読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10-2 ところで、北朝鮮の現状はどうなのか?

オウム事件の本番  
PAGE 10-2
◎ところで、北朝鮮の現状はどうなのか?
オウム事件の数々の疑惑については、「オウム事件の整理整頓」HPを参照ください。
【金王朝の断末魔】
北は、ここ数年、ぎりぎりの極限状態が続いていると考えます。毎年、水害か日照りで食糧生産は国民の必要量の半分近くまで落ち込んでいる一方で、中韓日の食糧援助は、せいぜい50万トンレベルだから、援助を加えても国民の必要量を満たすことができない。おまけに、労働党員に優先配給されるから、庶民の手には届かない。結果、餓死者、栄養失調死者が続出する。庶民の不満は極限までに達し、生きるために中朝国境を超える人が増えている。

数年前、「主体思想を作った」黄書記が亡命した。この時は、黄派と目される3000人が粛清された。まだ、恐怖政治が機能していた。軍を掌握している限り、民衆の不穏な行動を抑えることも出来ていた。が、去年、ついに民衆暴動のニュースが入ってきた。すぐに制圧されたが。そして、ごく最近、金国王が銃撃されたという未確認情報も入ってきた。側近による暗殺未遂である。
金王朝は追い詰められている。そして、王朝の敵は、身中にある。反体制の隠れ民主化勢力、そして、民衆だ。金国王は、夜も眠れないストレスと闘っていると思う。極限状態だ。
本来なら、金がキューバあたりに亡命し、民主勢力が政権を掌握することで無血革命が可能かもしれない。しかし、そうなっては困る大国が、金体制を背面から護持している。カネを出している、否、出さされているのは日本だ。しかし、こんな自転車操業は何時までも続かない。日本が、北への迂回融資をちょっと細めれば、北は内部から崩壊する。米が慌てて手を打っても崩壊は止められない。ソ連の崩壊と同様に。
今年、喜多の1000年来の日照りが報道された。穀物の種類によっては70-80%が枯死したという。食糧生産が殆どできないに等しい。さて、日本は200-300万トンなどという大きな支援をするだろうか?国交のない喜多にそんな大きな援助は、できない。おまけに、自民の喜多ロビーは、橋本・最中だ。今、実権はない。中国は?肉食が増えた中国では家畜の飼料としての穀物の生産が足りず、輸入を始めている。そんな国が喜多に大規模な援助はできない。結果、未曾有の大食糧危機が喜多を襲う。
喜多の体制崩壊が近いと思います。日米が何をしようと喜多は内側から崩れていくと。そして、歴史は動く。と予言してしまおうか。
日本からの迂回融資が細れば....喜多は崩壊する。じゃ、どうやれば、細るのか?

①朝銀破綻:全国の総連系の学校や施設の不動産を担保に、朝銀が巨額の融資をした。融資を受けた総連傘下組織や在日の個人が、そのまま喜多に献金した。勿論、返済はできない。朝銀が破綻した。国が公的資金で補填する。日本国民の税金が、喜多への迂回融資に使われたことになる。喜多はどうにも資金に困っていた。それで窮余の策で、この集金方法を総連に指示した。しかし、この手は二度と使えない。
②覚醒剤:麻薬事業自体、どうにも国家財政を維持できる基盤のない喜多が考え出した(米CIAと不鮮明に教えてもらった?)事業だ。オウムも巻き込んで、当初はかなりの収益をあげたと見られる。が、少しでも儲けようと供給量を増やしてしまった結果、市場価格が極端に下がってしまった。現在では、大きな収入源とはなりえない。自分で自分の首を絞めた。
③パチンコ献金:これが喜多の過去の最大の収入源だった。総連系のパチンコ業者からの献金は、兆単位に上っていた。が、日本の不況で、パチンコ業界も苦境にある。パチンコ献金は、激減している。今後、日本経済がさらに後退すれば、パチンコ献金は有名無実になる。
④小泉は一応、タカ派ということになっている。喜多への大規模な支援には、慎重になるだろう。国民の声を気にする小泉は、日本人拉致問題を棚上げにして援助を先行させれば、国民が喜ばないのを知っている。
★結果、何もしないでも、日本経済の後退とともに、喜多への迂回融資は先細ると考えます。よって、喜多の体制は崩壊し、55年間苦渋をなめさせられてきた喜多の罪なき民衆は解放されると。だから、景気後退大賛成!

