8-14-2.9.6 石井議員の暗殺は、連続テロとは関係ない?そうでもないようです。ウエルストン上院議員の飛行機事故と一緒に考えたほうがよさそうです。

≪ブッシュ親子の自作自演テロ≫ 
PAGE 8-14-2.9.6
同時テロについては、発生直後から、2チャンネル掲示板にて多くの人たちと議論を交わして来ました。現在でも、ニュース議論板の「ブッシュ親子の自作自演テロ」にて議論を継続中です。「現行」と注記のあるスレッドが、現在進行中のスレッドです。こちらにもぜひご参加ください。また、過去レスも参照ください。
◎疑惑追求の急先鋒、ウエルストーン氏飛行機事故死。
ただし事故であったかどうかは極めて疑問。
■麻薬疑惑を追及し、イラク進攻に一人反対すると、飛行機事故で死にます。
Tt氏
【上院民主党議員ポール・ウェルストーン、「飛行機事故」で死亡、謎の団体によるアンチ・ポール・ウェルストーン・キャンペーンへの多額の
資金提供の事実も】
最もリベラルな環境、税、社会保障等でブッシュと対立する民主党員ポール・ウェルストーン氏、レイセオンの飛行機の墜落で死亡。同様に選挙キャ
ンペーン中に飛行機事故で死んだミズーリー選出の民主党議員メル・カーナハム氏の場合は奥さんが後継者となりましたが、今回は家族もろとも。激戦
区ミネソタで、上院で優勢を占めるべく共和党が攻勢を強める中、11月5日に迫った選挙に付け刃の代理候補で民主党は勝てる?
Senator, family members killed in Minnesota plane crash
http://www.cnn.com/2002/ALLPOLITICS/10/25/plane.crash.minn/index.html
●ちなみにこのような情報が。アンチ・ポールウェルストーン・キャンペーンへ「謎の団体」から100万ドルの資金が提供されたという、先週水曜日の話です。
Mysterious group spends $1 million on anti-Wellstone campaign
http://startribune.com/stories/587/3382739.html
100万ドルを払う謎の団体、飛行機事故・・・。そして誰が笑う?

政治生命をかけてイラク戦争へ向かうブッシュに反対票を投じたポール・ウェルストーン氏に合掌。もしかしたら死の予感を感じていた?
Sen. Paul Wellstone thought he might be sacrificing his political career when he voted against a resolution authorizing President
Bush to go to war against Iraq earlier this month.
http://abcnews.go.com/wire/US/reuters20021025_198.html

ウェルストーン氏を忌み嫌う次のサイトにある二つの国旗は?
http://216.239.33.100/search?q=cache:DUSHWFpf2m0C:www.jayreding.com/archives/000351.php+
Another+Reason+To+Dislike+Paul+Wellstone&hl=ja&ie=UTF-8


過去にコロンビアで爆死の危機。
Bombs Found During U.S. Senator’s Colombia Visit, But Officials Deny Assassination Plot
http://abcnews.go.com/sections/world/DailyNews/colombia001201.html【ドラッグとウェルストーン】
●「レイセオン」のリアジェット墜落で死亡した民主党上院議員ウェルストーンと「ドラッグとの戦い」 

ウェルストーンの墜落事故については、どうしたわけか今のところ日本では全く触れられておらず、相も変わらずワールドシリーズにおける新庄の空振りや、とぼけたコメントを大々的に繰り返し流しております。それを見て目を細めることが強要されている気さえしてきます。

それはさておき、ウェルストーンは政府のドラッグとのインチキ戦争なるものに疑問を呈していた議員。
 
米国でも日本でも疑惑追及者は消される
■阿修羅転載
Re: ルールのない戦い!米国極右勢力の反抗だろう 投稿者 モルモット 日時 2002 年 10 月 29 日
http://www.asyura.com/2002/bd20/msg/699.html
反ブッシュ勢力は戦いの体制をととのえていない。団結した勢力があるかさえ定かでないが。ケネディ暗殺、ケネディJr暗殺・・・・ウェルストン一家暗殺と米国に居座るテロ集団は猛悪の確信犯たちである。ブッシュ政権周囲の人間が暗殺を言い出さなくても、彼らが邪魔者はさっさと始末してくれるのだ、石井議員のごとく。米国でも日本でも政権の近くには暗殺団が控えている。
資金と情報をもち、武力を行使できる集団だけが暗殺団と戦えるのだろう。真相究明要求する国民運動をおこすことが唯一の手段であろう。言うまでもなく米国は謀略と暗殺に支配された国家である。

★やっぱり、宗教右翼。アメリカでも日本でも、宗教右翼が「癌」。
「沈黙」を以って、裏社会に貢献するメディア....だな。阿修羅転載 
【やっぱりおかしい米国】 
「ウェルストン上院議員一家搭乗機墜落事故」の続報なし 投稿者 あっしら 日時 2002 年 10 月 27 日
http://www.asyura.com/2002/bd20/msg/669.html
昨日「墜落現場の映像さえ流れず」という書き込みを行ったが、今日の「CNNニュース」は、 ウェルストン上院議員一家搭乗機墜落事故に触れることもなく、まるでそんな事故がなかったか、原因などすべてが解決したかのように、他のニュース報道を続けている。
昨日は、モスクワの「劇場突入」があったから墜落事故が軽く扱われたのはわかるが、今日はコート・ジボワールの反乱軍指導者のインタビュー映像を何度も流している。
自国の連邦上院議員一家が乗った航空機が墜落した事故が、状況も原因も明らかにされていない段階でニュースで取り上げられなくなったというのは異様としか言いようがない。
航空機事故といえば、もうまもなく1年を迎えることになるが、ニューヨークのナッソー地区に墜落したアメリカン航空についても、まるでなかったかのように無視され、現在に至るまで事故原因の最終報告は公表されていない。
◎石井議員の暗殺は、連続テロとは関係ない?そうでもないようです。ウエルストン上院議員の飛行機事故と一緒に考えたほうがよさそうです。
石井議員とオウムと統一教会

『オウム事件は終わらない』 石井氏生前の言
http://www.osagashitai.com/kouzoukaikaku/kouki/oum02.htm

僕の地元の成城で、最近
統一教会が建物を借りて改装工事を始めたのです。それで地域住民はこぞってピケをはり、統一教会が建物の中に入れないようにしていますが、こんなことにしても、始まってから何ヶ月経っても政治家は
さっぱり表に出てこないんですね。いろいろアプローチしていくと、どうも
統一教会の息のかかった政治家というのが随分といるようだと、地元の人も言っていました。

