読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

warehouse2

#ユダヤ人 #真実 #真相 #謎 #なぜ

911ユダヤ戦争 11_1 材料倉庫2−▲ユダヤが捏造したネオコン勢力

主だった「ネオコン」(新保守主義者)たちの多く(全員ではない)はユダヤ系である.....そうだったのか。ネオコンというから、WASPばかりだと思っていたら、全然違ったらしい。

◎エドワード・サイードのオンライン・コメント(随時更新)
http://home.att.ne.jp/sun/RUR55/J/EuropeVSAmerica.htm
主だった「ネオコン」(新保守主義者)たちの多く(全員ではない)はユダヤ系である。しかし、ブッシュ政権のもとで、彼らはキリスト教右派の支持を歓迎し ている。キリスト教右派は、猛烈なイスラエル支持派であるものの、同時にまた根深い反ユダヤ主義思想の持ち主である(南部の再洗礼派を中心とする一部のキ リスト教徒たちは、世界中のユダヤ人がすべてイスラエルに集結すべきであり、それによってはじめてメシアが再臨すると信じている。キリスト教に改宗するユ ダヤ人たちは救済されるが、それ以外の者たちは地獄に落ちる運命だとされている)。

対イラク戦争を推進する圧力の黒幕は、リチャード・パールやディック・チェイニー、ポール・ウォルフォウィッツ、コンドリーザ・ライス、ドナルド・ラムズフェルドのようなネオコン第二世代である。

チェイニー、ラムズフェルドの両氏は、assertive nationalist(断固たる国家主義者、となるでしょうか)です。で、彼らはパウエル国 務長官のアドバイスに沿っています。イラクを攻撃するとしても、武器の排除までに留め、それ以上のことはイラク国民の選択にまかせよ、と主張します。こち らが一番心配しているのはアメリカ国内の安全保障です。

もう一方が、ポール・ウォルフォウィッツ、ウィリアム・クリストルのdemocratic imperialist(民主帝国主義者、ですか、これは。民 主主義を他国に強制的に押し付けよう、ということでしょう)です。こちらは武器の排除だけでなく、サダム政権を転覆させ、イラクに民主政権を打ちたてるま でアメリカは軍事介入せよ、と主張します。で、この主張を支えるのが、アカデミック的にはウッドロー・ウィルソン主義者のウォルフォウィッツです。すなわ ち、世界に民主主義を広げることがアメリカの大儀である、という考えです。
ポール・ウォルフォフィッツ国防副長官がなぜ過激になるのか、彼がユダヤ人であることが昨日わかりました。ウィルソン主義者である点もそうでしょうが、出 自(ユダヤ人)の点が大きいでしょう。それに対しチェイニー、ラムズフェルド両氏はwaspとなるでしょうか。アメリカ国内の安全が保証されれば、基本的 にはこちらはユダヤ・アラブ問題には係わりたくない、というところでしょう。
▲ブッシュを操るネオコンの主体はユダヤ人だったのか?....ウオルフウィッツもリチャード・バールも 。所謂ユダヤ陰謀論者に組する積りは全くないが、あっちこち調べてきたら、結局「ユダヤの陰謀」を避けて通れなくなってしまったのです。

◎米大統領7回立候補で元第4インター左翼ラルーチェ77歳の論説が日本で増殖?
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aku393.html
現国防副長官でユダヤ人のウオルフウィッツを名指した題名のものがある。「ウオルフウィッツ秘密結社がアメリカ国内の敵」(`Wolfowitz Cabal' Is an Enemy Within U.S.)
その他の情報を合わせると、「ネオコン」と略称される「新保守派」が、いわゆる本物の「極右」なのであり、なかでも、次の人物が、50歳前後の若手集団の中心のようである。

リチャード・パール/元レーガン政権・国防次官補・現国防評議会議長
....この政策案を書いたのは、レーガン政権下で国防省官僚を務めたリチャード・パールである。彼はブナイブリスの「ユダヤ名誉棄損防止連盟」 (ADL)と長年のつながりを持ち、イスラエル・タカ派のアリエル・シャロンとも人脈を持っている。シャロンは現在、ネタニヤフ政権の国家基盤相である。

パールは同時に「ユダヤ国家安全保障研究所」のメンバーでもある。この研究所はジョナサン・ポラードと関係を持っており、ポラードはイスラエル・スパイ容 疑でアメリカで終身刑に服役している。ポラードはソ連に関するアメリカ機密をイスラエルに流したとされており、それによってソ連圏でアメリカ官僚が数名死 亡したのである。パール自身、イスラエルに機密を流した容疑で取り調べを受けた経験を持っている。
■共和党に取り入るためにユダヤ勢力は、わざわざ「ネオコンサーバティブ」をでっち上げた?