喜多の食糧危機は、飢餓が非労働党員の農民や鉱山労働者の範囲に留まっている限り、国家への脅威とはならない。金王朝を支える労働党員と軍に飢餓が波及した時、体制は崩壊する。数年前の飢饉では、200-300万人が餓死したが、その中に一部だが労働党員が含まれていたという喜多当局の報道があった。非党員を懐柔するための嘘の発表かもしれないが。どんなに自体が深刻でも、軍にだけは食糧が確保されてきた。だから、不穏な空気はあっても、大事には到らなかった。しかし、今度の飢饉は過去のものとは規模が違う。党員だろうが、軍人だろうが、飢餓に瀕することになろう。だから、体制は崩壊すると。軍人や民衆が、金の王宮を襲い、金チャンは、正男君と一緒に、広場の松ノ木に逆さに吊るされるのだろうか?ムッソリーニみたいな最後かな?
喜多の体制は、外からではなく、内から崩壊する。
【殆ど例年、飢饉の連続。豊作でももとから足りない。】
●北朝鮮 今年も食糧大幅減産
世界食糧計画(WFP)のバーティーニ事務局長は8月21日、北朝鮮視察の帰途立ち寄った北京市内で記者会見し、北朝鮮の今年の穀物収量は当初予測を大幅に下回る17万2千トンにとどまるとの見通しを示した。同事務局長は、「今年3-6月に北朝鮮を見舞った干ばつの影響による大幅減産だ」と述べた。WFPでは今年の収量について当初49万7千トンと予測していた。WFPの対北朝鮮食糧支援は人口の3分の1にあたる760万人をこれまでカバーしたが、同事務局長は援助継続の必要性を訴えた。WFPでは食糧事情に関する視察活動の裁量権拡大で北朝鮮政府と合意した。 (産経新聞 8.22)

■乳幼児死亡率上昇、収入半減
北京で開かれた国連児童基金(UNICEF)の会議で、北朝鮮の高官が、北朝鮮国内で、食糧難と経済危機により、乳幼児死亡率が上昇していることを実数を挙げて報告した。 報告したチョ・ス・ホン副外相によると、北朝鮮では経済危機により、各家庭の収入がほぼ半減。一方で、乳幼児の死亡率が上昇し、国民の平均余命が短くなったという。 (CNN 5.16)
■平均余命は6年間で6歳短く
この報告書では、飢餓による死者数は明記されていないが、1993年に73.2歳だった国民の平均余命は、99年には66.8歳に低下。5歳以下の子供の死亡率は、1000人あたり27人から48人にまで増えたという。一方、この間に、国民1人あたりの国民総生産は、991ドル(約12万円)から457ドル(約5万6千円)に下落した。北朝鮮は95年-98年に、大規模な食糧不足に見舞われた。北朝鮮当局は、飢餓などで22万人が死亡したとしているが、韓国や米国は27万人から200万人が死亡したと見積もっている。(CNN 5.16)
■外国援助で延命
韓国に亡命してきた黄長燁元書記によると、餓死者の数は正確に金正日に報告されているという。黄元書記はこの事実を脱出直前の96年11月に知った。金正日はどれくらいの人間が死んでいるか知っている。それなのに何の対策もせず、配給の95%をカットしておいてミサイル開発や金日成の遺体を安置する錦繍山記念宮殿建設に大金をかけている。「だから許せない」と彼は亡命を決意した。金正日体制は確信犯で国民を殺している政権なのである。金正日体制が外国の援助で延命していることに、黄元書記は耐え難い怒りを感じている。ほんとうに北朝鮮の国民の命を救うためには、何をなすべきか。いま私たち日本人は援助というカードを持っている。ムードに流されることなく冷静に、もっと効果的な使い方をきちんと考えなければならない。(佐藤勝巳氏 現代コリア研究所所長)

■いくら援助をしても
日本政府が平成7年に行った北朝鮮への有償コメ支援で、北朝鮮がコメ代金約56億円にかかる利息総額約5億9千万円を滞納していることが6日、食糧庁の調査で分かった。日本側は昨年の日朝国交正常化交渉でも支払いの問題提起をしたが、北朝鮮側からの回答はなく、未払い額の延滞利息も約1億円にのぼる状況となっている。毎年約1億1千万円の利息分が未払いになり、その利息にかかる延滞利息を加算した結果、滞納総額は今年8月末で5億9千万円に達した。食糧庁では、支払い窓口である北朝鮮の機関、国際貿易促進委員会に対し、これまで毎月1回、計53回の督促状を出しているが、返答はない。昨年8月の日本での日朝交渉でも日本側は支払いを求めたが、北朝鮮側は、「(同委員会に)伝える」としただけだった。(産経新聞 9.7)
↑【北朝鮮国民だって、いつまでも我慢はしていない】
ということで、元から自給能力のない北の農業生産が、2001年は例年の三分の一近くまで下落する。