未来に向けて社会をどのように改革していくか、ということを政治家が真剣に考えないものだから、その間に経済活動や政治活動を通じて宗教団体にどんどん侵食されているという面がありますね。

錦織:「ともかく私には、オウムは
統一教会をラジカルにしたものだという感じがするのです。オウムの原型というのは、つまりオウムの初期の活動形態は、統一教会がやってきたことときわめて類似しているのです。」

石井:「ロシアにオウムが進出していきましたね。ロシアには五万人もオウムの信者がいたそうですが、オウムが行く前に
統一教会が、ロシアに進出していました。ところが、そういう連中が、どうも何時の間にかオウム信者とすりかわってしまった。

石井:捜査についてですが、日本ではオウムの全容が明らかにされません。オウム事件というのは、いったいどういうことだったのか。僕は、岡崎さんがおっしゃったように、オウム真理教は、宗教法人制度をうまく利用してアンダーグラウンドで儲けようという要素を非常に強く持っていたのだと思います。それが暴力団と結びつき、国際的に密貿易をしたり、薬物を流したりしたのはいったい何のためだったのか。

疑惑追及、事件解明に意欲 オウム、鈴木議員事件(共同)

二十四日、東京都内の自宅前で男に刺殺された石井紘基衆院議員(民主)は、当選三回。「政治とカネ」絡みの疑惑追及や事件の真相解明に意欲を見せた。モスクワ大学院終了という異色の経歴を生かし、ロシア当局や議会筋からたびたび重要な情報を入手。
         
一九九五年には、オウム真理教(アレフに改称)がロシア製ヘリコプター購入に絡み元ロシア議会最高幹部に現金を贈った疑いがあり、ロシア連邦保安局が捜査していることを独自に確認。超党派の議員でつくる「オウム問題を考える議員の会」では世話人代表を務めた。

★「オウム問題を考える議員の会」では世話人代表で、ロシアに人脈があるとなれば、オウム事件の真相にも近いところにいただろう。オウム問題を追及していけば、必ず、統一教会にぶち当たる。そして、統一は、右翼や暴力団という「口封じ用の道具」は常備している。「金銭トラブル」が原因のように見せかけて殺す。背後関係を知られぬよう、金に困った右翼暴力団の一匹狼を雇う。

オウムの実体が統一であることを、石井さんのような強硬派の議員が知ったら....予防的措置だろうか?

民主党、石井議員暗殺事件の闇
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/news2/1035520087/l50

83 :朝まで名無しさん :02/10/25 18:32 id:S7NDMMnb
TBSのニュースで
統一教会信者が、石井議員の家の前でデモやってるVTRが出たぞ。

★石井さんは、オウムの背後にいた統一の影に気づいていた?タブーにメスを入れるのに躊躇しない人物だったらしいから.......どなたか言われたようにアメリカ(ブッシュ)の意向で殺されたなんてのも、全くありえない話ではないですね。統一は、自ら手を下さず、傘下の右翼暴力団に外注した?
■やっぱり、オウム事件を追っていた....石井さんは、どこまで、知っていたのか?

なぜ襲われたのか、背景見えず 石井代議士刺殺 (朝日)
http://www.asahi.com/national/update/1025/016.html
石井紘基代議士はなぜ襲われたのか。石井事務所は「本人からも悩みなどは何も聞いておらず、心当たりはない」としている。石井事務所によると、石井代議士の政治姿勢をめぐる電話などはときどきあった。かつてオウム真理教問題を国会で取り上げた時には、事務所に脅迫めいた文章の書面もファクスで届いたことがある。しかし、最近は個別具体的なことでは特異な電話や書面などは届いておらず、石井代議士本人からも何も聞いていない、という。

★その脅迫ファックスの出所が、痰壷のタコ部屋だったりするわけです。
民主党、石井議員暗殺事件の闇
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/news2/1035520087/501-600

いろいろ憶測が飛び交っているようだが、統一教会は一切関与しておりません。確かに石井議員は統一教会とオウムを同一視して(完全な誤解)普段から良い言動は取られては降りませんが だからといってその人物に危害を加えたりするのは完全に間違った行為です。それはなんの正当性もありません。どんなに自分に対してひどい事を言ったりしたりする人たちでも同じ神の子として許し愛し救うのが信仰者としての道であり統一原理をよく学んでもらえれば良くわかります。
まったくの見当違いです。

というように原理空論に頭を犯されて、自分の教団の数々の犯罪が現実のものと自覚できない欠陥者が約1名います。
■石井紘基代議士が追った闇 事件2日前、本誌記者に語っていた...
週刊朝日2002.11.8号

これまで石井氏が熱を込めて追及してきた問題は、オウム真理教、統一協会、防衛庁汚職、ムネオ疑惑と外務省のODA利権、産廃問題など多岐にわたる。

オウム真理教....統一凶悪犯罪宗教の子会社
統一教会....諸悪の根源
防衛庁汚職....勝共中曽根の確保する利権
外務省のODA利権....創価大鳳会が必死に守る薄汚い一兆円利権
産廃利権....ヤクザの金儲けの屋台骨。ヤクザとつるんだ勝共議員に注目。

どれもこれも在日ゴロツキ宗教の腐臭がする。裏社会の帝王、統一・創価。
 ◎ブッシュ共和党が中間選挙に勝利?大統領選のインチキ騒ぎを思い出します。
毎度お馴染み、アメリカの不正選挙Tt氏
今回の選挙は2000年のフロリダインチキ選挙がアメリカ中に広がったかのよう。パンチカードは足りないは、投票が何故かジェブ・ブッシュになるはの問題をアメリカのメインストリームメディアは封印。
Voting Problems Persist In Orlando, South Florida
http://news.tbo.com/news/MGACF5AHY5D.html
こうした情報について報じるのはアメリカ国内のメディアではなくてAPなどであるという事実。そして出口調査が軒並み外れた事実をどう読むか。やっぱりアメリカは国連や第三国の選挙監視委員が立ち会う必要がありますな。

CIA / BUSH SENIOR'S VOTE FRAUD in New Hampshire 1988
LIKE HIS SON STOLE HIS OWN 2000 ELECTION

Welcome to the American Twilight, courtesy of the CIA and the Bush Family.
http://www.indymedia.org/front.php3?article_id=215451&group=webcast

【2002年フロリダ選挙、10万人分の投票パージ】
ブッシュ必勝選挙。
Broward finds 100,000 lost votes; results unchanged
http://www.miami.com/mld/miami/news/local/4463007.htm
Election officials in Broward County misplaced more than 100,000 ballots cast on Tuesday, but the amended totals did not change the result of any races.

