけたが、誰もバグダットには辿り着けなかった。

それにもかかわらず、政府当局はイラク説をプッシュし続けたと、調査に関与した科学者と職員は言った。彼らはイラクがAmes種をイギリスの研究所から1988年と89年に入手しようと懸命になっていたという、同じ様に継続しているのではないかという疑いを提起する興味深い手がかりに出会った。

政府の科学者らは、記録と、1990年代の国連が指揮したイラクの生物兵器計画調査からの生物学サンプルを探った。これらのサンプルは二人の生物学者、ノーザン・アリゾナ大学のポール・S・ケイムとニューメキシコ、国立ロスアラモス研究所のポール・J・ジャクソンにより実験室で検査が行われた。

しかし、結局、イラクの兵器からのサンプルからは見付からず、Ames種との共通性はないことが判明した、と当局は言った。 別のラインで、政府がこのような輸出を禁じる以前の80年代にイラクに販売したバージニア州マナサスの世界最大の細菌銀行のアメリカ型の培養コレクションの7つの炭疽菌が再調査された。

その中のいずれもAmesではないことが確認された。しかし政府内外の科学者らは不注意にもラベルを貼り間違えて手渡したと考えた。さらなる実験室でのテストが命じられた。
 
細菌銀行代表レイモンド・H・サイペスは、最近の調査によりラベルの貼り違いという考えが誤りであることがわかったと言った。「私たちはそれを持っていなかったのです」彼はAmes種について言った。「そして私たちは分析のいくつかの段階についてそのことを証明できます」

●公にはホワイトハウスはイラクとの関係を見つけ損ねたことには何も言っていないが、調査はアメリカ国内に焦点を強く合わせたことを述べている。「証拠はますます国内のソースであったように見えてくる」ホワイトハウス広報官アリ・フライシャーは月曜日言った。

国土安全保障長官トム・リッジは当初の容疑者は外国人らであると仮定したいたと言った。「多くの人々のように、9月11日ほどなく炭疽菌事件が起きた時に、私はそれが偶然とは思えなかった」リッジは言った。「しかし今や、多くの機関が行った調査によると、私たちは皆、一層犯人はドメスティックなものだと思うようになった」

炭疽菌テロ、イラク犯行説陰謀論の、か細い論拠は「何らかの理由でイラクに渡った可能性が否定されたわけではない」ということなのでしょうな。同様、産経あたりは「何らかの理由で北朝鮮に渡った可能性が否定されたわけではない」とでもせっせと言っていそうです。渡った証拠がないにもかかわらず・・・。

それにしてもそのNYT記事を「海外の陰謀論者のロジック」とはこれはこれは恐れ入りました。

ともあれ、アメリカ政府がイラクへ犯行の容疑をかぶせようとしたことは事実ですし、仮に炭疽菌テロに関してイラクへの濡れ衣が自作自演の唯一無二の目的であったと考えたにせよ、逆に言えば、犯行容疑者として上がっている専門家ではなく、本土でAmes種なるものを知らなかった人間だという可能性を強く示唆する、とも言えるのではないでしょうか。

ちなみに動機としてはアフガン攻撃前にとどめとして大衆の恐怖を煽り、批判や注意を封じ込める、カーライルも絡んだバイオテロ予算確保利権等、他にも考えられる次第です。個人的には、イラクへの濡れ衣掛けが失敗していることにより、様々な可能性も含めてますます自作自演を疑います。
イラクの大量破壊兵器査察なんて猿芝居を始めてみたものの....
【アメリカ、コピーを真っ先にひったくった成果発表】 
Tt
早速奪ってよかった・・・
『親アル・カーイダ過激派がイラクで化学兵器取得』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021212-00000314-yom-int

●どうして今の今まで、こんなおいしいネタをアメリカは出さなかったのでしょう。それにしても匿名のホワイトハウスの誰かが信頼できる情報筋からの情報として言った、イスラム原理主義組織へのサポートという陰謀論的新局面については、読売は早速『取得』と断じていることにも着目を。次のサイトでは元のワシントンポスト紙をまま紹介してさりげなくタイトルに皮肉を込めていたりもしますが、上の読売記事ではイラクの報告書への信憑性への疑義を提示しつつも、匿名の誰だかわからない情報については全く疑いを示していません。さすがです、読売。

Bush hopeful new report will link Iraq to al-Qaeda
http://www.smh.com.au/articles/2002/12/12/1039656171115.html

Unauthorised White House officials said information about the transfer came from a sensitive and credible source.

