国際情勢板住人氏発言集

国際情勢板住人氏発言集
浅薄なウヨサヨ議論の背後に、隠された陰謀があることを、国際情勢板住人氏の分析から、
知ってください。世の中には、大マスコミの報道しないところにこそ、真実が隠されています。
ご本人の承認を得て、2チャンネル警察板、「告発します 第三部」のレスから抜粋しました。
尚、現在の議論の場は、
「告発します 第9部」です。是非、ご参加ください。
2チャンネル 警察板 「続・告発します」より
北は、日本・米国によって作られた敵
戦争・地域紛争は軍需産業の飯のタネ
似非ユダヤ
ロスチャイルド
北の偽ドル札は、どこでロンダリング?
オウムでの役割分担
2チャンネル 警察板 「告発します 第三部」より
次の大戦は、階級別世界大戦
国連と兵器産業、血縁関係
半島の南北融和は、日本潰しが目的?
右傾化の果てにあるのは、全体主義政権フジモリ失脚の真相
米は、左翼勢力とすら組む
覚醒剤を蔓延させる目的は?
左翼をオウムに巻き込んだのは、誰?
日本マスコミはカルトの管理下
欧米の政治家が、軍需産業の大元締め
日本は、ロシアと組めないのか?
李登輝は、統一か?
タリバンと麻薬
2チャンネル 警察板 「続・告発します」より
◎北は、日本・米国によって作られた敵
298~300 
アプローチの仕方は違うけど、俺はある一つの疑問を持っていたんだ。「実は喜多は日本によって作られた敵ではないか?」って。理由としては、以下のものがあげられる。
・極東情勢から考えて、半島の統一は喜ばしくない。在韓米軍の存在意義がなくなり、中国軍と直接対峙する形となり、緊張が益々高まる
(中国なども、本音では在日米軍も日本の軍国主義化を押さえるのに役立つから認めているようなもの)
・半島が統一されれば、ただでさえ日本の援助で何とか持ちこたえている南の経済力が、壊滅的な喜多を支えることなど不可能である。訪れる不況→民族主義の台頭・・・
・半島の言論的味方である朝日は、本当は「隠れ右翼」の可能性が高い。事あるごとに半島関連の情報を流して持ち上げることで、日本人の右傾化を促進している向きすらある。
・喜多の二代目独裁者は「衛星でKBSやNHKを見て情報を収集している」と言った。仮にこれが本当だとするなら、日本語の教育を受けていない二代目独裁者が何故、NHK衛星を見て自分で情報を収集できるのだろうか?彼は日本語を習得する必要があるのか?
・日本海側で喜多の工作員に拉致されたとされる人々の問題について。
何故、盛りはあのような失言をしたのだろうか?失言を連発し、マスコミも過剰に取り上げることでこの発言を「失言」として片付けたかったのではないだろうか?

・それまでの日本は歴史上、多少の例外以外はずっと天皇という権威の下で権力を振るってきた。しかし戦後、その統治方針は使えなくなった。そこで権力者達が考えたのが、 外敵を作り出して一般国民を一致団結させる統治方針だった。いわゆる「経済発展のための団結」など、マスコミが作り出した幻想に過ぎない。経済発展によって莫大な富を得たのは結果として、 ごく一部の特権階級に過ぎなかったではないか!

これらの様々な矛盾を挙げて見せたところで、絶対的な確証というのは導き出せなかった。日本(の支配層)が喜多を外敵として作り出す、経済的な理由が存在しなかったからだ。しかし、このスレで書かれている事が事実であるとするなら、つじつまがあう。主客転倒ではあるが、日本の支配層が自らの利益を得る為に喜多と結びつき、さらに層化・唐逸・場ー人具・百恵組系久美子組・升塵などと結託したのであれば・・・。公共事業による税金のばら撒きは、これらの癒着を隠蔽する為のかりそめのネガティブイメージだと思われる。公共事業の酷い実態を見せれば、「これ以上はひどい実態は出ないだろう」という希望的観測をしたがるのが人間心理なのだろうから。


332 NMD(National Missile Defence)とTMD(Theater Missile Defence)について。 ICBMに限らず、冷戦時代に核抑止力の根幹理論となったのがMAD(ると、Mutual Assured Distruction)です。MAD理論(相互確証破壊理論)を簡単に述べ「やられたらやり返せ」というもので、核弾頭が自国・同盟国に発射されれば自動的に報復する論理です。NMDやTMDは、この相互確証破壊理論を打ち崩す防衛構想としてスタートしました。80年代のレーガン時代のスターウォーズ構想も、いかにして相互確証破壊理論から逃れるかというのを大前提にして推し進められてきました。
しかし、それは仮の姿に過ぎないでしょう。何故なら、使えもしないスターウォーズ構想の立ち上げにかかわり、莫大な研究費のほとんどを「防衛研究」の目的で手に入れたのが他ならぬ軍産複合体なのですから、進めたがるのも無理はありません。 TMDやNMDを日本に薦めて来るのも、「アメリカ・日本によって作られた敵」である喜多のミサイルから逃れるためという口実があります。つまり、喜多の存在を使って防衛費を使い、その中からうまい汁を吸うという構図が、ここでも浮かび上がってきます。
◎戦争・地域紛争は軍需産業の飯のタネ
340 >>335  イラクにしてもセルビアにしても、潰そうと思えば簡単に潰せます。イラン・イラク戦争の際、西側諸国は「イスラム原理主義の浸透」を阻止すべく、多くの武器をイラクに供与しました。つまり、西側諸国(主に米英)の軍需産業がイラン・イラク戦争で潤ったんです。湾岸戦争も同じ、フセインは中東におけるアメリカの利権を維持する代理人の一人だからこそ、トドメを刺さなかった。
アフリカ各地に起こっている内戦を放置しておくのも同じ理由です。希少金属やダイヤモンドの地下資源に恵まれるアフリカ諸国の内戦を放置しておけば、当然彼らは武器を欲しがる。その武器の取引に使われるのが希少金属やダイヤモンドです。
そして、希少金属・ダイヤモンドを扱うブローカーには○○ヤ系が多いのも特徴。
◎似非ユダヤ
342・344
あと、イスラエルについて。この国はかなりややこしいです。イスラム教徒・キリスト教徒、もしくはイスラム教徒とユダヤ教徒の仲が悪いという報道は完全な嘘です。イスラム教の聖典は『コーラン』ですが、実は旧約聖書も新約聖書も聖典に含まれているんです。象徴的な都市であるエルサレムも、かつてはこの3つの宗教の信者ともに仲良くしていたんです。ところがイスラエルが出来てから仲が悪くなった。何故でしょう?
なぜかというと、日本では一般的に言われている「イスラエル=ユダヤ人」という定義が実は間違いである、ユダヤ教徒にも2種類存在しているからです。それが、アシュケナージとスラファッディです。スラファッディは数千年の昔からユダヤ教を厳格に守ってきた、本当のユダヤ人です。しかし、ほとんど欧米人と変わらない風貌のアシュケナージは偽者のユダヤ人でしかありません。アシュケナージの由来は、中世のクリミア半島やウクライナ平原を支配していたハザール・ハン国に始まります。当時、東ローマ帝国(ギリシア正教)とイスラム帝国(イスラム教)と取引のあったハザール・ハン国は双方から改宗を迫られます。十字軍の時代でしたから、当然どちらかに味方すればどちらかと敵対しなければならない、そこで考えついたのがキリストでもイスラムでもない、ユダヤ教への改宗だったんです。やがて、ハザール・ハン国はモンゴル帝国に滅ぼされ、国民だったユダヤ教徒たちは西欧の方へ流れていきます。これがアシュケナージの由来であって、彼らは本来約束の地である現イスラエル国の地に建国すべきではない連中だったんです。