このままだと、また数百万単位の餓死者が出る。農民が死ねば、農業生産がさらに停滞する。

子供も生まれても満足に育たず、将来に希望もない。食い物を求めて一家離散。

地方の炭鉱などで暴動が起きたという情報も入り始めた。

北は内部から崩壊を始めている。金国王の暗殺騒ぎもあったらしい。

金国王にとって最大の頭痛の種は、北国民の憤懣。国民の怒りのベクトルを自分と朝鮮労働党以外のものに振り向けなければならない。結論:戦争をおっぱじめるしかない。
↓国民が飢えてどんどん死んでいるのに、食糧は戦時のために備蓄に回されるばかり。更に餓死者が増える。
戦時に備えた食糧、まずは‘2号倉庫'に
朝鮮日報 日本語記事
http://www.chosun.co.jp/i-mode/link11-2-45.htm
北朝鮮は、自国が収穫した食糧だけでなく、外部から援助を受けた食糧まで、戦時対応食糧倉庫である‘2号倉庫'にまず備蓄するという政策を推進していることが伝えられた。ある対北朝鮮消息筋は、「去る97年までは空いていたと言われる北朝鮮全域の2号倉庫は、最近、3分の2以上がいっぱいになっていると把握されている。その理由は、北朝鮮が外部の援助食糧を住民に分配せず、各軍ごとに設置した2号倉庫から満たしていったため」と伝えた。この消息筋によると、北朝鮮が、こうして備蓄した2号倉庫を部分的にでも開放するのは、秋の収穫が終わる時の一回だけだという。収穫が終わると、2号倉庫に貯蔵しておいた外部からの援助食糧を住民に配給し、新しく収穫した食糧を2号倉庫にしまう。北朝鮮のこのような食糧管理は、去る97年末に下された「戦時に備えた備蓄食糧倉庫管理を徹底的にするように」という金正日(キム・ジョンイル)労働党総書記の指示によるものだという。
同消息筋は、これまで、外部から援助された食糧が北朝鮮の住民に正常に回っていないのではないかという疑惑が提起された根本的な原因は、全て‘2号倉庫優先備蓄政策'のためだと指摘した。北朝鮮の住民が、昨年末以降に配給されてきた食糧は、2号倉庫優先備蓄政策によって、去る99年末から昨年秋の収穫以前に入ってきた援助食糧に過ぎないとのこと。消息筋は、昨年収穫した290万tの相当量とその後に入ってきた外部からの援助食糧は、2号倉庫に備蓄されていると見ればいいと説明した。
北の食糧、今月末底をつくもよう
Digital Chosun
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/06/22/20010622000012.html

今月17日から京畿(キョンギ)道・龍仁(ヨンイン)で開催された「対朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)協力国際NGO大会」に参加していたデビッドモートン(David Morton)世界食糧計画(WFP)平壌(ピョンヤン)駐在代表は20日、「北朝鮮の食糧在庫量は今月末でほとんど底をつくはずで、7、8、9月は非常に難しい状況になるだろう」と述べた。国連開発計画(UNDP)平壌駐在代表も兼任している彼は、この日ソウルプレスセンターで開かれた北東アジア山林フォーラム(共同代表キム・ フラン)との北朝鮮の養苗場復旧支援事業了解覚書締結行事に参加した後、このように明らかにした。
【身内しか信用できなくなった金正日】
東京・ワシントン・北京・ヨーロッパ対北情報網密着取材
特殊!「小さな将軍」金正男の秘密行脚
http//www.infovlad.net/underground/
asia/nkorea/

ref/kimjungnam_special1.html
新東亜(
http://shindonga.donga.com/)6月号

金正男が日本に行ったのは、北朝鮮がイラクに輸出したミサイルの輸出代金を集金するためだった。北朝鮮は、最近、SAM16A(肩撃ち式対空ミサイル)300基をイラクに輸出し、金正男は、この金を取り纏めていたのである。イラクは、SAM16Aの代金をスイス、香港、シドニー、東京に分散して預け置いていた。代金を送金したところは、ロンドンだった。

○「北朝鮮最高権力者金正日は、北朝鮮のミサイル輸出業務の総責任者である」。「新東亜」にもたらされた諜報は、衝撃的なものだった。
○金正男の訪日目的
記者は、日本公安関係者から、決定的な情報を得た。金正男一行を66時間調査した日本公安調査庁は、金正男が北朝鮮のミサイル輸出代金を集金するために、東京に来たという事実を明らかにしたのである。北朝鮮は、最近、SAM16A(肩撃ち式対空ミサイル)300基をイラクに輸出した。金正男は、この金を取り纏めようとしたのである。イラクは、SAM16Aの代金をスイス、香港、シドニー、東京等、4ヵ所の秘密銀行 ???分散して預け置いた。代金を送金した地域は、国際金融中心地であるロンドンである。ミサイル販売代金のような巨額が移動すれば、国際情報網に露出する危険が大きい。イラクは、西側情報機関の監視網を避けるため、販売代金を4ヶ所に分けて送金した。ロンドンを最初の送金地に託した理由は、夥しい規模の国際資本が移動するところであり、現金移動を隠すのが容易いためである。