●それにしても「センシティブで、信頼に値する情報源」とはどこの誰なのでしょう。要は、コピーを真っ先にひったくった成果?武器提供先明細が記されていることに対するカウンター、ブラック・プロパガンダなのでは?

『米国、イラク申告書の取り扱いめぐる非難を一蹴』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021212-00000067-reu-int

「12月11日、米国のネグロポンテ国連大使が、イラク申告書の取り扱いめぐる非難を一蹴した。写真は、10日に撮影した申告書のカバーレタ ー。(中略)『だれかが(文書を)複製しなければならない。1万2000ページもある文書の処理は物理的に大変な作業だ。国連所在地の国家として、わが国が文書を最も迅速に処理できる立場にあると考える』(後略)」
●国連が国内にあるから大変な作業をやってあげたのよ、というのが非難の『一蹴』?一蹴という言葉も最近は随分落ちたものです。それにしても国連にコピー機と人材はなかった?
■イラク関連情報アーカイブ
『米、イラクの化学攻撃を支援、レーポートが物語る』
US helped as Saddam plotted chemical attacks, report says David Teather, New York Monday August 19, 2002 http://www.guardian.co.uk/Iraq/Story/0,2763,776844,00.html

友情の握手、ラムズフェルドとサダム
http://www.whatreallyhappened.com/rumsfeld_saddam.gif

【イラン核施設キャンペーン】Tt氏

 イラクでやったパターン、デジャビュ。とにかく世論の緊張感をゆるめるな?
U.S.: Iran has secret nuclear program
http://www.msnbc.com/news/847051.asp

で、こういうこと?
U.S. has photos of secret Iran nuclear siteshttp://www.brudirect.com/DailyInfo/News/Archive/Dec02/141202/wn02.htm

「この手の宣伝は新しいものではありません。アメリカ国内のある種のサークルは緊張を創出し、国際的な雰囲気を悪化させようとしており、国際世論を実際の宗教的な危機、イスラエルから目をそらせようとしているのです。」

"This kind of publicity is not new," Assefi said. "Certain circles within the United States are trying to create tensions and poison the international atmosphere, and to avert international public opinions away from the real regional danger, which is Israel."

核キャンペーンで言えば北朝鮮も思い浮かびます。ちなみにゴミ処理人アーミテージが北の核開発はわかっていたというようなことを言っているわけですが・・・。

US grants N Korea nuclear funds
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/1908571.stm

2チャンネル海外在住有志の鋭い洞察!必読です。
□ブッシュ親子の自作自演テロ第20部 海外生活中氏の寄稿


事前テロ情報
ご無沙汰してます。先週が911一周年と言うことでいくつか911関連番組が先週はいくつも放送されてましたね。観た方もいるかと思いますが、CNNでも事前情報放置問題は放送されました。そこでは「何が本当に起こったのか?(What really happened?)」と題してFBIが事前にテロ計画の全貌に迫りつつあったのに上層部から妨害されて捜査が頓挫した話や、CIAはテロ犯人が米国潜入して飛行機操縦学校に通っていたのを知りつつテロ実行まで放置していた問題とか、あるいはNSAがそのテロが9月11日実行である情報を傍受していた点などを挙げて、なぜアメリカの諜報機関はテロ情報を事前に察知しながら放置したのか?という問題に言及していました。

もちろん「なぜ?」という疑問への十分な説明はなく、冷戦終了で当局が油断していたとか、当局側の「言い訳」で終わった感もありましたが・・

たとえばNSAが実は同時テロの実施日が9月11日であることまで情報を傍受していたことなどが判明しましたが、前にも出たように政府側は「NSAにアラビア語の専門家が不足していた」のでメッセージを翻訳するのに時間がかかり、間に合わなかったという言い訳を繰りかえしています。これはしかし前にも言いましたが、NSAが例のエシュロンをはじめ情報傍受と解析のために
CIA以上の予算と人員と設備を擁する世界最大の諜報機関であり、今時そのへんの中小企業や掲示板ですら自動翻訳を導入していることが珍しくないことからすれば、翻訳が遅れたというのは、言い訳としてすら苦しいであるように思えますが・・。