◎週刊日本新聞....たぶん初めての引用です。
http://www.palf.co.jp/~ryu/wjn/13/179-1.html
アーミテージは、いはゆるネオ・コンサーバティブ(ネオ・コン)の人脈に屬し、イスラエル諜報部、アリエル・
シャロンと、深く結び付いて居る、と云ふ。「ネオ・コン」とは、知る人ぞ、知る、米國では、ユダヤ系の政治
勢力として有名だ。米國では、共和黨は「保守派(コンサバティーブ)」、と云ふことに成つて居る。 「民主黨」が左翼ユダヤ系とすれば、「共和黨」には、 どちらかと云へば反ユダヤ的潮流も一部に存在する。ユダヤ系は、「ネオ・コンサバティーブ(新保守主義)」を捏つち上げて、これをテコにして共和黨に滲透 した。
 
 
イラク侵攻に固執しているのも、ネオコン勢力を牛耳るユダヤだということか?

◎イラク問題2
http://www01.vaio.ne.jp/npri/vision/1013-3.htm
ブッシュ政権のネオコン勢力の思想的な中核は、国防総省の国防政策委員会の委員長をつとめるリチャード・ パール、国防副長官であるポール・ウォルフォウィッツ、国防総省の政策担当次官であるダグラス・フェイスらで、その上司であるラムズフェルド国防長官、そしてチェイニー副大統領に至る系統が一強主義を推進している。

アメリカの共和党では、もともと外交政策の主流は均衡戦略だったが、1980年代のレーガン政権の時、冷戦後を見据えた戦略として新保守主義が注目され、 ネオコン勢力が政権内に入ってきた。だがその後、ブッシュの父親の政権では、伝統的な均衡戦略の派閥が盛り返し、均衡戦略を推進するジェームス・ベーカー 元国務長官らがブッシュ政権の外交を取り仕切った。

父親の政権では隅に追いやられていた新保守主義の人々は、息子のブッシュ政権の選挙戦が始まる時に息を吹き返した。ブッシュは、自政権の外交顧問としてコ ンドリーサ・ライス女史を国家安全保障問題担当の大統領補佐官に据えたが、彼女が集めたのがネオコンの人々だった。父親の政権で力を持っていた均衡戦略派 は、息子の政権ではパウエル国務長官らが登用されただけだった。

ブッシュ政権が新保守主義の考えに基づき、国際世論を無視してイラク攻撃を行う方向に向けて動き出した今年7−8月、ベーカー元国務長官らブッシュの父親の側近だった均衡戦略派はこぞって反対し、アメリカの中枢が分裂していることが表面化したのである。
 
アメリカ政府内でイラク国民会議を最も強く支持しているのは、ネオコン(新保守主義)の人々である。国民会議のアハマド・チャラビ代表は、ポール・ウォル フォウィッツ国防副長官から指示を受けているとされ、7月のロンドンでの会合でも、チェイニー副大統領の側近ら、ネオコンの人々が列席していた。
 
ネオコンの人々とイスラエルとのつながりは、これにとどまらない。リチャード・パール、ダグラス・フェイス、チェイニー副大統領といった人々は、ブッシュ 政権の中枢に入るまで、アメリカのイスラエル系軍事研究所、国家安全保障問題ユダヤ研究所の顧問などもしていた。この研究所は、アメリカはイスラエルと組 んで、イラクのほかイラン、シリア、サウジアラビアなどの政権も転覆させた方が良い、といった主張を展開してきた。