成田空港で逮捕される前の金正男の旅行ルートを見れば、イラクが販売代金を分散して預け置いた都市4ヶ所と正確に一致する。彼は、日本に来る前、オーストラリアのシドニーに行き、ミサイル販売代金4包みの内の1つを中国の秘密口座に送金した。金正男がミサイル販売代金を洗濯する場所は、中国だった。中国で洗濯した後、この金を平壌に送る方式である。彼は、3都市に分散して預け置かれたミサイル代金を全て取り纏めた後、残り4分の1を集めようと、東京に入ったが、首根っこを掴まれたのである。
ここで、いくつかの疑問が残る。金正男のような北朝鮮の最高ロイヤル・ファミリーが何故直接金を求めて、危険な海外旅行をしたのかという疑問である。しかし、現金ということで、金正日政権を維持するのに、最も重要な要素である。金正日が北朝鮮の核心勢力である軍部を掌握できるのも、外貨を調達できるためである。金正日には、外貨集金は誰にも任せられない核心業務である。その上、最近、北朝鮮では、最高機密を持った権力首脳部の西側亡命が続いている。黄長[火華]氏とチャン・スンギル、エジプト駐在北朝鮮大使が代表的である。

金正男以前に北朝鮮のミサイル輸出業務は、1997年8月、米国に亡命したチャン・スンギル前大使が担当していた。当時、エジプトは、北朝鮮がミサイルを開発して輸出するのに重要な橋渡し役を行った。北朝鮮は、1981年、エジプトと「ミサイル開発協定」を締結し、エジプトを通して、ソ連製スカッドBミサイル技術を導入、1985年に射程距離340kmの北朝鮮製スカッドBミサイルを開発するのに成功した。北朝鮮は、これに従い、スカッドBミサイルを量産し始め、1987年、イランとシリアに160基を輸出して、10億ドル以上の外貨を稼ぎ出したものと知られている。

黄長[火華]氏とチャン大使が亡命した後、金正日委員長は、誰も信じられなくなった。そのような状況においては、信じられるのは家族の外になかった。それで、金正日は、政権を支えるのに最も重要な「現金」と「軍部」の核心業務を長男に任せたのである。日本当局の捜査でも、金正男は、北朝鮮のミサイルと武器販売を担当する総責任者と明らかにされたという。
北朝鮮は、6.15南北頂上会談以後にも、ミサイルを継続して輸出しているものと知られている。米韓頂上会談の熱気が高まっていた去る3月9日、米国の「ワシントン・タイムズ」は、米国のスパイ衛星が北朝鮮南浦港からスカッドB型とスカッドC型ミサイルが船積みされる現場写真を撮ったと報道した。

金正男の日本組織の中で、核心人物は、在日同胞医師であるキム・マヌ氏である。彼は、朝総連とは無関係な人物で、平壌と羅津・先峰に病院を立てた人物と知られている。また、東京には、金正日の知られていない娘が留学中であると伝えられた。日本当局の捜査結果、金正男の武器輸出には、在米同胞ユン・ホンジュン氏(34)が核心役割を行ったことが明らかにされている。彼は、1997年大選直前、金大中候補が北朝鮮側と接触したとして、記者会見を行った人物である。1997年12月15日付「ハンギョレ」の報道である。
ユン氏は、8枚の会見文で、「金大中候補が昨年10月、北京を訪問したとき、北朝鮮高位層と密かに接触を指導し、去る71年大選時は、選挙資金を支援された」と主張した。彼は又、金候補が理事長をしているア太平和財団と北朝鮮のア太平和委員会が接触を維持しており、金候補が北朝鮮の高麗連邦制を支持することにしたと主張した。ユン氏は、自身の会見が言論に報道されないや、13日には、東京帝国ホテルで、一部駐日特派員を呼んで、似たような内容の主張を反復した」。
北朝鮮の現体制を批判する理由....
←【喜び組】
地方の美女を選抜し、ピョンヤンにてオンナを磨く。さらに選抜の上、ダンス、マッサージを習得させる。一部は、金正日と労働党幹部の性的奉仕の任務を遂行する。金国王の王宮に上がることが出来れば、家族は一生食うに困らない。首尾よく王様のお手つきとなれば、東欧に留学させてもらえる。
こんなこといつまでも、やってていいのかね?創価にそっくり。

①国家に自由がなく、国民が国家から強要された思想以外の考えを持つことも行動することも許されない。
②正義が行われていない。...卑近な話、役人の賄賂要求を断ると、労働キャンプに放り込まれる。中国へ越境途中で捕まると、女ならパンツを脱ぐと釈放される。
③統治者の神格化が行われている。金正日が生まれた場所を捏造して、聖地と呼んだり、金正日が来訪したら、「途端に空は晴れ渡り、燦燦とした太陽が...」じゃ、まるで馬鹿宗教だ。
④収容所国家。常時20万人の政治犯。政治犯の子供は、収容所で生まれ、一生奴隷のまま、収容所で死ぬ。一人が政治犯になると家族全部収容されるのも、不合理。
⑤国民を飢えさせている無能な政府が、継続している。それ自体不合理。