その後、アシュケナージは西欧諸国に散らばっていきます。「ベニスの商人」に出てくるユダヤ商人や、赤い盾の人々の祖先になる訳です。彼らはキリスト教で禁止されている金融業などを営み、差別されてはきたが、やがて莫大な富を得るにいたり、西欧諸国の王様たちでも無視できない勢力になったんです。よくポーランド系とかドイツ系のユダヤ人、という表現方法が取られますが、彼らの祖先はハザール・ハン国にいた人々、すなわちアシュケナージだと考えていいでしょう。アメリカに移住したユダヤ系住民も、ほとんどがアシュケナージです。

もともと、イスラム教徒とユダヤ教徒の仲が悪くなかったのは、スペインの国土回復運動(レコンキスタ)を考えればわかると思います。かつてイベリア半島はイスラム教国でしたが、レコンキスタによってイスラム教徒が追い出されると、ユダヤ教徒も追って迫害されるようになっていった。これは、イベリア半島ではイスラム教徒とユダヤ教徒が相争うことなく暮らしていたという、 逆説的な動かしがたい証拠ではないでしょうか?そして、イベリア半島に暮らしていたユダヤ教徒はスラファッディ・・・。

もうお分かりでしょう。アシュケナージと呼ばれる連中がユダヤ教徒の名前を偽り、連綿と築き上げてきた冨によって現在の世界を動かしているんです。

わたしの説明では不足だと思いますので、参考サイトを紹介しておきます。迷惑がかかるので、直リンは避けました。
国際情勢板でも評判の高い「アカシックレコード」
//plaza12.mbn.or.jp/~SatoshiSasaki/taboo.html
「ヘブライの館」
rerundata.hypermart.net/ura/hexagon/floors/floorA1F.html
◎ロスチャイルド
356 >裏事情好きさん 『赤い盾』でロスチャイルドの名前をぼかしたつもりなんですが、ばれる人にはばれるんですね(苦笑) ちなみに、ロスチャイルドはドイツ語でrot(赤)とschild(盾)をくっつけて英語読みにしてRothchildになります。
>>350
これまで11人が戦後になって大統領となりましたが、アイゼンハワー・ニクソン・フォード・レーガン・ブッシュ(親)の共和党出身の大統領は親イスラム的政策を取り、逆にトルーマン・JFK・ジョンソン・カーター、そしてクリントンといった民主党出身の大統領は親ユダヤ的政策を取っています。例えば湾岸戦争の時、ブッシュ一世はイスラエルよりイスラムを重視し、イスラエルの手を借りずに湾岸戦争の勝利を手にした。クリントン時代になれば、中東和平が一挙に進んでいます。

また、アメリカ独立戦争の経緯を考えてみましょう。イギリスからの独立を勝ち取った勢力が共和党を築いていきますが、当然ながら日本の幕末の様に「イギリスに組した勢力」が存在してもおかしくはなかったし、実際にいた。彼らは黙っていてはアメリカで生きていけないのでボランティア活動などを始め、いつしか弱者救済のための党=民主党ができあがっていく。イギリスの背後にいたのはロスチャイルド。つまり、日本のマスコミが言う「共和党=アッパークラスの党」「民主党=弱者重視の党」というのは嘘でしかなく、本当は「共和党=WASP」「民主党=イギリス・ユダヤ」と区別すべきなんです。さらに、WASPでも民主党に所属している隠れ共和党員がいたり、逆にユダヤ系でも共和党に在籍している隠れ民主党員もいる。う~ん、難しい!

378・380
>>371   (ロスチャイルドについての補足説明)
『赤い盾』の一族がどうやってここまでのし上がったかというのを分析するには、ワーテルローの戦い(1815年)までさかのぼらなければならないんです。この戦いで、フランスが勝てば再びナポレオンが息を吹き返し、イギリスの大陸利権はほとんどパァになってしまう。だから、ロンドン株式市場ではフランスが勝てば株は売り、負ければ買いの市場だった。正確な情報が伝達されるのに数日かかった当時、最も早く正確にフランス敗北の情報を知ったネイサン・ロスチャイルドは株価操作をやったんです。 つまり、ネイサンが売りに走れば他の投資家たちも「ロスチャイルドが売りなら」という心理で売りに出る。当然、ロンドン株式市場の株価は暴落する訳ですが、その後に底値の時にネイサンは一転して買いに出た。他人の目から見れば「何を狂った事を・・・」と思われたが、フランス敗北の一報を知った後、彼らは全員ほぞを噛んだのは言うまでもない事です。これは裏事情でも何でもなく、投資家たちの教科書ともいうべき文献によく引き合いに出されるほどの出来事です。