The county elections office on Wednesday discovered 103,222 votes that had not been counted Tuesday night although officials had said 100 percent of the precincts were included in that night's results.

2002年11月8日付Yahooニュース

<イラク問題>対イラク決議、仏露と合意 米大統領が会見で表明

ブッシュ米大統領は7日、国連安全保障理事会の対イラク査察決議が「あす(現地時間8日)、採択されることを期待する」と述べ、米政府提案の決議案の文言などで対立していたフランス、ロシアと合意に達したことを明らかにした。

また、2004年の大統領選に再出馬する場合は、チェイニー副大統領を再度、副大統領候補とすると明言した。ホワイトハウスで行われた内外記者会見で述べた。

大統領の公式な記者会見は7月以来初めて。5日の中間選挙で与党・共和党が歴史的な勝利を収めた直後とあって、生まれ変わったような余裕と自信たっぷりの記者会見となった。(ワシントン共同)(毎日新聞)
[11月8日10時10分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021108-00001005-mai-int

なぜ、フランスがイラク進攻賛成に回ったのか?簡単です。石油利権が保証されたからです。

Sharing the oil is key to a deal
http://www.theherald.co.uk/news/archive/7-11-19102-0-6-36.html
THE key to calming French and Russian fears over the White House's hardline approach to a UN security council vote on Iraq later this week, is the post-Saddam control of the country's vast untapped reserves of oil.
今度はブッシュが強姦で告訴されました。コカイン中毒の前歴はあるし、別に不思議な話ではないでしょう。ただし、クリントンのモニカ騒動とは違って、「メディア」が騒がないので、大事にならないと言うのがアメリカ合衆国の構造です。
【ブッシュ強姦裁判 Case #22127】Tt氏

こんな話も。
Woman files lawsuit against President
http://www.fortbendstar.com/121102/n_Woman%20files%20lawsuit%20against%20President.htm
A Fort Bend County woman files a lawsuit on former Governor and current sitting pResident George W. Bush. In her suit she is alleging "race based harassment and individual sex crimes committed against her and her husband."

George W. Bush Accused of Rape?
http://www.newsfrombabylon.com/article.php?sid=2607
◎テロ資金は、サウジの王族が提供していた....勿論ブッシュの要望でそうしていたのですが、いまさら、そこを突つかれるとブッシュ政権は困るのです。
NHKBS、世界の視点『サウジ王族のテロ資金疑惑』において。Tt氏
BBCの本件疑惑追求番組紹介のあと、普段は自信ありげな番組解説者が、あらかじめ準備されていたデスクの上の原稿と、プロッターをあからさまに見比べつつ「解説」。普段は飛ばし気味のこのお方、今日はいつもより慎重
な様子でした。はい。

括弧は私の独り言ですが、次のような感じのことを。「事実はまだ不透明だ(と思いたい?)」「イスラムでは貧しい人間に資金提供をする(ビンラディンは貧しい?)」「アメリカの反応は過剰(テロリストに資金提供するものはテロリストなのだ・・・ブッシュ)」。そして米軍駐留、イスラムの話からイラクに話が転換し、アラブの新聞を見せて(アラブの陰謀のように思わせたい?)終了。ワシントンポスト紙の「駐米大使がテロリストと薄い紙を隔てて存在していたと考えると不安だ(両者を薄いとは言え紙という隔てるものがあったとしている点に注目。)」というコメントも紹介。事実は不透明だということを繰り返し言っていました。はい。

やっぱりまずい話なのでしょうか、日本でも。ともあれ、その夜流された番組の「解説」が行われるこの番組は、いつもながら興味深いものがあります。
ロシア劇場テロリストのスポンサーも湾岸諸国だった。
【ロシア「劇場」テロリスト、親米湾岸諸国スポンサーへの劇場からのラブコール】Tt氏
Chechen rebels phoned Gulf during siege Moscow says theatre hostage takers were funded from Saudi Arabia
http://www.guardian.co.uk/chechnya/Story/0,2763,854004,00.html
"Several long telephone conversations were intercepted to Saudi Arabia, to the Emirates, and to Qatar.
"We can say for sure that the hostage-taking was financed from abroad, and the terrorists maintained permanent contact with their sponsors."
He added that the leader of the hostage-takers, Mosvar Barayev, and several of his fellow Chechens had planned to flee to the Gulf once the crisis was over.
関連
<アルバイト? 『チェチェン反乱軍は「傭兵」』>
Chechen rebels are 'mercenaries'
http://www.iol.co.za/index.php?click_id=24&art_id=qw1035460801301B262&set_id=1
<インターネット犯行声明サイトKavkaz.org>
Kavkaz.org Based in the USA
http://english.pravda.ru/main/2002/10/25/38640.html
Cogent Communications
http://216.239.33.100/search?q=cache:EWveceD-rw4C:www.xdweb.net/fod/cracks.am/
【人事情報 ビンラディンに資金提供のトゥルキ・アルファイサル、イギリス大使に】Tt氏
Terror-linked Saudi prince named envoy to Britain]
http://news.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2002/12/05/wsaud05.xml&sSheet=
/news/2002/12/05/ixworld.html&secureRefresh=true

A prince who headed Saudi Arabia's foreign intelligence arm and once supported Osama bin Laden has been confirmed as ambassador to Britain.
関連
Saudis paid Bin Laden ?200m
http://www.propagandamatrix.com/saudis_paid_bin_laden_200m.htm
QUESTIONABLE TIES
Tracking bin Laden's money flow leads back to Midland, Texas
http://www.inthesetimes.com/issue/25/25/feature3.shtml
THE GW BUSH--OSAMA BIN LADIN CONNECTION
http://www.geocities.com/burningbush2000/3.html
 ◎真相究明委員長にキッシンジャー。ネオコンで政権補強。
 田中宇 新着
http://tanakanews.com/c1202US.htm

ネオコンの自作自演かもしれない911事件の真相を究明する委員長に、 ネオコンが敵視するキッシンジャーが指名されるというのは、どういう意味なのか。

もし再びアメリカ本土で大規模なテロ事件が起きれば、ネオコンは一気に権力を 取り戻すだろう。そのためネオコンは、以前の記事「肥大化する米軍の秘密部隊」で> 紹介した秘密部隊を使い、米国内で何年もかけて「養成」してきた中東系のテロ> リスト予備軍たちを動かし、また大規模テロを誘発しているかもしれない。
2002年12月14日付東京新聞「キッシンジャー氏、テロ調査委員長を辞任」