まあ、まだ突っ込みは足りない印象も拭えませんでしたが、少なくともCNNのゴールデンタイムの番組でこうした問題(テロ事前情報放置問題)が報道されるだけでも進歩かもしれませんね。

ライスの嘘
ライス女史などは「飛行機をミサイルとして特攻機に使用するなんて予想もしてなかった」と言い訳していましたが、実は海外からもその可能性を警告されていたし、今回のように米政府のなかでもそういう指摘はちゃんと事前になされていたわけです。この米議会上下院合同の公聴会の様子をCNN等で放送していますが、冒頭に911テロ犠牲者遺族が登場して「どうしてアメリカ政府の諜報機関などは多くの事前情報を把握していたにも関わらずテロを防げなかったのか?」という遺族としては切実で痛烈な疑問を投げかける場面があり印象的でした。

しかしこの公聴会も10月までで終了になるというスケジュールであり、事態の重要性に比して時間があまりにも不足していると指摘され、独立した調査委員会の継続の声が出されています。これにはホワイトハウスの反対にも関わらず共和党議員からも賛成意見が強いとのこと。またこの議会公聴会に参加した議員からは未だにCIAなどの諜報機関が、911の真相究明に必要な情報の多くを隠蔽し、真相究明を妨げているという声もあります。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A34295-2002Sep18.html

ベルギーで疑惑追求本が
さて、先日ベルギーに出張した際に現地の書店で見つけたのですが、ベルギー人の二人のジャーナリスト(Peter Franssen&Pol De Vos)によるSeptember11という題名の本を見つけました(2002/EPO)。読み始めてみると興味深い指摘が多いので少し紹介します。

既にフランスでベストセラーになったThierry Meyssanの本のL'Effroyable Impostureなどについては内容の一部を過去スレで紹介しましたが、このSeptember11も「どうしてハイジャッカーは自由に活動できたのか?」という副題が示すように、アメリカの諜報機関らがかなり詳細なテロ事前情報を把握しながら敢えてテロ犯人を自由に国内で活動させていた問題や911当日のスクランブルに関する数々の謎、あるいはアメリカとパキスタン諜報機関の共謀疑惑や中東や中央アジアなどでのアメリカの活動などを糸口に911テロの各種の謎や疑問点を指摘し事件の真相へと迫るという主旨のもののようです。

なぜ、スクランブルが遅れたのか?
さて上記の本September11も参照しつつ、911当日などの状況で再び気になる点などをカキコします。まず911当日のスクランブル問題に関してですが、ペンタゴン突入機に対して距離で言えば近いアンドリュース空軍基地からスクランブルがでず、わざわざ別の遠いラングレーからスクランブルされた点が田中ニュースや
>>1氏のHPあるいは過去レスで当日の軍の行動に関する疑惑・謎として指摘されているのは周知の通りです。

これに対して当スレでメッコール氏から「アンドリュースの部隊は州兵であり指揮系統が違うのでスクランブルが出来なかった」という意味の反論がされていますが(
>>612>>618など参照)この説明はあまり説得力のあるものではないように思われます。なぜなら911当日にスクランブルをかけた他の基地から出た戦闘機も実は州軍所属の戦闘機であるからです。

まずWTCに突っ込んだAA11便及びUA175便ですが、公式説明によると、これに対してはOtis Air NationalGuard Baseつまり州軍の基地からF15戦闘機2機がスクランブルしています。
http://www.norad.mil/presrelNORADTimelines.htm等参照
またペンタゴン突入機AA77及びペンシルバニアUA93に対してはラングレーからF16戦闘機3機がスクランブル発進していますが、これもノースダコタ州空軍所属です。

