警視庁捜査一課に提出した文書

警視庁捜査一課に提出した文書
1999年10月30日、警視庁の宮沢、小野、鈴木らに告発者が本庁に呼び出さ れたとき提出した文書です。提出時点では、まだ宮沢らのことを信用していました。宮沢らを経由して、犯罪組織に手渡されているはずです。この文書に基づい た隠蔽工作がなされているはずです。尚、この文書は、先に11月日、自称フジテレビ記者と会ったときに提出したものと同じです。(HTML文書に変換した関係で、実際の提出文書とは、書式が少し異なっていますが、内容は同じです。尚、一部伏字としました。)
また、警視庁には、これら以外にもマスコミ向けの告発メールのコピーをも提出しました。


ご調査いただきたいキーポイント

1)   アーテック関係:
    大前提として、広範な証拠隠し工作が行われている筈ゆえ、単純に調べても、尻尾はつかめないと思う。中島は、一 流の詐欺師であり、巧妙に偽装しているはず。林真須美程度の粗暴犯とはわけが違います。尚、(元)オウムも私が、告発活動をしていることは、察知している と思います。
  1) 荒木、片山の死亡については、D生命が保険金支払いをしていると思う。中川については、D生命を含め複数の保険会社から、支払われていると思う。D生命は、自社外交員が犯罪に関与していると察知していれば、不事の発覚を恐れて、取材に協力しないであろう。
  2) 保険金受領者、金額、掛けた時期と死亡時期の関係。複数の生保で付保していないか?ダミー会社名で保険金を受領していないか?保険会社の外交員には、口止め工作がなされていると思ったほうが間違いない。中川夫人の愛人関係をご調査下さい。
  3) 中川事件関係で、D生命の外交員が病死しているはず。どのような経緯で死んだか?どこの病院か?主治医は?
  4) 中島の動向:大掛かりな犯罪を行うには、アジトが必要。アーテック本社近辺に隠し事務所を借りている可能性があ る。殺人以外の経理上の犯罪も同じ場所で行っていると思う。尾行できないか?ただし、発覚を恐れて、既に引き払った可能性あり。(始業のかなり前に一味の 姿を見かけても、出社はいつも9時ギリギリという事実があった。一味の朝食会かもしれないが、それにしても一般社員の知らないところで、密談をしていたと いうことと思う。)
  5) 岸洋一:最近の素行に異常感あり。覚醒剤中毒の是非を、確認できないか?この男は,意外に脆く、簡単に落ちるかもしれない。
  6) 原信夫:今でも暴力団関係者との接触をしている可能性あり。大森のヤクザとの関係を洗えないか?覚醒剤は?
  7) T子:尾行すれば、月に一度程度の中島との密会が判明すると思う。ただし、解っても大きな意味はない。オウム在家活動をしていないか?
  8) 医師:荒木敏子・片山俊三朗・中川卓明の死亡診断書を書いた医師に、それぞれオウムでの活動歴はないか?もしく は、過去に病院を倒産させるなど、負債を抱えていないか?死因に共通点はないか?何らかの方法で、上記3名の死亡診断書、カルテ、エックス線写真などを入 手し、吟味できないか?
  9) 検死:司法解剖が行われている事例はないか?今回の一連の事件には、警察関係者の関与が疑われる。検死結果も金で買える構造になっていないか?
  10) A技研:一般社員に全くなじみのないA技研という会社から、事件の前後に良く電話があったが、これが(元)オウムと関係していないか?
  11) ファックス:アーテックの発信ファックスは、いったん03(3316)5743)という不明の番号に転送される設定になっていた。このナンバーがどこを意味するか?
  12) 電話記録:8月25日以降今日まで、(元)オウムや暴力団との連絡が頻繁になっているはず。アーテックの電話発信記録を入手できれば、関係する組織がどこであるかわかるはず。もし、盗聴できればさらに、具体的にわかる。
  13) 変な電話:テラサキという男性から電話があり、「えーと、アーテックさん、こちらは銀座ですか、羽村ですか?」と聞かれた一般社員がいる。アーテックには羽村に事務所も倉庫も何もないはず。隠し事務所か、それとも(元)オウムの拠点か?
  14) アーテックの落しどころは、小心者の片山俊雄。マスコミが動けば、追い詰められて自殺・自首・海外逃亡(香港に 日本人の愛人がいる。)のいずれかの行動を起こす。中島はそれを恐れているはず。捕まって、自白するのは片山だけゆえ、なんとしても生かしておきたい。未 だ、脱落していないのは、こちら側の動きを、中島が脚色して、事実を報告していないから。オウムに抹殺される前に身柄を確保したい。
2)   ムサシノ関係
  1) 佐藤梅夫・ほか1名:死亡診断書を書いた医師はだれか?後者は、作業用エレベーターで、事故死しているが、当時東松山警察はどう判断したか?司法解剖は行われているか?
  2) 高杉周一:社内的には、借金取りに追われて失踪したことになっている。捜索願以降、生存の情報はあるか?(あっ ても、偽装とは思うが。)失踪時、ムサシノに仮払いの未清算が500万円あった。高杉に不正を見咎められ、菱垣が小遣いをせびられていた結果。まともな会 社が、一社員に仮払いで500万も貸し越すわけがない。
  3) (元)オウム信者:4年前までは、ムサシノキカイ本社の2軒隣のマンション(キリスト教会を挟んで隣)に(元)オウム信者が居住しており、長期にわたって警察が監視していた。ムサシノの監視と圧力を掛けることが目的と思われるが、現在はどうなったか?
  4) 最近4年間に新規雇用された社員の中にオウムの活動歴のある者がいないか?ムサシノキカイ・武蔵野産業・武蔵野樹脂を中心に調査願いたい。
  5) 菱垣淑子:(元)オウムとの窓口をさせられている。ムサシノも杉並区堀の内近辺に隠し事務所を持っている。経理の菱垣・中村・早野の3名を尾行すれば、すぐにわかるはず。また、菱垣は、いまでもオウムの拠点に出入りしている可能性あり。自宅は、荻窪。
  6) ムサシノの落しどころは、須藤紘一。ちょっと、脅せばすぐに吐く。ただし、全容は知らない。あまり、急に攻めると自殺する。
  7) 武蔵野産業東松山工場の倉庫が発火。一旦東松山消防隊が消火したが、再度発火し、全焼した。焼け跡の残土を調べれば、サリン、VXガス、覚醒剤などの痕跡が出てくるであろう。
  8) 杉並税務署:ムサシノの税務調査では、国税職員への事前の根回しがなされている。監査役(公認会計士)もつるんでいる。決算書類に懐疑点がないか?

文書2へ