イスラエルはネタニヤフ政権になって、均衡戦略の餌食になることを拒み、さらにその後、数年かけて逆にネオコンを通じてアメリカの政権を掌握し、しかもア メリカの主流だったベーカーやパウエルらに代表される均衡戦略の人々を脇に追いやる、という大逆転を展開した。そしてパレスチナだけでなく、イラクやサウ ジアラビア、シリアなどイスラエルの脅威となっている国々の政権を破壊してアメリカを中東での長い戦争に引きずり込み、アメリカがイスラエルを捨てられな い状況を作るのが、今のネオコンの戦略だとみることができる。

 

ブッシュを後押しするキリスト教原理主義勢力も、ユダヤのでっち上げた共和党操縦マシーンだったのか? ロバートソンもファルウエルもユダヤに雇われた偽キリスト者。

◎株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu41.htm
私の日記でも米国中間選挙を見て何度かキリスト教原理主義について触れましたが、その影響力は年々増してきている。日本でもアメリカ政治研究者は大勢いる はずなのですが、アメリカ政府ががカルトっぽい宗教勢力の支配下に入っていることを触れる人は少ない。しかしその事を知らなければパウエル国務長官と、ラ ムズフェルド国防長官が何故対立しているかの理由がわからない。

パウエル長官が共和党の保守本流の代表であり、伝統的に軍部からの支持も集めている。しかしながらブッシュ政権内部からは孤立し、一時は辞任の噂までメ ディアに流された。スコウクロフト氏やベーカー氏やキッシンジャー氏らの後押しで何とか辞任は免れたものの、孤立感は深まっている。それほどブッシュ政権 はネオコン派やキリスト教右派やユダヤ勢力に占拠されてしまっている。

キリスト教原理主義はアメリカ独自の宗派であり、イギリスをエジプトとみなし、アメリカをイスラエルとみなす旧約聖書を絶対視するファンダメンタリストた ちだ。ヨーロッパから迫害から逃れてきた清教徒たちにとって、モーゼに率いられてエジプトを脱出しイスラエルに逃れたユダヤ人をダブらせている。
おそらくこのような神話を作り上げたのはイスラエルの工作機関だろう。

このようなキリスト教連合組織が出来たのは1989年でまだ新しく、その正体は謎に満ちている。アメリカを神に与えられた約束の地とみなすなど、イスラエルとアメリカとを同一視するなど、
ユダヤのシオニストの陰謀のにおいがします。しかしこの事はアメリカにとっては最大のタブーであり、この事を公に議論されることはまずない。しかしアメリカのテレビを見れば頻繁に「ゴッド・ブレス・アメリカ」が歌われている。アメリカは神権政治国家になろうとしている。

ロバートソンは、クリスチャン・ブロードキャスティング・ネットワークのニュース番組で「イスラム教徒は、ナチスよりも質が悪い。ヒトラーも悪いが、イス ラム教徒がユダヤ教徒に行いたいことはもっとひどいものだ。」と発言、一方ファルウェルは、CBSの番組で「ムハンマドは、テロリストだったと思う」と語 る。そして、かつて、売春婦をめぐる不品行を認めてスキャンダルとなり、聖職位を剥奪されたジミー・スワガートは、ムハンマドを「性的倒錯者」「変質者」 と呼び、イスラム教徒の国外追放を要求する。これらの発言は、イスラム教徒から大きな批判の対象となったが、パウエル国務長官も「この種のイスラム教徒へ の憎悪は、拒絶されなくてはならない」と語る。
(パウエルの憂鬱 国際戦略コラムより)

彼らの言っていることはユダヤ人シオニストと全く同じである。このような宗教差別はアメリカではあってはならない。宗教差別は人種差別につながり、やがて はシオニストたちもユダヤ人差別となって跳ね返ってくる危険性がある。ユダヤ人は非常に優れた民族だが政治的才能は無い。だからイスラエル王国を失い、世 界中から嫌われ、トラブルの元を作り出している。
▲巧妙にキリスト教徒を懐柔し、保守派アメリカ人を ユダヤ・イスラエル支持に誘導する

◎民主帝国アメリカンパワー......毎日新聞
◇ネオコンと連帯する宗教右派
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/nybomb/tokusyu/power_1/05.html
昨年11月24日の日曜日、テキサス州南部サンアントニオのキリスト教会は、異様な熱気に包まれていた。テレビ伝道師のジョン・ヘイギー師(62)が壇上 で、ドスのきいた声を響かせる。「フセイン(イラク大統領)よ、よく聞け。ホワイトハウスにいるテキサス人(ブッシュ大統領)が、おまえを必ず引きずり降 ろす」。会場を埋めた6000人の聴衆は総立ちとなり、拍手と歓声が渦巻いた。