そして今、日本は日経平均株価1万3000円前後をうろついています。何を言おうとしているか、おわかりでしょう。最初にネガティブな情報を流しておいて暴落させ、底値で買い叩く・・・。

(378の続き)
ワーテルロー以後、イギリスのみならず他の王家の貴族として、ロスチャイルドとその連枝たちは食い込んでいます。中東で勝手な国境の線引きをやったのも、イスラエルを作ったのもイギリス・・・一般的に「アメリカ=ユダヤ支配」といわれていますが、実際はイギリスこそがユダヤ支配の国なんです。逆に、アメリカの方がイスラム教徒に寛大です。スエズ運河はイギリスのものだった。しかしナセルのエジプトが勝手に国有化した。第二次~第四次中東戦争でイスラエルはスエズ運河を奪還したでしょう?本当はアメリカとイギリスは仲良くありません。中東でのアラブvsユダヤの戦いは、実はアメリカvsイギリスの代理戦争なんです。
◎北の偽ドル札は、どこでロンダリングされる?
538・541・542
>>534  恐らくはマネーロンダリングを組織的にやっているでしょう。よく知られているのはスイスで、喜多の二代目独裁者も秘密口座を持っているとよく言われているのですが、目立たないマネーロンダリングの穴場としてリヒテンシュタインの名前が上げられます。表立っては観光産業で成り立っているといわれるリヒテンシュタインですが、実はマネーロンダリングをやることでかなりの収益を上げているそうですよ。地理的にもスイスとリヒテンシュタインは近いですから、喜多の偽ドル紙幣をこの二国経由で洗浄すれば綺麗なお金に早代わりします。

>>540
スイスは永世中立国という立場上、EUはおろか国連にも加盟していないから、いくらロンダリングされた金が国際犯罪組織や麻薬流通組織に渡ってももぐらたたきの状態で、根源であるスイスの罪がわかっていても国連で裁く事はできません。逆に、リヒテンシュタインの場合はEUや国連に加盟しています。ですが、国家ぐるみでマネーロンダリングをやっているので、いくらやろうと国内にいる限りは安心です。それに、EU加盟国の主だった政治家の裏金をロンダリングしているという弱みも持っているので、欧州各国は何も非を唱えられない。言ったら最後、欧州の王族から政治家の大金権スキャンダルになるとさえ言われてます。きっと、アメリカの汚れた金もロンダリングしているのでしょう。ですから、国家ぐるみで犯罪をやっていても国際社会では何も追及されない。

喜多のスイス大使がジョンイル君のご学友とは知らなかったです。スイスという国の性質から重要視されているであろうとは推測してましたが、まさか金庫番とはねぇ・・・。
◎オウムでの役割分担
606 わたしの考えとしては、こういう役割分担があるのではないかと考えてます。
芥子の栽培と一次精製(低純度):喜多
二次精製(高純度化):オウム
流通の元締め:智子組系久美子組
儲けた金のマネーロンダリング:層化・東逸
摘発軽減化:K殺
使用者:芸NO界から一般社会まで

麻薬汚染はかなり深刻な段階まできていると思う。リストラと称しての安易な首切りで、そのしわ寄せが一般企業の社員に及んでいる。企業から働くだけ働かされて過労死寸前の状態の社員達は麻薬や覚せい剤に手を出す、出さざるを得ない状態にしてしまう。クスリを買う金を人質に取られ、益々家畜の様に働かされる社畜・・・。奴隷制よりもひどい国家に成り果てつつある。それを「旧来からの倫理」で全てを談じる有田などのマスコミ関係者は高笑い。・・・・滅びろ支配階層ども、そして氏ね!七回殺しても飽き足らない。
2チャンネル 警察板 「告発します 第三部」より
◎次の大戦は、階級別世界大戦
146 訳あって、ちょっと離れてました。でも、その間に面白い展開があったみたいでわくわくですよ。
パート2の>>860さん、もうそろそろ、米国軍需産業は一儲け考えているでしょうね。(つまり国際間戦争)その為には、国際的大義名分というネタが必要です。
今回の中国の戦闘機と米国偵察機の接触事故は見た目上ネタになりそうですが、国際的大義名分にはなりはしません。何故なら、湾岸戦争の際のイラクと違い、中国は5大国の一つとして国連安保理の拒否権を持っています。私闘ならば話も別ですが、国連安保理の拒否権を持つ国に対して国連軍という旗の下での軍事制裁は事実上不可能という仕組みになっているのです。ですから、他の板では騒がれていますが、米中両国とも今回はギリギリで鞘は収めますよ。ユーゴスラビアの時も同じで、実際は米国vsロシアの構図だった為、争いは拡大しなかったでしょう?大体、巨万の富を得ようと考えるならば、WWⅡレベルの世界戦争を起こさないといけません。
かつて、世界を分割するキーワードは資本主義vs共産主義の「東西対立」でした。しかし10年前、この争いは共産主義の敗北という結末で決着がついています。ならば、世界戦争に導くキーワードは何かと言えば「南北問題」と、それに直結する「人口問題」です。確かに東西対立は解消されたものの、日本という例外を除いて全て白人キリスト教国で占められる先進工業国と、それ以外の発展途上国の「貧富の差」の問題は解消されていません。途上国は労働力を向上させるために、産めよ増やせよの人口増加政策をとってきたが、人間は食物がないと生きていけない。その食物生産のために環境が破壊されていく。 この現状を、白人キリスト教国が狡猾に利用すると思います。白人vsそれ以外の人種の「人種別世界大戦」というより、「階級別世界大戦」というべきでしょうか?
 