昨年九月の
米中枢同時テロを防げなかった米政府の過失などを幅広く調査する議会の特別委員会委員長に就任したばかりのキッシンジャー元国務長官が十三日、委員長を辞任する意向を表明した。民主党が、調査の公正さを期すため、元長官が経営するコンサルタント会社の顧客名簿公開を求めたことから、これを拒否するため、辞任したものとみられる。

また、元長官がベトナム戦争やカンボジア爆撃の政策決定に積極的な役割を果たしたとする論争が再燃していた。 ブッシュ大統領は「残念ながらキッシンジャー氏の決定を受け入れる。政府は新しい委員長を早急に選ぶ」とする声明を発表した。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20021214/eve_____kok_____001.shtml

ロイター記事:キッシンジャーが事故調査委員長を辞任。Tt氏

Kissinger Resigns as Head of Sept. 11 Commission
http://www.reuters.com/newsArticle.jhtml;jsessionid=VMY515YMU5DQCCRBAELCFEY?type
=topNews&storyID=1906156

Tt氏:顧客名簿には911・ユノカルを含めテロ発生地域でどんぴしゃで笑っている企業ばかりがならんでいたりするのでしょうが、このキッシンジャー指名は大いなる露払いとなりました。少なくともキッシンジャーという最悪のスタンダードが提示されているわけで、キッシンジャーに比べればまだマシ、という妥協や、調査委員会がそれでマシになったという誤解が形成されやすくなったというわけで。

旧120氏のコメント
これまたなんというか・・・興味深い記事ですね。陰謀論的に裏を探ればいろいろな解釈が出来そうです。まず、キッシンジャーといえばアメリカ表舞台の有名人にて裏街道の大物、欧州赤楯の小番頭ということで、彼を調査委員会の長にする、というのは本来小藪にとっては煙たい存在のはずなのでちょっと不思議。しかも、民主党のツッコミによってあっさり辞任してしまうとはこれまた、らしくない行動ですね。いかに"顧客名簿"の公開という条件が合ったにせよ。おそらく、イラク方面の情勢がアメリカ的に芳しくない事を受けて、キッシンジャーを登用することにより欧州方面に媚を売ろうとしたのでは?それをのぞまない欧州方面は、子飼いの民主党員等を使ってネガティブキャンペーン。シナリオ通りにあっさりと退場、と。もちろん、Tt氏のおっしゃられる効果も期待できる。結果的に小藪は欧州勢力に協力を拒否された、と読みますがさてどんなものでしょう。

 【悪党復権情報 続報】
 イラン・コントラ、80年代の中央アメリカの「汚い戦争」に手を染めた主要人物復活。ポインデクスターの情報操作担当に続き、今度はホワイトハウスの対ラテン・アメリカ外交をアドバイス。
Three Reagan-era hard-liners return to help run Bush's foreign policy team
http://www.newsday.com/news/nationworld/ny-worite013026637dec01,0,4332328.story
They were key figures in the Iran-Contra scandal and U.S.-backed "dirty wars" in Central America in the 1980s. Now Otto Reich, Elliot Abrams and John Negroponte are back, helping run White House policy toward Latin America.
◎イラク進攻 に協力させようとトルコの抱き込みに必死なブッシュ政権
トルコにイラク攻撃に協力させようと必死なブッシュ・ネオコン政権
【対イラク攻撃 トルコ、米軍の基地使用認める】
http://www.asahi.com/international/update/1204/005.html
「トルコのヤクシュ外相は3日、アンカラを訪問したウォルフォウィッツ米国防副長官らとの会談後に記者会見し、米国がイラク攻撃に踏み切った場合、トルコ国内の基地使用を認めると述べた。ただ、武力行使は国連による承認が条件だと強調した。トルコが、イラク攻撃で米への軍事協力を表明したのは初めて。 」

【トルコ外務省が外相の基地提供発言を「確約でない」】
http://www.yomiuri.co.jp/05/20021204id24.htm

【カイロ4日=平野真一】アンカラからの報道によると、トルコ外務省は3日夜、国連安全保障理事会が対イラク武力行使を認める決議を採択すれば、米国に基地使用や領空通過を認めるとしたヤクシュ外相発言について、「可能性に言及しただけで、確約ではない」と釈明する声明を発表した。イラク攻撃が地域不安定化や経済的打撃をもたらすとの懸念が依然強いことに配慮したものと見られる。だが、トルコ訪問中のウォルフォウィッツ米国防副長官は4日、
「両国はどの基地にどの部隊を配備するか早急に具体的協議を行う」と明言した上、これらの基地の改良に米国が数千万―数億ドルの投資を検討していることも明らかにしており、トルコの対米協力姿勢に変化はないと見られる。
 トルコは、本当にブッシュの言うこと聞くの?現在、鋭意買収中?
[New York Times] December 4, 2002
Turkey Saying No to Accepting G.I.'s in Large Numbers
By MICHAEL R. GORDON with ERIC SCHMITT
ANKARA, Turkey, Dec. 3 - Turkey today said that it would not allow the United States to deploy substantial numbers of ground troops on its territory in the event of a war with Iraq.
The new Turkish government, dominated by a party with Islamist roots, did say that the United States could station warplanes and use Turkish air space to carry out strikes - but only if the United Nations Security Council adopted a new resolution authorizing the use of force against Iraq.
Turkey's stance was outlined tonight by Foreign Minister Yasar Yakis after meetings between government leaders and Paul D. Wolfowitz, the United States deputy defense secretary.
"If we are talking about the extensive presence of American forces in Turkey, we have difficulty in explaining this to Turkish public opinion,"
Mr. Yakis said. "It may be difficult to see thousands of American forces being transported through the Turkish territory into Iraq or being stationed or deployed somewhere in Turkey and then carrying out strikes in Iraq."
国民の手前、ブッシュの言いなり姿勢は見せたくないトルコのイスラム新政権。国連安保理の合意がない限り、ヤンキーは、トルコには容れない?(新)悪の枢軸、米英土の一角、崩れるや?
アメリカにトルコが基地の使用を許すか?どうやら、簡単にはブッシュの思い通りにはなりそうにありません。....8マン氏
『トルコ外務省が外相の基地提供発言を「確約でない」』
http://www.yomiuri.co.jp/05/20021204id24.htm
その中でも「トルコ訪問中のウォルフォウィッツ米国防副長官は4日、「両国はどの基地 にどの部隊を配備するか早急に具体的協議を行う」と明言した上、これらの基地の改良に米国が数千万―数億ドルの投資を検討していることも明らかにしており、トルコの対米協力姿勢に変化はないと見られる。
の方に重点をおいてトルコの続報を待っています。米からの対トルコ支援は基地改良への投資だけではないと推測しますし、トルコ外相の発言はEUに向けたステイトメントと解釈しています。その上で小ブッシュの思惑を考察するとイラク侵攻の枠組みにトルコ不可欠の予測に達しました。まあ、予測はあくまで予測なので、はずれても謝りませんよ~(w
始まってから、言ったんでは予測になりませんし、私は視点として有用と考えています。
トルコよ、イラク侵攻に協力しないと、テロが発生するかもと米が警告。米CIAの官製テロのことですか?Tt氏

