読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10-1 オウムの背後の北朝鮮

#ユダヤ人 #真実 #真相 #謎 #なぜ
オウム事件の本番  
PAGE 10-1
オウムの連中が、本当は創価だ、統一だと私も騒いできたけれど、それは本質を的確に表した表現ではなかったみたいですね。オウムにいた連中は、創価内部の在日、統一内部の在日による組織だったと考えるべきと思います。左翼過激派から、オウムにいったのもいたらしいけれど、これも北との繋がりからだと考えます。オウム専門ジャーナリストも、実は....

マスゴミは、オウム信者たちの出自をとっくに調べ上げていて、実は「在日」だとか、「帰化人」だとか、わかっていて沈黙しているような気がします。オウムのクーデター計画も北朝鮮の意向。麻薬密造は、クーデターのための資金稼ぎ。

そして、私自身は、オウムが計画し、1995年に途中まで実行した内乱が、今年、2002年、改めて大々的に行われる計画だと読んでいます。

内乱時には、「共産主義者」の策謀だとデマが流され、混乱に乗じて、『赤狩り』が行われる。で、私刑で消されるのは、統一、創価、北の邪魔になる人士。つまり、私とかね。(藁)この辺は、インドネシアのスハルト政権発足後の事態が参考にできるのではないでしょうか。CIAがリストアップした人士が、大量に行方不明になっている。『共産主義者』という濡れ衣を着せられて消された人たちが、50万人とも100万人とも。

今年、連中の行動開始の兆候が見えたら、世界中で騒いでもらう手筈はとりました。『自動解凍』式の文書爆弾による無差別攻撃などの補足的戦法も準備完了。発送先も凄い数になるりますよ。さー楽しみです。私も、笹川みたいに死んでも影響力を残してみたい。

連中の計画は、間違いなく頓挫しますよ。
◎オウムの背後の北朝鮮 10-1
◎ところで、北朝鮮の現状はどうなのか? 10-2
◎日本は、北朝鮮にとって、いくらでも金を出してくれる魔法のサイフだったが.... 10-3
◎オウム、赤軍派、北朝鮮は最初から一心同体。2002年の日本有事で、連携する。 10-4
◎東京でのテロは、重信房子奪回の名目。表向きは、イスラム過激派と赤軍派の共同作戦。実は統一・創価・北朝鮮・CIAの合同作戦。 10-5
◎ブッシュ一味は日本の飼い犬を使って煩い人士を把握。有事に拘束・抹殺する積り。 10-6
◎北朝鮮は南進に踏み切るか? 10-7
◎強権右派臨時内閣 10-8
◎文鮮明には文鮮明の目論見がある 10-9
◎オウムの背後の北朝鮮
【オウムの背後に間違いなく北朝鮮がいた】
高沢皓司著 「『オウム真理教と北朝鮮』の闇を解いた」
(「週刊現代」講談社)

◆第1回 麻原被告の側近には、北朝鮮の潜入工作員がいた。

オウムには、北朝鮮の主体思想(金日成・金正日を絶対化した 思想)を身に付けた工作員Aが潜入していた。その頃から、オウムは急激に変質、過激化した。Aは村井・科学技術省長官に重用されて武器製造に関与していた。オウムは、北朝鮮に「徹底的して領導され、誘導され、利用さ れ尽くしたともいえるのでは」と高沢氏は見る。

「サリンをはじめとした一連のオウム真理教のテロ事件は、日本かく乱工作(ク ーデター工作)の、いわば予行演習でもあり得たのである」と。
第3回 金正日総書記直筆の「日本破壊工作」指令書の全貌昭和57年(1982)5月6日、「よど号犯」は、金正日か ら直筆の極秘指令を受けていた。その指令書が実在する。

内容は、 金日成主義によって日本革命を準備・達成せよ、というものだ。 金正日は、自衛隊工作や軍事クーデターの中核的人間の育成などを、赤軍派に指示していた。
しかし「よど号犯」の工作活動は、 あいつぐ逮捕などのために、1980年代後半に挫折した。

しかし、その後、「金正日指令の日本破壊・かく乱工作を、ちがう筋で見事に実行したのが、オウムではなかったのか」と高沢氏は見る。首都中枢の霞ヶ関を狙ったサリン事件については、「日本の危機管理のずさんさと、どのような動きが取られるのか というシミュレーションのデータを得るためにこそ、かく乱工作 の第一歩は必要だった」と述べている。 よど号グループが挫折した日本破壊計画は、オウムに受け継がれた。

第4回 故金日成主席の「毒ガス兵器」研究と麻原彰晃のテロ実行一連のオウム事件が起こった後、韓国は、事件の背後に北朝鮮の影を読み取り、毒ガスの緊急防護訓練を行っていた。