主催した教団「コーナーストーン教会」は信者数1万7000人と小規模だが、集会の模様は全米110のテレビ局で放送された。設立者のヘイギー師は、ブッ シュ大統領がテキサス州知事時代に親交を持った実力者だ。この集会は「イスラエルをたたえる夜」と題し、毎年開かれているもので、昨年は、さながら「フセ イン打倒決起集会」の様相を呈した。
同教団はイスラエルの右派政党リクードとの関係が深く、聖書を厳密に解釈する福音主義派(キリスト教原理主義)に属する。同党のネタニヤフ外相(元首相)は過去2回、集会に出席している。
 
ヘイギー師は「聖書は、エルサレムがユダヤ人に与えられた『約束の地』としている。米国のキリスト教徒は預言を実現させる責任がある」と語る。ヘイギー師 はユダヤ系ではないが、自らシオニスト(ユダヤ民族主義者)と称し、旧ソ連圏などのユダヤ人をイスラエルに移住させる運動を熱心に展開する。旧約聖書の 「出エジプト記」(Exodus)にちなみ「エクソダス2」と呼ぶこの活動に過去3年で370万ドル(約4億4000万円)の募金を集め、約1万人の移住 に貢献してきた。

福音主義派は近年、米国で勢力を伸ばし、全米の信者は7000万人前後とされる。同派を含むキリスト教右派の政治団体「キリスト教徒連合」(クリスチャ ン・コアリション)は会員数200万人とも言われ、政治への強い影響力を持つ。99年春、大統領選の準備を進めていたブッシュ陣営は、同団体のラルフ・ リード元事務局長を選対顧問に迎え入れた。

テキサス州のジャーナリスト、ルー・ドゥボースさん(53)は「選挙における宗教右派の力は無視できない。リード氏の存在自体が信者に訴えかけた」と語る。大統領選でのブッシュ氏への投票の3〜4割が福音派の票だった、というのが定説だ。

01年1月22日、就任3日目のブッシュ大統領は、海外で中絶を伴う家族計画を支援する米団体への援助を禁止する政策を発表した。「中絶反対」は福音派の活動の大きな柱であり、この発表は選挙支援への「お礼」とも受け取られた。

同時多発テロ後の米国内の動きについて、イスラエル高官は「約500万人のユダヤ系人口にキリスト教右派の7000
万人が加わり、(親イスラエル勢力が)大きく膨れ上がっている」と解説する。この連帯に、イスラエル中心の中東再編を目指す新保守主義者(ネオコン)が加わり、イラク攻撃をあおる三位一体の構図が浮かび上がる。

バージニア軍事研究所のクリフォード・キラコフ教授は「内政分野にしか関心がなかった宗教右派の議員らに、外交面での知恵を授けたのはネオコンだった。ネオコンとキリスト教右派の協力体制が確立されて政治的な影響力が強まった」と語る。

一昨年9月11日、同時テロが起きた日の夜、ブッシュ大統領は「彼ら(犠牲者)が、誰よりも偉大な力により慰められるよう祈る」と国民に語りかけ、旧約聖書の一節を引用した。  

死の陰の谷を行くときも 私は災いを恐れない。   あなたがわたしと共にいてくださる。

 
「ダビデ(古代ユダヤの王)の祈り」を収めた詩編の一部だった。キリスト教の熱心な信者とされる大統領の発言には、テロ後、「我々の使命」「全能の神」な どの言葉が目立つようになった。ローマ法王ヨハネ・パウロ2世は昨年11月14日、イタリア国会で演説し「キリスト教は和解の宗教だ。対決の論理のとりこ になってはいけない」と訴えた。テロ後、寛容の精神を失いつつある米宗教界への警告とも受け止められている。【「民主帝国」取材班】=つづく