これからトルコの重要性が増してくるのでしょうね。ちなみに次はどんぴしゃのタイミングで出されたテロの脅威の話。うだうだ言ってるとテロを起こすぞ、とでも言うように聞こえます。それにしても「テロとの戦い」とはまったく便利なものです。
US issues Turkey terror threat
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/2548193.stm
The State Department issued a new warning saying that American people or interests could be targeted, particularly in the south-east of the country.

The announcement came just days after Turkey said it would allow the US to use its bases for action in Iraq, if the military campaign was supported by the United Nations.
■トルコが国連の決議があれば、基地を貸すと言明したことが、ブッシュ・ネオコン政権の後逆鱗に触れたようです。『ごちゃごちゃ言わずに基地を貸せい!さもないと、テロるぞ!」ということでしょうか。
「イラク侵攻の基地を提供すれば、トルコのEU加盟を支持してやるぞ!どうだ?」 By Bush.
『EU外相、トルコ加盟交渉めぐり仏独案を支持』[ブリュッセル 10日 ロイター] 8マン氏http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021210-00000862-reu-int 

ドイツのフィッシャー外相は、トルコのEU加盟交渉開始時期を条件つきで2005年としたフランス・ドイツ両国の案が、欧州連合(EU)外相の圧倒的支持を得ていることを明らかにした。

8マン氏:何がなんでも2004年までにEUに加盟したいトルコ。イラク侵攻に何がなんでもトルコを組み入れたいアメリカ。英国以外イラク侵攻に温度の低いEU。で、こうなる訳ですか

『<米大統領>トルコ政権与党の党首と会談 EU加盟問題を協議』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021211-00003055-mai-int

ブッシュ米大統領は10日、ホワイトハウスで先月当選したばかりのトルコの政権与党・公正発展党(AKP)のエルドアン党首と会談し、トルコの欧州連合(EU)加盟問題などについて協議した。トルコと国境を接するイラクに対し、米国が武力行使に踏み切る場合の基地提供などの協力についても話し合ったとみられる。

既にトルコに米軍が入ってます。Tt氏
■こちらは中東。トルコへの派兵

Some 90,000 US soldiers expected to arrive in Turkey

Hurriyet daily
http://www.kuna.net.kw/Story.asp?DSNO=476258

◎ベネズエラの内紛は国内問題ではない。ブッシュ一味の仕業です。
ベネズエラ、大統領転覆計画風雲急を。72時間以内? 遅かれ早かれでしょうが。Tt氏

Thursday, December 12, 2002 -- Uruguayan EP-FA congressman Jose Bayardi says he has information that far-reaching plans have been put into operation by the CIA and other North American intelligence agencies to overthrow Venezuelan President Hugo Chavez Frias within the next 72 hours.
http://www.vheadline.com/0212/14248.asp

■ベネズエラ・反チャベス大統領クーデター(失敗)の事実関係(一度失敗したのに、またゴロツキを使って、失脚させようと試みているようですね。)

◎ブッシュ政権に支援された反チャベスクーデターの失敗 クーデターは2日で失敗した。
http://www.jrcl.net/web/frame075d.html

四月十一日、南米のベネズエラで財界などに支援された軍隊の一部によるチャベス大統領に対するクーデター事件が発生した。世界第三位の産油量をほこるベネズエラ経済の実権をにぎる石油資本や、マスメディアが軍の一部と手を組み、アメリカ帝国主義の支援を受けて計画したクーデターだった。

すでに四月初めから、大労組の一部と手を組んだ経営者たち、都市上層市民による反チャベスのデモやストライキが行われ、メディアは連日のようにチャベス政権打倒の宣伝を繰り返していた。軍の一部は、こうした反チャベス・キャンペーンを背景に、チャベス大統領に退陣の圧力をかけていた。これに対して、貧困層を中心とするチャベス支持派も動員を強め、情勢は一挙に緊張の度を増していたのである。

クーデターは、四月十一日に首都カラカスで行われたチャベス支持派の数十万人のデモに対して、反チャベス派の市長の指揮下にある首都警察隊の狙撃兵が銃撃を行い、多くの死傷者が出たことが引き金となった。反チャベス派のメディアは、この銃撃を大統領が軍に対して反政府デモへの発砲を命じたと事実を百八十度まげて宣伝し、この混乱の中で軍部の一部指導者がチャベスを拘束したのである。

四月十二日には、経団連会長のカルモナが「暫定大統領」に就任し、国会解散、最高裁長官の罷免などの政令を発した。しかし四月十三日には情勢が逆転した。チャベス大統領が監禁されていたティウナ要塞前に、「クーデター反対・民主主義防衛」を訴える巨万の民衆が自然発生的に集結し、チャベス解放を訴えた。ついに要塞司令官は、チャベス解放を宣言し、クーデターは二日で失敗した。米州機構も四月十三日の緊急常設理事会でクーデターに反対する声明を発した。チャベスは大統領に復帰したのである。

○チャベスは、「貧しい者の味方」を掲げ、石油資本に代表されるベネズエラのエリート層の支配と、IMF―世界銀行による新自由主義政策によっていっそうの貧困化を余儀なくされていた民衆に訴えて一連の所得再分配政策を行ってきた。
○「テロ組織・麻薬一掃」を掲げた「プラン・コロンビア」(アンデス・イニシアティブ)という、アメリカ帝国主義の新自由主義的・軍事的介入に反対するとともに、ブッシュのアフガニスタン「報復戦争」をも批判していた。

★なるほど、チャベスの麻薬取り締まり強化は、CIAや麻薬マフィアや某東洋系麻薬宗教にも脅威だったわけですね。
★富の独占を求める石油資本は、チャベスの貧者救済政策が気に入らなかったのでしょうね。仲間である米石油資本と連携して、チャベスを倒そうとしたと....民衆の圧倒的支持を集めるチャベスの前にクーデターは2日で失敗。ロックフェラーや大ブッシュの計算違い。しかし、まあどうにもこうにも汚い手を使う奴らだなあ。

■阿修羅転載....まず、チャベス大統領と雨の守銭奴さんたちの関係をどう見たらいいか?