このあたり当日の状況については2001年10月16日のNew York Timesに生々しい記述があるのでそれを次に紹介します。

原文
The first call came to Otis about the hijacking of Flight 11 came at 8:46 a.m., six minutes after the F.A.A. had first notified the North East Air Defense Sector in Rome, N.Y., a division of Norad. Six minutes later two vintage F-15's, built in 1977 and equipped with heat-seeking and radar-guided missiles, had been scrambled, according to a Norad timeline. One pilot was a part-time Guardsman who flew a commercial plane as his day job; the other jet was flown by a full-time member of the Air National Guard.
But the orders came too late. The first plane was plunging into the World Trade Center when the Otis pilots were racing to their jets. United Flight 175 hit the second tower at 9:02 a.m., 10 minutes after the fighters were airborne, when the F-15's were about 71 miles and eight minutes away. When they arrived, the helpless pilots got the first aerial views of the devastation. The three F16's at Langley, all of them assigned to the North Dakota Air National Guard's 119th Fighter Wing, nicknamed the Happy Hooligans, were also scrambled too late to intercept American Flight 77 before it crashed into the Pentagon.
原文
http://query.nytimes.com/search/query?query=otis+f15+f16+aa77+andrew&date=
past365days&submit.x=9&submit.y=6(要登録)
2001年10月16日のNew York Times記事該当部分の翻訳)AA11便のハイジャックに関してオーティス基地に最初の指令が届いたのは、連邦航空局がニューヨーク州ロームにあるNORADの一部門である北米防空セクターに最初に通知した6分後の午前8時46分である。NORAD発表によるとその更に6分後、1977年に製造され熱追尾型とレーダー誘導型のミサイルを装備した2機のF15がスクランブル発進した。パイロットの一人は、仕事として商用飛行機を飛ばしている非常勤の州兵だった。別のジェット機は、空軍州兵の常勤メンバーによって操縦された。しかし、命令が来たのはあまりにも遅かった。オーティスのパイロットたちが彼らのジェット機へと駆けていたとき、最初の航空機は既にWTCに突入していた。戦闘機離陸の10分後である午前9時2分にUA175便が2番目のタワーに激突したとき、迎撃のF15はおよそ71マイル、8分離れたところにいた。戦闘機が到着した時、手を施しようもないパイロットは、荒廃した光景を最初に空から眺める立場になった。“幸福なフーリガン”というニックネームを持つノースダコタ州空軍の第119戦闘機航空団に所属の3機のF16も、ペンタゴンに激突したAA77を迎撃するにはあまりにも遅いスクランブルだった。

つまり以上に引用した記事から、オーティスにせよラングレーにせよ911当日にハイジャック機にスクランブル発進した戦闘機は全て州兵の所属であったことがわかります。(しかもその一人は普段は商業飛行機の運航に携わる非常勤パイロットだった!わけです。)そしてスクランブルがやはりなぜか手遅れであったことも。

そうするとペンタゴンに突入したAA77に対して距離でいえば最寄りのはずのアンドリュース航空基地のF16部隊が「州兵所属だから」スクランブル発進できない、という説は説明として成立しえないことがわかります。そうするとやはりなぜスクランブル可能であったにも関わらず、上記のように一刻を争っていた状況において最寄りの基地アンドリュースからはスクランブルせずに敢えて距離が遠いラングレーからスクランブルしたのか?という疑問が否応なく発生します。

そして実はスクランブルの件に関してはこのペンタゴンに突入したAA77便へのことがしばしば言及され、WTCへ突っ込んだ最初の飛行機二機へのスクランブルが遅れたのは最初でもありまあしょうがないとされてることもありますが、実は同じような疑問はWTCへ突入したAA11便とUA175便に対してのスクランブルにも当てはまります。

すなわちAA11便のハイジャックを知ったNORADは既に述べたようにOtisにある州軍の基地からスクランブルを命じているわけですが、この基地の選択の時点で既に疑問があると上記September11の著者らは指摘しています。というのもOtis空軍基地はニューヨークの現場から約320キロの地点にあるわけですが実はAtlantic Cityの基地の方が距離にしてニューヨークから約160キロでありちょうど半分の距離に位置していました。そしてそこにも177Fighter Wingが駐屯しています。