◇福音主義派
聖書に絶対的な権威を置くプロテスタントの流派で、霊的体験から突然、宗教心に目覚めたという信者が多い。特に、米国南部で「レッド・ネック」(日焼けし た首)と呼ばれる貧しい白人層に浸透。人間は神によって造られたとして進化論教育に反対、中絶にも強く反対している。中絶を行う医師が、福音派を含む宗教 右派に殺害される事件も起きている。(毎日新聞2003年1月6日東京朝刊から)

 

911ユダヤ戦争 11_4 材料倉庫2−CIAはユダヤ機関

◎行政調査新聞
http://www.gyouseinews.com/storehouse/nov2001/002.html

そもそもCIA(米中央情報局)とはいったい何なのか。一般的に知られている歴史は、以下の通りである。1941年(昭和16年)、情報調整局(OCI) 設立。その後、間もなく、この機関は戦略情報局(OSS)に発展。第二次大戦中、OSSは「破壊・放火・暗殺等を中心とする秘密攻撃部隊」として大活躍す る。戦後の1947年(昭和22年)、OSSをCIAに改組。大統領直属、国家安全保障会議の管轄下となる。

CIAに変わってからは、内部は主に2部門から形成されている。1つは「情報収集、及び対諜活動(カウンター・インテリジェンス)を行う『インテリジェンス部門』、もう1つは「実行部隊」である『オペレーション部門』である。米国社会の複合的 要素を鑑みて、CIAは創設以来、オペレーション部門・インテリジェンス部門の2系統のトップのどちらかをユダヤ系が、残りを米国民族派系が牛耳ることが暗黙の了解とされてきた。

ベトナム戦争後のターナー長官(元海軍提督)以降、CIAは質的な変化を見せ始め、実力行使のオペレーション部門よりも科学技術先行のインテリジェンス部 門が優位 に立つようになる。そしてクリントン大統領時代の1995年に、CIAは大きな転換期を迎える。その転換の最大の引き金となったのは、エームズ事件だっ た。これはCIAの対ソ防諜部長のエームズが二重スパイを行っていたという衝撃的事件であり、この責任をとって、米民族派系のウルジー長官が辞任に追い込 まれる。その直後には、同じく反ユダヤ系とされたコルビー元CIA長官が変死(ポトマック河畔で死体となって発見)という事件もあり、CIAの内部で何ら かの闘争があったのではないかと噂された。

この後半年間近く、CIAは長官不在という異常事態を送ったが、や がて第17代長官にユダヤ系米国人のドイッチェを迎える。そしてドイッチェ長官の時代に、CIAはオペレーション部門・インテリジェンス部門ともユダヤ系 に牛耳られる状態となり、一部からは「CIAはモサド(イスラエル諜報機関)の下部組織に成り下がった」と評されるまでになった。実際、直後にエジプトでCIA工作員が非業の死を遂げた事件があったが、彼はCIAスタッフであると同時にモサドの重要メンバーであったことが判明している。

民主党クリントン治世下でドイッチェ長官の後を継いだのが現在のテネット長官である。そしてこの時にCIA特殊活動部隊25チームがタリバン崩壊を目的としてアフガニスタンに潜入したのである。

◎CP9608C.TXT
http://web.archive.org/web/20050309065601/http://www.palf.co.jp/~ryu/jlav/CP9608C.html
米國の人口、約二億五千萬人、そのうち、ユダヤ人、五百八十萬人、と言はれる。この五百八十萬人、と言ふ數字が、どの 程度、信用出來るものなのか、私には分からない。「@藥味、またはアメリカユダヤ人のサガ【@J・トールヴァルト著、松谷健二譯、フジ出版社刊、昭和五十 八年、原著一九七八年】」、と言ふ、米國のユダヤ人の歴史に關する大著(六六二頁)によると、一九六九年に、米國内ユダヤ人は六百萬人に充たない(前出十 三頁)、 と記されて居る。米國全人口の三パーセント、ともいわれる。しかし、この三パーセントのユダヤ人は、今日、米國の國家と企業、各界指導層の四分 の一から半分、場合によっては、七、八ないし九割以上を占める。