147: 白人キリスト教国にとって、発展途上国ほど都合の良い戦争相手はいない。彼らが唯一恐れるのは『核兵器による報復』以外のなにものでもない。自らが絶滅される寸前で核兵器を撃たれたら、NMDもTMDも成功していない現段階において迎撃するのは不可能です。完璧なる勝利を望むのであれば、核兵器を取り上げるためにあらゆる努力(という名前の取引) を惜しまないでしょう。何故、インドやパキスタンが核を保有した時、北朝鮮の核保有疑惑以上に欧米諸国が狼狽したか・・・それは報復を恐れるため以外には考えられませんよ。
問題なのは、有色人種唯一の先進工業国・日本の扱いです。これまで、西欧のアジア植民地経営に倣うのであれば、日本には華僑の役割を果たさせてもよい。しかし、次の戦争は人種別・階級別世界戦争に発展する可能性が非常に高い。先進工業国の中で、 最も裏切る可能性が高いのが日本です。
だからこそ、日本を『無害化』しておかなければならない。ヴァカばかりの政治家に多数の追従者を、民間レベルでも逆らえない連中(マスゴミ・財界・宗教界・裏社会など)を 作っておく必要があった。覚醒剤による愚民化など、160年前にイギリスがやったアヘン戦争の焼き増しに過ぎない。むしろ、同じ有色人種国家の北朝鮮に製造させ、日本人に販売させるという点ではアヘン戦争より性質が悪いと言わざるをいません。数年後、日本版アヘン戦争が起こるかもしれませんね。そして日本は分割統治の道を歩む。我々と朝日新聞のどちらが「歴史認識が正しい」のだろうか(藁

150: (補足) >>146で「米国は5大国の一角である中国との戦争には踏み切らない」と言いましたが、>>147の事態へと発展すれば、中国との戦争に踏み切ります。 しかし、直接戦争するバカな真似はやりません。無力化された日本に、中国を限りなく弱体化させておくのです。弱りきった中国と日本を同時に始末すれば、米国は漁夫の利を得る結果となります。大義名分というネタが必要なのは開戦時ですが、一旦開戦してしまえば勝ったほうが正義になるのが戦争です。 最終的勝利を収めるために、日本の指導層をあらかじめ飼っているだけなんですから。本当の目的は、極東だけで17億近くはいる人口の整理整頓ですよ。
◎国連と兵器産業、血縁関係
169: アガ・カーン四世は表立っては「大馬主」、でもそれは裏の顔を糊塗する為の偽装。だって、アガ・カーン家はイスラムシーア派では比類なき名門、ガリ事務総長を作り出したエジプトのベアリング家や実質的な初代国連事務総長グラドウィン・ジェップと血縁関係にある。ついでに、アメリカ軍需産業の母体を構成するレミントン兵器の創業者ファミリー、イギリス軍主産業の母体を構成するヴィッカース、アームストロング両者の支配ファミリー、ご丁寧に赤い盾筆頭にジャーナリズム業界の創業者ファミリーの多くが、全部血縁関係にある。
素晴らしい事に、軍需産業の元締めたちが兵器を売って儲けて、PKOの生みの親が兵器を使ってまた儲け、政治家使って紛争起こさせ(もしくは放置プレイ)、ジャーナリストを使って大宣伝するという仕組み。マッチポンプが得意な日本のマスゴミ真っ青の、世界の家族ぐるみのマッチポンプです。
よく日本のお人好しマスゴミが「キリスト教とイスラム教は対立関係にあるので・・・」なんてたわごと抜かしてますが、イスラム教の聖典にはきちんと新約聖書も入っている、旧約聖書すら入ってますよ。宗教的対立を起こし紛争までさせるのは、連中が武器を売って儲けたいから。彼らは対立要素があれば煽り、戦争にまで持っていく達人ですな。
☆ソース紹介
//village.infoweb.ne.jp/~fwgj5057/index.htm
こんなHPを見つけちゃった。
//member.nifty.ne.jp/lester/terrorist.html
このスレの住人なら、思わずニヤリとしちゃう内容だらけ。

173 : イティローの背後関係を考えれば、奴がPKOやPKFに積極的なのもうなずけます。 ついでに泣かそうねやバカ村などのジミー党タカ派の連中も。日本の軍需産業はおこぼれ程度なのかな?そのおこぼれが数千億~1兆円なんだから、世界の支配者層から見れば、日本人市民階級は「金の卵を産む雌鳥」だった訳です。しかも、何も言わない何も行動しないから、これ以上優れた家畜はいません。あー、バカらしい!働くのすらアホらしくなってきたよ!!
◎半島の南北融和は、日本潰しが目的?
174 :>1  以前(確か登場時)、朝鮮半島の南北統一は戦争を生むというレスをしましたよね?米国軍需産業は金儲けの場所を作り出すため、わざと南北統一をさせようと考えているのではないでしょうか?当然、統一後の経済恐慌は放置プレイ、国際社会の上では最大の友好国は日本(藁)らしいから、日本に経済援助をさせて日本経済を弱らせる。 その金は?しっかりと彼らが収奪していくでしょう。米国軍需産業のおこぼれのおこぼれに預かる予定の日本の政治家に支配されているマスコミの半島すりより報道も、つじつまが合いそうです。
この結果、デフレスパイラルはさらに悪化、日本経済は落ち込む。そこにトドメの一発。軍事・経済・政治・外交・謀略、あらゆる方法で煮るなり焼くなり存分に料理。>>162と>>172 勉強不足で知らないです、まだまだ修行不足ですね。
デヴィッド・スターリングの生業って、ヴァレンシュタインみたいなものなんでしょうか?
431:  >>429 まず、米韓朝三国には「日本を骨の髄までしゃぶりつくそう」という意思と、現代社会においても儲かるのは結局、人間の本能を刺激するものだという事だね。それが武器(防衛・攻撃本能)であり、麻薬(快楽)であり、食糧(生存本能)。 大雑把に言えば、米国が武器と食糧、喜多が麻薬をそれぞれ作り、文ちゃんが煽り役。

はっきり言って、韓国の国内世論は日本以上に操作しやすい。民主主義がはじまってたった13年、何も疑うことを知らない
保育器の中で育った韓国国民は徹底した反日教育という洗脳で、日本について取り上げればすぐに反発してくれる。当の本人達は自発的行動だと思っているかもしれないから、マスコミのマインドコントロールは恐ろしいのだが。
 