日本人は、50人ほどの拉致された日本人と7000人ほどの日本人妻のことばかり、話題にするけど、1100万人の抑圧された北の被特権階級のことは誰も言い出さない。北が存続したおかげで、この人たちは300万人も餓死してしまった。北に帰った在日の人たちも結局差別され、辛酸をなめている。
飛行機で2時間も飛べば到達する、すぐ近くの国に、まるで中世のような陰惨で地獄のような空間が存在する。ピョンヤンの小奇麗な街角と労働党員だけ集めた結構豊かなピクニック風景なんかばかりテレビで見るが、現実は飢餓地獄。あの寒い国で、冬の暖房もない。こういう状況を放って置いていいのかね?ガイコクのことだから、関係ない?
元はといえば、日本が半島を統治したから、分断国家になったのではないか?日本軍がいたから、ソ連軍が南下してきた。だから、ソ連が選んだ金日成がたまたま北半分のボスになった。抗日パルチザンの隊長だった?真赤な嘘。ソ連は、傀儡国家を自分で作っておきながら、自分自身崩壊してしまった。ソ連を受け継いだロシアは、しらんぷり。放置プレー。もっとも、北を支える
能力もないが。
①アメリカは、冷戦の目玉にしたいから、北の現体制維持にご執心。むしろ、ホンネは、強大化(凶悪化?)して欲しい。
②中国は、半島が韓国によって併合されれば、目の前に米の傀儡国家がどしんと腰をおろすから、いや。北が緩衝地帯として残っていてくれた方があり難い。
③韓国は、経済再建の途上で、今北の体制が崩壊しても、支える力がない。迷惑。
④日本は、難民が数百万も押し寄せるのが、イヤ。北の体制が存続した方が利権を守れる人たちもいる。北が崩壊すると、どうせ金を出させられるのは日本。だから、今のままでいい?

みーんな、自国の利益しか頭にない。1100万人の人たちが、今、どんな思いで、境遇でいるかは、全く考えない。自分勝手なロシアや米に、北の民衆のことを考えろといっても無駄。半島文壇の一因を作った日本人が、なんとかするべきではないだろうか?北の体制崩壊を促進できるのは、日本だけ。どうやる?簡単。

①北朝鮮系列のパチンコ屋に行かない。(パチンコ献金できなくなる。)
②北朝鮮製の覚醒剤を買わない。
③ミサイルの部品を売らない。(ミサイル完成品を輸出できなくなる。)
④新潟港に入る北朝鮮の船に出入りする総連の人たちの持ち物検査をする。 (現金の不正持ち出しを阻止する。)
⑤朝銀の不正送金問題を徹底的に追及する。(2度と同じ手は使わせない。)
⑥米を送らない。(送れば送るほど、体制崩壊が先送りされ、餓死する人が増える。)
⑦総連系企業の税務調査を、他の企業同様に厳正に行う。

日本からの「間接援助」がなくなれば、北の体制はあっという間に崩壊する。いくらCIA・軍産複合体でも、北の体制を長期間支えることなど出来ないし、彼らは身銭を切ってまでも、そんなことはしない。北はソ連同様、自滅する。さ、小泉さん、そ知らぬ顔して、こんな政策やってみない?現行法で全部いけるよ。