金日成の著作集には、毒ガスや細菌兵器についての大量の論文・教示がある。朝鮮戦争後、北朝鮮では、毒ガスや細菌兵器の研究が行われている。高沢氏は言う、「オウム真理教が毒ガスや細菌兵器の開発に手を染めはじめていたのは、そこに北朝鮮の工作組織の浸透があったとすれば、けっして偶然ではないのである」と。麻原らにサリンなどの知識を吹き込み、オウムを北朝鮮型の組織体系に誘導した、工作組織が存在するのだ。

第6回 もう一人の潜入工作員は林郁夫の右腕だった工作員Bは、共産党系の病院に医師として勤務していた時に、 オウムに入信した。ある時、突然、都内にある北朝鮮系の病院に移り、さらにオウム付属病院へ移った。Bは、以後、林の右腕となり、麻酔剤・電気ショック・LSDなどを用いて、信者に洗脳 を行っていた。これらの方法は、高沢氏によると「北朝鮮の洗脳技術と瓜ふたつ」だ。北の毒ガス等の兵器開発と「まったく同じ軌道上にあるもの」という。しかもBは、「教祖・麻原に対しても心理療法、あるいは催眠療法などの『イニシエーション』を行える立場にあった」。(*Bはこの記事が出た後に、逮捕された霜鳥隆二容疑者のこと)
北朝鮮系美容院=西新井美容院
第8回 麻原彰晃の右腕・早川紀代秀と北朝鮮の「闇の関係」オウムの元幹部の証言によると、早川建設省長官は、ドイツから精巧な印刷機を手配し、北朝鮮の偽ドル印刷に関係していた。 早川は、頻繁にウクライナの首都・キエフへ行き、またそこを経由して北朝鮮に行っていた。高沢氏は、早川がロシアでは、武器の購入だけでなく、プルトニウムの密輸事件にもなにか関係があったのではないか、と見る。早川が窓口としていたのは、北朝鮮の核兵器関連物資やIC機器の調達を行う部署、「経済第2委員会」だった可能性が、最も高いからだ。
だから、プルトニウムがどこにあるのか?心配。

第10回 村井秀夫が極秘指令 「原発の機密をスパイせよ!」
村井はテレビで、資金は一千億あると言った。また、地下鉄で 使われた毒ガスは、サリンではないとも証言した。とすれば、ガスの製造元はどこの国なのか。それは不明のままだ。そして、さらに村井がさらけ出しかねなかった第三の秘密があった。それは、日本の原子力発電所に関するものだ。オウムは原発に関する膨大な機密書類を手に入れていた。村井らが200人もの作業員を潜入させて収集したものだ。専門家も初めて見るような詳細な資料だ。こうした原発の機密資料が、早川ルートによって北朝鮮に流出していた可能性がある。

第11回 村井秀夫は「北朝鮮の核」機密保持のために殺害された村井は、物理学の専門家であり、原発のデータを理解することができた。彼は、究極の教団武装化として「核」開発を考えてた。村井は早川とともに北朝鮮に渡航し、関係を持っていた。北朝鮮も、核開発のために、日本の技術とデータを必要として、オウムを利用していた。両者の利益は一致していたのだ。しかし、平成6年のIAEAの北朝鮮核査察問題で、その野望は挫折した。オウムの一連の事件への「北朝鮮の関与、工作組織の存在は、村井の命を奪ってもなお、死守しなければならない機密に属していた」と高沢氏はいう。村井刺殺事件の背後には、国際政治の闇の部分が渦巻いていたのだ。

↑オウムの強制捜査の際に、脱会してスペインに逃げた北の工作員Aというのがいて、スペインで、よど号グループの柴田泰弘と現地で会ってる.....という話をなにげに聞き流していたら、同じ柴田という名前が、一水会を鼓舞する会の発起人名簿にあったのに気がついたわけです。この新右翼の会には、例の有田も創価の渉外部長も日本赤軍の塩見孝也も出ているわけで、このあたりから、北朝鮮と日本の左翼、右翼、カルトが「オウム」で繋がる人脈が見えてくるわけです。
http://www2.neweb.ne.jp/wc/issuikai/226.html

オウムの原発資料集めは、主に北朝鮮に情報提供するためだったのでは?北にすると、核を一発二発もっていても仕方ない。20発あれば、ホンモノの脅威になれるし。そうなると、やっぱり、ウラン濃縮とプルトニウム抽出の技術が欲しい。オウムは、シャブ供給とか、テロ準備で北の支援を受ける見返りに、原発資料を提供したのかな。で、物凄くマイナーなニュースなんだけど、創価が仏蘭西で、オウムと似たような原発情報集めをやって、仏蘭西内務省の監視を受けたんだよね。オウムと創価が同根であるひとつの証拠。
【911テロとオウム事件は同根】
【行政調査新聞】
http://www.gyouseinews.com/domestic_prospect/jan2002/001.html
ところで余談ついでに述べておくと、本紙が以前から主張している通り昨年9月の米中枢同時テロを単純に「ビン・ラーディンとアル・カイダの仕業」と考えることは非常に危険である。いや、単純にそう決めつけているのはわが国マスコミとそれに洗脳されたわが国大衆だけなのかもしれない。『スポーツ報知』紙によると、アフガン難民を描いて注目されたイラン・フランス合作映画『カンダハル』の監督モフセン・マフマルバフ氏は米中枢テロを「米国内部の抗争」と決めつけ、「事件を誰かのせいにしなければならず、世界で一番弱いアフガンのせいにした」と語っている(『スポーツ報知』紙1月15日朝刊)。