433(>>431の続き) 南北首脳会談は、喜多と韓国の「肉を切らせて骨を断つ」外交。統一すればどうなるのかわかってんのか?という脅しを含んでいる 。(統一された場合は→韓国が喜多を支えきれずに大恐慌→内政の失敗を外敵に求める→戦争) 米国首脳側からすれば、戦争をするにしても別に困ったことではない、むしろ軍産複合体を食わせることができるから大歓迎だ。 しかし、喜多と中凶は除いて、日米韓は議会制民主主義国家なので世論というものを気にしないといけない。あの時、米国には戦争に踏み切る覚悟はなかった(何故なら、喜多を敵にすれば中国を敵に回す結果となり、中国市場に期待を寄せる栗金団政権からすればとんでもない話だった)
南北首脳会談をセッティングした倒逸の目的は、体を張った恫喝目的ではないかと。もちろん、裏で抜け目なく非合法ビジネスに関する事も話し合っているでしょうね。
◎右傾化の果てにあるのは、全体主義政権
176 : 今のままでも、日本は結構プチ全体主義国家みたいなところがありますけどね(w
不況が続くと右傾化して、戦争になるとよく言われます。日本経済を不況にするのは、そう難しいことではありません。日本製品を買わなければ 良いだけの話で、解決手段が戦争しかない状況にまで追い詰めていく。WWⅡがまさにそのパターン。しかも、日本から先に手を出させざるをえない状況を作り上げる事で、国際世論を「日本=悪玉」に仕立て上げる。国際社会における喧嘩の吹っかけ方なんて、今も昔も変わってません。だから、一面的にしか歴史を捉えられない既存マスコミや教科書をつくる会の行動はバカげていると、わたしは冷笑しながら見ています。
177 :セミ全体主義国家=実権はD作以下層化マフィア、お飾りは誰でもいい
それで、この層化マフィアのテロ実行部隊が在日米軍基地にテロを起こす。この時点で、D作以下層化幹部は大ブッシュなどと取引し、戦争を行う代償として自らの保身と今後の「米国の日本代官的立場」を補償してもらう。はっきり言って、米国と日本ではゾウとアリが喧嘩するようなもの。戦争継続能力の乏しい日本は数週間で音を上げる。その時、軍需産業は荒稼ぎ。
米軍はイラクやユーゴスラビアで使った「これは軍事基地だから爆撃した」という言い訳をしようして、民間の施設や住宅街を容赦なく爆撃、日本人の人口を1割程度にまで減らす。 その後、日本は米国によって再占領される。当然、D作以下層化幹部は 取引の履行を主張するだろうが、米国側が守るとは思えない。逆に、「日本を戦争に導いた指導者」として軍事法廷で裁かれる可能性もある。仮に生き残ったとしても、生き残った層化信者を奴隷として働かせるためだけの存在へと成り下がるだろう。高級白人国家が最も恐れるシナリオの一つは、核兵器を保有する中国・インド・パキスタンと、経済では底力のある日本との友好・同盟。日本を潰せば、核兵器保有三カ国は経済制裁で 締め上げられる。その裏の闇市で、穀物メジャーが暗躍して大儲け。こんなシナリオはどうですか?

240:  >>235 
日本国内ウヨク煽り係:逝ってよしのり・産経・読売
同国内サヨク煽り係:畜死・アカ日・TBS
韓国内世論誘導係:韓国マスコミ
逝ってよしのりは○○連合系、読売のナヴェツネちゃまはなかそーねとお友達、シンキローの出身が産経、TBSは層化に汚染、アカ日は本来は右だが偽装でサヨってる。韓国内は実質上言論の自由が無きに等しい状態だし、民主主義政権になって10年足らずのおこちゃま国家だから、全体主義的な世論誘導は容易に可能。こいつらが煽りに煽って日韓対立、さて得をするのは誰でしょう?
ところで、地下鉄サリンを起こした95年3月20日という時期は結構考えられている。バブルがはじけ、政治に対する不満が増大した中で起こったテロ事件なので、ガス抜き的な側面もあった。阪神淡路大震災の直後だし、まさかという心理も手伝った。 被害者には残酷だが、オウムのテロは予想された。それなら、いつテロが起こるかわからないと脅えるよりか、なるべく被害の少ない時期に内部工作で 暴発させてしまった方がマシだと考えるでしょ?実は、この手法ってCIAや日本の公安さんが得意なんだよね。この場合、内部工作員は層化マフィアだけど、どっちみち手法は同じ。でも、やられた方はたまったもんじゃないよ。
248 : >>241 どうあがいても、文は韓国人。よほど意志が強固でない奴で無い限り、韓国人は微弱であれ強烈であれ反日。反日韓国人究極の目的は「日本占領」。だから文はD作を送り込んで層化を前線基地にして、自身は日本が絶対に逆らえない米国に工作している。戦争やって武器売買でがっぽがっぽ儲けたい米国保守本流を操っている裏の軍需産業の連中と、何としてでも日本に復讐したい韓国人・文の利害は見事に一致する。D作が表の統治者(米国日本代官)で、文がフィクサーとして日韓を支配。こんなシナリオも有り得る訳なんだな。
悲惨なのは末端の層化信者だね。日本の本格的独立運動が起これば売国奴として真っ先にテロの標的として狙われる。自分達は何も身に覚えが無いにも関わらずだ。同情すべきだろうがマインドコントロールを喜んで受けていた思考停止の豚状態だったんだし、無知だったのだから、残酷だが仕方が無い、自業自得というものだ。
 
249 : >>240  確固とした証拠は掴めないのだけれど、単なるギャグ漫画家だった逝ってよしのりが10年足らずでああも変貌するとは信じがたいんだよ。ゴーマニズム宣言にはシナリオライターがいて、それを逝ってよしのりが絵にしているだけなのか、それとも空白の時期の間に思想が180度変わったか。そのどちらかだと推測している。其の際に障凶に入って思想が変わり、倒逸の忠実な飼い犬になった。あの襲撃計画も滝本と同じく、オウムが盗逸・層化と無関係だと見せかけるための茶番ではないのだろうか?
258: >>250=1 限りなく黒に近い灰色なんですがね・・・逝ってよしのりは。奴が障凶というのが事実だとすれば、益々日米韓(+喜多)の大陰謀に説明がつく。ここらで一丁、戦争でもやってやろうというのは>>248と同じ。>>255で、文が韓国政界に影響力をもっているというのはたいした驚きでもなかった。今までの民主政権全てにおいて文が関わり、首の挿げ替えを行ってきたと考えれば、金大中とのつながりもごく自然だと思う。逝ってよしのりやシンパ連中を使って日本を右傾化=痴呆化させ、文自身は韓国政界を陰で操る。日韓戦争の下地はもう出来上がっている。あとは両国民を納得させるだけの開戦理由を、マスゴミ使って必死に作っている最中ですって所か。
結局、バカを見るのは踊らされた一般市民なんだよな。思考停止は人間以下の家畜と同じ、残酷だが無知は自業自得と言ったけど、知らされていないのならどうしようもねぇ。知ろうとしない姿勢は大問題だけど。

