8-19-4 UA93便は、撃墜された。 ◎AA587便は、テロ。

≪ブッシュ親子の自作自演テロ≫ 
PAGE 8-19-4
さて、今度は、ピッツバーグに墜落したUA93便についてです。このハイジャック機だけは、目標に到達できず、機内で勇敢な乗客がハイジャッカーと戦い、地上の被害を避けるため墜落させた...というような英雄談になっています。どうやら、その話は、日清戦争の木口小平の武勇伝の類だったようです。実情は、全く違ったようです。
リンク先文書がリンク切れになっていた場合、URLの後ろに、以下を付け足してenterしてみて下さい。保存されてる望みが
あります。   
http://web.archive.org/
同時テロについては、発生直後から、2チャンネル掲示板にて多くの人たちと議論を交わして来ました。現在でも、ニュース議論板の「ブッシュ親子の自作自演テロ」にて議論を継続中です。「現行」と注記のあるスレッドが、現在進行中のスレッドです。こちらにもぜひご参加ください。また、過去レスも参照ください。
◎UA93便は、撃墜された。 ◎AA587便は、テロ
【UA93便は、撃墜された?なぜ?遠隔操縦から、パイロットが操縦権を取り戻したから】
Flight 93
http://www.eionews.addr.com/psyops/news/carolvalentine.htm
UA93便(ボーイング757)は、サンフランシスコに向けて、ニューアーク空港を08:01にたつ予定だった。機は、WTCへの最初の攻撃の1時間50分後、ペンシルベニアのシャンクビル近郊の廃坑に、10:37に墜落したとのことだ。93便は、間違いなく撃墜された。TVネットワークの最初の報道は、正確にこう言っている。「93便は、軍用ジェット機により、撃墜された。」この情報は、活字にもなっている。

「現地の住民いわく、2機目の航空機を目撃したという。多分、それはf-16戦闘機であり、破片が空から降ってきたという。」("Stories swirl around Pa. crash; black box found," USA Today, September 14, 2001. )

「墜落現場から8マイル離れたニューボルチモアで、機体の破片が発見された。東に向けて飛んでいた機が墜落したとき、南東から9ノットの風が吹いていたとFBIエージェントのCrowleyが言う。("Bereaved may visit Flight 93 site," Pittsburgh Tribune-Review,  Friday, September 14, 2001.)
9月11日、サマーセット・カウンティーのシャンクビルのはずれでは、住民と働いていた人たちが、衣類、本、紙、人体の部分らしきものを発見したと伝えている。ある住民は、カバンいっぱいのアイテムを集め、捜査官に渡したという。別の人は、墜落地点から6マイル近く離れたインディアン湖に墜落破片らしきものが浮いているのを報告した。
" ("Investigators locate 'black box' from Flight 93; widen search area in Somerset crash,"
[Pittsburgh] Post Gazette, September 13, 2001.)
http://www.post-gazette.com/headlines/20010913somersetp3.asp

ということで、
①単に墜落しただけなら、これだけ広範囲に破片が飛ばされるわけがない。
②電話帳大の破片が、遠隔地で発見されている。
ことからも、機が撃墜されたか、機内で爆弾が爆発したしか、考えられないとサイトの筆者は言っています。で、ついでに、爆弾説は否定している。筆者は、機に仕組まれた遠隔操縦システムが、誤動作を起こしたため、証拠隠滅のため撃墜したとの説をとっています。もしかしたら、機長がなんらかの手段で、遠隔操縦を解除し、自力で操縦をはじめたからかもね。こりゃ、永遠にわからないだろうなあ。
【東京新聞の記者さんは、隠蔽された93便の真実に感づいているようだ。】
■現場に遺族 今も入れず
3月11日 東京新聞

93便の乗員乗客の遺体はサマーセット郡の施設に安置されていたが、先月末から家族の元へ搬送され始めた。しかし、6カ月前の「あの日」から、全く変わらないのが墜落現場の立ち入り禁止措置だ。周囲約20万平方メートルはフェンスで囲まれ、遺族でさえ近づけない。