≪北朝鮮が体制崩壊しない限り、この悲劇は続く≫
飢えの土地、銃殺に火あぶりまで (北脱出者証言報告書…韓国人と会ったり、軽微な窃盗も「例外なく銃殺」)公開銃殺は頭から狙う
http://www.infovlad.net/underground/asia/
nkorea/ref/weekly_donga_news261.html
公開銃殺はどんな方法で行われるのか。咸北茂山が故郷のイ・ヨンフン君(17)によれば、茂山では、おもに茂山中学校のそばにある青年公園で銃殺が行われる。銃殺が執行される時は、まず人間の身長より大きい樹を選び、その樹の前に小さな踏み台を置いてから、踏み台の上に人間を立たせる。死刑となる人々はほとんど全員が死刑場にくる時からすでに半死状態のままずるずる引かれて出てくる。監獄中で酷使と殴打を受けているのである。....
死んだ人々の屍体は台に載せられ、ナンバープレートのない車に乗せられてどこかに消える。車にナンバープレートが付いていれば、死刑された人々の家族がその番号を見てその車に対して報復してくる可能性があるため、ナンバープレートをはずしているのだ。屍体をどこに捨てたのかわからないため、家族は屍体を埋葬する方法がないのである。
公開銃殺は人々がたくさん集まる場所で執行される。他の人に警戒心を植え付けるためだ。そのため通常、数千名の人々が処刑場面を目撃する。家族は必ず参加しなければならない。家族はその銃殺が正しいものであることを、見物している人々に十分に証言してくれなければならないのである。かと言ってその家族の無事が保証されるわけではない。北朝鮮当局は家族らの報復を恐れ、死刑囚の遺族全員を保衛部の監獄に送致する。
公開銃殺の場合、連座制が適用され、一家族三世代が同時に死刑台の前に立つ場合がある。茂山から来たイ・ソンス君(16)の証言によれば、1998年1月8日、茂山在住のキム・ソンド(21)が、韓国の安全企画部により買収されたとして、キム・ソンド本人と父、母、親戚ひとりなど合計4人が同時に銃殺されたという。このように北朝鮮では、過去の朝鮮時代に逆賊を処罰する時、三世代を満遍なく滅ぼすことと同じ前近代的な方法が堂々と行われている。
北脱出者らは93年頃、イ・インモ老人が北朝鮮に帰ってきた時、彼が韓国の監獄で30年以上閉じ込められていながらも死なずに生きていたことに対して、みな理解できなかったという。北朝鮮住民たちの常識では、監獄では5年以上を過ごすことは不可能で、みな死ぬであろうと考えているためだ。北朝鮮の人々は健康なイ・インモ老人を見て、韓国は監獄さえも住みやすいのならば、監獄の外側の社会はどれほど住みやすいのだろうか、と考えたという。監獄に入れられる人々の中には、北朝鮮の犯罪基準からみて無実である人々が多い。
当時、火あぶりに処された人は23才の女性であった。自分とお姉さんと二人でヌード写真を印刷し、中国で売ったという罪であった。彼女のお姉さんは中国のファリョンに住んでいるため、妹が姉に会おうと渡江している途中で軍人に捕まった。身体検査してみると、彼女とお姉さんのヌード写真が発見されたのである。この姉妹はヌード写真を刷っては食費を稼いできたということだった。北朝鮮はヌード写真に対しては、資本主義の黄色風(旋風)が入る、としてひどく警戒する。その結果として火あぶりにまで処するというのは、あまり残忍な処置である。

火あぶりはどのようにおこなうのか。ヌード写真を刷った女性はまず木に縛り付けられる。そして足元に薪を集めて火をつける。北朝鮮の安全部では、家族に火あぶりの執行を直接行わせる。この女性の場合にも、父と母が木を集めたあとで、父に火を付けさせたのである。火あぶりの執行ということさえ想像を絶するものであるにもかかわらず、家族を火あぶりにするとは、その家族の心情は果してどうであろうか。その女性は身体が炎に包まれた瞬間にも「私は死んでも、お姉さんは中国でお金たくさん稼いで、いい生活をするはずだ」と絶叫したという。

キム・ヨンジン氏も清津のスナムで目撃した火あぶりを証言した。95年8月、清津スナムで汁飯食堂を運営する女性が赤ん坊の肉で肉汁飯を作り、売っている途中で発覚した。その赤ん坊は母親が外地に食料を求めにでかける間、食堂に預けた子どもであった。一週間ぶりに家に帰ってきた赤ん坊の母親は、息子がいなくなったという話を聞いて、周囲の人々をたずねまわった。その結果、ぞっとする行為があったのを知った。食堂の主人はスナム橋のそばの空地で火あぶりにされた。茂山で火あぶりにされた女性のように、その女性の家族が直接火をつけた。その光景を目撃した人は数千名に達したという。95年といえば、北朝鮮の飢餓が最も深刻な年であった。その頃、北朝鮮では人肉を食べるという噂が飛び交っていたのだが、キム・ヨンジン氏の証言を聞くと、それが単純な噂ではなく事実である可能性がかなり高い。キム氏もやはりその汁飯を人肉と知らずにおいしく食べたという。キム・ヨンジン氏によれば、その汁飯食堂は独特の味ゆえに、お客さんが多かったという。
【日本は、朝鮮半島の現状に責任はないのか?】
日本の韓国併合のお蔭で独立できた?そうなのだろうか?日韓併合の間の半島の独立運動は、専ら民族派が主流だったよ。共産ゲリラなんて、歴史のどこにも出てこない。もし、ソ連が介入していなかったら、それらの反日運動をしていた非共産系の人たちだけで、独立できたかも。ソ連の介入を呼んだのは、そりゃ米ソの思惑かも知れないけど、まず日本が半島にいなければ、ソ連は来なかったたと思うよ。名目がないもの。(戦争がなかったという仮定で話をするのは、ややこしいけれど。)