455: >>通りすがりの初投稿  政治思想板は逝ったことないけど、現在の国際情勢板はひどいありさまで、半島ネタで埋め尽くされている。朝鮮ネタでうめつくして嫌韓感情を煽る作戦なのかな?とにかく、日本にとって半島は歯唇の関係にあるので、長期戦略的には対立より友好なんだよね。 ところが、文ちゃん・金ちゃんを筆頭とするよからぬ連中が日本と朝鮮半島の友好関係を著しく妨害している。アジるつもりはないけど、一番の敵は裏切り者っていうのは日韓共通、いや全世界共通。
◎フジモリ失脚の真相
204: 共和党政権時代に大統領となり、ペルーの隠れ米国共和党員でもあるフジモリを始末する理由はどちらかでしょうな。
1:大ブッシュとCIAがフジモリとの取引や麻薬マネーの情報の隠蔽にかかった。構図はまんまノリエガと同じ。
2:クリントンからゴアにスムーズに政権が渡る可能性が危なくなってきたと見た
米国民主党とユダヤ勢力が、南米での劣勢を巻き返そうと共和党と取引した。それで、先住民族の血を持つトレド氏(隠れ民主党員)を後釜にした。しかし、フジモリは隠れ共和党員という事で、大ブッシュから「日本にでも逃げてほとぼり冷ましてこい」とでも言われて日本に来た。日本との二重国籍なんて後からつけたものでしょう、これで誰もフジモリ日本逃亡を不自然に思わなくなる。後はメディアをちょっといじれば、かってにお人好し日本人の方から「フジモリを守れ!」って言ってくれるし。
◎米は、左翼勢力とすら組む
220:別に、アメリカは右派の味方、旧ソ連は左派の味方でも何でもない。自らの勢力伸張に利するのであれば、左右関係なく協力関係を築きますよ。日本人はどうも、イデオロギーにこだわりすぎて柔軟性にかけている。世界を見れば、本当はアメリカが左派を買収していたとか、その逆パターン(旧ソ連が右派を買収)も存在していました。
戦後、米国のアジア戦略最大の要は日本でした。いくら大国となった米国いえども、日本が再び軍備を強化して歯向かうなら、それ相応の覚悟を決めて対応に当たらなければならないでしょう?それなら、日本から軍事戦略の自主性を奪うのが早い。そこで取った作戦が、日本の一部左翼勢力による「非武装論」だった訳です。日本を非武装化して、最も得をするのは米国に決まってます。彼ら一部左翼勢力が米国から買収を受けていたのは明らかでしょう。自民党と旧社会党が仲良かったのも公然の秘密ですし、何もイデオロギーの相違=陣営の相違という方程式にはならない。
幻影にすぎないイデオロギーの相違=陣営の相違という方程式を盛んに吹聴して回ったのは日本のマスコミ。つまり、日本のマスコミの裏には何かやましいことがあったわけです。現在の大新聞社のほとんどが戦前から続き、戦中には軍部の太鼓持ち報道をしながら(特に朝日)、本来ならばGHQの解散命令を受けるべきだったのに存続を許されている背景がここにあるのかもしれません。
つまり、今の日本のマスコミは層化のいいなり・中国のいいなり、おまけにアメリカに逆らえないという構図となっている。そして彼らは我われ日本の一般市民を殺しつづける。日本を革命的に改革するのなら、真っ先に既存マスコミを全部潰すか、規制を全部取り払うかしないといけないですよ。ふんぞり返っている電波芸者どもにはわからないでしょうが。
詳しいことはここに載っています、一読すれば大まかなことはわかるでしょう。
http://plaza12.mbn.or.jp/~SatoshiSasaki/tasuki.html

424:  >>421 共産党(社民も限りなく怪しい)も米国に買収されているよ。表面上は共産主義勢力だが、本当は米国の利益になる日本の軍拡反対を唱えているからね。必死になって反米である事を芝居している共産党の皆様を見るにつけ、テレビに出ている役者より芝居が上手いなぁと思うよ。
最近、台湾近辺が熱くなってきたものだから、そちらのほうに目が向いていた。日韓を合い争わせることに利益が生じるのは、これまで取りざたされてきた連中のほかにも、喜多を実質上の属国にしている中国にも言える。喜多経由で政治屋さんたちの金や下半身にまつわる醜聞を握り、其の中にはもちろんオウムから派生する大疑惑も混じっている。その恫喝から、紅の傭兵ちゃんやポマード橋本、そして害務省チャイナスクールの国賊官僚どもは逃れられず、意のままに動いているんじゃないかな? もちろん、喜多や中凶と密接な関係を持つ野中やムネヲの影もちらつく。それにしても、自分で一言も発する事無く紅の傭兵やポマード橋龍といった相殺経験者をアゴで使えるとは、一連の大疑惑の中枢にいるのは野中だな。小渕の横死(これも野中は限りなく怪しい)によって郵政族議員のボスに成り上がり、その利権でマスゴミを恫喝して世論操作を行っているんだから。う~ん、留守明けにも関わらず、相変わらず上手くまとめられないなぁ。