同郡93便対策室のスーザン・ハンキンソン氏は「約100万ドル(1億3千万円)の予算で1日24時間、保安官が警備している。 物好きな連中が現場を荒らさないよう警戒している。フェンスの中に入れば逮捕される」と警告する。




「英雄伝」の陰で、米戦闘機による「撃墜説」がささやかれている。根拠は、こうした過剰警備だけではない。遺族が要望したボイスレコーダーとフライトレコーダーの公開も拒否されている。レコーダー類は、ニューヨークの世界貿易センターに激突した二機からは未回収だが、ほかの現場では発見された。

モラー連邦捜査局(FBI)長官は、国防総省に突入したハイジャック機から回収したレコーダーの分析により「飛行機の高度、速度、方向などさまざまな情報が得られた」と説明する。しかし、93便のレコーダーについてはコメントを一切避けている。

(写真はFBI御用達の遠景写真。これでは何も解らない。解ってもらうと困ることがあるからではないのいですか?)

↑機長が遠隔操作をなんとか解除して、自力で航行を始めたため、秘密を隠蔽するためF-16で撃墜した。空中爆発したから、破片が遠方まで飛び散ったという説があります。目撃証言も複数あり、撃墜されたという点については、否定する材料がないようです。
【FBI制作のインチキ録音を非公開で公開】
【Making of 911】
FBI監修!UA93便ボイスレコーダー遺族に公開
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1019220890/l50
<FBIは、遺族らに送った手紙の中で、「ボイスレコーダーの内容は痛ましいもので、呼び起こされるイメージを忘れることができなくなるかもしれませ」と警告したうえで、録音やメモを取ることを禁じ、内容を口外しないという誓約書を提出させた。>

専門家が吟味すれば、贋造テープとわかってしまうので、門外不出としたのですね。
↓さて、11月にもう一機、NYで飛行機が墜落しましたが、すぐさま、これはテロではなく、機体の異常だとの当局の発表がありました。が、このAA587便も実はテロであったようです。当局がテロであることを隠す理由は....搭乗していた人物の詳細リストでもあれば、想像がつくのですが。口封じ....
【目撃者たちが語る:11/12 のアメリカン航空587便墜落事故は、やはり空中爆発が原因だった】
http://www.asyura.com/sora/war5/msg/442.html

●先月ニューヨークの住宅街に墜ちたアメリカン航空587便の墜落の一部始終を目撃していた人が複数おり、空中爆発のあとに尾翼が吹っ飛んで墜落したと調査当局に証言しているにもかかわらず、この証言が封殺されているようです。米国政府が「空中爆発証言」を黙殺して――JFK暗殺の時には重要証人が続々と怪死したわけですが――「機体構造欠陥」説を公式テーゼにしようと努めているのなら、その理由は何なのか?
テロ勢力にやられっぱなしである状況を隠して国民をだます意図からか、あるいは……政府の自作自演を公表することなど到底できないからか?
●米国の政治陰謀を合理化するには、ウサマ・ビン・ラディン一派では “役不足”であることが、炭疽菌騒動で明らかになりつつあります。政府が国民を騙し続けるには、もっと大きな“存在”をデッチ上げる必要があるかもね。 超自然的な「悪魔」とか……。
【587便テロは、米政府部内の反ブッシュ派への恫喝?】
Re:テロ攻撃をテロとも言えないブッシュ政権の末路
http://www.asyura.com/sora/war5/msg/444.html
ブッシュ政権は、墜落直後(事故調査委員会が現場に着く前)から、「事故の可能性が高い」と繰り返し表明していました。AA587便墜落がテロによる破壊活動で引き起こされたとしたら、アルカイダ犯行説を取ることは難しいでしょう。空軍機が哨戒飛行している状況で、どういう説明をしてくれるのかお楽しみではありますが(笑)。
妄想としては、“権力内部の暗闘”が表に出たものではないかと思っています。まあ、調べたらすぐに誰がやったのかわかる“兵器”を平気で使った炭疽菌テロもありますし...。
ブッシュ政権は、テロを起こされても、テロだと言えない“危ない綱渡り” を続けているんだと思っています。でも、どうしてテロを起こす必要が...という疑問には、アメリカ統治機構のなかにも反ブッシュ政権や護憲派がおり、彼らの“ブッシュ妄動”を抑え込みたいという動きを威圧するためであり、これだけ力がある勢力がことを進めているんだから“バカなまね”はやめろという恫喝ではないんでしょうかと答えておきます。
↑この方は、AA587便の墜落を、反ブッシュ勢力・護憲派への恫喝と読んでいるようですね。ブッシュが「事故」直後、事故と表明したのは、一般向けの話ではなく、米政府内部の「言うことを聞かない連中」に言い聞かせるために、喉元に匕首を突きつけたと言うことかもしれませんね。「テメーラも同じ目にあいてーのか?」ってやつ。この事故も11日に起きたのが、暗示的であります。その意味では、炭ソ菌捜査の方は、反ブッシュ派・護憲派が一矢を報いたということなのかな?それならいいけど。
【587便はやはりテロだった】
【THE MYSTERY OF FLIGHT 587】
http://brojon.org/frontpage/bj111501.html
●墜落を引き起こした原因の科学的分析 By Marshall Smith
Smith氏はパイロット経験のある航空機専門家。スペースシャトル事故の原因調査などにも参加したことのあるスペシャリスト。この人は、11月12日に墜落したAA587便の事故原因を「テロ」によるものと分析している。一方、FBIとNTSB(?)は、事故であるとほのめかし、「テロ」説を半ば否定している。
①尾翼が脱落して、墜落現場とは離れた、海中で発見された。
②左右のエンジンも脱落している。
③墜落現場で、機体の前部と後部の残骸がちょうど、墜落現場を中心に反対方向に距離をおいて散乱している。
④機体の中央部は、大きな損傷を受けず(火災はあったが)、男性が子供を抱えた状態で遺体で発見されている。