◎米国支配層の敵はチャべス、しかしチャべスは民衆の味方、そして民衆の敵は米国支配層
http://www.asyura.com/2002/war11/msg/450.html

神を恐れぬ傲慢な米国支配層:金の亡者でもある。彼らは正しい人を見ると嫌悪感を感じるようだ。脳神経がいかれているのであろう。彼らに従う者は現実把握のできない愚か者か、自己中心の守銭奴であろう。これが米国支配層とその追従者のの実態なのだ。哀れなのは何も知らない従順な米国民と米国支配層の起こす戦争で殺されるであろう米国兵士達である。

■この間のベネズエラ政変は、はい、ブッシュ・CIAさんの監修・後援・提供でした。チャベスがいては、都合の悪いことが沢山あったんです。

◎言ってしまえばよかったのに日記 2002年4月
http://www.ne.jp/asahi/hoshino/tomoyuki/diary0204.html

チャベス政権を倒そうとした軍部反チャベス勢力は、アメリカの支援を受けていたことが明らかになったのだ。.....そんなチャベス政権が、冷戦時代の目でしか世界を見られないブッシュには、かつての「東側陣営」に映る。冷戦時代、アメリカは「裏庭」であるラテンアメリカの左翼や民族主義勢力に対し、CIAを通じて敵対勢力を動かし、かなりえげつない攻撃を加えた。.....特に、ジョージ・ブッシュが副大統領だったレーガン政権時代、その「汚い戦争」は猖獗を極めた。それは、まごうかたなき右翼テロ活動だった。

★「共産」を潰すためには、「汚い戦争」も許される!と、どこかの蝿宗教の連中が息巻いて騒ぎそうですが、実は真の目的は「反共」じゃないんですね。後で出てきますが、ただの利権漁りです。あはは。

その、過去の遺物である方法をブッシュ現大統領は用いて、ベネズエラで右翼クーデターを起こそうとしたのである。まるで父親の副大統領時代に戻ったかのように。クーデター前にベネズエラ軍反チャベス派の将校がしばしば訪米してブッシュ政権と接触していたことは、当のブッシュ政権自身が認めている。認めているのは、その現場を目撃されているからである。接触はしたが彼らには民主的に政権交代を行うよう言った、と弁明している。新聞報道によれば、チャベス大統領は軍部に捉われている間、米軍機が出入りしているのを目撃していたという。

こんな時代錯誤で無知蒙昧な人間に、世界最大の軍事力を任せていていいのだろうか。世界はシミュレーション・ゲームの舞台ではないのだ。アメリカの軍事力経済力とは、肩入れしているアメフトのチームの戦力とは性質が違うのだ。超大国のアメリカが冷戦時代の二項対立の感覚で振る舞えば、それに乗ろうとするシャロンのような勢力は無数に現れるだろう。アメリカ国民の多数にも、その時代の感覚が蘇っているかのようである。

冷戦構造が崩壊して明らかになったのは、世界は見えていたよりずっと複雑だったということであるはずなのに、そのことを見たくない、知りたくない、前のシンプルだった時代に戻りたい、という既得権益層の反動が、いまや押しとどめがたい勢いで進んでいる。

★禿同。人様の国の政治に汚い手で介入するのは、どー考えても許せない。そう言えば、どこかの専制狂人国家も、似非右翼宗教を通じて、日本を支配していたではないか!許せない。

■で、一体、なんで力ずくで、南米の国家転覆を図るのか?やっぱり、麻薬ですか、統一教会さん?

◎「屋久島インアーネットワーク」
http://www.hotwired.co.jp/ecowire/hoshikawa/020521/03.html

CIAは少なくとも過去30年間なかば公然と麻薬取引を行ない、独立採算に努めてきた。これには各地の警察も協力しているという。この麻薬密輸ルートは多くの場合、帰路アメリカからの武器供与にも利用される。現在、こうした麻薬からの資金流入はアメリカ経済の不可欠部分を占め、金融当局は国民、とりわけ将来世代を犠牲にした繁栄の維持を黙認している。

もちろん、単なるマフィアと違ってCIAが絡む麻薬・武器取引の目的はアメリカの覇権拡大にあり、冷戦期はもっぱら反共工作がターゲットだった。中南米諸国への相次ぐ非道な政治介入(先日、ベネズエラのチャベス政権転覆は失敗!)から日本のロッキード事件やイラン=コントラ・スキャンダルまで、一般には点でしか表面化しなかったこれらの策謀を線ないし面としてつないでみると、アメリカの国家意思はむしろ明快に示されている。

そして冷戦終了後、共産主義封じ込めに替えて前面に出てきたのが、米国ルールによる市場メカニズムの貫徹と圧倒的な軍事力を背景にした、資源・エネルギー・経済の独占支配――別名グローバリゼーション、和訳すなわちコイズミ構造改革路線だ。

CIA長官のころしっかり裏道に手を染めた父ブッシュの副大統領(レーガン政権)と大統領時代に表裏一体化の傾向が強まり、湾岸戦争で準備体操をすませたあと、軟弱クリントン政権を2期こらえながら、いよいよ満を持して闇世界が表舞台に踊り出たのが、無能な御曹司を父ブッシュ人脈が操る子ブッシュ政権。これまでは軍需・石油産業や極右キリスト教原理主義勢力が影で糸を引く慎みが残っていたけれど、いまやその黒幕たちが堂々と閣僚クラスに顔を並べる。おまけに、この史上最悪の極道政権を成立させたのは、規制緩和の優等生を標榜していたエンロン社などの巨額献金と、フロリダ州有権者名簿の不正操作による最高裁ぐるみの大統領選クーデターだった。

9.11がどの程度

やらせだったかにかかわらず、その後の展開はほぼシナリオどおり。米メディアの大政翼賛ぶりを見れば、過度の市場支配が言論さえ資本に屈服させてしまう悪夢を実証している。日本国内で足早に進むのは、このようなクラ~い帝国の徹底した属国化だということを、われわれは深く肝に銘じなければならない。(一部略)
 (皆様、この文書全てお読みになることをお奨め致します。)
 ネオコンと中道派の内部抗争?
蝿部隊が電波電波と必死にこき下ろす田中宇さんの文書から拾い読み。
田中宇の国際ニュース解説 2002年12月2日
http://tanakanews.com/