実際に日本が半島を統治下に起き、農地を取り上げ半島の大衆を疲弊させたのは否定できないよ。半島の人たちが、どうぞ併合してくださいと頼んだ訳でもない。勝手に来て併合して、今になって併合は、こういうメリットがあったのだからと日本人が言っても、説得力ないよ。
写真中央が伊藤博文
従軍慰安婦連行は嘘で、ただの売春婦だったという人がいるようだけれど、なんで売春婦になったかというと、小作人が総督府に土地を取り上げられて、生きていく術がなくなったから、娘が身を売ったんだよ。原因は総督府の政策だと思うよ。だから、原因を考えれば日本も責任なしとは言い切れない。小作人を追い払って、日本から随分と農業移民が入っている。細川の殿様も広大な農地を総督府から手に入れて、大規模農業をやっていた。殿様について行った農民の中に、アサハラの父親がいた?なんて話もある。半島で生産された米は、専ら内地(日本)に送られて、安くて豊富な米で日本人 は随分助かったんだよ。
土地を追われた半島の農民たちは、どうしたと思う?行くところがないから、仕方なく、皆、中国東北部の不毛の大地に移住した。今、東北3省に朝鮮族が多いのも、こういう苦労をした人たちが中心。(最近、韓国にいくと、こういう人たちの子孫が、工事現場や食堂で必死に働いている。)中国が共産化して、半島に残った家族と分断されてしまった苦しみを耐えて来た人たちも、たくさんいるはずだ。日本は、日韓併合で決してメリットだけを残したのではないよ。
【北に要請されて、日本はお米を送ってきたけど】
本来、北の食糧難を解決するための施策ではなかった。日本のお米は、世界一高い高級米。確かに美味しいらしくて、私の韓国や中国の友人たちも、日本米は高く評価する。しかし、そんな超高級米を世界の最貧国である北挑戦に送るのは、ほかに思惑もあるからだろう。
北朝鮮の庶民の主食は、米ではない。コーンである。単位耕作面積あたりの収量は、コーンのほうがはるかに多い。耕地面積の限られた北挑戦では、コメは高級食料だ。ちなみに韓国の穀物生産の88.1%が米。1.5%がコーン(95年)だが、同じ年に北は、米=36.4%、コーン=51.8%。北の米生産量は、100万トン。日本は、1300万トン程度。韓国は700万トン。

北の食糧難解決に必要なのは、まずコーンであり、次に安い東南アジア産の米である。

日本は50万トンの米支援を行うことで、1500億円を使った。もし、北に送らなければその米はどうなったか?日本は米生産過剰で困ってきた。低温倉庫に山積みされた古古米は、期限が来ると目立たないように廃棄処分にされてきた。その捨てる分を国費で買いあげて、北に送ったということだろう。政府はお荷物の古古米が少し処理できて助かったかもね。
が、そのカネでタイやベトナムで生産されている二期作モノの超安値の米を買い、北に提供したら一体、どれだけになったろうか?ベトナムのコメの相場は無茶苦茶下がっている。1トンあたり150ドルとも200ドルとも言う。200ドルと仮定すると、1500億円で、500万トン以上買えることになる。それだけあれば、最低2年間、北の全国民が飢えずに済む。もっともそれだけの流通量はないが。コーンをロックフェラー系列のカーギルあたりから大量買付けすれば、もっと多くなる筈だ。
日本政府が本当に北を食糧支援したいと願ったのなら、自国の余剰米を送る以外の方法をとった筈だ。日本のやったことは、欺瞞だ。ジェスチャーに過ぎない。同時に、コメではなくコーンを要請しなかった北にも疑問を感じる。野中や宗男に真相を聞いてみたいものだ。

誤解を招かぬよう一言付け加えておく。私は、北への食糧援助には大反対である。

北の食糧難に拍車をかけているのが、米、コーンの作付面積を削ってまで行われているある『換金作物』の栽培である。芥子畑である。耕作にもっとも適した優良な耕地が、この作物の栽培に割かれているという。それが、コーンの作付面積を減らしてしまう。
しかし、芥子の花の栽培により、外貨収入が得られ、それが食糧の輸入代金に充てられるならば、それでいいかもしれない。が、実際には芥子坊主から精製されたヘロインは、金国王直属の政府機関により海外に密輸され、資金は金国王個人のスイスの口座などに入ってしまう。万が一体制崩壊した場合に備えた逃亡資金のプールだそうだ。

かくして、北の罪なき大衆は、飢餓に追いやられる。そして、北の麻薬事業にぶら下がって甘い汁を吸っている日本の在日人脈....在日ヤクザ、在日右翼たちは、未来永劫に北の封建体制が続くことを願う。北も南もない。汚い商売の利権を継続するためには、北も南も在日裏社会はひとつに結束する。

そして、その中核が、統一協会である。

【北朝鮮に関する2チャンネル上の議論です。
■ブッシュ親子の自作自演テロ 第29部■
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1038537800/

有志:日本の安全を脅かす国、日本人の人権や主権を踏みにじり、利用してきたそして核ミサイルの存在を公言して圧力をかける、誰が見ても明らかな敵をはっきりと敵と言い放ち、それと戦うことを恐れないことです。北朝鮮は資源がない、そんなのはどうでもいいが、安全を脅かすようなことをはっきりとやっている敵国には、勝たなければなりません。