Smith氏は、次のように分析する。
1.予め、エンジンの制御系統の配線・配管が巧妙に切断されていた。目的は、飛行時、自動的に片側のエンジンを逆噴射させるため。
2.離陸し、車輪を格納し始めた途端に、この細工が作動し、左側のエンジンが逆噴射を始めた。 3.機体は、逆噴射により、左方向によれ始め、速度も低下してきた。 4.パイロットは、機体を水平に戻すため、操縦桿を右に切り、失速を防ぐため、出力をフル・スロットルにした。
5.当然、逆噴射状態の左側のエンジンもフル・スロットルになる。左右のエンジンが逆方向に噴射すれば?機体は水平の状態で、回転を始める。
6.ちょうどヘリコプターの羽根のように機体が水平回転を始め、フルスロットルとなれば....強い風圧を受ける垂直尾翼が、まず脱落する。①海中で発見される。

7.垂直尾翼という抵抗体のなくなった機体は、ますます水平きりもみ回転が増してくる。強い遠心力により、②両側のエンジンがもぎれ脱落する。

8.機体内部では、遠心力により乗客や椅子などの備品は、前後に分かれて両方の隅に押付けられている。中央部は、回転するのみで遠心力は働かない。 9.ほとんど、ヘリコプターのホバーリングのような形で、水平回転して高度を下げてきた機体が、水平のまま、地面に激突する。
10.激突の瞬間、前部と後部が遠心力によって、③ちょうど機体中心部を挟んで反対側に吹き飛び、散乱した。
11.機体の中央部は、遠心力が働かなかったため、そのままの状態で地面に激突し、④遺体が抱いていた子供も親の手の中で発見された。

↑と言うような詳細にわたる分析がされていま。今のところ不合理な部分はみつかりません。FBIは機首から地面に激突したと説明していますが、それでは、①-④は説明できません。ウソ。飛行中に人為的に逆噴射を作動させることは出来なくなっているので、事前に細工が必要。よって、事故ではなくテロ。
【疑惑を追及すると癌になるそうだ。】
Smith氏と編集者のやり取りの中で、「疑惑を追及すると、なぜか非常に進行の早い癌で死ぬ」そうです。両名の周囲にもそういう人が何人かいるので、お互いに気をつけよう....という話で終わっています。さて、人為的に癌を引き起こすような技術が存在するのでしょうかね?電子線?ダイオキシン?電磁波?CIAさん、教えてよー。(統一でもいいよ。)
チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