★激化するアメリカ権力中枢の戦い
ブッシュ政権は、ソ連亡き後の仇敵を中国に定め、アメリカが「巨大な敵」と戦わねばならない状況を続けることで、軍事を通じて世界を支配し続ける戦略に転換しようとしたふしがある。アメリカの中枢では「経済」を重視する「中道派」が弱くなる一方で「軍事」を重視する「新保守主義派(ネオコン)」が強くなった。昨年の911事件後は、巨大な敵を「中国」から「イスラム世界」に切り替えて同じ戦略が展開されている。

アメリカ国防総省は911事件の発生を故意に防がなかった可能性がある。しかも事件後、テロ戦争がアメリカの国家至上命題となったため、国防予算が急増した、国防総省の権力はアメリカの政権中枢で圧倒的なパワーを持つようになった。確たる証拠はないものの、米政権内のネオコンが911事件を誘発した可能性がある。

こうした疑いは「真相究明より次のテロを防止する方が重要だ」などという理由で、ネオコンが911事件の真相究明が進むのを抑えてきたという事実を見ると、いっそう大きくなる。ネオコンは「テロ防止」を名目にアメリカの国防予算を増やし、連邦政府に新しく巨大な役所「本土安全保障省」を作ったが、もしテロ事件を誘発したのがネオコン自身だとしたら、これはどう考えればいいのか。ところが、ネオコンの自作自演かもしれない911事件の真相を究明する委員長に、ネオコンが敵視するキッシンジャーが指名されるというのは、どういう意味なのか。考えられることは、ネオコンに押されていた中道派が、勢いを盛り返したのではないか、ということだ。

キッシンジャーを嫌う左翼の中には「これで911事件の真相は、ますます闇に葬られることになった」と考える人もいるようだが、私は「キッシンジャーは人権侵害の外交を行った犯罪者だ」という主張自体、ネオコンが得意とする中傷作戦の一環で、左翼はそれに踊らされているのではないか、と感じている。
http://www.wsws.org/articles/2002/nov2002/kiss-n28.shtml

キッシンジャーを買いかぶり過ぎのような気もするが....。キッシンジャーとて、ユダヤの大局的な世界戦略に無関係ではあるまいし。

 一方、ネオコンが画策する秘密のプロジェクトを批判する論調も再登場している。ロサンゼルス・タイムスは、役所や金融機関、交通機関、病院など、さまざまな機関から個人情報を吸い上げ、あらゆる米国民の預金残高やクレジットカード利用、交通機関の乗客名簿、病院のカルテ情報まで、政府のネオコン系の部署が把握できるような巨大データベースを構築中であることをすっぱ抜いた。
http://www.latimes.com/news/printedition/suncommentary/la-oe-turley17nov17,0,498275.story

個人情報を集める目的は、表向きは「テロ捜査に使う」ということになっている。だが、実はネオコン勢力が、自分たちに都合の悪い人々を陥れるために使おうとしている可能性が強い。たとえば、対イラク国連査察団員にサドマゾクラブの会員が含まれていることも、米国民の個人情報を自由に覗ける態勢があれば、比較的簡単に知ることができる。

ネオコンのやりそうなこと。個人情報を掴んで、陥れる。子飼いのメディアを使って中傷させる。そういえば、似たようなことを日本のヤクザ系列の芸能プロ(勿論、在日宗教がらみ)や創価(在日宗教そのもの)がやっている。ネオコンの猿回しの猿たちは、日本でも疑惑追及者や反対者の弱みを握るのに忙しいんだろうな。どこかで蝿が私の個人情報を掴んだとかほざいていたが、そういう情報入手のルートでもあるんだろう。まあ、せいぜいシモネタ程度だろうけど。

昨秋911事件が起きた後、米政権内ではネオコンの力が急速に強まったが、アフガニスタンにおける戦争が一段落した後、今年1月にチェイニー副大統領に対する疑惑を中心とするエンロン事件が持ち上がり、3月には「影の政府」の存在が暴露されるなど、膨張したネオコンの権力を抑える方向の問題が噴出し、ネオコンより中道派が有利となった。

これに対してネオコン側は、4月に「アメリカはテロ支援国家に対して先制攻撃する権限を持つ」とブッシュ大統領に宣言させ、6月にはイラク攻撃に向けた流れを作り出すことで、騒ぎをそちらに反らせ、再び中道派を封じ込め、ネオコンの天下となった。

ところが9月12日に、それまで国連を軽視してきたブッシュが、国連を礼賛する演説を行ったあたりから再び流れが変わり、サダム・フセイン政権を潰すことを目的に米軍が単独でイラク攻撃する計画は遠のいた。11月8日には、国連が査察団を派遣することが決まり、イラク問題の解決は、軍事ではなく外交が先に行われることになった。もし再びアメリカ本土で大規模なテロ事件が起きれば、ネオコンは一気に権力を取り戻すだろう。
そのためネオコンは、以前の記事「肥大化する米軍の秘密部隊」
http://tanakanews.com/c1111war.htm )
で紹介した秘密部隊を使い、米国内で何年もかけて「養成」してきた中東系のテロリスト予備軍たちを動かし、また大規模テロを誘発しているかもしれない。だがおそらく、そういう事態になっているとしたら、FBIやCIAなどの捜査機関内の中道派系の勢力は、そうしたネオコン系の動きを封じ込めようと動いているとも思われる(FBIやCIAの内部も、ネオコン派と中道派に分かれていると思われる)。

FBIやCIA内部にもまともな中道派がいて、勢力を盛り返すなら....いつかは、911の真相も明るみに出るだろう。その日が来るのを信ずる。煩いネオコン蝿がいくら飛びまわっても、真実を捻じ曲げることはできない真実は、それ自体、力を持つ。アメリカの正常な人士の奮闘を期待する。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スパイ小説の物語のような突拍子もない話と思われるかもしれないが、アメリカに「影の政府」や「ウソを流す戦略機関」「軍の秘密部隊」などが存在し、それらを使ってアメリカの政権を握ろうとするネオコンと、それに対抗する中道派の間の暗闘が見えている以上、アメリカの深層で何が起きていても不思議ではない。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アメリカのイラクに対する態度?うむ、『大量破壊兵器』にかこつけて、イラクに侵攻し、採掘コストの安い豊富な石油を根こそぎ手に入れる....という態度を見習い、日本も、北朝鮮北部の油田を狙え!ってことかな?無理無理。石油メジャーに全部とられて、おこぼれもなし。所詮日本は利用されるだけ。ロックフェラーの金儲けに協力して、報われるのは在日麻薬宗教と在日ヤクザ組織だけ。
ブッシュよ、昨年の9月おまえたちがなにをやったのか、我々は知っている!
カルガリーの『あなたはだまされている。911はブッシュがやった』サインボード・ショット....Tt氏
http://www.sigacanada.com/frontpage/politicalart/BushDidItSign/BushDidIT.htm