466 : 蒸し返しの亀レス開始(藁  >>305-307 キッシンジャーについては色々いわれてますが、そもそも米ソ冷戦体制自体が茶番だったという話も。CIAの諜報網と米国の分析能力なら、核さえ使わせなければソ連がたいした事のない敵だってのはすぐにわかります。それなのに、冷戦は40年近く続いた。ソ連をあれだけ強大凶悪な敵だぞーって宣伝しておけば、軍需産業に惜しみなく金をぶちこめますからね。キューバ危機も、軍産複合体に批判的だったケネディに「軍需産業の必要性」を痛感させるための大芝居だった可能性だって存在するんですから(ここまでは言いすぎか?) 旧ソ連の非ユダヤ系移民に関しては、アシュケナージの思惑が入ってますね。イスラエルも民主主義政権で選挙があるんですから、アシュケナージ側が多数になるために旧ソ連の非ユダヤ系移民を受け入れたって背景がある。
◎覚醒剤を蔓延させる目的は?
268 : >>266  撹乱効果もあるけど、日本の治安悪化の効果を狙っている側面が大きいのでは?シャブは非合法だから、当然それなりの組織を伝って仕入れないといけない。ドキュソどもが非合法組織の勢力拡大を手伝って治安を悪化させれば、仕事がやりやすくなると判断したんでしょう。自衛隊の方は憲法のくびきで容易に治安維持活動ができない。憲法遵守を口やかましく言っているのは小夜ちゃんなどの目に見えた売国奴たち。とすると、日本政界まるごと抱きかかえられているのか?
◎左翼がオウムに巻き込まれたのは、誰の差し金?
282: 小夜ちゃんたちの抱きこみ役の本命は喜多でしょうね、現実に何度も小夜ちゃんたちは喜多に逝っている。表向きは『共産主義勢力同士の友好親善』だが、本当は喜多のいいなり。そうすれば黙っていても金は儲かる、小夜ちゃんたちでもお金は恋しい!
で、大穴が米国政府(藁)。日本に本格的武装化をして欲しくない米国政府、日本を征服したい文ちゃん率いる挑戦の皆様方と、その手先となった小夜ちゃんにD作ちゃん。そのまた手下のマスゴミと層化信者、さらにその手下で使い捨てになった哀れなオウム信者・・・ちょっと被害妄想かな、ねぇ滝本さん?(大藁)
◎日本マスコミはカルトの管理下
298:  マスコミの役割について、ちょっと考えてみたよ。
不治参詣:背後関係からして障凶?出身の蜃気楼も障凶議員だし、逝ってよしのりも最初は扶桑社(不治参詣の下部出版社?)でゴーマニズム書いていたんだし・・・決裂はダミー!?
黄泉売:ここも障凶臭い。第一、なかそーねとツネちゃまのホットラインが気になる。
売日:層化の手下。だが、株式上では電痛支配下。という事は電痛も一枚噛んでいる?
赤日:最も汚れているようで、最も勢力下に組み込まれていない勢力の可能性あり。

一部の連中が最も醜いことを書いているだけで、残りの連中はそうでない可能性もある。つまり、「一部が腐っていると見えれば全部腐って見えてしまう」というパターン。この4大マスコミ(個人的には四人姉妹と呼んでいるが)が、表面上対立している様に見せて、日本には言論の自由があるという幻影を作り出している。しかし、全て障凶と層化に操られた電波芸者に過ぎない・・・この話、もっと追求すべきかもしれない。
◎欧米の政治家が、軍需産業の大元締め
299 : さーて、笑える(日本人からすれば笑えない)のはここからだ。湾岸戦争の時、日本は90億$(+α)の金を拠出したが、スジからすれば正統に石油を買って商売していた中東諸国の安全を買うためにわざわざ1兆近い大金を払う必要はなかった。実は、欧米諸国ぐるみの巻上げ工作なのだから面白い。

ベーカー国務長官       湾岸戦争開戦の最大責任者
C.ヴァンス         ユーゴ内戦の国連事務総長特使
キャリントン         ユーゴ内戦のEC調停代表・GEC会長
デヴィット・スターリング   湾岸戦争イギリス特殊部隊SAS育ての親
フランソワ・ミッテラン       フセインと裏取引をしたフランス大統領
ルイ・ブレゲ         ミラージュ戦闘機のダッソー・ブレゲ創業者
ピエール・ジョックス     湾岸戦争のフランス国防大臣
こいつら、みーんな親戚関係。大ブッシュとベーカーの関係も、このスレに出入りしている人間なら誰もがわかるだろう。表面上は平和的な肩書きを全員保有しているが、実際は軍需産業の大元締めばかり。戦争を自分達ででっちあげて、兵器を消費して儲ける究極のマッチポンプ。国連なんて信頼できたもんじゃない。そんな国連安保理の常任理事国に日本を・・・という意見の背景は、金しかないでしょ。
 
300 (続き) 基本的に、軍需産業は暇では儲からない。だから戦争をでっちあげる必要があり、当然ながら宣戦布告権限を持つ政治家になろうとする。そりゃ当たり前。ユーゴスラビアの内戦なんて、手持ち無沙汰になったロシア(旧ソ連)の軍需産業の完全な自作自演。大量の失業軍人が対立しそうな勢力同士に散らばって、無警告でミサイルやらをぶっ放つ。そうやっておいて民衆を煽って内戦をやって、平和が戻ればPKOでまた稼ぐ。そんな手法が許される魑魅魍魎の跳梁跋扈する国連に、うかうかと国家戦略も国際戦略もない日本が乗り込めば金を巻き上げられるのは必定の路線。よく負担金が22%で済んでいると思う、本心は4割でも5割でも巻き上げたいんだろうが、そこまで露骨にすれば日本政府に怪しまれる。現に、同額の負担を求められている米国は同族だから国連の性格を隅々まで知っている、だから国家財政が黒字になっても支払わない。
国際社会は日本人を「金を稼ぐ機械」としか見ていない。だから、GNP2位にも関わらず、国民が全く豊かさを感じられない国家になった。この政治家にあってこの国民だけど。
 