この事件は恐らく未来永劫に闇に隠され続ける類のもので、さまざまな問題が捩じれた形で噴出した事件である。言ってみればオウム真理教によるとされた地下鉄毒ガス事件に似ている。

地下鉄毒ガス事件は、ロシアや旧ソ連、北朝鮮を含め世界中のさまざまな要因が絡み、さらにわが国内の政治、経済、そしてヤクザ問題にまで及ぶ問題があのような形で噴出したものであり、事件の背後には単に「麻原章晃+オウム真理教」だけでは片付けられない重大事が存在していた。今回の米中枢同時テロには、地下鉄毒ガス事件より遙かに巨大で陰湿な重大事が存在しており、これを単純に「ラーディン+アル・カイダ」と決めつけることは非常に危険な思い込みである。
【北朝鮮の対日テロも、直接手を下さず、第三者を洗脳・騙してやらせる】
【行政調査新聞】
http://www.gyouseinews.com/domestic_prospect/jan2002/001.html

北朝鮮にとって頼りの金ヅルは日本だった。ところが日本の長引く不況は、裏ルートで北朝鮮に送られる金を極度に減少させてしまった。日本の不況のために朝銀がいかに苦労をしたか、またわが国国民の血税がいかに朝銀に吸い取られたか、以下をザッとご覧いただこう。

平成10年には朝銀近畿が破綻し公的資金3100億円が投入された。翌平成11年には朝銀東京を初めとする全国13の朝銀が破綻、平成12年12月にはまたまた朝銀近畿が破綻し、翌年には朝銀近畿は検査忌避容疑で家宅捜索を受けている。そして平成13年11 月、朝銀9行に対し新たに3100億円の公的資金が投入された。その後検査忌避容疑で元理事長らが逮捕されるいっぽう、昨年11月末には業務上横領事件として朝鮮総連元財務局長らが警視庁に逮捕されるに至ったのである。

昭和30年(1955年)に朝鮮総連が創設されて以来、総連本部に捜査当局の手が入ったのは今回が初めて。逮捕された康永官は非常に質素な暮らしぶりをしていた人物で、集めた資金で私腹を肥やしていたものではない。彼が北朝鮮に送金した額は「5000億円とも1兆円」とも言われているが、実際はそれより遙かに多いだろう。それでいながら今回の総連家宅捜査で押収したものは、僅か段ボール箱3つ。明らかに前もって捜査が告知されており、今後も含めてなお数千億円の公的資金を投入せざるを得ない状況のなか、国民大衆を納得させるために儀式的に行われた感が強い。この捜査に無理して同行を許可された警視庁外事課員たちは、内部のものに手を触れることすら許されず、ただ唇を噛んで総連内部に立ち入っただけだった。「われわれが主体で行えば、持ち出せるものはすべて押収した」――外事課員はそう語っている。

北朝鮮によるテロに関し、警視庁ではない国家情報の某機関は、次のように語る。

「北朝鮮が直接手を下すはずはない。そんなことをすれば、たちまち米軍による空爆すら考えられる。怖いのはオウムのような連中だ。それはパレスチナの自爆テロに似ている行動となる。イスラム過激派の連中は、自分の意思で爆弾を抱えてイスラエルを襲撃しているのだが、実際はイスラエル工作員の煽動で自爆テロを行っている。かつてオウムは、自分たちの意思で国家を転覆させようと地下鉄事件などを起こしたが、それを背後から煽った者がいることは間違いない。――今後わが国に起きるテロ紛いの事件は、オウムの時と同様、本人たちは自分の意思でやったと考える破壊活動だ」。
↑同時テロと地下鉄サリン事件を同列で語るところあたり、さすが行政調査新聞さんですね。「根」が同じだというところまで、解っておられるのだろうな。さて、統一・創価内部の在日組織、学習組や在日ヤクザの皆さん、その他CIAの末端チンピラ・エージェントさん、どうするのかな?
核心中の核心部分ですね。 
1.操縦されているという自覚のない馬鹿カルト信者が、テロを実行する。
2.イスラム過激派の自爆テロもイスラエルに扇動されているだけ。
3.オウムも背後に操り人形師がいた。

統一・創価なんかに紛れ込んでいる北の「草」の皆さん、ここまで読まれてしまうと困るでしょう?でも、最近ネット上じゃ、常識になりつつありますよ。そして、オウム事件はもう過去の出来事....ではないのです。これからが本番です。

 
チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