クリントン米政權が任命した政府高官(局長級以上)の約五割がユダヤ人、とされる。昨年秋、クリントン米大統は、米CIA長官に、ユダヤ人のドイッチを任 命したが、その後、ドイッチは、米CIAの最高幹部を全員ユダヤ人とした、と聞く。#亊實上、米國は、ユダヤに占領されて居る#。ユダヤは好きなやうに米 國を弄$いじ$くり回して居る。その結果、米國では、貨幣$おかね$が道徳となり、貧富の差がどんどん拡大しつつある。

◎「ユダヤの告白」4 第四章 ADLとCIAの癒着
http://rerundata.hypermart.net/adl/adl04.htm

▲CIAに浸透したモサド
キッシンジャーがイスラエルの情報機関であるモサドとの間に緊密な関係をつくり上げたのもこの時期であった。それまではモサドはCIAの単なる下請け機関であり、アフリカや中東での共同秘密工作では金銭的にCIAに依存していた。 キッシンジャーが登場するに及んで、情報活動全体の様相がすっかり変わってしまった。一九七三年の中東戦争とそれに続くアラブ諸国の石油輸出ボイコットという事態に対しキッシンジャーが果たした役割によって、彼はイスラエル人に登場の機会を与えた。

▲シオ二ストのアメリカ侵攻
アンジェルトンの下で、アメリカの防諜活動はイスラエルの秘密情報機関との間に関係を有するようになった。アンジェルトンはCIAの前身である戦略事務局 (OSS)の局員だったときにイスラエル人との間に密接な関係を築いていた。彼が連絡を取り合っていた重要人物には、イスラエルの情報関係者のトップの人 たちぱかりでなく、エルサレム市長のテディ・ コレックも含まれていた。

しかしながら、六日戦争が終わりアメリカで国内政治危機が起こってからというもの、政治、文化面で一大変化が起こっ た。イスラエルの電撃的な勝利の結果、アメリカのマスコミや米国民の間で、イスラエル人が一夜のうちに「実体以上の英雄」に祭り上げられてしまった。「無 敵のイスラエル人」とか「彼らは間違いを犯すはずがない」といった魔法の呪文が米国民にかけられた。そしてその後の二十五年間でこれらの勢力が政治権力を 手の中に入れ、政府機関を上回る強力 な存在になってしまった。とりわけこのことは司法省や国防省、それに情報機関の内部で顕著であった。

 

■米国のメディアとユダヤの関係。「ユダヤ・イスラエルのための報道を意図する」ことはないとは誰も言いきれ ません。メディア支配は、社会支配の絶対条件。統一宗教にしても、それがわかっているからこそ、麻薬資金と痰壷を売った金と信者をだまくらかした金で、ワシントン・タイムス、UPI、フジ産経、読売....を骨抜きにしてい ます。 日本に適用されたユダヤの知恵。
 