301 (続き) スパイ天国・買収王国・売国奴帝国の日本だけど、まかりなりにも民主主義国家。だから、政治家を選んでいるのは日本国民、「其の国の国民は、国民以上のレベルの政治家を求められない」という格言があるけど、愚民化しちゃった日本国民を偉そうに『啓蒙』して下さっているのが日本のマスコミ。で、その日本のマスコミがありがたがり、情報に泊をつけたがるのに使うのが外国のマスコミ。でも、その外国のマスコミ(特に欧米諸国)の経営者はぜ~んぶご親戚(CNNとABCは別)。 しかも、同族同士の欧米諸国マスコミ経営者が、軍需産業・国連(政治家)などと血縁でがっちり繋がっているとしたら、さぞや日本のマスコミは仰天するだろうなぁ。こりゃ、300人委員会も嘘やでっちあげとは言い切れなくなってきたぞ!っと。
◎日本は、ロシアと組めないのか?
434: >>432  地政学という見地から考えれば、ロシアと中国は日本の敵対国家です。何故なら、ロシアは近代からずっと、極東から太平洋方面への進出を考えています。ウラジオストクというロシアの軍港が存在しますが、この軍港を母港としている艦隊は海上自衛隊がいる限り日本海から出られません。間宮海峡は浅すぎ、冬になれば流氷で閉ざされ、津軽海峡は日本本土内部にあり、対馬海峡にもフタがされている。 戦前にあれほど朝鮮半島に固執し、旅順を租借していたのは、ロシアが朝鮮半島を勢力下に納めた場合、ウラジオストク~対馬海峡~旅順という海上防衛ラインが築けるからなんです。中国も同じです。日本が対馬海峡~佐世保~奄美諸島~沖縄列島と防衛ラインを構築しているので、太平洋になかなか出られない。台湾(中華民国)が目前に存在しているから尚更です。あれだけ李登輝前総統の訪日にナーバスになっているのは、実は中国が太平洋進出という野望を持っていて、日本が台湾と軍事同盟でも結ぼうものなら、中国の太平洋進出の野望が大幅に後退してしまうからなんです。
ですから、ロシア海軍の拠点となるウラジオストクを封じ込めるフタの対馬海峡を防衛するのになくてはならない朝鮮半島や、シーレーン防衛から中国の太平洋進出阻止のキーストーンとなる台湾こそが日本の友邦なんです。

436: >435 現実問題として、ロシアと手を組むのは残念ながら不可能と言わざるをえません。確かに、日本の隠れた大動脈であるマラッカ海峡を封鎖されれば一発で終了という状況の中において、ロシア独特の軍事・宇宙技術と天然資源は喉から手が出るほど欲しいです。しかし、アメリカがそれを許すわけがないのが現状です。何故なら、極東における米国の拠点は明らかに日本であり、特に中凶ににらみを利かせる日本国内の重要軍事拠点の喪失は在韓米軍の孤立につながり大打撃となります。米国本土からロシア・中凶を牽制する強力な盾である日本を手放すのは、米国の国益に反します。よって、米国側はあらゆる手段で日本を勢力下に置こうとするでしょう。北方領土問題に関する煽りをアメリカが利用したのは、当然でしょう。日本がロシアと結ぶと、ハワイ・サイパンが危なくなるのですから。
それでもロシアと手を組むのなら、日米安保の破棄と独自防衛の道を探らないといけません。当然、米国は経済を足がかりにして文句をつけてくるでしょう。そこからまたWWⅡの再現ともなりかねず、現在の戦争アレルギーの日本世論を考えると、
ロシアと手を組むのは不可能なんです。

438: >>437  裏でこっそりやれるなら苦労はしません。 こっそりやるなら現代の公儀隠密、つまり日本独自に諜報員を持ち(もちろん養成機関も自前)、諜報網を持つ必要があるのですが、スパイ天国と言われる日本に諜報員が大勢いるとは思えません。さらに、米国は凄まじいほど精密な精密衛星を持ち、エシュロンがあり、いざとなったらCIAと、日本がいくら隠そうとしても情報は漏れます。機密情報までがっちり握られているので、政府は動くに動けない。まして、スキャンダルがらみで弱味を握られている官僚がうようよいるのですから・・・情けねぇ。サッカーのチャンピオンズリーグを見ながらのレスでした(w
◎李登輝は、統一か?
778:  >李登輝統一疑惑 これはシャレにならないくらいヤバイ。冊封国家の喜多の内情を中凶が知らないとは考えにくい、恐らくかなりの情報は中凶が握っている可能性すらある。表面上は『人道的問題』、少し頭の回る奴なら『日本の主権に関わる問題』だが、このスレに出入りしている人間なら、わたしが言わんとしている事を察してくれると思う。
李登輝訪日という外交的爆弾を統一が投げつけることで、日本に二者択一を迫っている。はねつければ日本の外交的信頼は失墜して、日本が孤立化する可能性もある。逆に受け入れた場合でも中凶は猛烈に反発するし、統一が李登輝を宣伝材料に使う可能性がある。もしかすると、統一は害務省がごっそり中凶に買収済みだと知って、無条件受け入れなどできない
とたかをくくって爆弾を投げつけたかもな。統一と中凶がグルだという確証は全くないが、日本に対する利害は一致している。
利害が一致している連中は、思想が一致している連中より容易に手を結ぶものだ。
◎タリバンと麻薬
778: >>763
 http://www.mine.ne.jp/a-rans/afghan/index.html わたしが説明するより、ここを見ればわかるでしょう。気になるのは、タリバンがアヘンを奨励していること。彼らのイスラムは普遍的なものではなく、地方で発達した宗教。例えるなら、カトリックやプロテスタントではなく、異端とされたネストリウス派や 日本におけるキリシタンの信仰形態(キリストに仏教が混入している形)みたいなもの。「アヘンはアフガン人には消費されず、イスラム不信者に消費されるからいいのである。」というタリバン政権側の口実は、外貨獲得手段としてのアヘン製造を正当化する意味合いがある。さらに、オサマ・ビン・ラディンというスポンサーもついている事だし。
私的な分析をするには、ロシアがアフガンを放置すると、イスラム原理主義勢力が群雄割拠する。群雄割拠を統一するには資金がいるが、手っ取り早く資金を調達するにはアヘンを作ればいい。流通や販売はロシアがやるから・・・(チェチェンマフィア?)ってか?もちろん、内戦に軍需産業の連中が背後の一角に存在するのは当然だが。
しかし、そろそろこのHNも飽きたな~。国際情勢板にも迷惑かけるし。今度から、「氏ね氏ね団バスター」に代えるからよろしく(w
2チャンネル 警察板 「告発します第九部」
チンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラーチンピラ
警視庁 鈴木 警視庁 小野 アーテック 中島 アーテック 原 アーテック 岸
創価マフィアの保険金殺人
ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ-ゴロツキ