.....という勇ましいご意見をいただきました。

私:北朝鮮には、おおいに期待できる石油資源があるようですよ。「そんなことは、どうでもいい」とは思わない人たちもいると思います。たとえば、テキサスに本拠を置く石油で食っている人たちです。

北朝鮮は乱暴で卑劣で危険な国家です。この地球上に存在してはならない悪魔の国家です。そして、その被害者は、日本や韓国だけではありません。最大の被害者は、北朝鮮の国民です。一番大事なことは、「北朝鮮の体制存続を望む人たちがいる」ということです。口では、「悪の枢軸」と罵っている張本人が、裏では北の存在をビジネスに利用しているかもしれない。北朝鮮のごとき、弱小、非力な国家を倒すなんぞ、簡単に出来ることです。崩壊して当たり前の国家が、未だに存在している理由があります。

8マン氏:北朝鮮には未開発の資源がたくさんありまよ。実際、北部に天然ガス田と石油の埋蔵が確認され、英国籍でシンガポール法人となっている「ソヴリン・ベンチャース」とテキサスに本拠をおくカナダ法人「ソヴリン・チーフ・ベンチャーズ」が試掘権を取得しています。さらに、これはあまり言われてない事ですがレア・メタル(稀少金属)の産出も見込まれています。金●●●●政権にこれらを開発する知恵も技術もノウハウもないがゆえに未開発の資源となっているだけ。引田テンコーの尻を追っかけて国家権力でストーカーをやるような輩ですから、むべなるかなですけど。しかし、あなたの言うように北朝鮮はすでに仮想敵ではなく、日本の安全保障上の最大の脅威です。デターミネーション=断固たる決意で臨まなければならないと思います。であれば、まず朝銀系の受皿「ハナ信金への公的資金導入」を何としてでも阻止しなければならないのでは。

私:今まで何度も繰り返していってきたけれど、北朝鮮は自給能力のない寄生国家なんです。自国民が食うだけの食料を生産することも出来ないんです。旧ソ連と中国の「2号さん」として、『旦那』に食わせて貰って来た柳橋の芸者に過ぎないんです。旦那が没落し、もう一人の旦那も、世間体が悪いんであまり面倒を見てくれなくなった。本来は、とっくに私鉄沿線の場末のバーで酔客相手に小銭を稼ぐ、バアさんホステス、もしくは、浅草寺の裏の無名墓地に投げ込まれる骸として生を終える筈なんだけど....誰も知らないところで、強力なスポンサーがついているんですよ。その匿名のスポンサーは、北朝鮮が酔いに任せて、くだ巻いてあたりかまわずヘド撒き散らしたり、近所の店に言い掛かりつけて怒鳴り込んだり...そういうあばずれ北朝鮮の暴れまくりが、黒幕スポンサーにとっては、実は有難い事なんです。盛り場の用心棒として、かたぎの店からショバ代をせびるにしても、北朝鮮という困った乱暴者がいるからこそ、みんなが財布を開いてくれる。ただし、黒幕は自分の金であばずれを養う気はない。カネは、子分の「日本」という金回りのいい成金から出させている。そのカネだけは持っている日本という世間知らずのハゲ親父は、北朝鮮というあばずれの桃色攻撃に完全に陥落してしまっているわけで。黒幕は、あばずれを使って成金日本を篭絡し、あばずれの生活資金を負担させ、美味しい所は、全部自分が手にする。そういう構造なんですね。

8マン氏:本来なら「国家犯罪としての拉致」「工作船の領海侵犯と麻薬の密輸」「朝銀から朝鮮労働党・金への資金流出」の三点セットで十分に日本は北朝鮮に防衛態勢-デフコンをとるべきだと考えます。北朝鮮を終結点とするこの三点セットは日本社会の中で実に根が深く、大ざっぱに言えば朝鮮総連-与野党利権議員-宗教フロント-特定暴力団を循環する金権腐敗構造に直結します。朝銀の破綻→公的資金導入→二次破綻に至る経緯で投入された1兆円もの血税は、金チョソイヌの高級フルーツやよろこび隊や引田テンコーの国賓待遇の招聘やミサイル・核弾頭に化けただけでなく、日本国内の金権腐敗構造に逆流し、たっぷりと沁みわたっています。これは通常の主権国家であれば、この状態こそが「安全保障上の準有事」として対応しなければいけない状態です。それでもまだ金融庁は4600億もの血税を朝銀の受皿であるハナ信金に投入しようとしています。普通の思考回路をもつ日本国主権者として「我々はすでに有事の渦中にいる」と判断して意義を唱えるのが当然では。
既出ですが
http://chogin.parfait.ne.jp/
http://reftxt.hp.infoseek.co.jp/chougin/gijiroku_01.html
 
チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