WE KNOW WHAT YOU DID LAST SEPTEMBERの写真を参照下さい。
http://www.sigacanada.com/frontpage/politicalart/movieposters/large/weknow.htm

911が内部犯行だとはっきり言い切る人たちが続出している。さあ、ネオコン・ヤクザどもどーする?日本のカルト蝿ども、どーする?個人情報の粗探しして、陥れるか?
911疑惑の一覧表です。

Bush Tries to Blockade our Congress' 911 Investigations

http://www.calneva.com/voxpop/war/attack02.htm
G.W.モロン・ブッシュ大統領閣下、イラク侵攻を取り巻く状況は、貴ネオコン利権屋政権にとって、ちと拙い状況にあるように思うのですが。

◎ロシアを丸め込んで、イラク侵攻に賛成ないしは黙認させるには、やっぱり「石油利権の保証」という餌が必要だったわけだが、先週になって、フセイン政権がロシアのルク・オイルなど石油会社3社との油田開発契約を破棄してしまったわけだな。これは別に契約違反と言うわけでもなさそうだし、ロシアがイラクにおける権益を法的にも失ったということらしい。ブッシュ石油利権政権にしてみれば、イラクの未開発油田の一番美味しいところをルク・オイルに抑えられていたんだから、これ幸いに「フセイン打倒後」は、この権益も分捕ることを考えるだろね。欲深だから。で、ロシアは、ソ連時代からイラクに肩入れしてきて、まだ巨額の借款も未払いになっているのに、なにひとつ利権をえることなく、貧乏籤?ブッシュがよっぽど、利権を保証してやらないと、ロシアは言うこと聞かないかもね。

◎フセイン打倒後は、反体制派から傀儡を選んで、プロ・ブッシュ政権をでっち上げようと目論んでいるのだろうけど、その反体制派が一つにまとまらず、かつ、米国が介入することを嫌がっている。ブッシュにしてみれば、国際社会の手前、イラクの民主派の自主独立した政権という外見を保たなくてはまずいが、実質は、「ユノカル」ザイのような言いなりでなくては困る。ネオコンの思惑通りの政権が出来そうにないけど、大丈夫?本来、イラクの反体制派なんて、マイナーな連中だから国家を掌握できそうにないし、イラク国民も、フセインに限らず、殆ど全員もとから反米。思い通りにいくわけない。

◎大量破壊兵器を理由にイラク侵攻を正当化しようと腐心しているようだが、国連の査察団の調査では、国際社会が納得するような違反の証拠は出てきそうにないね。カーターさんまで、イラクの問題は国連で解決すべきだとモロン政権の単独暴走に警告を出しているし、このままたいした根拠もなしに人殺し部隊を送り込めば、アメリカは孤立するよー。カナダあたりが、大騒ぎするかもよ。

◎で、NYTが、8月18日に「イラクの化学兵器製造を助けたのは、米国だ!」と一面にでかでかと掲載してから、「大量破壊兵器」を理由にした侵攻には、米国民の抵抗感強いんでないの?みんな忘れてるならいいけど。大丈夫かい?

GLW: How the US armed Saddam Hussein with chemical weapons BY NORM DIXON On August 18, the New York Times carried a front-page story headlined, ``Officers say U.S. aided Iraq despite the use of gas''. Quoting anonymous US ``senior military officers'', the NYT ``revealed'' that in the 1980s, the administration of US President Ronald Reagan covertly provided ``critical battle planning assistance at a time when American intelligence knew that Iraqi commanders would employ chemical weapons in waging the decisive battles of the Iran-Iraq war''. The story made a brief splash in the international media, then died. ....

◎そんでもって、『イラクの悪事』を印象付ける千載一遇のチャンスが、北朝鮮のスカッドミサイルを乗せた船の拿捕ってことだったのに、見事失敗したわけだね。最初から、スカッドを積んでいたことも、仕向け地がイエメンだとも解っていたけど、親米のイエメンに嘘をつかせて、「スカッドはイラクが調達しようとしていた!」と決め付けて『攻撃開始の口実』にしたかったの?で、イエメンが正直に自分が輸入したと喋ってしまって、北の船は無罪放免。だいたいが、北はもとからイランとつるんでいたから、イラクとは疎遠で、ミサイルなんか売るわけないっていうじゃない。

田中宇氏 ★北朝鮮ミサイル船拿捕とイラク攻撃
http://tanakanews.com/

◎やっぱ、「アルカイダとイラクの関係」を捏造するってのが、一番、世界を騙しやすい手法だと思うけど、なんだか、あんまり、そっちのほうに注力していないみたいね。「ラディンがCIAの配下だ」って、さんざっぱら、ネット上で暴露されて、もうこの手は使えないとでも、思ってるのかな?ネオコンさん。過激派の資金援助をしていたのが、サウジで、そのサウジを動かしていたのが、CIAだとバレるのを恐れて、「ラディン、アルカイダ」の敵役再起用にもちと躊躇してるの?

真相究明委員会にキッシンジャーを入れて、ハクをつけようとしたけど、『計算高い』キッシンジャーに委員長の席を降りられてしまい、今度は無名のおっさん?委員会の動向が心配で夜も寝られないんじゃないの?ペンタゴンの77便の嘘がバレやしないか?WTC突入機の遠隔操作を嗅ぎ付けられないかとか....。

こうやって見てくると、イラク攻撃、実際にできるかどうか疑わしいように思うけどねー。まあ、頑張ってね。日本の右翼宗教も応援していることだし。

北朝鮮スカッドミサイル船拿捕。イラク攻撃理由にこじつける絶好のチャンスだったんですが、ネオコンさん残念でした。
『スカッドミサイルを積載した北朝鮮の貨物船、アラビア海で拿捕される』http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021211-00000914-reu-int

[ワシントン 10日 ロイター] 米当局者によると、少なくとも12基のスカッドミサイルをコンクリートの下に隠して積載し、イエメンに向かって航行中の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の貨物船がアラビア海で拿捕(だほ)された。ある当局者はロイター通信に対し、「9日にアフリカの角から約600マイル沖合いのアラビア海上で船の停止を命じたスペイン当局がこの船 を拿捕した」と語った。米情報当局は、この貨物船の動向を数週間にわたって監視していた、という。
チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