◎ニューヨーク・タイムズ:社主ザルツバーガー。ユダヤ。幹部の大半もユダヤ人。現会長のキャサリン・グレアムは娘で、幹部でユダヤ人でないのはたった一人だけ。
◎ワシントン・ポスト:創立者、故ユージーン・メイヤー。ユダヤ。
◎ウォール・ストリート・ジャーナル:オーナー会長兼社長、ウォーレン・H・フィリップスなどは「親イスラエル」の姿勢を明確にしめすユダヤ人で、湾岸戦 争のさいにはもっとも強硬な主戦論をはった。かかげた目標は「バグダッド占領、マッカーサー方式の占領行政実施」だった。
◎CNN:創設者、テッド・ターナー。ユダヤ。
◎NBCネットワーク:デイヴィッド・サーノフ。ロシアから移民の子としてわたってきたユダヤ人。
◎ABC:創立の中心となったレナード・ゴールドスタインも、ユダヤ。
◎CBSテレビ:創立の中心となったウィリアム・S・ペイリー。ユダヤ。新経営者、ラリー・ティッシュはイスラエル支持のユダヤ人。
米国のメディアを経営するユダヤ人:911がユダヤ・イスラエルのための内部犯行であったのならば、米国のメディアが「ブッシュ政権の嘘」を積極的に垂れ流したのも無理は ありません。米国のメディアは、完全にユダヤの支配下にあります。ユダヤ・メディアの全面支援があって初めて、911インチキテロがなしえたのです。たった2.5%のユダヤ人が.....アメリカを支配してい ます。半島人脈による日本支配の構図とそっくりです。さては、ユダヤのノウハウを日本に移入したのでしょう。ロッケンフェルターとアイゼンバーグが。
◎Jewish CEO's that run U.S. Media Sources
スチュアート・ブルームバーグ....ABC
STUART BLOOMBERG ABC Head of Entertainment Division.
レオナード・ハリー・ゴールデンセン......ABC
LEONARD HARRY GOLDENSON ABC (Capital Cities ABC TV) (up to 1985. Thomas Murphy now CEO
but with same Jewish management)
スティーブン・フリードマン.....NBC
STEVEN FRIEDMAN NBC Executive Producer Nightly News.
デビッド・サーノフ.....NBC
DAVID SARNOFF RCA NBC head entertainment div.
ロバート・サーノフ.....RCA NBC
ROBERT SARNOFF RCA NBC CEO (son of D. Sarnoff). RCA and NBC were bought by G.E. in 1986 but
Jewish management still exists.
ウイリアム・ペイリー.....CBS
WILLIAM S. PALEY CBS CEO & founder of CBS. 1927. 1983 Partially retired.
ジェフ・サガンスキー.....CBS
JEFF SAGANSKY CBS Head Entertainment Division.
ローレンス・ティッシュ.....CBS
LAWRENCE A. TISCH CBS CEO TV, theaters, hotels, insurance. (Before him was 1928 William S. Paley son
of russian jews. Retired 1983.)
サムナー・レッドストーン
SUMNER M. REDSTONE Viacom MTV Nickelodeon QVC. CEO.
ピーター・チャーニン.....20世紀フォックス
PETER CHERNIN 20th Century Fox. dec. 1992 new CEO
バリー・ディラー.....20世紀フォックス
BARRY DILLER 20th Century Fox. CEO
マーチン・デイビス.....パラマウント
MARTIN S. DAVIS Paramount Comm. CEO
ブランドン・ターティコフ.....パラマウント
BRANDON TARTIKOFF Paramount pictures. Chairman.
マイケル・エイスナー.....ディズニー
MICHAEL D. EISNER WALT DISNEY Co.
ビクター・カウフマン.....コロンビア
VICTOR A. KAUFMAN Columbia Pictures. CEO
ピーターガバー.....コロンビア
PETER GUBER Columbia Pictures. 1989. Bought by SONY, Guber replaced Kaufman as CEO
.
マイケル・シュルホフ.....ソニー
MICHAEL P. SCHULHOF SONY. Vice chairman.
ルウ・ワッサーマン.....MCA
LEW WASSERMAN MCA Inc. CEO. 1991. Bought by SONY. but Wasserman still is CEO.
チャールズ・コッペルマン.......EMI
CHARLES KOPPELMAN EMI Records CEO
ゲイリー・ハーシ......キャピトル
GARY HERSH Capitol Records CEO
ジェラルド・レビン.....タイム・ワーナー
GERALD LEVIN TIME/WARNER Comm. CO-CEO
スティーブン・ロス.....タイム・ワーナー
STEVEN J. ROSS TIME/WARNER Comm. CEO.
ピーター・カリコウ.....ニューヨークポスト
PETER KALIKOW New York Post. Real estate.
ピーター・カン.....ダウ・ジョーンズ、ウオール・ストリート・ジャーナル
PETER R. KANN Dow Jones, Wall St Journal
キャサリン・グラハム.....ニューズウイーク、ワシントンポスト
KATHERINE MEYER GRAHAM Newsweek, Washington Post. Daughter of Eugene Meyer.
サミュエル・ニューハウス.....ランダムハウス
SAMUEL NEWHOUSE Random House, Advanced Publications, Newhouse Broadcasting, (CTV), New Yorker Vogue,
Mademoiselle, Glamour, Vanity Fair, HQ, Bride's, Gentleman's Quarterly, Self, House & Garden. Newspapers & mags.
アーサー・ザルツバーガー.......ニューヨーク・タイムス
ARTHUR OCHS SULZBERGER New York Times, family circle. McCall's, M. Frankel, J. Lelyveld, J. Rosenthal
モータイマー・ザッカーマン.....USニュース
MORTIMER ZUCKERMAN US News and World Report, DAILY NEWS. New ceo.