つまりペンタゴンへのスクランブルと同様に、WTCへの特攻機に関してもわざわざ倍も遠い距離にある基地からスクランブルをかけているという疑問があがります(September11,p41参照)。そして疑問として指摘されているのは基地の選択ばかりではなく、そのわざわざ遠い基地からスクランブルした戦闘機が現場へ駆けつけた速度も、最大出せる速度よりはかなり遅め(機によって三割から四割遅め)の速度でしか飛行していなかったことも指摘されています(同書p42)。

他にもそもそもトランスポンダーが切られてFAAがハイジャックを知り、その通報がNORADへ行ってスクランブルをかけるまでの時点で既に通常では考えられないほどレスポンスタイムがかかっていることなども大きな問題です(引用したニューヨークタイムス記事等参照)。

つまり要約すれば911当日の問題点として米軍は一刻を争うはずのスクランブルで
(1)ペンタゴン突入機だけでなくWTC突入機にも、わざわざ現場から遠い(Otisならちょうど倍の距離の)基地からのスクランブルを命じており

(2)しかも発進した飛行機はなぜかスペックよりも遅い速度で飛行していたこと。

(3)そもそもハイジャックを知ってからスクランブルへのレスポンスが遅すぎること

等が疑問点として指摘されています。この最後の点を含め、また時間があれば別の機会に詳しく検証したいと思います。
以上、長文で失礼しました。

イラクの石油が手に入るならば、悪の枢軸の一角とも組むブッシュ石油麻薬武器政権
2002年12月東京新聞

米・イラン、秘密接触か 対イラク

【パリ1日AFP=時事】「悪の枢軸」「悪魔の中の悪魔」と互いに相手を非難している米国とイランが、米国によるイラク攻撃を控えて秘密接触を行い、米軍機のイラン領空通過やイラクのフセイン政権崩壊後の地域安定などをめぐって
協議している。

外交官や消息筋が明らかにしたもので、それによると、米、イラン両国の当局者は中立国で会合を重ねており、イデオロギー上の立場の違いは棚上げし、共通の関心事について協調していくことで一致。これまでに、イラク側の攻撃を受けた米軍機が緊急避難的にイラン領空を通過するのをイランが認めるとの「了解」が成立したという。

また米側は、イランに拠点を持つイラク反体制シーア派組織が、フセイン体制崩壊後の新政権の安定に協力するようイランに影響力行使を要請しているとされる。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20021202/mng_____kok_____004.shtml
カナダ発:イラクが査察されるべきなら、兵器大国アメリカも!当たり前のこと

カナダの平和団体が、ブッシュ自身が掲げた『ならず者』国家の定義を逆手にとって、アメリカへ査察団を送る正当性を主張し、実際に専門家を派遣する予定と。★以下メルマガよりコピペ

本文中にかかれたサイトで署名して運動をサポートしましょう。手順はいたって簡単。氏名とeメールアドレスと国を書いて“sign up”のボタンを一度押します。短いメッセージを書くこともできます。すると数分以内に確認のメールがきますから、そこに書かれた最初のURLをクリックして、ホームページに戻れば終わりです。
--------------------------
【カナダ人団体、アメリカに兵器査察チームを送る計画】
2002年11月21日
(トロント)カナダの平和団体の連合はこの日、冬の終わりまでに国際的なボランティア兵器査察チームを合衆国に送る意向を公表した。「邪悪なもの根絶」連合は、新設サイト<
http://www.rootingoutevil.org>を通して査察メンバーを募集中だ。
「われわれのアクションは、他でもないジョージ・W・ブッシュが促してくれたものだ」とメンバーのひとり、クリスティ・ファーガソンは言う。「ブッシュ政権は繰り返し、『ならず者』国家の特徴を以下のように定義してきた」

1)大量の化学兵器、生物兵器、核兵器を保有する
2)国連のプロセスを無視する
3)国際的条約に署名し遵守することを拒否する
4)非合法的手段で政権を執るに至った

「ブッシュ大統領のガイドラインに従えば、現合衆国政権が世界の安全保障に脅威を与えているのは明らかだ」とファーガソン。「われわれはブッシュの手本に習い、合衆国が我が査察メンバーに対して、大統領施設を含む国内すべての施設への即時無条件の立ち入りを認めるよう要求している。それによってこのならず者国家の大量破壊兵器を見つけだすことができるはずだ」とデイビッド・ランジルが付け加えた。
チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